FC2ブログ
Welcome to my blog

「あやし」宮部みゆき

ななこ


あやし
著者:宮部みゆき
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
美しいお千代を妬み、神社の梅の木に大凶のおみくじを結びつけながら、その凶運を願うおえん。実際にお千代が不幸な死に方をして…(「梅の雨降る」)。お義母さまにとりついていた鬼は、穢れの化身だった。近づく者は、自分の邪な心をその鬼に見る。ところが、わたしには見えなかった…(「安達家の鬼」)。ほかに、「居眼り心中」「影牢」「布団部屋」「女の首」「時雨鬼」「灰神楽」「蜆塚」の計九編。



この間読んだ宮部さんの「あかんべえ」が面白かったので、引き続き時代物に挑戦です。

江戸を舞台にした怪談短編集。表紙の絵がなかなか良い味出してますよね~かお

「あかんべえ」がほんわかとあたたかさを残した作品だったのに比べると、
「あやし」は人間の悪意や恐ろしさがむき出しになった、ホラー色の強い作品に仕上がっています。


一番好みだったのは「安達家の鬼」

心に穢れを持っている人には恐ろしい形相の鬼の姿が見えるという…。
よく海外のファンタジー小説に「心を映す鏡」なんていうのが出てくるけど、そんな感じかな??
恐ろしさと同時に、どことなく物悲しい余韻を残した作品でもありました。。。

「影牢」「女の首」あたりは読んでいると思わずゾクリと鳥肌が…きもち


結局のところ一番恐ろしいのは幽霊や鬼よりも、人間の嫉妬、憎しみ、欲望なのよねぇ。
幽霊や鬼っていうのは、この時代の人達にとって人間のドロドロした醜い部分が形を変えた存在。
海外のホラー小説では見られない、日本ならではの概念ですよね。

たまにはこういうおどろおどろしい作品も良いですね。夏の夜にはピッタリかもきもち






≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 14

There are no comments yet.
picchuko  
Re:宮部みゆき「あやし」読みました!(04/21)

では、真夏の夜の楽しみとしましょう。。。

って、確かに日本の怪談の方が、背筋がぞっとしますよね。

いつの時代も、人の集まるところには、嫉妬や憎しみは生まれますよね。

例え相手が素晴らしい人でも、逆に羨ましくなる感情。人間ってほんと、どうしようもない生き物ですね。

そして、とっても可愛い生き物ですね。

私は最初の「梅の雨降る」に興味を惹かれました。

美しい苦労って大変なのですね。ウルスもきっと苦労してるんだろうな(笑)!!…私ってやっぱり最後はウルスなのよね。。。

2008/04/21 (Mon) 21:21 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
そうなんだ。

わたし、宮部さんの時代物は全く読んだことがないんですよ。結構ありますけど、どうなんでしょうか。面白ければ手を出してもいいかなって思ってますが。

2008/04/21 (Mon) 22:34 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Σ( ̄ロ ̄lll)

なんだかコワいお話ですね(-_-;)

「模倣犯」もコワいと感じましたし、妖やら怨霊より生きてる人間が一番怖いんでしょうね(>_<)



夜読んだら寝られないのではないかとビクビクです(T_T)



2008/04/21 (Mon) 22:37 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:宮部みゆき「あやし」読みました!(04/21)

宮部さんの時代物は何冊か読んだのですが、既に内容を忘れてしまっている私です(^^;)

初めて読んだ時には面白い!と思ったのに、何冊か続けて読んでいたら飽きちゃって・・・

先日全部古本屋さんへ売っちゃった・・・(^^;)

2008/04/22 (Tue) 09:37 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:宮部みゆき「あやし」読みました!(04/21)

こんばんは〜♪



宮部さんって、人間の心の闇みたいなものを表現するのがうまいですよね〜。

この本は、そういう意味でも、ホントに怖そう。。。(>_<)

でも「怖いもの見たさ」みたいな興味はあります♪

でも、寝る前に読むと、うなされそうな気も。。。^^;

2008/04/22 (Tue) 17:59 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:宮部みゆき「あやし」読みました!(04/21)

宮部さんの『あかんべえ』先日古本屋さんで購入して積んであります…^^;

『あやし』も面白そう〜。

宮部さんの時代物も好きなんですが、なかなか読めずにいます…☆

2008/04/22 (Tue) 18:21 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

そうなんですよねぇ。。。

同じホラーでも欧米のホラーよりも、アジアのホラーのほうが断然怖いんですよね(;¬_¬)

怨みとか、妬みとか…人の悪意がドロドロした怖さを形作るのでしょうか^^;

自分は自分、他人は他人って別物に考えれば世の中もっと平和になると思うんですけどねぇ。

picchukoさんが興味を持たれた「梅の雨降る」もなかなか切ないお話でした。

やっぱり妬みって誰にとっても良いことなんてないですよね。

ウルスもあの美しさですもの!絶対苦労していると思います(笑)

あっ、でもウルスは美しすぎて比べる対象にもならないのかしら…?!

2008/04/22 (Tue) 19:20 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

宮部さん、時代ものたくさん書かれていますよね〜♪

私もまだ2作しか読んだことがありませんが、なかなか面白いですよ(=^^=)

それでもどうも時代物に苦手意識があるせいか、絶賛レベルまではいかないですが…(笑)

「あかんべえ」はちょっと「しゃばけ」のような雰囲気で、面白かったです。

2008/04/22 (Tue) 19:23 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

私、「模倣犯」は未読なんです。確かドラマでも人気でしたよね??

恩田作品でもよく感じますけど、人間の悪意ってホント怖いです。。。

身近にありえそうなお話ですから余計にそう感じるんでしょうか(⌒o⌒;A



この「あやし」は夜読んだらトイレに行けない!!っていうレベルまではいかないですが(笑)

それでも背筋がヒヤリと寒くなるようなお話ばかりです。

Cedieさんも夏の夜にいかがですか??^^

2008/04/22 (Tue) 19:27 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさんも宮部さんの時代物読まれてたんですね♪

って、売っちゃいましたか〜!Σ( ̄□ ̄;)

実を言うと、私も以前読んだ「あかんべえ」既に詳細は忘れかけてきています(笑)

レビューを残しておいてよかった…^^;

なんとなく私の中では伊坂作品と同じで、面白いけどすぐに忘れてしまうようです。。。

それにしても宮部作品はものすごい出ていますから、どれから読もうか迷いますねぇ(* ̄m ̄)

2008/04/22 (Tue) 19:32 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

そうそう!宮部さんって心の暗い部分を的確についてくるんですよねぇ。。。

宮部さんのファンタジー小説「ブレイブストーリー」さえも、

なんだか人間の心の闇を見せつけられた気がしました(>_< )

この「あやし」は怖いけれど、時代物ならではの温かさっていうのもあるんですよね♪

その怖さと温かさのバランスが絶妙です。

miwaさんもちょっと涼しくなりたいときには是非!(*^^*)

2008/04/22 (Tue) 19:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

「あかんべえ」は江戸を舞台としたミステリに程よくファンタジー要素が混ざって、

時代物の苦手な私としてはなかなか楽しめた作品でした(o^―^o)

宮部作品ってまだ片手で数えるぐらいしか読んだことがありません。

なんとなく宮部さんの作品ってのめりこむまで楽しめないところがあるんですよねぇ。。。

恩田さんや辻村さんは初めから相性が良かったみたいなんですが(⌒o⌒;A



2008/04/22 (Tue) 19:43 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:宮部みゆき「あやし」読みました!(04/21)

こんにちは〜♪



ホラー作品はやはり日本のものが、情緒があって、ぞくりとした恐怖がじわじわ効いてくるような気がしますよね。以前高橋克彦先生が、一番最初にあったお話はホラーではないかという説を何かに書かれていましたが、童話も大人版を読むと結構グロくてホラーですよね。宮部さんの時代ものも、人情ものの方が好きです。「本所深川ふしぎ草紙」「初ものがたり 」「震える岩―霊験お初捕物控」シリーズなどです。どうもダークな宮部さんの作品は苦手です。

2008/04/25 (Fri) 12:14 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

宮部さんは本当に色々なジャンルを書かれるんですねぇ。

江戸時代って読めば読むほど不思議な魅力が出てきますね!

何事も科学で証明できない時代だからこそ、こんな妖しくて美しい物語も生まれるのでしょうね。



個人的には今回のようなホラーはなかなか面白いな、とは思いますが…

なんとなく思い切りのめりこめない感じです。

月季さんが恩田作品に傾倒できないのと同じかしら??

2008/04/25 (Fri) 21:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply