08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.13 *Thu*

「おまけのこ」畠中恵


おまけのこ
著者:畠中恵
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
一人が寂しくて泣きますか? あの人に、あなたの素顔を見せられますか?心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。鼻つまみ者の哀しみが胸に迫る「こわい」、滑稽なまでの厚化粧をやめられない微妙な娘心を描く「畳紙」、鳴家の冒険が愛らしい表題作など全5編。じっくりしみじみ、お楽しみ下さい!



しゃばけシリーズ第4弾「おまけのこ」を読みましたきもち
今まで読んできたシリーズの中では、一番好みの作品だったかも??

「こわい」 「畳紙」 「動く影」 「ありんすこく」 「おまけのこ」
5つの短編が収められているのですが、どれも面白かったです~かお


このシリーズを読んでいるといつも感じるのですが…
ほのぼのとした温かさの中に、時折ハッと痛いところをつかれるような感覚があります。

それが人間の心の暗い部分だったり、見て見ぬふりをしている部分だったりするんだけど…
物語のラストでも、決してそのモヤモヤしたものが無くなっているわけではないの。

例えば「こわい」を読むと、切なくてやるせない気持ちが残るし、
「ありんすこく」ではラストで一太郎が“どうしてなの?”と苦悩する場面で終わってしまう。

そんな感情は普遍的なものだし、いつの時代にも共通するもの。
時代物のお話にもかかわらず、古臭さを感じさせない理由はそのへんにあるのかもしれません。


読んで初めて気付きましたが…
先日発売された「yom yom」に収められていた「ひなのちよがみ」は「畳紙」の続編だったのねかお

「畳紙」では、自分の心を隠したいがために、厚化粧を止められないお雛が登場するんだけど…
「ひなのちよがみ」のお雛はすっかり厚化粧を止めているんですもの。ビックリですよ!!

「しゃばけ」シリーズは一話完結の短編が多いので、基本的にどのお話からでも楽しめますが、
こういう風にちょっとずつリンクされている部分もあるんですねぇ。。。気付くと嬉しいですね。


*一番好きなのは表題作「おまけのこ」ですきもち
大事な「お月様」を守るために、若だんなのもとを離れ大冒険する鳴家。
椀に乗った鳴家が川を流れていく様子を思い浮かべると、可愛くて思わずニヤけてしまいます!


<しゃばけシリーズ>
しゃばけ
ぬしさまへ
ねこのばば


おまけのこ (新潮文庫)おまけのこ (新潮文庫)
畠中 恵

新潮社 2007-11
売り上げランキング : 37988

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

COMMENT

Re:畠中恵「おまけのこ」読みました〜♪(03/13)
うふ♪益々読むのが楽しみになりました^m^

でも、今の所この作品でしゃばけシリーズ全て読み終わるようなので、しばらかお別れ(?)かと思うと淋しいなぁ。。。(T_T)

by 88olive #79D/WHSg
2008/03/13(木) 22:38 [Edit
yom yom 読んでます〜
「しゃばげ」はまだ読んでませんが、「ひなのちよがみ」よかったです(#^.^#)

「yom yom」大人の恋愛モノが多かったせいか、初めて読んだ作家さんの中で、唯一といっていいほど他の作品も読みたいと思った方です(笑)







by Cedie #79D/WHSg
2008/03/13(木) 22:57 [Edit
Re:畠中恵「おまけのこ」読みました〜♪(03/13)
書店でよく見かけるしゃばけシリーズ、思わず手に取ってみましたよ!!

おぉ〜!!nanaco☆さんも読んだんだぁ〜、とよく本屋で思っています。

私は先日、やはり本屋で迷いに迷ってある本を買いました。それは、しゃばけではありませんが、最後まで読破できたら、そして私が納得がいけばnanaco☆さんにもオススメしようと張り切って買いました!!

それは「リビング・ヒストリー」、ヒラリー・クリントンの自伝です。まだ最初の段階ですが、なかなか興味深いですよ!!

読み終えたら、感想をブログにアップしますね。

nanacoさんの影響で、読書に目覚めそうです!!ありがとう。
by picchuko #79D/WHSg
2008/03/13(木) 22:58 [Edit
Re:畠中恵「おまけのこ」読みました〜♪(03/13)
こんばんは〜。

「おまけのこ」いい短編ばっかりでしたよね。

文庫化されてすぐ買ったんですが、何度も読んではにんまりしてます。

若旦那がわれのこと気づいてくれた!と喜ぶ鳴家がかわいくてかわいくて(*^_^*)

お雛ちゃんは、もう準レギュラーという感じですね。

やっと素顔に戻って、今後もちょいちょい出てきてくれるといいなーと思います。
by anna2号 #79D/WHSg
2008/03/14(金) 00:55 [Edit
Re:畠中恵「おまけのこ」読みました〜♪(03/13)
こんにちは〜♪

鳴家、本当に可愛いですよね。大好きです。鳴家ストラップを応募するために定価で購入した唯一の「しゃばけシリーズ」(文庫判)です。残念ながら、我が家に鳴家ストラップは来ませんでした…。昨年は鳴家大福帳のプレゼント企画があったそうです。来年も何か応募企画があるかしら…?鳴家に家に来てほしい〜!!
by 茨木 月季 #79D/WHSg
2008/03/14(金) 11:54 [Edit
Re:畠中恵「おまけのこ」読みました〜♪(03/13)
ううっ・・・「しゃばけ」買ったのにまだ読んでません(汗)「おまけのこ」までまだ遠いかも・・・

でも、いま丁度本の切れがいいので、今日から「しゃばけ」に挑戦してみようかな♪

そうしたら「おまけのこ」に近づきますね。
by ☆ちこ #79D/WHSg
2008/03/14(金) 13:17 [Edit
Re:畠中恵「おまけのこ」読みました〜♪(03/13)
こんばんは〜♪



私も、しゃばけシリーズの中では、

この作品が一番好きです^^

「おまけのこ」の鳴家は、ホント可愛いですよね♪

話の内容も、何だか童話のようで可愛いし。。。



あっ!そうそう。

「yom yom」、無事に買えましたよ〜♪

「ひなのちよがみ」も早速読んだんですが、

おれほど厚化粧がやめられなかったお雛さんが厚化粧を止めたのには驚きですよね!

若だんな以外が、誰もお雛さんだと気付かなかったところが、厚化粧の分厚さを想像させられて、ちょっぴり笑えました(*^ー^*)
by miwa125 #79D/WHSg
2008/03/14(金) 18:05 [Edit
88oliveさんへ
88oliveさんは「おまけのこ」を読み終えたら、

今のところは「しゃばけ」シリーズ読了ですか〜♪

私は基本的に文庫で読んでいるので、次の巻が文庫化されるのを待つばかり。。。



このシリーズって、ミステリやホラーを読み終わった後のタイミングで読むと良いですよね(*^o^*)

ガチガチに緊張していた頭がやわらかくほぐれていくような気がします☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/03/14(金) 21:24 [Edit
Cedieさんへ
yomyomの「ひなのちよがみ」読まれましたか〜♪

「しゃばけ」シリーズにはもちろん恋愛のお話もあるわけなんですが、

大人のドロドロ恋愛とはまるっきり違うタイプですね(*^_^*)

なんていったって主人公の一太郎自身が恋愛とは無縁のおぼっちゃまですから(笑)



「ひなのちよがみ」が気に入られたなら、「しゃばけ」シリーズいけるはずです♪

ほんわかするような温かいお話ばかりですので、是非読んでみてくださいね!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/03/14(金) 21:29 [Edit
picchukoさんへ
あ〜、、、おしいっっ!!(>_< )

あと一歩でpicchukoさんを「しゃばけ仲間」にできたのに…(笑)

「しゃばけ」はドラマ化もされましたから、最近は書店でも目立つところにありますよね♪

(原作を読む前に映像化されたものを観るのはあまり好きではないので観ていませんでしたが)

本当に素敵な作品なので沢山の方に読んでもらいたいなぁ(o^―^o)



picchukoさん、ヒラリー・クリントンの自伝を読まれているのですね!それはすごい!!

私はここしばらく頭がフィクション漬けになっているから読めるかしら…(笑)

面白かったら是非是非教えてくださいね(*^o^*)

picchukoさんのレビュー楽しみにしてますよ♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/03/14(金) 21:45 [Edit
anna2号さんへ
しゃばけシリーズ、最高です!!(≧∇≦)ノ

「動く影」なんかも一太郎の小さい頃の様子が見れて面白かったですね♪

小さい頃から相変わらず死にかけていたけど、すご〜く賢くて他の同年代の子供達とは頭の作りが違ったんだなぁ、と^^;

この頃ってちょうど絵本の「みぃつけた」の時ぐらいかしら…??



鳴家本当に可愛いですね!

一太郎が「うちの子の声だ!」っていうのも面白かったなぁ。

うちの子って…分かるのかい!(笑)

鳴家が主人公の物語、もっともっと読みたいですよね(*^o^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/03/14(金) 21:57 [Edit
茨木 月季さんへ
鳴家ストラップ、残念でしたねぇ(>_< )

というかそんな企画があったことさえ知りませんでした。

その頃は全然この「しゃばけ」シリーズの面白さに気付いていなかったものですから^^;



鳴家、本当にファンになりそうです(笑)

前に月季さんが“まっくろくろすけ”みたいな感じって仰ってましたよね??

確かにこの「おまけのこ」を読んでそう思いました!

古い家には沢山の鳴家が住んでいて、家をギシギシ鳴らす…。

家に鳴家がいたらいいのになぁ…って思いますよね(*^_^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/03/14(金) 22:04 [Edit
☆ちこさんへ
もう是非是非オススメしま〜す!!

私的にはシリーズ1巻目の「しゃばけ」はどうもイメージがわかなかったように感じましたが、

2巻目「ぬしさまへ」以降は一気に引き込まれますよ♪

もし「しゃばけ」でのめりこめなくてもめげずに読み続けてみてくださいネ(*^o^*)

「おまけのこ」に近づいてきた頃にはもうすっかりしゃばけファンになっているはずです。

一度読んでみると売れ続けている理由がわかりますよ!



ところで前この作品ドラマ化されていたようですが、もうレンタルされてるのかしら…?

とりあえずしゃばけの世界観は私の中で出来上がったので次は映像で楽しみたいです♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/03/14(金) 22:11 [Edit
miwa125さんへ
miwaさんも「おまけのこ」が一番お好きですか〜♪

どれもとても読みやすいお話ばかりでしたね。

確かに、表題作「おまけのこ」はmiwaさんの仰るとおり童話みたい!

鳴家が椀にのってどんぶらこと流されている様子はなんだか桃太郎みたいだし(笑)

相変わらず柴田ゆうさんのほんわかした挿画にも癒されました(*^〜^*)



miwaさんもyom yom購入できたんですね!よかったよかった♪

「畳紙」ではお雛が嫉妬をしているけれど、

「ひなのちよがみ」では逆に許婚の正三郎が嫉妬しているんですね(笑)

こういうちょっとしたリンクが読んでいて面白いです(*^_^*)

次の巻も早く文庫化されないかなぁ。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/03/14(金) 22:19 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1061位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。