FC2ブログ
Welcome to my blog

『コーヒーが冷めないうちに』川口俊和

ななこ



コーヒーが冷めないうちに

川口俊和 サンマーク出版 2015-12-07
売り上げランキング : 1166
by ヨメレバ

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
お願いします、あの日に戻らせてくださいー。「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」不思議なうわさのある喫茶店フニクリフニクラを訪れた4人の女性たちが紡ぐ、家族と、愛と、後悔の物語。
【目次】(「BOOK」データベースより)
『恋人』結婚を考えていた彼氏と別れた女の話/『夫婦』記憶が消えていく男と看護師の話/『姉妹』家出した姉とよく食べる妹の話/『親子』この喫茶店で働く妊婦の話


借り本です。
新聞に大々的に紹介されていたので、気になっていた作品でした!

POPは『4回泣けます』

おぉっ・・・これは期待値が大きいぞ!

・・・

・・・

・・・

あれ、もう終わっちゃったけどどこが泣き所だったの??(´ω`)
まさか、ページ読み飛ばしてる?と、狐につままれたような気持ちで読み終えました。

過去に戻ることができる喫茶店



とある街にひっそりとたたずむ「フニクリフニクラ」という喫茶店。
(カフェじゃなくて喫茶店というのは気に入っている)

その喫茶店のある席に座ると、
コーヒーをカップに注いでから、冷めるまでの間だけ過去の好きな時間に戻れるという。
でも、決して過去を変えることはできないというルール。

人間って、後悔の繰り返しなんですよねー
あの時こうしておけば良かった、なんであんな事を言ってしまったんだろう?
できるならあの時に戻って、やり直したい・・・と思った事なんて数知れず(笑)

でも、この不思議な喫茶店では、
過去に戻っていくら努力しても、現実に戻った時には何も変わっていないんですよね。
それでも戻りたいという人達が後を絶たない。何とも不思議な人間の心理です。

文体が気になる。



というわけで、設定自体はとても魅力的なんですけれども。

読んでいて、語彙の少なさが非常に気になりました。表現方法も繰り返し。
どうやら作者の川口さん、脚本・演出家とのことなのでそこは仕方ないのかなぁ。

最初の短編『恋人』では、主人公の二美子は頭脳明晰な大人の女性のはず。
突然癇癪を起したり、「マジで?」という言葉づかいをしているのが、
どうにもこうにも違和感がありまくりで・・・(笑)

内容よりも言葉づかいや言い回しのほうが気になってしまって、
材料は良いだけに、何とも残念!な作品でした。

個人的評価:ほし
ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
苗坊  

こんにちは。
おおお…いいですね、いいですね^m^
素直な感想素敵です(笑)
この作品、色んな所で紹介されているので気にはなっていたのですがいまだに未読でした。
でも、泣ける!っていう謳い文句の作品って天邪鬼な私は泣かないだろうなーなんて思いながら読むのですが^^;
教えていただいてありがとうございます(笑)
読む機会がもしあればそこまで期待を持たずに読もうと思います(読むかなー^^;)

2016/09/03 (Sat) 17:33 | EDIT | REPLY |   
Cedie  

こんにちは。

この本、本屋で見かけて気になっていました(≧∇≦)

図書館で借りようかと思っていたら結構予約が詰まっていたのでまた今度となっていた本でした。

なんと結構残念な結果だったとは。
でも読んだことで自分の何かが変わるかもですね。
人間って、後悔の繰り返しだから笑。

2016/09/03 (Sat) 21:28 | EDIT | REPLY |   
nanaco  
苗坊さんへ

苗坊さん、おはようございます!

>おおお…いいですね、いいですね^m^
>素直な感想素敵です(笑)

へへへ…もしこの本好きな方が見ていたらスミマセンという感じです(*´▽`*)
普段は、☆を3つ以下にする事ってそれほどないんですが、
この本は最初から最後までしっくりこないというか、違和感がある作品でしたね~^^;

>この作品、色んな所で紹介されているので気にはなっていたのですがいまだに未読でした。
>でも、泣ける!っていう謳い文句の作品って天邪鬼な私は泣かないだろうなーなんて思いながら読むのですが^^;

うんうん、分かります(笑)
私も「泣ける」って言われれば言われるほど、斜に構えて読んでしまう天邪鬼なので、、、
「ここが泣くところか?」と冷めた目で読んでしまう自分が怖いです…
でも、この本については泣く所の見当もつかず、あれれ?というままに読み終えました(´・ω・`)

全く期待をせずに読んだら、また何か違うものが見えてくるのかもしれません…
この本、苗坊さんの感想をお聞きしたいです!(笑)

2016/09/04 (Sun) 09:19 | EDIT | REPLY |   
nanaco  
Cedieさんへ

Cedieさん、おはようございます!

>図書館で借りようかと思っていたら結構予約が詰まっていたのでまた今度となっていた本でした。

おぉ、結構人気の本なのですね!
私も新聞とか広告で大きく取り上げられていたので、ずっと気になっていた作品でした^^
その分期待度が上がっていたのかもしれませんが…

>なんと結構残念な結果だったとは。
>でも読んだことで自分の何かが変わるかもですね。
>人間って、後悔の繰り返しだから笑。

他の方のレビューを見ると、中には絶賛されている方もいるようだったので、
多分、たまたま自分の琴線には触れなかっただけだと思います…(笑)
この本に出てくるような経験をされた方には、また違った読み方があるのかも(ノ_・。)

Cedieさんの感想もお聞きしたいので、是非先入観ナシに読んでみてくださいー!

2016/09/04 (Sun) 09:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply