FC2ブログ
Welcome to my blog

「ぼくのメジャースプーン」辻村深月

ななこ


ぼくのメジャースプーン
著者:辻村深月
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
忌まわしいあの事件が起きたのは、今から三ヵ月前。「ぼく」の小学校で飼っていたうさぎが、何者かによって殺された…。大好きだったうさぎたちの無残な死体を目撃してしまった「ぼく」の幼なじみ・ふみちゃんは、ショックのあまりに全ての感情を封じ込めたまま、今もなお登校拒否を続けている。笑わないあの子を助け出したい「ぼく」は、自分と同じ力を持つ「先生」のもとへと通い、うさぎ殺しの犯人に与える罰の重さを計り始める。「ぼく」が最後に選んだ答え、そして正義の行方とは。



例えば人を殺したとしたら、その罪は当然「殺人罪」。
もし動物を殺したとしたら、その罪は「器物破損」。完全にモノ扱いなのです。

では、他人の“心”をズタズタに引き裂いたとしたら…?これは罪にはなりません。

形あるものはまた同じものが作れるけれど、当然のことながら“心”は目に見えないものきもち
一度ヒビが入ってしまったり、壊れてしまった心はなかなか元には戻らない。

この作品は、そんな人間の心の重さを考えさせてくれる物語です。


クラスで可愛がっていたウサギ達の惨殺場面の、第一発見者となってしまったふみちゃん。
ふみちゃんはショックのあまり茫然自失となり、口も聞けなくなってしまう。

生まれつき不思議な力を持つ「ぼく」が、ウサギ殺しの犯人に与えた罰とは…きもち


辻村さんの作品は、どうしてこう理不尽なお話ばかりなんでしょうかお

自分の中の負の感情に押しつぶされまいと必死になる「ぼく」の姿が、読んでいてあまりにも痛々しくて。
読後感は悪くないけれど、本当に重い題材ですなぁ。。。


ライン


ところで、この作品「子どもたちは夜と遊ぶ」とリンクしているのですね。

子どもたちは夜と遊ぶ(上)子どもたちは夜と遊ぶ (下)


「子どもたちは~」の中で、秋先生がある生徒に囁いた言葉が何だったのか、
そしてその後に生徒がとった行動があまりにも不可解で、ずっと気になっていたのですが。

今回の物語の中でやっと明らかになりましたきもち

月子と恭司らしき人物も登場するので、何だか懐かしくなってしまいました!
思わず「子どもたちは~」を再読したくなったけど、重たすぎてなかなか軽く読める本じゃない(笑)

実はふみちゃんも、前作「凍りのくじら」でちょこっと登場していました。
あの時は「地味だし変わった子だなぁ…」という印象だったのですが、この作品を読んで納得。

前二作全体が「ぼくのメジャースプーン」の伏線になっていたとは…。
ホント巧いなぁ、辻村さんかお


ぼくのメジャースプーン (講談社ノベルス)ぼくのメジャースプーン (講談社ノベルス)
辻村 深月

講談社 2006-04-07
売り上げランキング : 64342

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 12

There are no comments yet.
picchuko  
Re:「ぼくのメジャースプーン」読みました〜♪(03/05)

巧いですねぇ、辻村さん。

とても考えさせられるお話しです。

そして、とても大切なお話しですね。

非常に重そうですが、一度は命の重さや心の重さについて考えることは大切ですよね。

でも、本当に読むには覚悟がいりそうですね。。

2008/03/05 (Wed) 21:07 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:「ぼくのメジャースプーン」読みました〜♪(03/05)

こんばんは〜♪

警察の電話番号の加筆有難うございました。

辻村さんの作品、本当に胸を打たれます。順番に読んでいくと楽しみ方が増え、前作を読み返したくなりますよね。『名前探しの放課後』まであとちょっとですね。自分は『スロウハイツの神様』を抜かして先に読んでしまったのですが、辻村熱再燃のもととなり未読本の消化と再読になりました。次のレビュー楽しみにしてま〜す。

2008/03/05 (Wed) 21:45 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
気になる

秋山先生がある生徒に囁いた言葉が何だったのか、

そしてその後に生徒がとった行動があまりにも不可解でずぅ〜っと気になっていたのはわたしもです(-_-;)

あの生徒はわたしも月子同様申し訳ないですが、「殴ってもいいですか?!」ってかんじでした(-_-;)



これを読むとわかるのか〜☆早く読みたい!!



辻村さんの作品は出版順に読んだほうがいいのかもしれませんね。



2008/03/05 (Wed) 22:44 | EDIT | REPLY |   
hina_max  
Re:「ぼくのメジャースプーン」読みました〜♪(03/05)

いい話ですね。この本。

泣けました。でも色々考えさせられます。

辻村作品また読みたくなります。

2008/03/05 (Wed) 23:10 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:「ぼくのメジャースプーン」読みました〜♪(03/05)

こんばんは〜♪



とても重そうなお話ですね〜。

でも、読む価値がありそう。。。

辻村さんの作品は、

それそれリンクしているんですね!?

覚えておきま〜す^^



この前、『冷たい校舎の時は止まる』を買ってきました♪

積読本があるから、

読むのはまだまだ先になりそうですけど。。。^^

今から読むのが楽しみです(*^ー^*)

2008/03/06 (Thu) 17:54 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

辻村さん、本当に巧いですよ〜♪

人物描写がとっても丁寧なので、一気にのめりこんじゃいます。

これで私と歳が2、3歳しか離れていないなんて…ちょっとビックリです^^;



そう、とても重いお話ではあるんですが。。。

小学生の視点から物語が進められていくので、

子ども達の無邪気さとうまく相殺されている感じがします☆

辻村さんの作品はなんだか今の時代を如実に反映しているようで、

読んでいてドキッとすることがたくさんありますよ〜(>_< )

今の学生のコ達にこそ一番読んでもらいたい作品です。

2008/03/06 (Thu) 19:48 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

辻村さんの作品は本当に考えさせられるものばかりですよね!

今回は小学生が主人公ということで、「子どもっぽい物語だったら嫌だなぁ…」と思ってたんですが、冒頭部分からグイグイ引き込まれてしまいました。

“心の痛み”は子どもも大人も変わらないですものね(>_< )



「名前探しの放課後」まであとちょっとです♪

この間注文していた「スロウハイツの神様」が届いたので、近いうちに読もうと思います!

とりあえず…今はちゃんと順番通りに読んでるかな?(笑)

辻村さんの本ってなんだか再読したくなりますよね〜☆

2008/03/06 (Thu) 19:58 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさんもやっぱり気になってました??

私も「子どもたちは…」を読んだ後に、秋先生の言葉が気になって気になって^^;

「もしかして見落としたのかも…」と思って再度隅々まで眺めたんですが見つからず(笑)

まさか次の作品でその秘密が明かされるとは思いもよりませんでした(o^―^o)



「ぼくのメジャースプーン」は主人公「ぼく」と秋先生の会話で物語の大部分が成り立っているようなものです。

それなのに退屈もせずこんなに引き込まれるなんて…

辻村さんって本当にすごい才能ですよね♪

けっこうリンクしている作品が多いようなので刊行順に読むのが良いかもしれませんね(*^o^*)

2008/03/06 (Thu) 20:03 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
hina_maxさんへ

hina maxさんもこの本読まれましたか〜♪

辻村さんの作品は最後にブワッときますよね。

登場人物の何気ない一言で涙がポロッときちゃうので通勤中の読書は要注意です!(笑)



今年はなんだか辻村さんばっかり読んでるような気が…^^;

とりあえず今は刊行順に読んでいるので、

次は「スロウハイツの神様」を読もうと思います☆

2008/03/06 (Thu) 20:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

おぉ!miwaさん「冷たい校舎…」購入されたんですね(=^^=)

また辻村仲間が増えるわ〜♪嬉しい限りです。

早くmiwaさんの感想聞きたいなぁ。。。(って急かしてどうする!笑)



そうそう、辻村さんの作品ってそれぞれリンクしているんですよね。

リンクしているのを発見したときはちょっと嬉しくなります(*^〜^*)

「冷たい校舎…」は独立した作品ですが、やっぱり刊行順に読むのがオススメですよん♪



さてさて、次は何を読もうかしら。。。

一冊の本を読み終えて無事にレビューを書いた後、

次の本を選ぶ時間がとても好きです(笑)

2008/03/06 (Thu) 20:12 | EDIT | REPLY |   
月夜  
TBありがとうございます♪

殺人罪と器物破損、同じ死なのにこうも扱いが違うのかと思うと、

なんだか悲しくなってきます…。

読みながら辛くて先に進めない部分ありました^^;

扱っているテーマがあまりにも重すぎて大変でした…

でも、それでも引き込まれるのは辻村さんの力なんでしょうね。



あぁ!そんなリンクもあったのですね♪

そういえばそんな場面ありましたね!

全然気付けなかったですよ〜^^;

「凍りのくじら」にもリンクがあったんですか!

読み直したいですけど、勇気がいりますね…

2008/10/18 (Sat) 19:12 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
月夜さんへ

本当にこの作品は読み進めるのが大変でしたね…^^;

「子どもたちは…」もやっぱり重たい作品ではありましたけど、

あちらはあらすじから、ある程度覚悟を決めて読むことができたので(笑)

こちらの本は可愛らしい装丁だったので、油断していました。。。

辻村さんって、人間の汚くてドロドロした部分を、容赦なく描写しますよね(ρ_−)

読む時期によっては、本当に耐え難い時もあるくらい。

でも、きっとそんなところが辻村さんの魅力なんでしょうね〜♪



意外にこのリンク、分かりづらいですよね(笑)

nanacoも「子どもたちは…」「凍りのくじら」再読したいですが、まだ勇気が出ません。

読了後に読むラブコメ(「図書館戦争」とか?笑)を用意してから読まないと…^^;

「スロウハイツの神様」は、読後感の良い作品ですので、安心してくださいっ!!(^m^ )

月夜さんのレビュー、楽しみにしていますよ〜♪

2008/10/18 (Sat) 20:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply