10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.17 *Wed*

「NO.6〔ナンバーシックス〕#2」あさのあつこ


NO.6〔ナンバーシックス〕#2
著者:あさのあつこ
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
2017年。聖都市「NO.6」を追われた16歳の紫苑がはじめて目にする外の世界、そして現実。ぼくは今までいったい何を知っていたんだろう?何を見ていたんだろう?ネズミと暮らし始め、懸命に生きようとするが、「おれとNO.6、どちらを選ぶ?」と問われた紫苑は…。加速する運命が二人を襲う。



2巻目もあっという間に読み終わっちゃいました。
だってあまりに薄い本なんだもん…。通勤中だけですぐに読み終わっちゃうよ~かお

紫苑が政府に追われ、命からがら逃げ込むはめになった西ブロック

今の時代で言う、いわゆるスラム街のような場所で、
飢え、貧困、暴力、そして道端には人の死体というのは日常茶飯事。

聖都市NO.6の吐き出した汚いものが集まったゴミためのような所で、想像を絶するような光景でした。



何だか読んでいて、単なる物語とは思えなくなってしまったよ…きもち

今、私達は日本で毎日安穏と暮らしているけれど、
ちょっと視野を広げれば、毎日生きるか死ぬかの生活を強いられている人達もいる。それが現実。

あさのさんは読者にこういうことも考えて欲しかったのかな??なんて思います。


紫苑は知っての通り、元NO.6の住人で超エリートのおぼっちゃま。
すぐ西ブロックの悪い空気こものに飲み込まれちゃうんだろうなぁ…と思いきや。

紫苑のマイペースさとあまりの危機感のなさに、周りの人達が飲まれてしまうほど(笑)
これは予想外の展開でした。紫苑には最後までこの鈍感さ、忘れないでいてほしいなぁかお


*西ブロックのあまりの退廃っぷりに、読んでて正直ビビっていたワタシですが。。。

ひとつだけ好きになったものがあります。それは…ワンコ毛布(笑)
寒さをしのぐために犬を貸し出し、犬の体温を毛布代わりにして眠るのですいきもの

この物語では、何気に犬が重要な地位を占めているようですね~。


<NO.6シリーズ>
NO.6〔ナンバーシックス〕#1


NO.6  〔ナンバーシックス〕  ♯2 (講談社文庫)NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)
あさの あつこ

講談社 2007-02-10
売り上げランキング : 44501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

COMMENT

Re:ナンバーシックス#2読了!(10/17)
本、そんなに薄いのかw

完結するまで我慢できるかなぁ(笑)

主役2人の関係にちょっとドキドキするんだけど、

ネズミって呼び名がイメージをぶち壊すんですがwww早く本名明かして欲しいなぁ。。。



ワンコ毛布(笑)

犬種によってかなり値段差がありそうだね^ ^

by エンブレムT #79D/WHSg
2007/10/18(木) 11:14 [Edit
Re:ナンバーシックス#2読了!(10/17)
こんにちは〜☆



一気読みしようと心のメモにとめておいたはずが、

昨日本屋で見かけて気付いたらレジに並んでました。



13分の通勤時間で読み終わるのはさすがにムリですが、サクッと読めそうな薄さですね〜

読むのが楽しみ♪♪

by まる811 #79D/WHSg
2007/10/18(木) 16:31 [Edit
Re[1]:ナンバーシックス#2読了!(10/17)
エンブレムTさん

薄い薄い!ほんと一冊が一日で読み終わっちゃう薄さですよ〜^^;

こんなにちょこちょこと出さなくていいから、もう少し分厚めの文庫でドンッ!と出してほしい…。



主役二人、どうやら怪しい雰囲気になってきて…w

えっこれそんな本だった?!って感じなんですけど(笑)まぁ美しければ全てが許されますけどねw

ワンコの仕草もなにげにかわいくて癒されてます♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2007/10/18(木) 19:46 [Edit
Re[1]:ナンバーシックス#2読了!(10/17)
まる811さん

まるさん、早いっ!!(笑)

ほんとかなり短いし、字も大きいのでサクサク読めちゃいますヨ♪

私は通勤片道1時間かかるので…ちょうど行き帰りの2時間で読了ですw

今日、3巻目も読み終わったんですがやっぱり楽しい〜!!もう続きが気になって気になって…^^;



是非是非楽しんでくださいねっ☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2007/10/18(木) 19:48 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。