FC2ブログ
Welcome to my blog

「銀の犬」光原百合

ななこ


銀の犬
著者:光原百合
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
この世に想いを残す魂を解き放つ伝説の祓いの楽人(バルド)オシアン。妖精にしか伝わらない歌の数々をも口伝されたといわれる彼は、相棒のブランとともに、救われぬ魂や悪鬼を竪琴の調べにのせて解放していく。ケルト民話をテーマに描く切ない愛の物語。



あぁ、もうなんて素敵な物語なんだろう~!!
こんな素晴らしい作品を書いてくださった光原さんに、本当に感謝感謝ですかお

声を失った美貌の青年オシアンとその相棒の少年ブランを主人公とする短編集。
やっぱり主人公は美しい顔立ちじゃなくっちゃね(笑)

オシアンは祓いの楽人(バルド)
人や獣からさまよい出た魂を本来あるべきところに返すのが彼の役目。

最初から最後までオシアンは一言も言葉を発することはないのだけれど、
人目を引く美貌と彼の奏でる竪琴の美しい音色は、物語の中では一際存在感がありますきもち


相棒のブランはまだ12、13歳ぐらいの男の子なんだけど、こっちもかなり良いキャラしてます。

オシアンのことが大好きでたまらないんだけど、おしゃべりでやたらと憎まれ口を叩くブラン。
なんだかグイン・サーガのマリウスみたいだ、と思ったのは私だけ?(笑)


本作はケルト民話をモチーフにしている作品のようです。
どの物語もどこか懐かしく物悲しい雰囲気が漂い、読んでいてついついホロリときてしまうほどきもち



ぼたん 声なき楽人(バルド)

非業の死を遂げた楽人の魂が荒野をさまよい人々に復讐をしているという噂を聞き、
許婚のモードは夏至の夜一人で荒野へと向かいます。
オシアンの奏でる、竪琴の悲しげな音色が今にも聞こえてきそう。。。


ぼたん 恋を歌うもの

愛し方を知らない歌う妖精と人間の悲恋物語。大人向けの物語かも。
物語の中に「パセリにセージ、ローズマリーにタイム」という歌が出てくるんですが、
これってスカボローフェアの歌詞だったよね…?


ぼたん 水底の街

死んだ人に必ず会えるという、海に沈んだ街イース。ロディは妻に会いたい一心で海岸を訪れます。
悲しいほどに美しい光景が頭の中に広がりました。。。映像化したら綺麗だろうな。


ぼたん 銀の犬

優しい男性と結婚し幸せな生活を送っていたリネット。
しかし彼女は子犬のころから大切に育てていた狼の血をひく犬に、喉笛を噛み裂かれることに…。
あまりに切ない物語ですが、実はこの本の中で一番好きだったりして(笑)


ぼたん 三つの星

聡明で優しいトゥリン王と美しいディアドラ王妃。
幸せな結婚生活を送るはずが、王妃が騎士フィンと道ならぬ恋に落ちてしまい…。
一番ケルトの雰囲気が強い作品ですね。最後の結末と三人の子供時代を思うと思わず涙かお



以上5つの短編が収められています。


どの物語にもオシアン&ブランコンビが登場します。
本当にどれも切なくなってしまうような作品なのですが、意外にも暗い雰囲気ではなかったです。
たぶん、、、ブランのあの憎たらしい性格のおかげですね(笑)

あとがきにもちょこっとありましたが、これはシリーズ化されそう~~きもち
オシアンがなぜ声を失ってしまったのか、なぜ「裏切り者」と呼ばれてしまうのかが気になります。

とにもかくにも、この作品は永久保存版入り、決定です!!!


銀の犬銀の犬
光原 百合

角川春樹事務所 2006-06
売り上げランキング : 888080

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 18

There are no comments yet.
茨木 月季  
Re:「銀の犬」心からオススメできる本です!(01/06)

こんにちは!

光原百合さん、ずっと気になっている作家さんです。一時期アマゾンで、興味があるとか、持っているとか、評価などを打ち込んでいたら、出てきたのは「時計を忘れて森へ行こう」が出てきたのです。借りてきたけれど、立て込んで読めずに返却してしまいました。今度また光原作品に挑戦してみます。

2008/01/06 (Sun) 12:02 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
こんにちは!

光原百合さんは恋愛ものなのかな?この方も読んだことないです〜。nanaco☆さんの熱の入りようからものすごくよい作品なんだと思います(笑)



短編でこれだけよいとは珍しいような気がします。

2008/01/06 (Sun) 19:34 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:「銀の犬」心からオススメできる本です!(01/06)

「ケルト」ですかぁ。

民話も音楽も美しいですね。

私はケルト民話を読んだことはないのですが、音楽から想像すると、凛とした空気が流れる作品なのかしら?

nanacoさんが「永久保存版☆」って言うほどですから、さぞ素晴らしいのでしょう。

でも、いつも感心しますが、読書量が多いだけでなく、読むスピードも速いですね。

2008/01/06 (Sun) 21:03 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

こんばんは♪

光原さんは「指輪物語」などのケルト民話に触発されて「銀の犬」を書かれたようで、読めば納得。かなりケルト色の強い作品です。

茨木月季さんはたしかケルト系の物語好きでしたよね??

そもそもの出会いがメリングの本の話題だったような…(残念ながら未だに読んでいませんが^^;)

きっとこの本も気に入っていただけるんじゃないかな、と思います(*^_^*)



「時計を忘れて森へ行こう」はデビュー作なんでしょうか??まだまだこの作家さんのことはよく知らないので、いろいろ読んでみようと思います。

2008/01/06 (Sun) 21:54 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:「銀の犬」心からオススメできる本です!(01/06)

面白そうな本なのでお気に入りに入れておきました♪

年間100冊を目標なんて凄いですね。

読むのも大変ですが、買われるのですか?

私は最近はもっぱら図書館のお世話になってます。

本代も大変だけど収納場所が・・・(^^;)

2008/01/06 (Sun) 22:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

こんばんは!

私も光原さんの本は今回初めて読んだのですが、普段はミステリ系を書かれる作家さんのようです。

ファンタジーが好きっていうのと、ケルト民話が好きというのが重なって「銀の犬」に行き着いたんですよね(=^^=)素敵な出合いに感謝です♪



私もあまり短編集が得意ではないんですが、この作品は全ての短編に同じ人物が登場するからでしょうか?違和感なく読むことができました☆

それにしても…あまりに熱が入りすぎたかも…(笑)

2008/01/06 (Sun) 22:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

こんばんは☆

ケルト系の物語も音楽も大好きなんです♪

ケルト物語を読むときは"Secret Garden"なんかをバックに流して聴くとより一層その雰囲気が味わえたり。。。

物悲しくなってしまうようなものが多いんですが、picchukoさんの仰るとおり凛とした空気と今の日本にはない幻想的な雰囲気にたまらなく惹かれてしまいます(>_< )



気に入った本は一気読みしてしまうので大体1日〜2日で読んでしまうかも^^;

ちょっと難しい本は挫折しながら読むので一週間ぐらいかかったりします(笑)

2008/01/06 (Sun) 22:09 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

こんばんは♪

お気に入りにいれていただいてありがとうございます!

本当に素敵な本だったので是非読んでいただきたいです。(でももしかすると好みの分かれる本かも…?)

新年早々良い本に出合えたなぁ…とかなりウキウキしています(笑)



基本的に本は購入する派です。

新刊は今すぐ読みたい!っていうのもありますが図書館が近くにないのが大きいです^^;

本棚…けっこう困ってますよw好きな本以外は人にあげたりネットで売ったりもしてます。。。

2008/01/06 (Sun) 22:15 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:「銀の犬」心からオススメできる本です!(01/06)

わぁぁ♪

どうしましょう〜!個人的に萌えポイントがイッパイ(爆)

きっと私はハマルよね?

・・・ね?って聞かれて困るかwww

2008/01/07 (Mon) 12:12 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

エンブレムTさんには真っ先にオススメしたい本だわぁ(笑)



美貌の青年とくれば嫌でも興味わいちゃいますねw

きっと、エンブレムTさんは最後の「三つの星」が好きなんじゃないかなぁ…と勝手に思っているんですがd(>_< )

もし機会があれば是非読んでみてくださいねっ♪

2008/01/07 (Mon) 19:14 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:「銀の犬」心からオススメできる本です!(01/06)

こんばんは!

今日、読了しました。続きが楽しみですね。記事にリンクさせていただきました。

2008/01/23 (Wed) 23:50 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

とうとう読まれましたか(*^o^*)

月季さんもこの作品気に入っていただけたようで本当に嬉しいです!

なんだか、美しい光景が頭に浮かんできますよね。

どれもすごく切ない物語ではあるんだけど、読み終えた後にホッとあたたかさが残る作品だと思います。

早く続編出るといいですね♪

2008/01/24 (Thu) 20:34 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
すみません。

全く知らない作者と作品ですが、nanacoさんがそこまでオススメされるのなら読んでみようかなって思いますね。文庫になるんですか。じゃあ店頭でさがしてみましょう。

2008/04/11 (Fri) 23:00 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

浪漫的狼さん、興味を持っていただいてありがとうございます(≧∇≦)ノ

実は私もついこの間まで知らない作家さんでした。

ふとこの素敵な装丁に惹かれて、軽い気持ちで読んだ作品ですが見事にハマってしまいました♪

一生、手元に置いて何度も何度も読み返したいぐらい大好きです。

ケルト民話をモチーフにしているのですが、日本にはあまりないタイプの作品かもしれません^^

浪漫的狼さんにも是非気に入ってもらえるといいなぁ。。。(*^_^*)

2008/04/12 (Sat) 19:45 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:「銀の犬」心からオススメできる本です!(01/06)

nanaco☆さんに教えていただき読むことができました。教えていただかなければ、手にも取らなかったと思います。



良い話ばかりでしたね。主人公たちも凄く素敵だし世界のなんと幻想的で魅力な事。

ありがとうございました。(*^_^*)

2009/02/08 (Sun) 14:30 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

おぉっ♪日向永遠さん、とうとう読まれたんですね!!

気に入っていただけたでしょうか??

個人的には本当に大好きな世界観なのですが、かなり好き嫌いが別れるようなので、

日向永遠さんはどうかしら??と、ちょっとドキドキしていたんです…^^;



読み終えた後はこの幻想的な世界から離れがたく、

好きなエピソードをくり返し読んでしまったくらいです。

続編も出るようなので、こちらも楽しみですよね♪

……いつになるのかは謎ですが(笑)

2009/02/08 (Sun) 21:05 | EDIT | REPLY |   
クラスタン  
Re:「銀の犬」心からオススメできる本です!(01/06)

どこかで見た事のあるタイトルだと思ったら、既に購入リストに入ってました。



これも単行本なんですね(´;ェ;`)ウゥ・・・

ケルトの話しとなると、なんかファンタジーな感じですね。久しくこの手の本は読んでなかったので、興味がそそられます(*^^*)

早く文庫本が出てくれればいいのに・・・。

2009/06/02 (Tue) 21:44 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
クラスタンさんへ

あっ、クラスタンさんに朗報です!!

この「銀の犬」文庫でも出ていますよ♪(確か、ハルキ文庫だったはず…)

ハードカバーも持っているくせに、あまりに好きすぎて文庫も買いました。笑

文庫版もハードカバーの美しい表紙をそのまま踏襲しているので、

この世界観を崩さずに楽しめるかと思います。



いやぁ、、、本当にクラスタンさんにおすすめしたいです。

今まで読書してきた中で「一番のファンタジーは??」と聞かれたら、

「楽園」か「銀の犬」と真っ先に答えちゃうと思います(=^^=)

2009/06/02 (Tue) 22:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply