11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.09.15 *Mon*

8月☆ブクログまとめ


8月に読んだ本&鑑賞したDVDをブクログでまとめました~きもち

読んだ本の数:8冊(小説3冊・漫画4冊・雑誌1冊)
観たDVDの数:6本


先月は、気になっていたDVDをいくつか観る事ができましたかお

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は、期待していたんだけど色々と残念でした…
最近のディカプリオの泥臭い演技が好きだけど、今回はちょっとやりすぎかなぁ(笑)
その次に観た「鑑定士と顔のない依頼人」が、すごく上品に感じた程ですかお

B級ホラーの「ワナオトコ」は、予想以上に面白かったです!
R-18指定だからどんなのかと思ったけど、観て納得です。結構痛いシーン満載でした(笑)
でも主人公が泥棒というのが新鮮。(しかも案外人の良い兄さんだし)
続編の「パーフェクト・トラップ」も気になる所です…かお

nanaco☆の本棚 - 2014年08月 (14作品)

どのお話も不思議な味わいでとても面白かった!

最初の4編が特に好きでした。
表題作「レベル3」は、あるはずのない地下3階へ行った男の話。
ちょっと普通の人間とは違うお隣さん「おかしな隣人」。
各地で起こる奇怪な現象「こわい」。
この世界から脱出したい人だけが行ける不思議な場所「失踪人名簿」。

同じ雑誌を読んでいた男女の恋の話「青春を少々」や、
ラストの「死人のポケットの中には」も清々しさも印象的です。

解説が恩田陸さんだったのも嬉しい驚きでした!
ジャック・フィニイは「盗まれた街」のイメージが強かったのですが、
こういう柔らかいSFも良いですね。面白かったです。




ノベルスにて既読ですが、あまりにも好きなので文庫で買い直し。

やっぱ面白ーい!!
北山さんは城シリーズも好きだけど、
こういうブラックな短編集は、すごく合っていると思います。
ラストのオチにドキリとする作品が多いですね。

「恋煩い」幼馴染の3人のお話。
学校では恋のおまじないが流行っていて…ラスト1行の衝撃。

「妖精の学校」目が覚めると隔離された島に建つ学校。
記憶が消された少年達。近づいてはいけない「虚」とは…
カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」をふと思い出す。

「嘘つき紳士」これまたオチに驚愕する作品。
お金が足りない男は、捨てられていた携帯電話を使って
持ち主の彼女からお金を奪い取る方法を思いつくが、
持ち主は既に事故で死んでいた…

「終の童話」まるでグリムやアンデルセンに出てきそうな。
村人達を石化してしまう化物の話。
少年は、姉のように慕う少女を石に変えられてしまう。

「私たちが星座を盗んだ理由」何とも切ないお話。
病弱な姉を見舞う妹、そして姉を密かに慕う隣の家の男の子。
誰の視点から読んでもやるせなくなります。




なんだろうね、この映画!
ディカプリオがまさかここまでぶっとんだ役をやるとはね(笑)
ある意味尊敬に値します~^^;

最初から最後まで「下品」。それしか言えないw
しかもそんなのを3時間も観せられてしまうという。
これに比べたら「テッド」なんて可愛いものじゃないかな(* ̄∇ ̄*)

まぁ金持ちの栄枯盛衰ということで、変に教訓臭くないのは良いけど、
得られるものは皆無に等しい、というしょーもない映画でした。
「華麗なるギャツビー」の方が好きだわ。




ラストのどんでん返しがハンパない(笑)
完璧に鑑定士の視点で観ていたので、やられたー!って感じです。

偏屈な美術鑑定士が、
ある女性から資産家の両親の遺した美術品の査定依頼を受ける。
だけれどもその女性は一室に閉じこもったまま姿を現さない…
これだけで十分ミステリな展開なのですが、やはりラストの衝撃です。

美女達の絵画がぎっしりと飾られたコレクションルーム。
素晴らしかったですね~あんな隠し部屋があったら素敵!

ジェフリー・ラッシュとドナルド・サザーランドの抑えた演技が良い。
「贋作の中にも本物がある」今思えば意味深な言葉ですね。
面白かったです。




「ストーンヘンジの原点 最果ての巨石文明」
とにかく興味深くて面白く読みました!
英国スコットランドのオークニー諸島に残る石の建造物群。
5000年前の人々の生活、文化、宗教…
思った以上に精巧な技術をもって作られた神殿。
近年の発掘によって徐々に明らかになってきているようです。
また新たな発見が雑誌に載る日が待ち遠しいです。

「米国に広がる新たな飢餓」の記事にも驚愕。
経済大国のアメリカで増え続けている栄養失調の子供達。
貧しい食生活を送っている人ほど太っているという現実。
新鮮な野菜や果物は滅多に手に入らず、
安く食べられるのはファストフードや甘い菓子ばかり…
SNAP(政府の栄養支援プログラム)受給者が増えているというのも、
アメリカの現状を物語っている気がします。




女王として突然担ぎ上げられたジェインがあまりにも哀れ…
彼女はただジョンと一緒になりたかっただけなのに。

生き馬の目を抜く世界。
ただ周りに流されていると命の危険もあるという事なのね。

エリザベスの強さはロバートがいてこそというのが伝わりました。
最後、エリザベスとロバートのやりとりにはニヤリ。
二人はどんな関係になっていくのかな~
今後はフランシス・ウォルシンガムの動向が気になる所。




「ラスト・チャイルド」と並んで好きな作品になりました!

何しろ設定がイイ。
孤児院で育った兄弟マイケルとジュリアン。
気弱な弟ジュリアンはある裕福な夫婦に引き取られ、
兄マイケルはマフィアに拾われ、やがて殺し屋となる。

恋人と新しい家庭を築くために、組織を抜けようとするマイケルだけど、
結局組織はそれを裏切りと見て、彼の命を狙おうとする。
そして今は離れて暮らしている弟ジュリアンにも身の危険が……

殺し屋なんて兄さん怖いっ!となりそうだけど、
このマイケル兄さんがとにかく素敵~。
弟を守るためならどんな事でもしちゃう、
身体的にも精神的にもかなりタフな男なんです。

兄弟の十数年ぶりの再会は、
孤児院アイアン・ハウスの壮絶な過去を甦らせる結果に…

最後の最後に驚くようなどんでん返しも用意されており、
人がバンバン殺されているわりには読後感も悪くなく(笑)
とても楽しめました。未来を予感させる最終章が好きです。




これでついに特別編完結!
最終巻に相応しい作品でした。

立人好きにとっては、彼の魅力が存分に楽しめる巻。
立人の有能さ、それに花鹿への愛情がこれでもかという程伝わってくる。
二人のラブラブっぷりが見られて幸せです*^^*

ユージィンやルマティ、カール等
過去のキャラ達もたっぷり登場していて嬉しい限り。
樹さん、素敵な作品をありがとうございました!!




表紙のアラジン、随分成長したなー!と思ったら違った(爆)

アルマトラン編始まりました!
ますます複雑に、でももう一つの世界アルマトランの秘密、
この世界の核心に近づいてきているようでドキドキします。
メガネのウーゴ君、イケメン(笑)
それにソロモンの圧倒的リーダーっぷりも素敵です。

アリババは過酷な選択を迫られるし、
シンドバッドはだんだんと腹黒い面が見えてくるし、
これからどうなっちゃうの!?という感じです。




洛山VS誠凛。

やっぱり洛山は強すぎるわ~;勝てる気がしない…
ただ、火神が底知れぬ力を秘めていそうで。
覚醒したら凄い事になりそうです。楽しみ。
伊月先輩のダジャレ、試合の中にまできたー!(笑)

それにしても人気投票w
赤司様、強し!!ここまで2位との差をつけるとは…



風立ちぬ [DVD]
読了日:08月23日
評価4


思った以上に淡々とした映画でした。
ジブリ作品ゆえ賛否両論あるのは当然です。ここはあくまで個人的な意見を…

完全に宮崎駿監督の好みで作った映画だと思われます。
メッセージ性もなく、淡々と一人の男の人生が描かれています。
決して初期のジブリ作品のように、万人受けするようには作られていない。
この作品を心から面白い、心から共感できる人は少数派かもしれません。

でも、きっとそれで良いのだろうとも思います。
草原を吹き抜ける風の清々しさ。
どこまでも夢を追いかける事の素晴らしさ。
そのひたむきな姿を傍でただ見ていたいと思う健気さ。
何度も何度もドキリとさせられ、その美しさに魅せられました。

飛行機の事はよく分からないし、地味な映画だなぁとは思います(笑)
小さな子供なら、なおさらそう感じるかもしれません。
それでも小さな感動を沢山もらいました。
観て良かったです^^



ワナオトコ [DVD]
読了日:08月24日
評価4


タイトルから思い切りB級ホラーと思っていましたが、
予想を裏切りなかなか面白い作品でした。

金庫破りの前科を持つ主人公。
元妻が抱えた借金を返すため、宝石ブローカーの家に侵入する。
…が、誰もいないはずの家で不審な足音を耳にする。
逃げようとするも、ドアも窓も打ち付けられ脱出不可能!
そのうえいつのまにやら(笑)殺人トラップだらけに!

いや~痛いです。痛いシーン満載^^;
キャッチコピーが「その罠(トラップ)、匠の技―」なんていう
ちょっと笑っちゃうようなフレーズなんですが、まさにその通り(笑)
足を踏み入れただけで罠が作動するようになっていたり、
トラバサミやらシャンデリアから包丁が降ってくるやら…
ここまでやるか!とついツッコミたくなってしまう。

泥棒がこんなにもヒーローに見えてしまう映画、なかなかないです。
なんだかんだで良い兄ちゃんなんだよね、子供の事放っておけないし(笑)
あんな重傷を負ってるのにあの機敏な動き!とか、
何度もツッコミたくなる部分はありましたが、面白かったです。

続編「パーフェクト・トラップ」が出ているようなので、
なんだかんだで観てしまうんだろうなぁ。。。
それにしても痛たたた……な映画でした(=v=)



ブリングリング [DVD]
読了日:08月30日
評価3


何だろう、この何とも言えない虚無感^^;

ハリウッド・セレブらの豪邸に次々と侵入し、
窃盗を繰り返していた10代の少年少女達。
これが本当に起こった事件だというから凄いですね…

ビックリしたのが、こんないとも簡単に侵入できるのか?という事。
監視カメラは当然としても、警報装置とか無いものなんでしょうか…
そして盗んだ物を平然と自慢する。SNSにUPする。
この子達、おバカなの?(笑)足がつくとは思わないの?

捕まっても、反省の色無し。
むしろ自分をアピールできる事を喜んでいるかのよう。
こんな子供達がついに出てきてしまったか、と何とも言えない気持ち。

ハリー・ポッターのハーマイオニー役のエマ・ワトソン。
彼女も頭のネジが一本抜けてしまったイタイ子を演じてるんだけど、
ここまで印象の変わる女優さんというのも凄いなぁ。
そしてやっぱり美人!



悪の法則 [DVD]
読了日:08月31日
評価4


これはまた…すごい映画だったなぁ(笑)
これでもかという程の豪華俳優陣、そしてその怪演っぷりに驚愕。
特にキャメロン・ディアス。こんな彼女の姿は初めて見たよ!
小悪魔どころじゃない、本当の悪女だ。

イケメン弁護士、素敵な彼女にプロポーズして順風満帆な人生。
…と思いきや、ちょっとした出来心で悪事に手を染めてしまい、
メキシコの麻薬組織に命を狙われ、周りの人々をも巻き込んでいくお話。

この残酷さ、不条理さ。
巻き込まれた婚約者が一番哀れでならないよ…
人間、欲を出しちゃいけないですね(=v=)
いとも簡単に人を殺してゴミのように扱う人間も、世の中には存在するんだ。

今回もハビエル・バルデムが良い味出してます。
「ノー・カントリー」の時は最強だったのになぁw
コーマック・マッカーシの原作も読んでみたいです。

powered by booklog
関連記事

COMMENT

見応えのある映画が多いですね
ウルフ・オブ・ウォールストリート、たしかに下品でしたね(^_^;) あそこまで下品で欲望まみれだと逆にすがすがしいですが、好きずきですね(^_^;) ブリングリングも今時の自己承認欲求が肥大化した若者を描いていて、たしかにどつぼにはまりますね(^_^;) 風立ちぬは、飛行機に夢を懸けた男性と一途な女性の愛と夢を描いていて、素晴らしいですね(^_^)v 最近見たのでは、スタローンとデ・ニーロ共演の「リベンジ・マッチ」がロッキーなどのパロディを含んだユーモラスなボクシング映画で面白かったし、ベン・スティラー監督主演の「LIFE!ライフ!」は空想癖の若者が旅の中で成長していくという爽やかな人間ドラマで面白かったし、「マチェーテ・キルズ」は不死身のマチェーテがメルギブソンと戦う何でもありなバイオレンス映画で面白かったです(^_^)v 真梨幸子の「深く深く砂に沈めて」は絶世の美女にハマって破滅していくという展開でロマンチックな悪女小説でした。ジョンハートの「アイアンハウス」は、読んでみたいです(^_^)v
by daiyuuki #-
2014/09/16(火) 19:46 [Edit
nanaco☆さんこんばんは!

黒バスの人気投票赤司君そんなに圧倒的でしたか!
まだコミック買ってないので知らなかった∑( ̄ロ ̄|||)
黒バスは連載が終わってしまってストーリー上しょうがないとはいえあっさりしすぎって思っちゃいました。

>表紙のアラジン、随分成長したなー!と思ったら違った(爆)

えっ!違うんですか?!
普通にアラジンかと思ってました。
マギまたアニメしてほしいです。
by Cedie #SFo5/nok
2014/09/16(火) 20:26 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by #
2014/09/17(水) 00:27 [Edit
nanaco☆りん、こんばんは~(^^)/

この中で一番気になるのが
何と言っても、『アイアン・ハウス』ですね~♪
何だかアクションバリバリな感じだし、
ドキドキハラハラしそうな展開が面白そう(*≧▽≦*)
それに、弟を守るために何でもする
マイケル兄ちゃんがめちゃめちゃ素敵そうなのも
すっごく気になる!!
まだ読んでない私が言うのもなんだけど、
映画化したら大ヒット間違いなしかも~(笑)
これ、絶対近いうちに読みます!!!
それまで読みたいリストに仲間入りさせておきますね!(^^)!
by #-
2014/09/18(木) 18:13 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、こんにちは~♪

>ウルフ・オブ・ウォールストリート、たしかに下品でしたね(^_^;) あそこまで下品で欲望まみれだと逆にすがすがしいですが、好きずきですね(^_^;)

何ていうか…決して嫌いという訳ではないんですけど(笑)
主演がディカプリオだったから、何となく残念な気持ちになったのかもしれません(* ̄∇ ̄*)
意外と時間長いし、ふと「今自分なんでこんなの観てるんだろ…」と思ってしまったら、
もうそれ以降はなかなか集中できませんでしたぁ(爆)
でもまぁ、ディカプリオのぶっとびっぷりが観られたのは良かったです☆

>ブリングリングも今時の自己承認欲求が肥大化した若者を描いていて、たしかにどつぼにはまりますね(^_^;)

ブリングリングもなかなかエライ映画でしたね(=v=)
でも、今の世の中いかにもありそうかも…と引き込まれてしまったのも事実で。
なんでもかんでもtwitterやfacebookにUPしてしまうのも、若者ならではですねぇ。
常に誰かと繋がっていたい、誰かに認めて欲しいという気持ち。危ういですね^^;
エマ・ワトソンちゃんは相変わらずキュートでした*^^*

>ベン・スティラー監督主演の「LIFE!ライフ!」は空想癖の若者が旅の中で成長していくという爽やかな人間ドラマで面白かった

この映画も気になっていたんですよー☆ベン・スティラー好きです(笑)
彼のコメディが大好きで、顔を見ただけで笑いがこみあげてきた時期がありました∵ゞ(´ε`●)
「メリーに首ったけ」とか「ミート・ザ・ペアレンツ」とか懐かしいなぁ♪
「LIFE!」はまたちょっと毛色が違う映画なんでしょうかね?観てみたいです^^

>「マチェーテ・キルズ」は不死身のマチェーテがメルギブソンと戦う何でもありなバイオレンス映画で面白かったです(^_^)v

このシリーズ、いつか絶対観たいです(笑)
なんて言ったって、大好きなロドリゲス姐さんとジェシカ・アルバが出てるし!
ぶっとんだ映画が観たい時はこれにしてみますw

>ジョンハートの「アイアンハウス」は、読んでみたいです(^_^)v

「アイアン・ハウス」すごく面白かったです!すぐにでも映画化できそうな…
この作家さんの「ラスト・チャイルド」もめっちゃ面白かったですし、
兄弟愛、家族愛を扱うのが上手な作家さんだなぁと思います(*^^*)
daiyuukiさんも是非読んでみて下さいね♪
by nanaco☆ #-
2014/09/20(土) 15:56 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんにちは~♪

>黒バスの人気投票赤司君そんなに圧倒的でしたか!
>まだコミック買ってないので知らなかった∑( ̄ロ ̄|||)

赤司君人気、圧倒的でしたよ!(笑)
まぁ黒子っちが1位になる事はないだろうなぁとは思っていましたが( ̄ー+ ̄)
それにしたって3000票近く差をつけられるとは驚きでした~。。。
ちなみに2位は黒子っちで、3位は高尾君^^

黒バス、連載終わっちゃったんですもんねぇ…
一番人気がある時に終わらせるのって、なかなか勇気が要りそうですねw(゚o゚*)w
でも人気が落ち目になってからグダグダになるよりは良いのかもしれませんが(笑)
それにしても、ちょっと寂しくなりますね><

>えっ!違うんですか?!
>普通にアラジンかと思ってました。

アラジン、顔つきが男らしくなったなぁとしみじみと思っていたら別人でした(笑)
過去編で出てくるキャラなので、そのうちアラジンと結びついてくると思いますが…(*'ー'*)
早くマギのアニメ続編やって欲しいですね~♪
10月からは「七つの大罪」のアニメも始まるし、こちらも楽しみです^^
by nanaco☆ #-
2014/09/20(土) 16:06 [Edit
miwaちんへ
miwaちん、こんにちは~♪

って、miwaちんで良いんだよね!?お名前が抜けていたようなので、、、
でもnanaco☆りんと呼んでくれるのは、弟子のmiwaちんだけだし!(笑)

>この中で一番気になるのが
>何と言っても、『アイアン・ハウス』ですね~♪
>何だかアクションバリバリな感じだし、
>ドキドキハラハラしそうな展開が面白そう(*≧▽≦*)

「アイアン・ハウス」めっちゃ面白かったですよ♪
前に「ラスト・チャイルド」を読んだ時にも思ったんだけど、
やっぱりジョン・ハートさんって、家族とか兄弟を描くのがすごく上手いんですよね^^
決して仲良いとは限らなくて、切りたくてもどうしても切れない関係とか、しがらみとか、
そういう家族の姿がすごくリアルだなぁって感じます(=v=)
あ、「アイアン・ハウス」は兄弟愛が描かれていますけどね(笑)

とにかくマイケル兄ちゃんが、強くて男前なんですよ~*^^*
弟のためなら体を張って守るぞ!みたいなタイプだから、格好良すぎる!!
映画化したらマイケルとジュリアンはどんなキャストが合うかなぁ…なんて、
色々と妄想しちゃいました♪まだ映画化の話すら出てないのに(笑)
miwaちんも是非是非読んでみて!
また後日詳しいレビュー書きますねぇ♪(゚▽^*)ノ⌒☆
by nanaco☆ #-
2014/09/20(土) 16:56 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1452位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
33位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。