FC2ブログ
Welcome to my blog

「ミミズクと夜の王」紅玉いづき

ななこ


ミミズクと夜の王
著者:紅玉いづき
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。願いはたった、一つだけ。「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。―それは、絶望の果てからはじまる小さな少女の崩壊と再生の物語。



第13回電撃小説大賞<大賞>受賞作ですほしきもち

何だか珍しくライトノベルらしからぬ装丁。
素敵ですよねぇ。ライトノベルがみんなこんな表紙だったら手に取りやすいんだけど(笑)
妖しくて神秘的な雰囲気が漂うおとぎ話のような作品でしたきもち

額に焼印、手足に鎖を繋がれた少女が魔物の森を彷徨う場面から物語は始まります。

大抵の人間なら決して足を踏み入れない恐ろしい森。
自らをミミズクと名乗る少女は、そこで月のように美しい魔物の王に出会うことに…。
何故少女はこんな場所に?魔物の王の正体とは…??


この作品、ビックリするぐらい映像的なんですよね~かお
真っ暗な森を鎖をつけてふらふらと歩く少女や、凍てつくような美貌を持った夜の王。
隣国の塔に訳あって閉じ込められている王子…まるで映画を観ているかのように頭に浮かびます。

この1冊だけで終わるには惜しいぐらいの世界観ですきもち

ミミズクや美しき夜の王の秘められた過去については、もっと掘り下げて欲しかった気もするし、
聖騎士アン・デュークとその妻オリエッタの出会いのエピソードももっと読みたかったなぁ。。。

この物語の根底にあるのは間違いなく"純愛"。

陳腐な言葉だけど、不思議とこの妖しい魅力漂う物語にはピタリとはまるんだよなぁ(笑)
読み終えた後は「こんな愛の形もあるんだな…」、と胸がギュッと締め付けられるようでした。

ラノベだけあって文章も軽く、あっという間に読めちゃうので是非かお






≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 18

There are no comments yet.
コメキ  
Re:紅玉いづき「ミミズクと夜の王」読みました〜♪(04/24)

この作品、気になっていました。

帯に『塩の街』の作家さんの名前があったので、

様子を見ていた所です(笑)。

いつか読んでみたいですね。

2008/04/24 (Thu) 21:02 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:紅玉いづき「ミミズクと夜の王」読みました〜♪(04/24)

何故、額に「332」の焼き印なの?この数字の意味はあるの??

あらすじを読むだけでも、何とも不思議な作品ですね。そして、この根底にあるのが「純愛」だなんて、、ますます不思議です。

これって、少女と魔物の王の純愛なんでしょ?

う〜ん、、、、不思議。

しかし、nanaco☆さんがこれほどまで評する映像的な作品って、頭にその姿がありありと浮かぶなんて素晴らしい描写なんでしょうね。

小説家さんって、どうしてそんなに文章が上手いのでしょう。。。。っあ、だから小説家なのね☆

2008/04/24 (Thu) 21:14 | EDIT | REPLY |   
ちゃと屋  
Re:紅玉いづき「ミミズクと夜の王」読みました〜♪(04/24)

おもしろそうですね^^

映像的って、キレイな場面が見えるような作品って好きなので、読んでみようかな。

しかも、文章も軽いなら通勤用にはもってこい!?

2008/04/24 (Thu) 21:36 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
こんばんは☆

紅玉いづきさん読んだことないです(>_<)

他にどんな本を書いてる方なんでしょうか・・・

いい意味で、ライトノベルらしからぬ装丁だとたしかに思いますね☆

気になる本です。



2008/04/24 (Thu) 22:58 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
いつもながら

私の知らない作家がどんどん登場してくるので、何だか嬉しいような不安になるような…。でも、自分の世界が広がるようでとても刺激的です。

2008/04/24 (Thu) 23:03 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:紅玉いづき「ミミズクと夜の王」読みました〜♪(04/24)

いや〜、なんか面白そうですね♪

またまたお気に入りにポチッと入れてしまいました。

nanaco☆さんの紹介される本は面白い物ばかりで、追いつくのに大変です(読むのが遅いから^^;)

でも、本当に興味があるので、お気に入りに入れて、近いうちに読みたいです♪♪

2008/04/25 (Fri) 11:01 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:紅玉いづき「ミミズクと夜の王」読みました〜♪(04/24)

こんにちは〜♪



この本、良いですよね。読んだ時泣けました。主人公ミミズクの無垢と無知。不器用でわかりずらい優しさを持った人間嫌いの夜の王。まるで童話やお伽噺みたいで、電撃文庫らしからぬ作品ですよね。また違った形の愛を描いた紅玉さんの2作目「MAMA」も今年の2月に電撃文庫から出てます。只今図書館に予約中です。

2008/04/25 (Fri) 11:46 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:紅玉いづき「ミミズクと夜の王」読みました〜♪(04/24)

こんばんは〜♪



妖しくて神秘的なおとぎ話ですか。

なのに純愛もの???

でも、とっても面白そうですね〜^^

私好みかも。。。(笑)

この本も、チェック本リストに入れときますね(*^ー^*)

2008/04/25 (Fri) 18:26 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
コメキさんへ

あ〜有川さんの名前、ありましたねぇ(笑)

私も電撃文庫は「塩の街」でかなり悪い印象があったので、おそるおそる手にとりました^^;

とはいえ、今「図書館戦争」シリーズにハマっているので大分印象は変わりましたが♪



なんだか一風変わっていて、とても印象的なお話ですよ。

サクッと読めちゃうので、「星を継ぐ者」の後に読むにはちょうど良いかも?!(笑)

機会があったら是非読んでみてくださいね(*^_^*)

2008/04/25 (Fri) 21:20 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさんの疑問に思っておられる「332」の焼き印については、

もっともっと深く掘り下げてほしかったなぁ〜とちょっぴり残念です。。。

やっぱりこういう謎の少女…みたいのが登場すると、

どれだけ神秘性を保ったまま過去を明らかにしていくかが小説家の腕の見せ所ですものねd(>_< )



小説家によってはまるっきり映像の浮かばない作品に出合うことも結構ありますよぉ(笑)

そういう本はやっぱり読むのが大変です^^;

まず本にのめり込む前に自分の頭の中で世界観を構築しなくちゃいけないんですもの。。。

その点、この作品はすぐに映像が見えてきたのですぐにこの世界に引き込まれました〜♪

2008/04/25 (Fri) 21:28 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
ちゃと屋さんへ

興味持っていただけて嬉しいです!

通勤にはもってこいの本ですよ〜♪お値段も安いですし(笑)



ライトノベルって、なんだかやたら可愛らしい挿絵が多いイメージがあるんですが、

この作品は挿絵が一つもないのでそれも◎です。

絵でけっこう自分のイメージが崩れることって多いんですよねぇ(* ̄m ̄)

多分2時間ぐらいで読めちゃうと思いますよ♪

私は通勤時間、ちょっきり往復2時間で読了できました〜(*^^*)

2008/04/25 (Fri) 21:31 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

この作家さんはこの「ミミズクと夜の王」でデビューしたばかりかな??

まだ2作品ぐらいしか書かれていないようです^^



ライトノベルの絵はどうも手に取るのに抵抗があります(笑)

彩雲国ぐらい思い切ってくれたら逆に潔いですが…

中途半端な萌え系とか一番嫌だな。。。(;¬_¬)

その点この作品は装丁からしてかなり印象が良かったです♪



2008/04/25 (Fri) 21:36 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

知らない作家さんでもいつもレビューを読んで、コメントいただけて本当に嬉しいです♪

この作家さんはデビューしたての新しい方なのでご存知なくて当たり前かもしれません^^

やっぱりライトノベルって文章が軽くて読みやすいですね。

こういうのばかり読んでいると頭が働かなくなるかもしれませんが…(笑)

2008/04/25 (Fri) 21:39 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ふふっ♪興味持っていただいて嬉しいです(=^^=)

難しいことを考えずに軽〜く読める本ですよ。

決して文章が稚拙なわけでもないんです。

なんていうか…頭で読むより映像で、感覚で読める感じ。。。

ラストは不覚にもホロリと涙が流れてしまいました(T_T)



☆ちこさん、いつもオススメの本を読んでくださるのでとても嬉しいです(*^o^*)

「空色勾玉」も私の大大大好きな作品なので、ちこさんにも気に入ってもらえると良いなぁ〜♪

2008/04/25 (Fri) 21:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

さすがっ!

あらゆるジャンルを網羅されている月季さんなら必ず読んでいると思いました〜♪

本当に素敵なお話でしたね。最初はミミズクの間延びしたような口調に違和感を感じましたが…

あれは作者の意図だったのでしょうねぇ。。。

ミミズクが"人間"として扱われるようになってから口調はガラリと変わりましたもんね。

魔物の森も神秘的だったけれど、アン・デュークの暮らす王国もとても魅力的でした♪



「MAMA」面白そうですね。

こちらも文庫で出ているならお財布的にありがたいです(笑)

私も是非読んでみることにします〜(≧∇≦)ノ

2008/04/25 (Fri) 21:51 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

この作品、同じライトノベルでも彩雲国以上に読みやすいですよ〜(笑)

「このあらすじなのに純愛?!」って思うでしょう??

形こそ違うけれど、確実に隠された愛と優しさが根底にあるんだなぁ…と思わせる作品です(*^_^*)



魔物の森と隣国のお城の対比が、なんだか「グイン・サーガ」に似ているかも。。。

(ちょうどmiwaさんの読んでるルードの森とスタフォロス城のあたり?笑)

とっても印象に残る作品なのでmiwaさんも是非読んでみてくださいね♪

私もしばらくこのお話は頭から離れないかも…^^;

2008/04/25 (Fri) 22:01 | EDIT | REPLY |   
月夜  
ミミズク!

TBありがとうございます♪



ミミズクの話し方は苦手で仕方ありませんでしたが、

彼女の背負った過去は、痛さが突き刺さりました。

そんな中で生きてきているのに、あんなにけろっとしていて、

重さと軽さのアンバランスさがすごかったです。

すごく儚いのかと思えば、そうでもなくて、

すごく強いのかと思えば、そうでもなくて…

不思議な魅力のある作品ですね♪

(すいません、何が言いたいのか!笑)



「MAMA」を読むのが楽しみになってきました^^

2008/12/09 (Tue) 00:48 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
月夜さんへ

コメ&TBありがとうございます♪



月夜さんの言いたいこと、すご〜くよく分かります(笑)

ミミズクのあの間延びした喋り方は、どうも好きにはなれませんが、、、

でもあの魔物の王は大好きです(*^o^*)

ミミズクより魔物の王に感情移入しちゃうって…どうだろう(笑)

なんだか、本を読んでいるというよりもゲーム(しかもRPG)をしているような感覚でした♪

アン・デュークとオリエッタのキャラは素敵でしたね(=^^=)



「MAMA」は月夜さんに気に入っていただけると良いんですけど…^^

2008/12/09 (Tue) 05:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply