FC2ブログ
Welcome to my blog

「スロウハイツの神様」辻村深月

ななこ


スロウハイツの神様(上)(下)
著者:辻村深月
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ある快晴の日。人気作家チヨダ・コーキの小説のせいで、人が死んだ。猟奇的なファンによる、小説を模倣した大量殺人。この事件を境に筆を折ったチヨダ・コーキだったが、ある新聞記事をきっかけに見事復活を遂げる。闇の底にいた彼を救ったもの、それは『コーキの天使』と名付けられた少女からの百二十八通にも及ぶ手紙だった。事件から十年ー。売れっ子脚本家・赤羽環と、その友人たちとの幸せな共同生活をスタートさせたコーキ。しかし『スロウハイツ』の日々は、謎の少女・加々美莉々亜の出現により、思わぬ方向へゆっくりと変化を始める…。



あぁ、やばいです…。思わず胸がいっぱいになってしまう読後感、それにこの充足感。
読み終わった後に、すぐにでも再読したくなるぐらい本当に良い作品でしたきもち

熱狂的なファンが多い作家のチヨダ・コーキ、超売れっ子脚本家の
その他画家や漫画家などを目指す若き芸術家の卵達が、一つ屋根の下で共同生活を営む物語。


あらすじを読んで、どうも「冷たい校舎~」のようには気分が乗らないなぁ…と思っていたのですが、
「辻村さんの作品だし間違いない!」と絶対的な信頼を胸に読み始めました。

結果…私の中で、この先何度も読み返すだろうなぁという作品に位置づけられましたかおきもち


初めは環の勝気な性格と、強すぎる個性がなかなか好きになれなかったんだけど、、、
章が進むにつれ、傲慢で嫌な女だった環の印象が180度ガラリと変わってしまいました。
きっと、周りの友人達に恵まれていたのねぇ。

チヨダ・コーキがとても魅力的なキャラ。環をそっと見守る瞳がすごく温かい。
いつも周りにさりげなく気を遣い、外れてしまった軌道を元に戻す、そんな人物。


上巻では物語がどういう風に収束していくのか全く掴めなかったんだけど、
散りばめられた伏線が、下巻の最終章で一つずつ明らかになる度に涙してしまいました。。。

最後の"エピローグ"も彼らの将来をふと覗いたような気がして、個人的には大好きですきもち


チヨダ・コーキの小説は、本当に存在するのかと錯覚する程リアルに描かれていますねぇ。
実際に彼の小説を読めないのが残念でたまりません。

自分の人生観や生き方を変える程大好きな作家さんを持つのって、幸せなことだな、と思いましたかお


スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)
辻村 深月

講談社 2007-01-12
売り上げランキング : 205565

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スロウハイツの神様(下) (講談社ノベルス)スロウハイツの神様(下) (講談社ノベルス)
辻村 深月

講談社 2007-01-12
売り上げランキング : 366277

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 18

There are no comments yet.
88olive  
Re:「スロウハイツの神様」読了です!(03/26)

この作品私も大好きです!!

も〜う至るところに張られてた伏線が、ラスト怒涛のごとく繋がって行くあたりが、お見事!!って感じでさすが辻村さんだわ〜と、改めて思った事でした。



加えて、それぞれのキャラクター達が皆良かった事もポイント高かったです♪

2008/03/26 (Wed) 22:43 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
おおっ!!

これ!わたしも好きです〜(#^.^#)

「凍りのくじら」ででてきた女性が出てきてびっくりしたり、コーキのおかしな言動の裏にはこんなことがあったのか〜と思うととても暖かな気持ちになりますね。

ほかにも登場人物のセリフもそのときはさらりと読み流していたらここに繋がるのか!!と感心しました(>_<)



辻村さんの作品のキーワードである苗字もこの作品でもキーワードになってますね。この作品の場合、環の苗字がそうだと思います。





わたしもコーキの小説読んでみたいです(>_<)

人生何がきっかけでどう変わるかほんとわかりませんね(T_T)



2008/03/26 (Wed) 22:45 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
恥ずかしながら

私はこの作家は初めて知りましたよ。辻村さんってどんな作風なんでしょうか。もし、良ければすすめて下さいな。この作品が一番ですか? まずこれを読めっていうのがあればお願いしまーす。

2008/03/26 (Wed) 22:48 | EDIT | REPLY |   
☆Yuri☆  
Re:「スロウハイツの神様」読了です!(03/26)

おっ。5つ星だねぇ☆

このストーリー、面白そうっ。

それにしても、nanacoちゃん

本読むのホントに早いよねぇ(>_<)



私は、今も例の洋書を読んでます☆

通勤時間の短い間しか読んでないから

まだ半分もいってないんだけど。笑

でも、楽しく読んでますっ♪

2008/03/26 (Wed) 22:58 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:「スロウハイツの神様」読了です!(03/26)

絶賛ですね。これは期待大です。

でもまだ辻村さんの未読本があるのでもうちょっと先かな。順番無視しようかな



皆さん高評価なのでやっぱり読もうかな・・・。

悩みます。(*^_^*)

2008/03/26 (Wed) 23:01 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:「スロウハイツの神様」読了です!(03/26)

こんばんは〜♪

辻村さんの作品は本当に期待を裏切られないですよね。何度も再読したくなるし…。自分も辻村作品は全部収集しようと思ってます。この作品も素敵です。下巻に入って胸が締め付けられるような感じがしました。定価で購入する財力とそこまで今は飢えてないで、いつかきっと…。今は図書館で再読を何度かして我慢。次回作も素敵ですよ。「名前探しの放課後」上下、この作品で、すべての辻村作品を読み直すきっかけになりました。また予約を入れて再読しようとしてます。サイン会を逃したこと、今でも後悔してます。次回は読まずとも、辻村さんのサイン会があれば是非出かけて行きたいと思っています。

2008/03/27 (Thu) 01:26 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:「スロウハイツの神様」読了です!(03/26)

こんにちわ♪

>若き芸術家の卵達が、一つ屋根の下で共同生活を営む物語

という所を読んで、なんとなく「ときわ壮」を思い出したのは私だけでしょうか?(笑)

2008/03/27 (Thu) 15:06 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:「スロウハイツの神様」読了です!(03/26)

こんばんは〜♪



う〜ん、nanaco☆さんの絶賛のレビューを読んだら、この作品にも興味津々です♪

ホント、面白そうですね^^

やっぱり順番に読んでいったほうがいいのかな?

それとも、順番関係なく読んでも分かるのかな?



そうそう!『冷たい校舎…』読み始めましたよ〜。

どんラストが待ち受けているのか楽しみです(*^ー^*)



2008/03/27 (Thu) 17:56 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
88oliveさんへ

88oliveさんも読まれたのですね〜♪

ほんと今思うと、上巻全てが伏線みたいなものですよね(*^_^*)

辻村さんの伏線って、収束の仕方がすごく心地良いんですよねぇ。

「泣かせよう」という意図は全然見えないのに、思わず涙がこぼれてしまうような…。



今回の登場人物も皆個性的で良かったですね!

なんとなく狩野の視点から語られていることが多いわりに、一番性格がつかめなかったです(笑)

2008/03/27 (Thu) 20:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさんがオススメされていたとおり、とっても素敵な作品でした〜♪

恩田さんの「ユージニア」もすごく面白かったけど、"あたたかさ"は皆無ですものねぇ(笑)

この作品は読んだ後もしばらく幸せに浸っていられました(o^―^o)



ホント!理帆子ちゃんが登場してましたねぇ。

「凍りのくじら」のときと比べると随分と性格が丸くなった…というか、

人と自然体で接するようになれたんだなぁ。。としみじみ感じました^

なんとなく環と雰囲気が似ているかも??

辻村さんの作品は作品同士のリンクが多いので読んでいて嬉しくなりますよね♪

それにしても、辻村作品って確かに苗字がキーワードのものばかりですよねぇ(笑)

2008/03/27 (Thu) 20:22 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

私も実は辻村さんの作品に出合ってからまだ日は浅いです…。

まだ半年も経っていないかも??

でも、これほど短期間のうちにのめり込むようになった作家さんって初めてかもしれません(*^o^*)

辻村さんは1980年生まれ。なんと私と4歳しか離れていないのです^^;



辻村作品のおすすめはなんといってもデビュー作「冷たい校舎の時は止まる」です!

これを読んだ時、本当に衝撃的でした。

なんとなく今浪漫的狼さんが連載されている小説に雰囲気が似ている気がします♪



こちらもレビュー書いているので、もしよろしければ覗いてみてくださいネ☆↓↓

http://plaza.rakuten.co.jp/nana16/diary/200712200000/

2008/03/27 (Thu) 20:27 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆Yuri☆ちゃんへ

この本はここ最近読んだ中ではダントツ5つ星です♪

良い本に出合えると、その一週間ぐらいはウキウキなんだよね(笑)

でもまた新しい出合いを求めて行動し始めるの^^;

浮気性だわ〜ww



Yuriちゃんも読書ちょっとずつ進んでるみたいだね(*^_^*)

ううむ…洋書…。私も見習わなくては(笑)

Yuriちゃんの通勤時間は短いのかな??

私は通勤時間は往復2時間はかかるから、その時間を読書タイムに充ててるの。

だから大抵の本は2日で1冊は読めちゃうよ〜♪

2008/03/27 (Thu) 20:33 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

とってもこの本良かったです〜♪

辻村さんの作品の中では「冷たい校舎…」「子供たちは…」の次に好きです((*´v`))

この作品にもやっぱり辻村さん特有の痛々しい雰囲気はあるんですが…

最終章はそれを全部ひっくり返してしまうぐらい良かったです。



個人的にはやっぱり刊行順通りに読まれたほうが良いと思いますよ〜♪

辻村作品って、リンクしているものが多いから、きっと順番に読んだほうがさらに楽しめるかと☆

この作品でも「凍りのくじら」の登場人物がさりげなく登場していました(笑)

2008/03/27 (Thu) 20:39 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

本当に良い作品でしたね〜(>_< )

最終章のコウちゃんの温かさを思い出すと泣きそうになってしまいます。。。

今回の作品を読んで改めて思いましたが、辻村作品は再読が基本ですね〜♪

本当に伏線が巧みに張ってあるので、読んでいるうちは全然気付かないんですよね。

再読するとまた新たな発見がありそう(*^o^*)



辻村さんのサイン会、是非是非行きたいですねぇ〜♪

でも北海道までは流石に来ないかしら…(笑)

次はとうとう「名前探しの放課後」です!

…もちろん、既に購入済みです。。。

これが読み終わったらまた辻村作品最初から再読しよう!と心に決めています(* ̄m ̄)

2008/03/27 (Thu) 20:46 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

おぉ!ちこさんよく気付かれましたね!

物語の中でも「トキワ荘」のことが説明されていました♪

手塚治虫と藤子不二雄なんてすごい組み合わせだわ…(笑)

今ならこんなの有り得ないですものね〜^^;

2008/03/27 (Thu) 20:50 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

おぉ〜♪miwaさん「冷たい校舎…」読み始めたのですね(≧∇≦)ノ

自分の大好きな作品がmiwaさんが読んでもらえるとすご〜く嬉しいです!

miwaさんは文庫で購入されたのかしら??

上・中・下とかなり長いけれど、これらの全てが伏線なのですよ〜^^;

注意して読み進めると「あっ!」という箇所がたくさんあるかもしれないですよ♪



辻村さんの作品はそれぞれ単品でも楽しめますけど、

やっぱり順番通りに読んでいったほうが作品同士のリンクがより楽しめるかと思います(o^―^o)

辻村作品にはハズレがないので本当にどれもおすすめします!!

miwaさんの「冷たい校舎…」のレビュー、楽しみにしてますね♪

2008/03/27 (Thu) 20:55 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
5つ星!

nanaco☆さんがオススメする本って沢山ありますけど、5つ星っていうのは珍しいですよね。

大抵が4つのような気が、、。それほどnanaco☆さん的に素晴らしいのでしょうね。

何より設定が面白そう!!個性派が揃っていてストーリーが広がりやすいんだろうなって思います。

この小説って殺人事件とかあるのかしら、、、?

殺人といえば、つい先日の岡山駅ホームでの高校卒業したばかりの男子が仕事帰りの男性を突き落として死亡させて事件。

私は自分の街の駅の次に岡山駅を利用することが多いので、ものすごいショックでした。

そして、最近の殺人事件の犯人の台詞、「誰でもよかった」、、、これって日本がものすごく怖い国になったことを示すと思いませんか?

小説の方がまだ救われます。

2008/03/27 (Thu) 22:00 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

そうなんです!

nanaco的評価は酷評することが少ないかわりに5つ星っていうのも少ないんですよねぇ^^;

5つ星はまたいつか再読する予定の大好きな本、というつもりで評価しています(*^_^*)

基本的にこの辻村さんの作品はハズレがないですねぇ。

歳が4歳しか離れていないなんて信じられない!



この作品は事件の中では人は死んでいますけど、

本筋では殺人事件もなくわりと淡々としたストーリーなんですヨ。

昔は残忍な殺人とか、痛ましい事件っていうのは小説の中だけでしたけど…

最近は現実のほうが恐ろしいですものね。。。

先日の事件も本当に酷いものでしたね。

もうちょっとやそっとのことじゃ驚かなくなっている自分が一番怖いです(T_T)

2008/03/29 (Sat) 09:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply