FC2ブログ
Welcome to my blog

『かがみの孤城』辻村深月

ななこ



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
どこにも行けず部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。9時から17時まで。時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、7人は隠された鍵を探すー

2018年本屋大賞受賞!



ブログをしばらくお休みしている間に読んだ作品です。
残業続きの仕事と、結婚準備などでかなり憔悴しきっていた時に読んだのですが(笑)
日常を忘れてしまうほどに、久々にのめり込んでしまった本です。

辻村さんといえば初期の学園ミステリなどを書いていた時は、ずっと追いかけていたのですが、
直木賞の候補に上がるようになってからは、なんとなーく離れてしまっていました。

今回の『かがみの孤城』は、ファンタジーなあらすじに惹かれて手に取ったのですが、
これが めちゃめちゃ面白かった! それにタイトルもこの表紙絵も秀逸で、読了後にもう一度見直したくなる!
2018年本屋大賞を受賞したそうですが、それも納得の面白さでした。


読後には、温かな感動が押し寄せる。



本作は、不登校の子供たちが、鏡の向こうにある不思議なお城で交流するというお話。

現代は、かつてないほど子供たちが生きづらい世の中ですよね、、
SNSでの陰湿ないじめや不登校。「ファンタジー」というオブラートに包みつつも、
真っ向から今の子供たちが抱える問題を扱っていて、時折どきりとさせられます。

7人の不登校の中学生たちがこの「かがみの孤城」に集められるのですが、
学校に行けない理由は人それぞれで、ファンタジーだけれどもあまりのリアルさに胸が苦しくなってしまうほど。
一人一人の境遇の掘り下げ方は、いつもながらとても丁寧で読ませてくれます。

どの子も話してみれば良い子だし、中にはなぜこの子が不登校なの?というケースも。
ただ単に集団生活に馴染めなかった、それだけで道から外れてしまうなんて。

なぜこの7人が集められたのか?なぜ外の世界でお互い会うことはできないのか?
ミステリ要素もあり、中盤以降は怒涛のごとく散りばめられた伏線が収束されていきます!
その手法はお見事としか言いようがなく、ラストはただただ温かな感動に包まれます。

辻村さん、素晴らしい作品をありがとう!!


個人的評価:★★★★★+
関連記事
Posted byななこ

Comments 8

There are no comments yet.
Cedie  

「かがみの孤城」はわたしも読みました!!
すごい感動してしまいました。
流石本屋大賞受賞作です。
ファンタジーかと思いきやミステリ要素あり、伏線ありで最後は見事というよりほかはない感じでした。
わたしの地元の市立図書館では今でも予約数572という人気ぶりです。
ほかの本屋大賞ノミネート作品も読んでみたいと思います。

2019/02/17 (Sun) 17:35 | EDIT | REPLY |   
苗坊  
No title

こんばんは。私も読みました。
内容はファンタジーですがそれでも子供たちが抱える問題はとても重たかったですね。
そしてファンタジーなのかと思ったらミステリでもある。辻村さん素敵すぎますねー!
7人が城に集められた理由。外の世界で会えない理由。
最後に段々わかっていくのにワクワクして、読む手が止まりませんでした。
こころは強い強い味方が付いているから、きっと大丈夫ですね^^
私は辻村さんの作品はななこさんと逆で初期作品は未読なものがたくさんあるんです。
今年こそは読み進めていきたいです!(…と毎年言っている^^;)

2019/02/18 (Mon) 21:54 | EDIT | REPLY |   
わか  
ななこさんへ

ななこさんのレビューを読んで、私も読んでみました^^
すっごいすっごい良い作品でしたね~。
辻村さんの描く、悪意って、リアルな感じでぞくっとしてしまいます。
今回、手に取ってみてよかったです(*^▽^*)

2019/02/20 (Wed) 21:01 | EDIT | REPLY |   
Cozy  
久しぶりに昔の雰囲気の作品でしたね。

僕も辻村先生を『冷たい校舎の時は止まる』から追いかけていますが、初期の学園ミステリを最近は書いていない中で、『かがみの孤城』は久しぶりに昔の作風を味わえたと思いました。
(というのは、若干、正しくなく、大学のミステリ研の会誌の作品『ふちなしのかがみ』から追いかけていたりしますが)

『かがみの孤城』は内容も良いですが、そんなデビューした頃の雰囲気を味わえるのもとてもよかったです。

2019/02/23 (Sat) 08:12 | EDIT | REPLY |   
ななこ
ななこ  
To Cedieさん

Cedieさん、お返事が遅れてしまってごめんなさい〜!

この作品、すごくすごく良かったですよね。
最近はめっきり辻村作品から離れてしまっていましたが、
やっぱり辻村さんっていいなと、その才能を再確認できる本でした。
伏線が綺麗に回収されていくと、また最初から読み直したくなっちゃいますよね^^

それにしても予約数572ですか…!今はもっと多くなっているんでしょうねぇ。
私のとこも気になって札幌市の予約状況みてみたら、予約数1040にまでなっていました。笑
所蔵数40冊近く抱えているとはいえ、回って来るのはいつになるんでしょうか(´ε`;)

他の本屋対象ノミネート作品も、色々読んでみたいですね!

2019/03/31 (Sun) 16:21 | EDIT | REPLY |   
ななこ
ななこ  
To 苗坊さん

苗坊さん、お返事が遅れてしまってごめんなさい!!
ふと気づけばすでに1ヶ月があっという間にすぎてしまっていました…笑
時が経つのはあっという間ですね(´ー`)

『かがみの孤城』すごく良かったですね。
辻村さんはどの作品でも、ちょっと輪から外れてしまった子とか
周りとなんとなく馴染めない子の心情を描くのが上手いですよね〜
自分と主人公を重ねてしまう読者が多いのも辻村マジックだと思います!
ラストにかけての展開は素晴らしくて、本当ページをめくる手が止まりませんでした。

>私は辻村さんの作品はななこさんと逆で初期作品は未読なものがたくさんあるんです。

おぉ、そうなんですね!
初期と今とでは、だいぶ作風も変わっていてそれもまた楽しめそうですよね^^
私は『子どもたちは夜と遊ぶ』が好きでたまりませんw

2019/03/31 (Sun) 16:28 | EDIT | REPLY |   
ななこ
ななこ  
To わかさん

わかさん、お返事が遅れて申し訳ないです!
ブログを更新しよう、しようと思いつつも日々の生活に追われ…
ゆっくり本を読む時間も取れないでいます^^;

>すっごいすっごい良い作品でしたね~。
>辻村さんの描く、悪意って、リアルな感じでぞくっとしてしまいます。

おぉ〜わかさんも読まれましたか!すごく心に響いてくる作品でしたよね。
本当に辻村さんの描く悪意は、まるで自分が体験したかのようにリアルですよね…
時々、あまりにピタリと自分の状況に合いすぎて、恐ろしくなることがあります。笑

それでも最後は温かな感動に包まれる、
読んで本当に良かったと思えるのが、辻村さんですね(///∇//)

2019/03/31 (Sun) 16:32 | EDIT | REPLY |   
ななこ
ななこ  
To Cozyさん

Cozyさん、お返事が遅れてしまってごめんなさい!!
あっという間に4月に入ってしまいますね。
新年度に入ったら、心機一転、本を読む生活を少しでも取り戻したいと思います。

Cozyさんも初期作品から追いかけていらっしゃるのですね!
私も学園物&どんでん返し物が好きだという理由で、初期作品はよく読んでいましたが、
今回の『かがみの孤城』は、久しぶりにその感覚を思い出しました(*`・ω・)ゞ
やっぱり良いですよね〜胸が苦しくなるぐらいに感情移入してしまいます。

ここ最近の辻村作品は全然読めていないので、
今年こそは!(と毎年言っている気がしますw)少しでも読み進められたら良いなと思います。

※トラバありがとうございました!

2019/03/31 (Sun) 16:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『かがみの孤城』(辻村深月)
  • 「おはよう」 彼がこころに、そう笑いかける。 『かがみの孤城』(辻村深月) pp.545 あなたを、助けたい。 学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた―― なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らか...
  • 2019.02.23 (Sat) 07:55 | Karmaなミステリ読書ブログ