FC2ブログ
Welcome to my blog

『米澤穂信と古典部』米澤穂信

ななこ



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
新作短編も収録!人気作家とともに歩んだ〈古典部〉のすべてがここに!
ある日、大日向が地学講義室に持ち込んだのは、鏑矢中学校で配られていた「読書感想の例文」という冊子。盛り上がる一同に、奉太郎は気が気でない――。書き下ろし新作短編「虎と蟹、あるいは折木奉太郎の殺人」の他、古典部メンバー四人の本棚、著者の仕事場や執筆資料も初公開!『氷菓』以来、米澤穂信と一五年間ともに歩み、進化を続けている〈古典部〉シリーズについて「広く深く」網羅した必読の一冊。

古典部ファンは必読本!



米澤さんの「古典部」シリーズの番外編、いわゆるファンブック的なものでしょうか。

私は書き下ろし短編が目的で購入したのですが、これが想像以上に濃厚でした。
山月記を読んだホータローの読書感想文。とても中学生とは思えないですね。笑
ホータローって理系の頭してるんじゃないか。絶対に。

「あなたの本棚見せてください!」の特集も面白かったです。
よく作家さんの本棚を公開しますよね、本作ではもちろん古典部の4人の本棚です。

千反田える嬢の本棚が、私の好みとめちゃくちゃ近くて驚きました!
「小川未明童話集」や「ムーミン谷の冬」があるあたり、やっぱりえる嬢はメルヘンチック。
里志の本棚は…あなた何者ですか(´ー`)

作家との対談が面白い



そして本作で特筆すべきは、他の作家さんとの対談が収録されていることです!

こういう企画でなけりゃ、なかなかお目にかかることのない作家同士の会話。
北村薫さん、恩田陸さん、綾辻行人さん、大崎梢さんとの対談が載せられていますが、
これは素人のインタビューじゃ、絶対ついていけないですね。

皆さん古今東西様々な本を読まれてきて、それがしっかりと自分の一部となっている。
そんな真の「本好き」同士のやりとりが、とても好ましく面白いです。
ここで紹介された本、全部読んで見たいなー!

米澤さんが小学生時代から、どんな本を読んで育ってきたのかも分かり、
また一歩、作者の素顔に近づけた一冊でした。


個人的評価:★★★★
関連記事
Posted byななこ

Comments 4

There are no comments yet.
Cedie  

奉太郎の本棚を見た時、アニメで奉太郎が読んでた本だ!とテンション上がりました。
ちゃんと設定してくれていたと感じました。
アニメの2期もしてほしいですが、原作ストックあまりないですからねえ(>_<)
これはファンブックなるものだとわたしも思って読みました。
恩田さんファンのわたしは対談もとても楽しく読まさせていただきました!

2019/04/21 (Sun) 16:08 | EDIT | REPLY |   
苗坊  

こんにちは^^
読まれたんですね~♪
米澤ファン、古典部ファンにはたまらない1冊でした。
また対談作家さんたちが豪華で面白かったですよね^^
でも、作家さん同士の会話が高尚過ぎてついていけないところも多々・・・
作家さんはお忙しいのにたくさん本を読まれるんだなぁというのを再認識しました。
私も読んだときにここに書かれている本を全部読みたいなー!と思いましたが、早くも挫折しています^m^ななこさんはどうか達成してください^^

2019/04/21 (Sun) 17:33 | EDIT | REPLY |   
ななこ
ななこ  
To Cedieさん

Cedieさん、こんばんは!

>奉太郎の本棚を見た時、アニメで奉太郎が読んでた本だ!とテンション上がりました。

私はアニメは観ていなかったんですが、そんな細かいところまで抜かりなかったんですね!笑
適当に今回本棚を作った訳ではなく、ある程度最初から細部までキャラ設定できていたんでしょうね。
そしてそれに気づいたCedieさんもすごいと思いますw

原作も、シリーズなかなか出ないですよね。
私は最新作をまだ読んでいないので、早く文庫化されることを願っています。。。

>恩田さんファンのわたしは対談もとても楽しく読まさせていただきました!

恩田さんに綾辻さん、どちらの対談も面白かったですねー!
よく考えたら、米澤さんって結構お若いですよね。まだ41才なんですもんね。
自分を形作った本みたいな特集で、「十角館の殺人」があったので、
そういう年代なんだぁ、と思いながら読みました。

2019/04/21 (Sun) 21:32 | EDIT | REPLY |   
ななこ
ななこ  
To 苗坊さん

苗坊さん、こんばんは!

私はどちらかというと、ブラックな米澤作品の方が好みなのですが、
それでも古典部シリーズはハマっていたので、この本楽しみにしていました!
書き下ろしも楽しかったし、やっぱり対談が豪華でしたよね〜^^

>でも、作家さん同士の会話が高尚過ぎてついていけないところも多々・・・
>作家さんはお忙しいのにたくさん本を読まれるんだなぁというのを再認識しました。

同感ですw一口にミステリと言っても、色々なジャンルがあって、
様々な論理的な土台の上に成り立っているんだと実感することがあります。
普段なんとなく読書しているだけじゃ、決して理解できない何かを、
この作家さんたちは世間話でもするように話していますよね!!笑
少しでも理解できる日がくると良いのですが(´Д`|||)

>私も読んだときにここに書かれている本を全部読みたいなー!と思いましたが、早くも挫折しています^m^

苗坊さんが挫折しているものを、私ができるはずがありません……w
でも、一緒に頑張りましょう〜〜!!

2019/04/21 (Sun) 22:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply