FC2ブログ
Welcome to my blog

『アルジャーノンに花束を』ダニエル・キイス

ななこ


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
32歳になっても幼児なみの知能しかないチャーリイ・ゴードン。そんな彼に夢のような話が舞いこんだ。大学の先生が頭をよくしてくれるというのだ。これにとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に検査を受ける。やがて手術によりチャーリイの知能は向上していく…天才に変貌した青年が愛や憎しみ、喜びや孤独を通して知る人の心の真実とは?全世界が涙した不朽の名作。


前にドラマ化されて話題になりましたねきもち

長い間、存在だけは知りつつも何となくスルーしていた作品でした。
・・・が、お友達のmiwaさんがブログで紹介されていて、面白そうだったので。

私、大きな勘違いをしていたようです。
ずっと「アルジャーノン」が主人公だと思っていたんですけど、、、
まさか、まさかネズミの事だったとは!!(/ω\)

32歳になっても、幼児並みの知能しかないチャーリイ・ゴードン。
パン屋で働くチャーリィは、周りからバカにされながらも満ち足りた生活を送っています。

そんな彼に、ある夢のような話が舞い込んできます。
大学の偉い先生が、幼児並みのチャーリィの頭を良くしてくれると。
チャーリィは早速その話に飛びつき、毎日実験結果を日記形式で綴る事になりますきもち

なんというか、モヤッとしたものが残る作品ですねかお
読了後も何が正しい事なのか分からないから、どこか割り切れなさがあるんです。
おそらく数年先もこの結末をふと思い出す…それがこの本の魅力なのかもしれませんね。

最初はね、もーーー読みづらくて仕方なかった!
幼児並みの知性しかない訳だから、言葉もたどたどしいし日記も誤字脱字だらけきもち
これ、翻訳者も苦労しただろうなぁと思いましたよ(笑)

チャーリィの知性が向上し始めてからは、続きが気になって一気読み。
今までは見えていなかった人間の悪意だとか嫉妬だとかに、気付き始めちゃうんですね。
他人の目を意識する事によって、徐々に彼の人柄も変化していくのがやるせなかったかお

一体何が幸せなのか…何も知らないままでいたほうが良かったのか。困惑、葛藤。
そしてこの結末ですから。落差が激しすぎる。

「感動」というと語弊があるかな、個人的にはちょっと心が痛くなる本だったなぁー。

個人的評価:ほし

ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

Comments 8

There are no comments yet.
dayuuki  
切ない終わり方ですね

知能が高くなることで様々なことを解き明かせたりするけど、今まで気づかなかった周りの悪意や軽蔑に気づくことや周りを見下したり悪い面もある。愛されて来なかったチャーリーは、女性に対して母を重ねてしまったり、未成熟な面も見せる。知能と感情は相互に発達しないといけないのだと、思いました。いろんなことを考えさせる本でした。

2015/09/06 (Sun) 00:30 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
dayuukiさんへ

dayuukiさん、こんばんは~♪

この作品、色々な意味で考えさせられる本でしたね><
読み終えた後も何が正しいのか、チャーリーや周りの人間達の判断が正しかったのか、
その答えが出ずにもやもやしたものが残っています(笑)
でもきっとこういう本が「再読したくなる本」になるんですよね(*'-'*)

>知能と感情は相互に発達しないといけないのだと、思いました。

本当にそうですね、
特に知能だけの人間は手に負えない!^^;
知能があって人の痛みが分かる人間…になりたいものです(笑)

ダニエル・キイスといえば「24人のビリー・ミリガン」も興味があるので、
近いうちに挑戦できたら良いなぁと思っています*^^*

2015/09/06 (Sun) 18:32 | EDIT | REPLY |   
Cedie  

こちらにもお邪魔します。

本当にこの本読みづらいところありますよね。
これがずっと続くのかと途中で何度も挫折しそうになりながら読んでいたら、普通になっていってまた読みづらくなり・・・
それもきちんと理由あってのことだったのでいろいろ考えさせられた本でした。

2015/09/06 (Sun) 20:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさん、おはようございます~♪
お返事が遅れてしまってごめんなさい!

>本当にこの本読みづらいところありますよね。

本当に^^;
私も最初はなかなか読み進める事ができなくて、ちょっと辛かったです(笑)
翻訳者の方もかなり苦労しただろうなぁと思いました…
中盤あたりはスッと入ってきたんですけどね(* ̄∇ ̄*)

私、ドラマのほうは未見なんですがどんな感じだったんでしょうね?
日本を舞台にしていると思うんですけど、なかなかイメージが湧かなくて。
とりあえず、ずっと気になっていた本が読めたので満足です(笑)

2015/09/20 (Sun) 07:05 | EDIT | REPLY |   
ねむりねこ  
今晩は~

ダニエル・キースさんの作品の中ではとても有名ですね
私は彼のノンフィクション作品も好きです。
アルジャーノンは元々短編でした。それを長編化したのが
この作品です。
ドラマの方は日本に全部置き換えておりやはり無理がありますね
2002年に始めてTVドラマ化されユースケサンタマリアさんが
主演でした。
彼の演技も評判が良かったですが、最近放映されたほうは
見ていませんが平均視聴率が指し示すとおりだと思います
山久君ファンと言うことでなければ2002年版をお勧めします。
でもまあこの物語を日本に置き換えちゃうとやっぱりね(--;

2015/09/27 (Sun) 19:21 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
ねむりねこさんへ

ねむりねこさん、こんばんは~♪
お返事が遅れてしまってごめんなさい><

>アルジャーノンは元々短編でした。それを長編化したのが
>この作品です。

そうだったのですね!
この作品、タイトルだけは知りながらも、
恋愛小説なのではないか?という変な先入観からずっと読まずにいました(笑)
こんなお話だったのですね、もっと早くに読んでいれば良かったです^^;
最初は若干読みづらい部分があったものの、
中盤以降は、チャーリィの行く末が気になって一気読みでした~。
何とも哀しいお話でしたが、意外にも読後感は悪くないかも・・・

>ドラマの方は日本に全部置き換えておりやはり無理がありますね
>2002年に始めてTVドラマ化されユースケサンタマリアさんが
>主演でした。

あぁ、やっぱりそうなのですね(笑)
ドラマはどちらも未見ですが、「これを日本に置き換えちゃうの?」と思いました。
日本人が演じる以上、こういう設定にせざるを得ないのでしょうけど、、、
それでもやっぱり違和感がありますよねぇ(▼-▼*)

この作者さんの作品、「24人のビリー・ミリガン」も気になっているので、
近いうちに挑戦してみようかなぁと思っています*^^*

2015/10/10 (Sat) 18:13 | EDIT | REPLY |   
ねむりねこ  
ノンフィクション

今晩は

ダニエル・キイスさんのノンフィクション作品は沢山かかれていますが
『24人のビリー・ミリガン』はとても興味深い作品でしたよ
続編の『ビリー・ミリガンと23の棺』はその後を描いてます
そのほかにも『5番目のサリー』『クローディアの告白』など興味深いと思いますよ

2015/10/12 (Mon) 16:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
ねむりねこさんへ

ねむりねこさん、こんにちは~♪

>『24人のビリー・ミリガン』はとても興味深い作品でしたよ
>続編の『ビリー・ミリガンと23の棺』はその後を描いてます

おぉっ、そうなのですね!
何となくあらすじだけはどこかで聞いて知っているのですが、
ちゃんと手に取った事はないので、是非読んでみたいですヽ(*^^*)ノ
しかも続編もあったとは…!こちらも気になります。

>そのほかにも『5番目のサリー』『クローディアの告白』など興味深いと思いますよ

オススメ作品を教えて頂いてありがとうございます♪
さらっと内容を確認しましたが、これがノンフィクションだという事に驚きですw(゚o゚*)w
次に読む本の参考にさせて頂きますね!

2015/10/17 (Sat) 14:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『アルジャーノンに花束を』 著:ダニエル・キイス
  • 32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。そん な彼に、夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれると いうのだ。この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相 手に、連日検査を受けることに。やがて手術により、チャーリイは天才に変貌 したが…
  • 2015.09.27 (Sun) 19:01 | ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋