FC2ブログ
Welcome to my blog

「とっても不幸な幸運」畠中恵

ななこ


とっても不幸な幸運
著者:畠中恵
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ちょっとひねくれているけれど、料理自慢で世界好き店長のいる酒場。クセモノ常連客が集うこの店に、いわくつきの「とっても不幸な幸運」という名の缶が持ち込まれた。缶の中から現れたのは、不思議な幻影やベートーベンの曲や、昔の知り合いの姿…。いったいどんな意味が?そして缶を開けた人間にもたらされたのは「災い」?それとも「幸せ」?じんわり温かく、そしてほんのり切ないファンタジーミステリー。



「しゃばけ」シリーズですっかりファンになってしまった畠中さんの現代物ですかお
畠中さんって時代物じゃなくてもこんなに面白いお話を書けるんだなぁ…。ちょいとビックリ。


この物語は「とっても不幸な幸運」という名の、とある缶の謎を巡る6つの物語ですきもち

この缶は、100円ショップで売られてるという何ともみすぼらしい缶なんだけど…。
開けると様々な怪異現象が起こり始めるという、なんとも奇妙な代物。


初めにこの缶を持ち込んだのは、「酒場」のマスターの娘のり子。
彼女は興味本位で何気なく缶を開けたところ、死んだはずの母親が見えてしまう。

開ける人によっては、故人の顔が映ったしゃぼん玉を見たり、幻影を見たりと謎だらけの缶。

無愛想で客を選ぶ"武闘派"のマスターと、そこに足しげく通う常連客達。
彼らがその缶の謎を推理し、解決していくという一風変わったミステリですきもち


個人的にはハンサムなマジシャン天野のエピソード(第5話)と、
ひねくれマスターの若かりし頃のエピソード(第6話)が特に面白かったです。
そして第6話を読んだ後に終章がこの内容とは。。。泣かせるなぁ畠中さんかお

「しゃばけ」同様、じんわりとした温かさとちょっぴり切なさが混ざったような心地良い読後感でした。


*これは映画化したら面白そうですねぇ。

解説で書かれていたことですが、、、
マスターは坂口憲二、娘のり子は成海璃子、ウェイターの健也は小池徹平。

…うん、確かにこのイメージかも(笑)


とっても不幸な幸運 (双葉文庫 は 18-1)とっても不幸な幸運 (双葉文庫 は 18-1)
畠中 恵

双葉社 2008-03-13
売り上げランキング : 124460

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 14

There are no comments yet.
日向 永遠  
Re:畠中恵「とっても不幸な幸運」読みました〜♪(03/31)

自分はしゃばけシリーズ、どうも駄目でした。

1作目の約1/3で止まってます。(泣)



こっちの方が面白そうです。(*^_^*)

2008/03/31 (Mon) 21:59 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
面白そう!!

へぇ〜、何ともユニークな作品ですね。

ホント、映画化してほしいくらいです。娘のり子は成海璃子、これ大賛成です♪

にしても、「とっても不幸な幸運」という名前からして話がどんどん広がりそう。

これ、シリーズ化しないのですかねぇ。

2008/03/31 (Mon) 22:04 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
こんばんは〜

「yom yom」を読んで以来この方気になってます♪

で、「百万の手」は読みましたが、「yom yom」に載ってた話のほうが好きですね☆



「とっても不幸な幸運」というタイトルからしてまた気になります。ファンタジーミステリーだし☆4つなので読んでみたいです(#^.^#)





2008/03/31 (Mon) 22:31 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
そうですか。

私は『しゃばけ』だけ読んだことがあります。それなりに雰囲気があって面白かったです。が、それっきりあのシリーズは読んでません。で、ご紹介のこの作品ですが、なかなか面白そうですね。また雰囲気が違っていいかもしれませんね。

2008/03/31 (Mon) 22:35 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:畠中恵「とっても不幸な幸運」読みました〜♪(03/31)

こんにちは〜♪

畠中さんの現代ものも面白いでしょう。自分は、週刊誌で連載を再開された「アコギなのかリッパなのか」が、現代ものの中で一番好きです。この「とっても不幸な幸運」は単行本で3年前に読んだので、詳細は覚えていません。解説を読みたいから、文庫本で図書館に入ったら、借りて読みなおしてみたいです。

2008/04/01 (Tue) 11:11 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:畠中恵「とっても不幸な幸運」読みました〜♪(03/31)

凄く面白そうですね。nanaco☆さんのレビューを読んで私も読みたくなりました。

「死んだはずの母親が見えてしまう」というところでちょっとウルっときました。

また、ポチッとお気に入り登録しておきます。

この方の作品は、まだ「しゃばけ」しか読んでないのです。つい「西の〜」を読み出してしまったので(^^;)

「おまけのこ」も早く読みたいので頑張ります。

2008/04/01 (Tue) 11:46 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:畠中恵「とっても不幸な幸運」読みました〜♪(03/31)

こんばんは〜♪



そうそう、文庫版が発売されたんですよね〜♪

まだ本屋さんでチェックしてませんでした^^;

さすが畠中さん!これも面白そうですね(*^ー^*)



積読本の中に『アコギなのかリッパなのか』があるから、まずはそれを読んでからかな^^

2008/04/01 (Tue) 18:06 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向永遠さんは「しゃばけ」シリーズは駄目でしたねぇ^^;

時代物&ファンタジーは苦手な方は苦手なんですよね(笑)

今回の作品は「しゃばけ」と比べるとミステリ要素が強いので、

きっと日向永遠さんにも楽しんでいただけるんじゃないかなぁ、と思います(o^―^o)

畠中さんの現代物はまだ3作しか出ていないようなんです。かなり貴重だわ。。。

2008/04/01 (Tue) 19:32 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

「とっても不幸な幸運」なんてなんとも不思議な名前ですよね。

結局人間の人生って不幸なのか幸運なのか決められないんですよね^^;

何故って自分が選んだ道以外の人生は想像も付かないですものねぇ。

SFみたいにもうひとつの世界にいけたらいいけれど…。

せめて今の人生を後悔しないように生きたいですよね(*^〜^*)

この作品、是非シリーズ化してほしいです!!

登場人物がみんな一癖も二癖もある面白いキャラばっかりだから、

この作品だけだともったいないなぁ…と思ってしまいますd(>_< )



むむ…もしやpicchukoさん、成海璃子さん好きですか??

正統派の美人さんですよね〜♪中高生のお年頃の娘を演じるにはピッタリかも。。。

本を読んで何が楽しいって、映画化されたときのキャストを考えることですよね(笑)

2008/04/01 (Tue) 19:41 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさんは「百万の手」読まれたんですね♪

私は未読ですが、近いうちに読みたいな〜(*^_^*)

「しゃばけ」シリーズと違ってミステリ要素が強い作品なのかしら??

「yom yom」に掲載されていた「ひなのちよがみ」面白かったですね〜♪

絶対Cedieさんは「しゃばけ」シリーズ好きだと思いますヨ。

なんていったってドロドロがないですから!(笑)

私もこのシリーズだけはいつも安心して読めます。



「とっても不幸な幸運」も文庫で出ているので、機会があったら是非読んでみてくださいね。

つながりがあるとはいえ一応短編になっているので読みやすいと思います♪

すご〜く素敵なお話ですよ(≧∇≦)ノ

2008/04/01 (Tue) 19:46 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

浪漫的狼さん「しゃばけ」読まれたんですね〜♪

私も今まで時代物って苦手だったんですけど、このシリーズのおかげで今は大好きになりました。

読み始めは耳慣れない言葉ばかりでしたけどね…。「岡っ引き」とか「手代」とか(笑)

個人的には巻を重ねるにつれて、文章も洗練されて読みやすくなっている気がします(=^^=)



今回読んだ作品もちょっぴり不思議なファンタジーで、なかなか印象的なお話でした。

たまにはこういうほんわかしたお話も良いかもしれませんね♪

2008/04/01 (Tue) 19:51 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

畠中さんの現代物も面白いですね〜♪

まだ現代物の小説は三冊しか出ていないのですね。

月季さんオススメの「アコギなのかリッパなのか」は近いうちに読んでみたいです(*^_^*)

できれば今年中には読めたらいいなぁ…。

「しゃばけ」シリーズの続きが文庫化されるのも今か今かと待っています〜^^;



そうそう、ずっと探していた井上祐美子さんの「桃夭記」が新装版で発売されていました♪

今半分まで読み終わりましたが、これは5つ星候補の面白さです(≧∇≦)ノ

2008/04/01 (Tue) 20:01 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさんに興味を持っていただけて嬉しいです(*^ワ^*)

缶を開ける人によって見える幻影が違う、というのが面白いですよね!

ちこさんが仰るように亡くなった身内や恋人が現れたときは、

怖いというよりも懐かしさと切なさが混ざったような気持ちでウルッときちゃうんですよね。

読んだ後に静かな温かさが残る素敵なお話ですよ♪



「おまけのこ」まで読んだ後は是非こちらの作品も読んでみてくださいネ(*^_^*)

私はちこさんの「西の…」のレビューを拝見して、またまた再読したくなってきました(笑)

2008/04/01 (Tue) 20:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

そうなんですよ〜♪

ハードカバーは高くてなかなか手が出ないので、文庫だけは毎月欠かさずチェックしてます(笑)

「おまけのこ」の続きも早く文庫で出ないかなぁ〜(>_< )



この作品を読んで、miwaさんにこの間紹介していただいたぶたぶたさんを思い出しました♪

ぶたぶたさんは癒し系なのに比べて、この酒場のマスターは愛想がなくてぶっきらぼうだけど…

心の底では相手のことを親身になって考えてくれている、というのが共通しているような(*^o^*)

あと料理が上手いっていうのも…(笑)



私も「アコギなのかリッパなのか」本屋さんで探してみることにします〜♪

2008/04/01 (Tue) 20:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply