08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.08.09 *Sat*

夏に読みたい本☆


暑い日が続きますね~きもち
写真は、先日北竜町のひまわりの里に行った時に撮ったものです。
鮮やかなビタミンカラーに元気を貰えましたかお

でもこの日は暑かったよー!気温33℃でした。
この暑さの中歩き回るのは、さすがに汗だくになりました(笑)

ひまわりの里にて。
ひまわりの里にて。 posted by (C)nanaco☆
こんな変わったのも…
こんな変わったのも… posted by (C)nanaco☆
ちょっと涼しく
ちょっと涼しく posted by (C)nanaco☆


ライン



こう毎日ムシムシしているとなかなか読書する気にもなれないけど、
夏だからこそ!読みたい本もありますよねきもち

という訳で、きもち夏に読みたい本きもちをピックアップしてみましたぁかお


ぼたん 屍鬼(小野不由美)

毎年夏がくると、無性に読みたくなる中毒性のあるホラー(笑)
うだるようなある暑い夏の日を皮切りに、死者が続出し……
全5巻だけど、一気読みの面白さです!藤崎竜さんで漫画化もされてます。





ぼたん 南の島のティオ(池澤夏樹)

私の永久保存版の1冊。何度も繰り返し読みたい大好きな本です。
南の島の透き通るような風、太陽や砂浜の乾いた匂いまで感じられそう。




ぼたん 夏への扉(ロバート・A・ハインライン)

実際には夏の話じゃないんですけどね。。。
毎年夏が来ると、この猫のピートを思い出します。ジンジャーエールが好きなんだよね(笑)
タイムトラベルSFの名作です!!




ぼたん 蛇行する川のほとり(恩田陸)

じりじりと照りつける太陽、湖畔に建つ家、ハルジョオンの咲く野原。
恩田さんの描く少女達は、美しく儚げで、悲しくなってしまうほどです。




ぼたん あの夏、エデン・ロードで(グラント・ジャーキンス)

ある夏の日、幼い兄妹を襲った悲劇。
読んだ時はうわぁ~と思ったけど、何故か読み返したくなっちゃう。イヤミス好きな人は是非ー。




ぼたん 白いへび眠る島(三浦しをん)

古い因習が残る島が舞台。島に古くから伝わる白蛇様の伝説とは?
幼馴染の男子高校生二人のやりとりが、微笑ましかった記憶があります。
ただ、読む人を選びますが個人的には「月魚」の方がオススメだったりする(笑)

 


ぼたん 夏の庭(湯本香樹実)

夏休みの課題の読書感想文にもってこい!(笑)
少年達と、一人のおじいさんとのある夏の思い出。ほろ苦い後味です。
世界中で翻訳出版された、児童文学の名作。




ぼたん プシュケの涙(柴村仁)

超オススメ!もう涙なしには読めない(泣)
夏休みの日、一人の少女が飛び降り自殺する。やがて見えてきた真実が悲しすぎる。
良い意味でライトノベルらしからぬ一冊。透明感のある表紙も気に入っています。




ぼたん 夜市(恒川光太郎)

妖しいお祭りの雰囲気、いつの間にか異世界へと足を踏み入れる感覚。
何度読んでも「好きだ」と思える、夏の夜に読みたい一冊。




ぼたん 蠅の王(ウィリアム・ゴールディング)

ウラの十五少年漂流記(笑)南太平洋の孤島に不時着した少年達。
徐々に狂気にむしばまれていくのがオソロシイ…
ジュール・ヴェルヌの「十五少年漂流記」とセットで読むのがイイかもー。

 


夏に読みたい本、まだまだ沢山あると思います。
皆さんのオススメがあったら、是非教えて下さいねきもち

暑い夏。たっぷり遊んで、たっぷり読書して、たっぷり飲んで(笑)
頑張って乗り切りましょ~~かお

関連記事

COMMENT

nanaco☆さん、こんばんは!

ひまわり沢山でとっても綺麗ですよねえ(*´д`*)
北海道は絶景多くて写真撮りがいありそうですよね!
下の2枚はアートフィルターかアプリかなにかで加工してらっしゃるんでしょうか。
ちょっと雰囲気違いますね。

夏に読みたい本、屍鬼は確かにそうですよね。
「十二国記」画集・第一集を買い損ねた・・・
サイン会行きたかったなあ(T_T)

あとは篠田節子さんの「夏の災厄」かなあ・・・
アニメ「氷菓」で奉太郎が読んでいたので気になって読みました。
by Cedie #SFo5/nok
2014/08/09(土) 18:39 [Edit
たくさん面白い本がありますね(^_^)v
屍鬼と「あの夏、エデン・ロードで」は、読みたくなりました(^_^)v 特に、「あの夏、エデン・ロードで」は、私の好きなイヤミスのような作品のようなので、読みたくなりました(^_^)v 最近読んだのでは、真梨幸子さんの「人生相談」がブラックコメディタッチのサスペンス小説なので、大笑いしながら楽しめます(^_^)v
by daiyuuki #-
2014/08/10(日) 17:43 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんばんは~♪

ひまわり畑、とっても綺麗でした((o(*^^*)o))
陽射しを遮るものがないのですごく暑かったですけど(笑)
ちょうど満開だったようなので、見に行った甲斐がありましたよ^^

>下の2枚はアートフィルターかアプリかなにかで加工してらっしゃるんでしょうか。
>ちょっと雰囲気違いますね。

下の2枚はPENTAXのアートフィルターのようなものを使っています♪
ふんわりさせたり、セピアっぽく撮ってみたり…色々試してみました(^ー^* )
写真って楽しいですね。思いがけず気に入った写真が撮れた時は嬉しいです!

>「十二国記」画集・第一集を買い損ねた・・・
>サイン会行きたかったなあ(T_T)

なんとっ!十二国記画集が出ていたんですねw(゚o゚*)w
ちょっとお高いみたいだけど、欲しいなぁ……珠晶のイラストとかあるかなぁ☆
画集といえば、黒執事の画集も欲しいのですが、、、
やっぱりそれなりにお値段がするので、躊躇しちゃいますね^^;

>あとは篠田節子さんの「夏の災厄」かなあ・・・
>アニメ「氷菓」で奉太郎が読んでいたので気になって読みました。

「夏の災厄」ノーマークでした☆
パニック小説、面白そう~!!しばらくこういうタイプのお話読んでないです(*'ー'*)
ホータローって何となく海外ミステリばっかり読んでいるイメージでしたけど、
意外にも(?)こういうのも読むんですね(笑)
by nanaco☆ #-
2014/08/10(日) 20:19 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、こんばんは~♪

>屍鬼と「あの夏、エデン・ロードで」は、読みたくなりました(^_^)v

「屍鬼」は、毎年夏がくると無性に読みたくなっちゃいます(*'v'*)
何度読んでも怖く、悲しく、やるせない気持ちになる本です~;
小野不由美さんというと十二国記が有名ですけど、屍鬼も同じくらいの代表作だと思ってます♪

「あの夏、エデン・ロードで」は、イヤミス好きでしたら是非読んで頂きたいです!!
最初は「スタンド・バイ・ミー」みたいな雰囲気かなぁなんて思っちゃうんですが、
「スタンド~」とは違って、何ともいやぁ~な気持ちにさせられる本なんですよね(笑)
爽やかな表紙とは裏腹に、なかなかブラックなミステリでオススメです(* ̄m ̄)

>真梨幸子さんの「人生相談」がブラックコメディタッチのサスペンス小説

笑って読めるのに、ブラックなサスペンス小説!めっちゃ気になりますw
「人生相談」というシンプルなタイトルがまた良いですよね~^^
私も読みたい本リストに追加しておきますね。いつもありがとうございます♪
by nanaco☆ #-
2014/08/10(日) 20:27 [Edit
夏に読みたい本…色々ありますね^^
nanaco☆さん、こんばんは~(^^♪

ひまわり畑…めちゃめちゃ綺麗(*≧▽≦*)
見事なくらい壮観ですね♪
オレンジ色のひまわりなんてあるんだ~(@_@)
何だか「太陽」みたいで、
黄色いひまわりより、
より情熱的な感じがしますね(*^-^*)
水車も、実物はまだ見たことが無いですけど、
nanacoさんの写真を見ているだけで
とっても涼し気な気分を味わえました!(^^)!
素敵な写真のUPありがと~(^O^)/

なるほど、ばるほど。。。
どの本も、夏にオススメの作品!ですね(*^^)v
特に『屍鬼』は、夏に読まなきゃいつ読むの?ですよね~^^
何だか私も再読したくなってきたかも。。。
あと…『夜市』も夏のうちに再読したいですね~。
あの異世界に足を踏み入れて
夏の夜の蒸し暑さを忘れたいわぁ~(笑)

『あの夏、エデン・ロードで』は、
積読のままほったらかしになってるので、
今年の夏にチャレンジしてみようかなぁ。。。

最近『遠野物語』を読んだんですけど、
これも夏にはピッタリの作品でしたよ♪
怪談というより、不思議譚という感じでしたけど、
すっごく面白かったです!(^^)!
原典「遠野物語」付の『遠野物語remix』がオススメ!!
by miwa125 #-
2014/08/13(水) 17:58 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、おはようございます~♪

>ひまわり畑…めちゃめちゃ綺麗(*≧▽≦*)
>見事なくらい壮観ですね♪

一面のひまわり畑、とーっても綺麗でしたよ♪
ひまわりの間をキャーって駆け回りたくなります(笑)
最近知った事なんですけど、ひまわりって常に太陽の方を向いているんじゃないみたいですねw
太陽を追って動くのはまだ成長途中の若いひまわりだけで、
成長すると東を向いたまま固定されるんだって…初めて知りましたぁ*^^*

オレンジ色のひまわり、情熱的な感じがしますよね(* ̄∇ ̄*)
確か日本のひまわりじゃなかったハズです。アメリカかどこかの…(うろ覚え^^;)
この他にも、真っ黒なブラッドレッドっていうひまわりもあって面白かったですよ☆

水車はゴトゴトと回っている音を聞いているだけで、何だか涼しげです♪
水車とか、鹿おどしとか、水の力を借りて音が出るものって不思議と癒されますね。

>特に『屍鬼』は、夏に読まなきゃいつ読むの?ですよね~^^
>何だか私も再読したくなってきたかも。。。
>あと…『夜市』も夏のうちに再読したいですね~。

「屍鬼」も「夜市」も最高ですよね!
「屍鬼」はボリュームがハンパないから、読んでるうちに夏が終わっちゃいそうですが(゚〇゚;)
何度読んでも飽きないし、読む度に感情移入する人が変わるのでホント面白いです^^
恒川作品はどれも夏の終わりにピッタリですね。私も近々再読しよう~♪

>『あの夏、エデン・ロードで』は、
>積読のままほったらかしになってるので、
>今年の夏にチャレンジしてみようかなぁ。。。

なかなかイヤァな後味のミステリで良かったです(笑)
読んだ直後より、しばらく経ってからの方が浸透してくる感じですね(。≖ิ‿≖ิ)ニヤッ
miwaさんの感想、楽しみに待っていますよ♪

>最近『遠野物語』を読んだんですけど、
>これも夏にはピッタリの作品でしたよ♪

おぉーw(゚o゚*)wオススメありがとうございます!
私も「遠野物語」読んだ事がないんです…というか、昔読みづらくて挫折した記憶が…
「遠野物語remix」は京極夏彦さんの新釈なんですね。それなら読み易そう!
私も是非是非チャレンジしてみたいです♪
もう少ししたら文庫化されるかなぁ。。。
by nanaco☆ #-
2014/08/17(日) 08:24 [Edit
こんばんわ!
ひまわりいっぱいの写真。。
素敵な写真ですね(〃^^〃)
いつも思うのですが、上手に撮れていて凄いですv-10


『夏への扉』
あらすじを読んだら…
私の好きな猫もいてタイムスリップのお話で
実は私も前から気になっていた本なのです♡
機会があったら読んでみようかなと思います!


『月魚』『夜市』も面白そうです^^
この表紙を見ていると夏祭りに行きたくなりますね////


どの本も面白そうですv-10


夏に読みたい本。。
『あやかし飴屋の神隠し』という本があるのですが…
本の内容の紹介を見たら、
つい読んでみたくなってしまって買いましたe-415
表紙も何だか素敵で(この表紙も金魚ですねww)惹かれました!

面白そうなので今度読みたいと思います♪
(まだ読んでないのにおススメしてしまってごめんなさいe-330)


タイトル見たら、お祭りへ行って飴を買いたくなります!
もし表紙のようにカッコイイお兄さんがいたらキュンとなりますね////

読むのが楽しみです!
妖怪飴ってどんな味かなと気になります(〃゚σ¬゚)ジュルリン..


村山早紀さんの『その本の物語』の上を読んだのですが、良かったですよ♪
ルルーと一緒に冒険をしているような不思議な感じがしました(〃〃)
ひと夏の冒険にいかがでしょうか?おススメです!



気づいたらどうやら私は。。
妖かし物や不思議なお話が好きみたいです(笑)
by なめこ #-
2014/08/18(月) 01:10 [Edit
なめこちゃんへ
なめこちゃん、こんにちは~♪

>ひまわりいっぱいの写真。。
>素敵な写真ですね(〃^^〃)

ありがとうございます(≧∇≦)
ひまわりは大好きなお花のひとつです。太陽の下ピンと立つ姿に元気を貰えますよね♪
北海道の短い夏は既に終わりかけています、、、朝晩は少し肌寒いくらい^^;
今となっては、ひまわり畑に行った時の暑さを思い出すのも難しくなってきましたが(笑)
また良い思い出がひとつ増えました(*'ー'*)

>『夏への扉』
>あらすじを読んだら…
>私の好きな猫もいてタイムスリップのお話で
>実は私も前から気になっていた本なのです♡

猫ちゃん&タイムスリップ好きなら、きっと楽しめると思いますよぉ~♪
この本に出てくる猫のピートが、とにかく可愛いくて(=^・^=)
読んでるとピートのためにジンジャーエールを用意したくなりますw

>『月魚』『夜市』も面白そうです^^
>この表紙を見ていると夏祭りに行きたくなりますね////

「夜市」は絶対オススメ!!
日本ホラー小説大賞受賞していますけど、全然ホラーじゃないです(笑)
それにこの本に収められているもうひとつの短編「風の古道」がまた面白いんですよ♪
個人的にジブリで映画化して欲しい作品NO.1なんです(* ̄∇ ̄*)

「月魚」もとても雰囲気があって素敵なお話です。
ちょっと男二人が怪しい雰囲気なので(笑)読む人を選ぶかもしれませんが…^^;
でも妖艶さと透明感が同居している感じで、私はすごく好きです~!!
古書店を扱っているというのも、個人的にはポイント高いです♪

>『あやかし飴屋の神隠し』

あっ、紅玉いづきさんの本ですね!
私もこの本ちょっと気になっていましたぁ((o(*^^*)o))
妖怪飴…私もめちゃ気になります。そして素敵なお兄さん達も気になります(笑)
なめこちゃんにご一緒させてもらおうかな^^
紅玉さんといえば、デビュー作からしばらく追っかけていた時期がありました。
その頃は童話風ファンタジーが多かったように思います♪
今はどんなお話を書かれているのかな~私も読むのが楽しみです!!

>村山早紀さんの『その本の物語』の上を読んだのですが、良かったですよ♪
>ルルーと一緒に冒険をしているような不思議な感じがしました(〃〃)
>ひと夏の冒険にいかがでしょうか?おススメです!

わぁ、オススメありがとうございます!!
「その本の物語」完璧にノーマークでした♪冒険物なんですね、面白そう~w(゚o゚*)w
早速読みたい本リストに追加しておきました。早く読んでみたいなぁ☆

私も妖怪物や不思議なお話、大好物です。
特に夏~秋にかけて、読みたくなっちゃいますよね(=´∇`=)
by nanaco☆ #-
2014/08/21(木) 11:00 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
14位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。