08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.11 *Mon*

「塩の街」有川浩


塩の街
著者:有川浩
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。男の名は秋庭、少女の名は真奈。静かに暮らす二人の前を、さまざまな人々が行き過ぎる。あるときは穏やかに、あるときは烈しく、あるときは浅ましく。それを見送りながら、二人の中で何かが変わり始めていた。そして―「世界とか、救ってみたいと思わない?」。そそのかすように囁く男が、二人に運命を連れてくる。第10回電撃ゲーム小説大賞・大賞受賞作。



どうも文庫版の装丁には抵抗があったので、ハードカバーのほうを載せておきます。
(でもどうやら文庫とハードカバー、内容が少し変わってるみたいですね??)

どのレビューでも高く評価されていたので、かなり期待して読んだのですが、
ごめんなさい。私にはこの作品の魅力が分かりませんでしたきもち


宇宙からの飛来物質が原因で人が塩の柱になってしまうという設定は斬新で面白いのですが。
結局その<塩害>の真相が徹底的に究明されることもなく。かといって恋愛メインでもなく。。。

何とも中途半端なまま終わってしまったという印象でしたね~かお


主人公・真奈の弱々しい性格に、とにかく終始イライラさせられっぱなしでした!

「自分に出来るのは料理とお掃除だけ」であとは手をこまねいている、みたいなのが苦手なのです。
あなた本当に高校生ですか??と思わずにはいられない。

*比べちゃいけないのは分かってるんだけど…分かってるんだけどね…。

「黄昏の百合の骨」(恩田陸・著)のヒロイン理瀬と、「塩の街」のヒロイン真奈。
理瀬が常に賢く冷静であるのに対し、真奈はオドオドした子犬のような女の子。
二人とも同じ女子高生なんだけど、理瀬のほうが好感が持ててしまうというのが皮肉な話ですネ。


今回はヒロインにまったくもって感情移入ができなかったせいか、久々にダメダメな作品でした。

有川作品は今回が初めてだったのですが、「図書館戦争」シリーズには興味があります。
大体の作風が判るまでは、懲りずに挑戦してみようと思いますきもち


塩の街塩の街
有川 浩

メディアワークス 2007-06
売り上げランキング : 119930

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事
tag : 塩の街  有川浩 

COMMENT

Re:「塩の街」読了です!(02/11)
こんばんは〜♪



ありますね〜。

主人公に感情移入できない話って。

私は、有川さんの本は読んだことがないので、

作風とかは分かりませんけど。。。^^;

有川さんといえば、この前、有川さんの新刊「阪急電車」を買ってきました♪

このお話、今津線という、私が高校生の時に通学で乗っていた電車の中での出来事を書いたお話なんですよ〜。

まだ、グイン・サーガと同じく積読状態ですけど、

読んだら、また感想書きますね(*^−^*)
by miwa125 #79D/WHSg
2008/02/11(月) 18:12 [Edit
Re:「塩の街」読了です!(02/11)
nanaco☆の凄いところは、苦手だと思っても最後まで読破すること。

そして、作風が判るまで挑戦するということ。

私にはマネできません。(笑)

色んなものに一目ぼれする私ですが、逆に直感で合わないっと思ったらそこから進むことはありません。

これって損してるのかもしれないですねぇ。

例えば、人気の高いテノールの秋川さんだって、私の好みではないので未だに聴いたことがありません。

それは顔などの外見だけでなく、雰囲気が私と違うからかなぁ〜??自分でも分からないのですが、、。

だから、nanacoさんのこの姿勢には感心です。
by picchuko #79D/WHSg
2008/02/11(月) 18:40 [Edit
Re:「塩の街」読了です!(02/11)
自分は有川浩さん未読です。

この本は駄目でしたか。題材は面白そうなのに。



図書館シリーズは自分も読みたいと思っています。(*^_^*)
by hina_max #79D/WHSg
2008/02/11(月) 19:11 [Edit
miwa125さんへ
どんなお話でも、主人公に感情移入できると面白く感じてしまうものですよね^^

このお話は"塩害"という一風変わった題材だっただけに、それを生かしきれていなかったのは残念です…。



miwaさんは有川さんの新刊を購入されたんですね♪

自分の身近な場所が舞台になると俄然読む気がわいてきますよね!

私も恩田さんの「麦海」の舞台が北海道だったので、読んでいて嬉しくなっちゃいました(*^o^*)

有川さんの本はどれもとても人気があるようなので、私も違う作品を読んでみようと思います♪

「阪急電車」読み終わったら是非感想UPしてくださいね!

ブルボンの封印の下巻の感想も楽しみにしてます(*^ワ^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/02/11(月) 19:38 [Edit
picchukoさんへ
ヘヘッそんなことないですよ〜(≧∇≦)ノ

(↑って、褒められて喜んでいるワタシ…笑)

苦手でも読破するのは、「もしかして最後の最後でどんでん返しが待っていたりしないかなぁ?」という淡い希望を抱いているからです^^;

今回の本は残念な結果に終わりましたが。

逆に映画なんかは、自分に合わないと思った時点ですぐに消しちゃうこともよくありますよ(笑)

私も、いくら面白いと言われている作品でも自分の雰囲気に合わない作品は苦手です。

基本的に「ベストセラー」の作品はどうしてか合わないことが多いです、残念ながら。。。

また違う時期に読んだら印象が違うのかもしれないですね☆



picchukoさんは秋川さん苦手なんですね!

やっぱりウルスに勝つ人はそうそういないかしら…(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/02/11(月) 19:50 [Edit
hina_maxさんへ
そうなんです!

題材はとても面白かったのにd(>_< )

ただ、他の方のレビューを見ているとかなり評価が良いようですので、ただ単に私の感じ方が違ったのかもしれません…。

「図書館戦争」シリーズを読んで苦手意識を克服できたらいいなぁと思います♪





ちょっと思い出しましたが…

「リアル鬼ごっこ」等を書かれている山田○介さんの作品も、いつも題材は面白いのになぁ…と思ってしまいます(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/02/11(月) 19:56 [Edit
Re:「塩の街」読了です!(02/11)
文庫版の表紙?思わず見に行っちゃったわ。

・・・抵抗感じる気持ち、わかったわwww

なんで、購買層をわざわざ狭くするんだろう・・・って感じだね^ ^;



理瀬みたいなタイプは、高校生としての日常は実はとってもシンドイだろうねー。

で、男受けもイマイチだったりしそう(笑)

真奈タイプは一部男性の理想のタイプっぽいよねー。

・・・・文庫版のイラスト見て、かなり印象悪くなってる気がする(笑)

by エンブレムT #79D/WHSg
2008/02/11(月) 21:44 [Edit
こんばんは〜
あらすじを読む限り悪くはない感じですが・・・

nanaco☆さんの星2つの評価が(笑)



理瀬のほうが好感が持ててしまういうのも(笑)理瀬って闇の部分が大きく、高校生には思えないくらい常に冷静で賢い。「自分に出来るのは料理とお掃除だけ」であとは手をこまねいている、みたいなのでも高校生とは思えないという同じ感想(言葉)なのがおかしい(~_~;)



理瀬が魅力的って言うのはわかります。神秘的で得体が知れないって結構人は惹かれると思います。





by Cedie #79D/WHSg
2008/02/11(月) 22:15 [Edit
Re:「塩の街」読了です!(02/11)
こんばんは!

そうかぁ〜nanaco☆さんには、ヒロインの情けなさが

ダメでしたかぁ。確かに、情けない。

こういうタイプって、読んでてイライラしますよね(笑)。

と言いつつ、だんだん「がんばれー」とか思っちゃうわたし。

男だったら、ぜったい健気を装った女の子にだまされるんでしょうねww



わたしも、塩害の謎がくっきりと解明されなかったのが

ちょいちょい消化不良でした。

図書館戦争シリーズは、気になりますね…。



TBさせていただきまーす。



by anna2号 #79D/WHSg
2008/02/11(月) 23:51 [Edit
Re:「塩の街」読了です!(02/11)
私も読みました。

文庫版で。

私が買った時は、それしかなかったんですよね。

それなのに、

最初、秋庭はおっさんだと思い込んでいた私…。

急に恋愛物になって、驚いてしまいました。

有川作品、もう読む事はなさそうです(笑)。

by 透衣音 #79D/WHSg
2008/02/12(火) 00:49 [Edit
Re:「塩の街」読了です!(02/11)
わっ本当だ!文庫版と全然イラストが違いますね。

私も文庫版の方だったら、興味がわかないかも(^^;)

本の表紙って大切ですよね。

いわゆる本の顔になりますものね。

第一印象が悪いと損をするみたいな・・・
by ☆ちこ #79D/WHSg
2008/02/12(火) 13:28 [Edit
Re:「塩の街」読了です!(02/11)
nanacoちゃんにとっては

珍しく不評の1冊だったんだねぇー。

作品の良し悪しっていうか、

好き嫌い(?)が分かるだけでも

なんかカッコイイって思ってしまいます。笑

by ☆Yuri☆ #79D/WHSg
2008/02/12(火) 16:56 [Edit
ちょっとだけ弁護。
こんばんは〜♪

有川さんのこの作品のちょっとだけ弁護です。諸事情のため本人も仕方なく文庫本出版。これが不本意で、「本編大幅改稿、番外編短編四篇を加えた大ボリュームのハードカバー単行本で登場!」な訳です。ハードカバー本の方は、それなりに面白いと思います。ちなみに自分は『海の底』の番外編『Sweet Blue Age』に収録されている「クジラの彼」が有川さんの作品の中で一番好きです。図書館シリーズも笑えて面白いですけど…。(ちなみに『クジラの彼』の単行本もあります。これは有川さんの他の単行本の番外編がかなりあります。)多分nanako☆さんは、家人Hと同じく、有川さんと波長が合わないのかも知れませんね。有川さんの前年に受賞した壁井ユカコさんの方が合ってるかも…。

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2008/02/12(火) 18:03 [Edit
エンブレムTさんへ
や、やっぱりですか?

文庫の表紙に抵抗感じるの、私だけじゃないですよね?(笑)

なんだかヨナ博士の絵を見た後にこの絵を見ると「ガクッ…」ときちゃうんですよね^^;

でも最近のライトノベルってこういう絵多い気もしますけどねぇ。

どうしても真奈ちゃんの服がね、パジャマに見えちゃうんですよ…ほら、顔が幼いから。

でも本当一部の男の人にはウケそ〜なキャラですよねw

理瀬は抜け目のない感じだから、きっと遠くから憧れの目で見られるタイプですかね〜。主婦には向いてなさそう…

…って妄想しすぎ?!(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/02/12(火) 19:47 [Edit
Cedieさんへ
そう、あらすじも面白そうだったし、評判も良かったみたいだったので期待してたんですけどねぇ(T_T)

もしかしたら読む時期を間違えたのかもしれないです…。

最近は「麦海」の理瀬やら「凍りのくじら」の理帆子みたいな自立したタイプばっかりだったから、あまりのギャップに戸惑ったのかもしれないです(笑)

真奈ちゃんはこの作品の中で「自分は重荷になってるかも…」って悩むシーンがあるんだけど、「まさにそのとおりよ!!」って言ってあげたい気分でした^^;

やっぱり私は女の子女の子しているよりも、理瀬みたいな神秘的な部分がある女の人のほうが好きだなぁ…。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/02/12(火) 19:52 [Edit
anna2号さんへ
TBありがとで〜す(*^o^*)

ウム…本当にこのヒロインにはイライラしちゃってダメでした(笑)

題材は面白いと思ったんですけどね。

「塩害」の理由もスッキリしないし、「ラブストーリー」的にもなんだかお子ちゃまみたいだし…。

でも、もしかしてこれが"純愛"?!

一途なトキメキを思い出したい時にはうってつけかもしれないですねw

あぁ、でも男の人なら1人でも生きていけそうな謎多き女よりも、こういう真奈タイプの一生懸命な女の子が良いのかしら…^^;

さっき分かったんですが、有川さんって女性なんですね!

道理で人物描写が女性らしいと思った…。

「図書館戦争」シリーズには期待することにしましょう♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/02/12(火) 20:00 [Edit
透衣音さんへ
透衣音さんも読まれたのですね♪

この作品は文庫が先ですものね。。。

確かにアキバって聞くとオッサンをイメージしてしまうかも…(笑)

どうも話し方とかも20代とは思えなかったですしね^^;

基本的にあま〜い恋愛物も好きなんですが(恩田陸さんの「ライオンハート」みたいな)、どうもこの作品は中途半端でした…。

SFとしても恋愛ものとしても微妙です(T_T)

もしかしたら自分に合わないのはこの作品だけかもしれないので、また時間を置いて違う有川作品にチャレンジしてみようと思います!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/02/12(火) 20:11 [Edit
☆ちこさんへ
でしょでしょ??

文庫のほうはかなり手に取るの躊躇っちゃいますよね(>_< )

ハードカバーのほうはなかなか素敵ですが。

なんだこの小学生みたいな絵は…と。

ちょっぴり毒舌ですが、それぐらいひいてしまいました(笑)

本を読んでいても、あの絵が頭の中でちらついて集中できなくなったぐらいです^^;



本の装丁って、本当大事だと思います。

読んだこのない作家さんとか、表紙の雰囲気で購入することもありますしねぇ…

by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/02/12(火) 20:20 [Edit
☆Yuri☆ちゃんへ
そうなのよぉ〜(>_< )

基本、あんまり酷評することはないんだけどねぇ…。

本を読んでイライラするっていうのはかなり珍しいかもしれない(笑)

途中で読むのやめようかとも思ったけど、もしかして最後の最後でどんでん返しが来る?!とか思うと、投げ出せなくて^^;

けっきょく何もなかったんだけどね…。グスン。



Yuriちゃんも読んでるうちに自分の好きな傾向の作品とかすぐ分かるようになるよっ(*^_^*)

個人的には「塩の街」オススメしません!(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/02/12(火) 20:27 [Edit
茨木 月季さんへ
おぉ!嬉しい情報ありがとうございます♪

どうして文庫の後にハードカバーが出たのかな?と不思議に思っていました。

個人的に文庫版は内容も絵も好みに合いませんでした。

ハードカバーのほうは大幅改稿されているんですね(*^_^*)

少しはこの作品に対する印象が変わるかしら??また挑戦してみようと思います。



「クジラの彼」面白いんですね。

有川さんの本はまだ文庫化されている作品はほとんどないので、読むのはもう少し先になりそうですが…必ず読んでみます!

「図書館戦争」シリーズは面白かったらハードカバーで揃えちゃいそうです(笑)



壁井ユカコさんって、「キーリ」の方ですよね??

そう、これも読みたいんだった…。

月季さんから色々な本紹介していただいているので、書き留めておかなくっちゃ。

いつもありがとうございます(≧∇≦)ノ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/02/12(火) 20:37 [Edit
こんばんは♪
遊びに来て頂いてありがとうございました★



私も、このヒロインには感情移入が。。。

突っ走りすぎだなぁとか、

甘えてばっかりだなぁとか、どうもダメな印象しか。

極限状態だったので、そこを考慮すると少しは株は上がりますが。笑



nanacoさんの読まれている本、

私の知らない本が多く、参考になります♪

こちらこそ、またお邪魔させて下さい★
by 月夜 #79D/WHSg
2008/06/21(土) 21:09 [Edit
月夜さんへ
わぁ、遊びに来ていただけたんですね!ありがとうございます(*^_^*)



私はこの本、文庫版の表紙を見て、読む前から既に苦手意識があったかもしれません(笑)

読んでいるとどうしてもあの絵が頭に浮かんできて…^^;

そう考えると本の装丁って結構大事ですよね。

有川さんの「図書館戦争」シリーズは本当にハマりました♪

「別冊図書館戦争2」も8月あたりに発売されるようなので、そちらも楽しみです〜^^



月夜さんのブログ、私の知らない作家さんもたくさん読まれているようでとても参考になります。

また是非遊びに伺いますね!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/06/21(土) 21:46 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1061位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。