FC2ブログ
Welcome to my blog

『血の季節』小泉喜美子

ななこ



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
青山墓地で発生した幼女惨殺事件。その被告人は、独房で奇妙な独白を始めた。事件は40年前の東京にさかのぼる。戦前の公使館で、金髪碧眼の兄妹と交遊した非日常の想い出。戦時下の青年期、浮かび上がる魔性と狂気。そして明らかになる、長い回想と幼女惨殺事件の接点。ミステリーとホラーが巧みに絡み合い、世界は一挙に姿を変える。1982年発表。復刊希望が相次いだ、幻の名作がついに復刊。


“幻の名作”が30年以上の時を経て…ついに復刊!!



恩田陸さんの帯につられて購入しちゃいました。

吸血鬼+サイコパス+警察小説。
彼女はもう、このとき全てやっていた。


これは究極のネタバレになるんじゃないかという意見もあるようですが、
私としては「吸血鬼」と「サイコパス」というキーワードに、食指が動いたのは事実で。笑

どうやら1982年に発表された幻の名作だそうですよ!
つい最近復刊されたとのことで、こんな素敵な作品を書いてくれた小泉さんに感謝。
そして読むきっかけを与えてくれた恩田さんにも感謝です。


知的に見える犯人の「奇妙な独白」とは?



昭和5X年に、青山墓地で起こったある幼女惨殺事件。
その被告人は、知的で物静か。とても殺人犯とは思えない不思議なオーラをまとった男。
どこか正常でないと思われるのに、どこが正常でないかがさっぱり分からない…

そして静かに語り始める男の回想は、あまりにも奇妙で狂気をはらんでいて。
本作は、殺人事件の捜査と男の独白とが、交互に進行していきます。

皆川博子さんの小説を読んでいるかのように、重厚で耽美な世界。
特に男の少年時代の回想、金髪碧眼のフレデリッヒ・ルルベル兄妹との交遊ときたら…!
まるでゴシック小説を読んでいるかのようで、ドキドキしてしまったよ( ´艸`)

続く青年期の回想シーン。
中盤以降にようやくこの物語の核心に触れてきます。ここまでが結構長い。笑

よく考えると、男の独白がこの本の8割近くを占めているのですが、
非現実的な、どこか酩酊感を伴ったような物語がなんとも心地よいのです。


これぞミステリーとホラーの融合!



帯やあとがきで書かれているので、あえて書きますが 吸血鬼伝説 をベースにしています。
ただ、これを日本を舞台にして書かれたという驚き!そして全く違和感がないという。
(小野不由美さんの『屍鬼』がありますが、あれはもう少し泥臭さがあった)

まるで翻訳小説を読んでいるかのような、流麗な筆致に酔いしれました(///∇//)

そして特筆すべきは、何と言っても「終章」でしょう!!!
私はここまであくまでも「ミステリ」として読み進めてきたんですが、
最後の数ページで、それが見事にひっくり返されてしまいました…!

読者に推測させるような余韻を持ったラストで、
「この作家さん、巧いなぁ」と、思わず感服しちゃいました。
本作を「ミステリ」ととるか、それとも「ホラー」ととるか?あなたはどっち??


個人的評価:★★★★+
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
ななこ
さくら  

ななこさん、こんばんは。
なんだか、ぞくぞくするほど面白そうな作品ですね。
1982年というとコバルト文庫と栗本薫しか読んでないころですね。
懐かしい。つか、『真夜中の天使』がめっちゃ読みたいっっ。

最近は、仕事にいくだけでサイコな奴に会いますけど、舞台設定されたイニシエの世界に恋い焦がれますw

来年はお互い、また読書の時間が増えるといいですねv
良いお年を!

2018/11/25 (Sun) 20:31 | EDIT | REPLY |   
ななこ
ななこ  

さくらさん、あけましておめでとうございます!
本当に、今年はお互い読書の時間が増えるといいですね〜w
亀ペースのブログ更新になりそうですが、細々とやっていきますので、
今年もどうぞよろしくお願いいたします^^

>なんだか、ぞくぞくするほど面白そうな作品ですね。

面白かったです、なんかこう文章が艶かしいんですよね。
吸血鬼をベースにしているからなのか、金髪碧眼の兄妹が出てくるからなのか…笑
昭和の日本が舞台なのに、どこか翻訳小説を読んでいるような感覚でした。

>懐かしい。つか、『真夜中の天使』がめっちゃ読みたいっっ。

「真夜中の天使」実は読んでいないのですよ!
栗本さんの文章だから、それこそ艶めかしさと言ったらお墨付きですね。笑
あ〜なんかさくらさんのコメントで無性に読みたくなってきました。
kindleで買ってしまおうか……!!

現実世界は、もういっぱいいっぱいですわ(´・ω・`)
やはり読書の時間は大切ですね。今年は1分でも多く時間を作って本を読みたいです。
さくらさん、また面白い本があったら紹介してくださいね!

2018/11/25 (Sun) 20:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply