FC2ブログ
Welcome to my blog

「凍りのくじら」辻村深月

ななこ


凍りのくじら
著者:辻村深月
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
藤子・F・不二雄をこよなく愛する、有名カメラマンの父・芦沢光が失踪してから五年。残された病気の母と二人、毀れそうな家族をたったひとりで支えてきた高校生・理帆子の前に、思い掛けず現れた一人の青年・別所あきら。彼の優しさが孤独だった理帆子の心を少しずつ癒していくが、昔の恋人の存在によって事態は思わぬ方向へ進んでしまう…。家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描く“少し不思議”な物語。



正直、前2作がかなり衝撃的な作品だったのに比べると、ややインパクトは薄いですきもち

でも、何故だか今回の主人公理帆子にはとても感情移入してしまった。

どこにいても誰といても"自分の居場所ではない"と感じてしまう理帆子。
友達と会っている時も合コンの時も現実感がなくて、遠くから自分を眺めているかのような。。。

もしかしたら、誰もが持っている感覚なのかもしれませんね~かお


理帆子は、自分以外の個性を全て見下し、毎日を虚無感でいっぱいにしながら生きていく。
暗い闇の底でもがき続けている彼女が、やがて一筋の光を見つけ浮き上がっていく物語ですきもち

失踪したカメラマンの父、超粘着質の元彼、図書館で出会った不思議な先輩。
様々なエピソードを交えながら物語は進んでいきます。


それにしても、とにかく理帆子の元彼の若尾には辟易してしまった…きもち

「この男がすべての元凶だろうが!」と、
火を見るより明らかなのに、当人は気付かないものなのかね。あな恐ろしや。。。

*でも、さらに空恐ろしいのは、この若尾はギャスパー・ウリエルに似ているという。
ギャスパー君といえば「ハンニバル・ライジング」で、若かりし頃のレクター博士を演じた俳優さん。
あぁ、あんな美青年がネチネチの粘着質タイプだなんて勿体ない。勿体なさすぎる。



ハイ、思いっきり話が脱線しました。


第8章「タイムカプセル」以降は、涙が次から次へと溢れてきてとてもバスでは読めませんでしたかお

全体を通して痛々しい物語ではあるんだけど、不思議と爽やかと言っても過言ではない読後感。
私も理帆子と一緒に一筋の光を見つけたような、温かい気持ちになりましたきもち


ライン


ところで、この作品はすべてドラえもんに出てくる道具が章の題名になっています!
例えば一章は「どこでもドア」、二章は「カワイソメダル」といった具合に。

私もドラえもんは大好きで昔からよくテレビで見ていたんだけど…
「どくさいスイッチ」なんて道具があったんだ…。 (皆さん知ってます??)

よ~く考えると怖いですよね。自分が邪魔になる人や物を次々と消していける道具。


凍りのくじら (講談社ノベルス)凍りのくじら (講談社ノベルス)
辻村 深月

講談社 2005-11-08
売り上げランキング : 278100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 16

There are no comments yet.
Cedie  
体調はいかがですか?

読みましたよ〜。これもとてもよかったですね(#^.^#)・・・わたしも理帆子の元彼にうんざりでした(-_-;)



わたしもインパクトは薄いですが、ミステリよりも“人と触れ合うことのあたたかさ”を感じました(ノ≧∀≦)ノこれも苗字がキーワード。



これを書いていいのか・・・理帆子は他も本にも登場している(と思う)ので、見つけたときは「おおっ!」と思いました。



無理せず体調に気をつけてくださいね(*^_^*)

2008/02/07 (Thu) 22:40 | EDIT | REPLY |   
hina_max  
Re:「凍りのくじら」読みました♪(02/07)

辻村さんですね。この本の題名、素敵ですね。

何か凄く良さそうなお話ですね。

積読になってるので近々読んで見ます。(何冊後になるのでしょう?)

2008/02/07 (Thu) 23:08 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
少しですが、

nanacoさんのある一面をまた一つ感じれたように思います。

「自分以外の個性を全て見下し、毎日を虚無感でいっぱいにしながら生きていく理帆子。」この世界、私も少しは分かる気がします。

nanacoさんの生き方が素晴らしいのは、こういった感情もしっかり味わっているから、、。

職場での人間関係が大変そうですが、あなたは人の心の奥底までも感じれる方。大丈夫です。

いつか嫌なこと全てを受け入れる力の持ち主になれますから、、。頑張って!!応援してます☆

*「どくさいスイッチ」、知りませんでした。

ホント、ドラえもんも怖い道具を持ってますねぇ。。。

でも、面白い!!



2008/02/07 (Thu) 23:18 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:「凍りのくじら」読みました♪(02/07)

こんばんは!

「凍りのクジラ」は自分の初めての辻村作品です。「ダ・ヴィンチ」2006年3月号のプラチナ本に載っていて、興味を惹かれ読んで、静かな感動を覚えました。その時の紹介は、ウェブに載ってます。

http://web-davinci.jp/contents/platinum_book/contents/content.html

プラチナ本の紹介は

http://web-davinci.jp/contents/platinum_book/index.php

nanako☆さんのレビューを飾った「秋の牢獄」も紹介されてました。

2008/02/07 (Thu) 23:32 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:「凍りのくじら」読みました♪(02/07)

藤子・F・不二雄をこよなく愛する・・・「どんな設定だよ」って思ったら、章と道具がシンクロしてるのねw

作者か担当者がドラちゃんファンなんだろうか?^ ^

「どくさいスイッチ」って、最後にのびたクンが一人ぼっちになるやつかな?

「カワイソメダル」って知らない道具だわw



そぉかー。nanaco☆ちゃんて理帆子タイプなのね?

ふふっ。この本を読む時には、それを頭に置いて読もうっと♪

2008/02/08 (Fri) 12:12 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:「凍りのくじら」読みました♪(02/07)

ギャスパー・ウリエル、カッコイイですよね♪

私もハンニバル・ライジングを観て「おおっイケメン」と思ってしまいました。

ネットで画像を検索してみると、レクター役の冷酷な雰囲気とは打って変わって、とても笑顔が可愛い人なんですね。

私も「ロング・エンゲージメント」を観てみたいです。

「凍りのくじら」も興味深いですね。

しかし、nanaco☆さんの読む早さには、毎回感心させられます。羨ましい〜

2008/02/08 (Fri) 13:52 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

ありがとうございます!

まだ本調子じゃないけれど大分良くなりました♪

明日から三連休〜(*^_^*)

とにかくいっぱい休んでいっぱい遊んでいっぱい読書するつもりです(笑)



おぉ、理帆子は別の作品にも登場するのですね。

今まで読んだ辻村作品の中で一番感情移入ができた主人公だったのでちょっと嬉しいかも♪

そういえば…今気が付いたんですが「冷たい校舎…」も「子どもたちは…」も「凍りのくじら」も女の子が主人公ですね??

やっぱり同性のほうがストーリーを組み立てやすいのかしら…。

そう考えると恩田さんの「ネバーランド」なんてスゴイな、って思ってしまいます。

あの一番難しい年頃の男の子達をあんなリアルに書いているんですものね(=^^=)



次の辻村作品は「ぼくのメジャースプーン」を読む予定です♪

2008/02/08 (Fri) 21:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
hina_maxさんへ

「凍りのくじら」とても印象的なタイトルですよね!

「なんでこのタイトルなの??」と思ったんですが、読み終えてやっとピンときました。

この装丁もすごく気に入っています(*^_^*)

辻村さんの作品のタイトルはなんだかどれも記憶に残るものばかりですよね。

一度聞いたら忘れないような…。



是非是非読んで見てくださいね!

私も積読本がいっぱいあるにも関わらず新しい本を買ってしまいます(笑)

2008/02/08 (Fri) 21:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、あたたかいお言葉ありがとうございます(*^o^*)

自分が理帆子のキャラクターとかぶる気がするからこそ、読了後はなんだか救われた気持ちになりました。

前もpicchukoさんにこんな話をしたかもしれませんが…

昔からなんだか自分を異分子だと感じていたんですよね。表向きはそこそこうまくやるんだけど、心の奥底では常に冷めているというか…。

理帆子と同じ、虚無感でいっぱいの毎日でした。

今の彼がきちんと心の内側を癒してくれる人だったので、今では大分人並みに人生を楽しめるようになったかなと思っています(*^^*)



「どくさいスイッチ」怖いですよね!Σ( ̄□ ̄;)

ドラえもん、そんな道具出すなよ〜!!

小さい頃は何も考えずに楽しんでいたけど…

大人になって改めて観るとゾクッとくるかも(笑)

2008/02/08 (Fri) 21:18 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

「凍りのくじら」あたたかくてちょっぴりほろ苦い静かな読後感が心地よかったです。

辻村さんは色々なジャンルの本を書けるんだなぁ…と感心してしまいます。



webのご紹介ありがとうございます(*^_^*)

早速行ってみましたが、こんなサイトがあったのですね!

本の説明だけでなく、きちんと書評が載せられているので参考になりそうです♪

プラチナ本のバックナンバーを見ると、色々面白そうな本が紹介されていました。

またゆっくりと見てみたいと思いま〜す(o^―^o)

2008/02/08 (Fri) 21:29 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

そうそう!章とドラちゃんの道具がシンクロしているのです…。

この作品に出てきた理帆子は「ドラえもん」のファンだったんだけど、実際に辻村さんもかなりのドラちゃん好きなんじゃないかなぁ^^;

それにしても「藤子・F・不二雄さんはよくこんな道具を考えたなぁ…」と今更ながらに感心しちゃいました(*^o^*)

その通り!「どくさいスイッチ」はのび太クンが嫌いなものをどんどん消していっちゃって一人になるやつです。怖いですよねぇ。。覚えてました??私は全然記憶になかったんだけど…^^;



まさに私、理帆子タイプですw

読んでみてビックリ。かなり嫌〜な女ですよ!(笑)

2008/02/08 (Fri) 21:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ギャスパー君、かなりカッコイイですネ(笑)

気になって年齢を調べたら私と同じ歳みたいです。

なんだか妙に老成した雰囲気ありますよね^^;

ちなみに「ロング・エンゲージメント」ではギャスパー君のお相手は「アメリ」のオドレイ・トトゥです。合うような合わないような…(笑)

なかなか良い映画ですよ!機会があったら是非♪



この「凍りのくじら」の理帆子の元彼(粘着質タイプ)はイケメンギャスパー君に雰囲気がソックリだということだったんですが、あの爽やかな笑顔にネチネチは想像し辛かったですw

2008/02/08 (Fri) 21:45 | EDIT | REPLY |   
ちゃと屋  
Re:「凍りのくじら」読みました♪(02/07)

まだ辻村さんの本は読んでないんですよぉ(><)

この作品も章の題がドラえもんの道具名なんてかなり面白そう^^

「どんくさいスイッチ」ってのび太がどんどんスイッチ押しまくって最後に一人ぼっちになっちゃう

―って話ですよね。ドラえもんって結構残酷なところもあるなぁ

2008/02/08 (Fri) 22:29 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
ちゃと屋さんへ

辻村さんの本、面白いですよ〜♪

ちゃと屋さんは恩田さんの作品が好きなようですからきっと辻村さんもハマると思います。



この「凍りのくじら」はいたる所でドラえもんの道具の説明が出てくるんですよね。

主人公理帆子はその道具を周りの人間に当てはめてみたり。

かなり独特な発想です…^^

昔はただ楽しんで観ていたけど、大人になってから観るとけっこう「これは残酷!」っていう道具もありますよね(笑)

2008/02/08 (Fri) 23:47 | EDIT | REPLY |   
月夜  
凍りのくじら。

他の作品にますます興味が沸いてしまうレビューですね♪

どれも分厚そうでちょっと躊躇っちゃいますが。。。



理帆子が本好きで、ちょっと覚めてるところが、

自分にそっくりな気がして、私もとっても感情移入しちゃいました^^;

後半はイタイ場面が多すぎて、泣きそうでした。。。

必死にイクヤを探す場面とか見ていられないくらい辛くて。泣

最後が暖かい雰囲気で終わってくれて救われました!



ドラえもん懐かしかったです♪

「どくさいスイッチ」覚えてます!!

あまりにも残酷だったので、衝撃を覚えました。

人がどんどん消えていって、誰もいなくなる。

子どもながらに恐怖を覚えましたね。

今の歪んだ子どもたちに、是非読んでもらいたい作品です。。。

2008/08/03 (Sun) 23:41 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
月夜さんへ

コメントありがとうございます〜♪(*^o^*)

辻村さんの書く他のヒロインよりも、断然理帆子に感情移入してしまいました。

あまりにも繊細な部分まで理帆子の心情が描かれていたので、

もしかして辻村さんご自身もこんな性格だったのかな??なんて思ってしまいました^^



本当に郁也を必死に探し回る場面は胸が苦しくなりますよねぇ(T_T)

辻村さんの作品はどれもバスや電車の中では読めません(笑)

分厚い本が多いですが、読書家の月夜さんならあっという間にのめりこめると思いますよ〜♪

個人的なオススメはやっぱり「子どもたちは夜と遊ぶ」です(=^^=)



あっ!"どくさいスイッチ"月夜さん覚えていました??

私もドラえもんはけっこう好きで、よく観ていた記憶はあるんですが、忘れていたようで^^;

昔は、今ほど凶悪な犯罪は頻発していなかったですよね。

次々と自分の嫌いな人を排除していく子ども達…

まるで"どくさいスイッチ"を使っているみたいです。。。

2008/08/04 (Mon) 19:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply