FC2ブログ
Welcome to my blog

『人間じゃない』綾辻行人

ななこ



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
衝撃のデビュー作『十角館の殺人』から30年――。メモリアルイヤーにお贈りする綾辻行人の最新刊!持ち主が悲惨な死を遂げ、今では廃屋同然の別荘<星月荘>。ここを訪れた四人の若者を襲った凄まじい殺人事件の真相は?――表題作「人間じゃない――B〇四号室の患者――」ほか、『人形館の殺人』の後日譚「赤いマント」、『どんどん橋、落ちた』の番外編「洗礼」など、自作とさまざまにリンクする5編を完全収録。単行本未収録の短編・中編がこの一冊に!


過去の綾辻作品とリンクする短編集



積読本消化計画はどこ行っちゃったの?

…というぐらい、サボりにサボりまくっている読書ですが、
不思議なもので本を買いたい!という欲求はとどまる所を知らないのです。笑

そんなグダグダな中発売された、綾辻さんの『人間じゃない』。
『人形館の殺人』の後日譚が収録されているというではないですか!!
館シリーズ大好きな私は、一も二もなく購入しちゃいました。

その他にも、過去の作品にそれぞれリンクしている未収録作品集という事で、
綾辻ファンには垂涎モノの一冊ですなぁ。


さて、今回収録されている短編は下記の5編。

『赤いマント』(『人形館の殺人』後日譚)
『崩壊の前日』(『眼球綺譚』姉妹編)
『洗礼』(『どんどん橋、落ちた』番外編)
『蒼白い女』(『深泥丘奇談・続々』関連エピソード)
『人間じゃない――B〇四号室の患者――』(『フリークス』番外編)


不気味で幻想ホラー色強め



『赤いマント』

公園のトイレに入ると、どこからともなく
「赤いマントをかぶせましょうか」という声が聞こえてくるという。
「はい」とうっかり答えてしまうと、身体中から血を流して死んでしまうという噂。

こういう都市伝説、小学生の頃流行ってたよね。赤い紙と青い紙とか。
でもこの作品は、都市伝説ではなくしっかり本格ミステリしているのがすごいところ。

『人形館の殺人』の架場久茂と道沢希早子が登場しますが、
短編として独立しているので、未読の方でも十分に楽しめるようになっています。


『崩壊の前日』

もうね、何と説明したら良いのか…訳が分からないのだけれどとにかく不気味。
あらすじを説明しろ、と言われても無理!でもこの気持ち悪さがだんだんクセになるのよ。

ポケットの中に次々と生まれ出てくる石ころを、何度も何度も投げ続ける。
延々と繰り返される会話。じわじわと侵食されていく現実……


『洗礼』

『崩壊の前日』とは打って変わって、王道ミステリ。
ある大学のバンドメンバーの一人が殺された謎を解いて行くのですが、
「読者への挑戦」や殺人現場の見取図が載っていて、ミステリ好きとしては楽しめます。

ただ、他の短編に比べると若干インパクトの薄さは否めませんでしたねー。
「サスペリア」の話題が出てきたところが、また綾辻さんらしいな、と。


『蒼白い女』

ある夏の熱帯夜に入った喫茶店で、蒼白い顔をした不気味な女を目撃する。
たった数ページの作品なんだけど、最後の1行で思わず全身に鳥肌が立った(笑)
是非、夏の暑い夜に読んで欲しい。


『人間じゃない――B〇四号室の患者――』

これは怖いよ!気持ち悪いよー!!
SFホラーに分類されるんだろうか、映画「遊星からの物体X」を思い出してしまった。

<星月荘>という別荘にやってきた、ある4人の男女。
その中の一人、由伊は「ここには人間じゃないものが、いる」と怯え始める。
鍵をかけて部屋に閉じこもった彼女は、翌日変わり果てた姿で見つかるのですが…

スプラッター嫌いな人は、多分受け付けないだろうなぁ。
私は非常に好み(笑)だったので、未読の『フリークス』も読んでみようと思います。


個人的評価:★★★★+
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
ななこ
ねむりねこ  

ななこさん今晩は~

昨日某大手本屋さんに立ち寄ったのに気がつきませんでした~不覚です
新刊コーナーじっくり見てるのに・・・5ヶ月じゃ新刊ではないのかな~
元ネタを呼んでいるのは『赤マント』と『蒼白い女』ですね
でも他の作品の元作品を読んでいないのでやはり先に
そちらを読んで購入したいと思います。
今年は全然本を読んでいないのでもうそろそろ復活しないと(^^;
ちなみに『赤マント』の派生バージョンは『赤い紙』もですけど『赤いちゃんちゃんこ』
もありますね

2018/11/25 (Sun) 20:35 | EDIT | REPLY |   
ななこ
ななこ  

ねむりねこさん、こんばんは!
お返事がものすごく遅れてしまってごめんなさい〜(T△T)

お、『人間じゃない』ノーマークでしたか?
私は最近めっきり本屋さんに行く機会が少なくなってしまったので…
好きな作家さんは、専らtwitterで情報を仕入れているような感じです^^;

>ちなみに『赤マント』の派生バージョンは『赤い紙』もですけど『赤いちゃんちゃんこ』
>もありますね

あ〜ありましたね!!
都市伝説って色々と派生してまた地域によっても違うから面白いですね。
この綾辻さんの「赤いマント」は、都市伝説かと思いきや、
きっちりとミステリとして成立していたので、逆に新鮮な感じがしました。
とても面白い短編集だったので、ぜひねむりねこさんも読んで見て下さいね(´ー`)

今、綾辻さんの「十角館の殺人」の限定愛蔵版を読んでいます。
かなり久しぶりの再読になりますが、やっぱり面白いです!!

2018/11/25 (Sun) 20:35 | EDIT | REPLY |   
ななこ
ねむりねこ  

ななこさん今晩は

ようやく読み終わりました。目疲れのせいですっかり読書量が激減しちゃいましたが
『赤マント』『洗礼』『蒼白い女』が完全に好みでした
そもそもの赤マントの都市伝説は顔が見えない赤いマントの男が少女を誘拐しているという都市伝説で
トイレの都市伝説ではなかったんですけどね
蒼白い女は完全に好みの恐い話って感じでほんの数ページで
心霊現象をうまく恐く表現していて稲川淳二もビックリという感じです

2018/11/25 (Sun) 20:35 | EDIT | REPLY |   
ななこ
ななこ  
ねむりねこさんへ

お返事がめちゃめちゃ遅れてしまいました〜!本当ごめんなさい!!
結局、こちらのブログにまた戻ってくることになりました。(諸事情あり…)
のんびりと更新をしていこうと思うので、またぜひよろしくお願いいたします!

ねむりねこさんもこちらの本読まれたんですねぇ(///∇//)
私もあれから結構経ちましたけど、特に『蒼白い女』がすごく記憶に残っています。
短いお話だったのに、よほどインパクトがあったんだなぁと思います。笑

2018/12/01 (Sat) 00:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply