FC2ブログ
Welcome to my blog

「深紅の碑文」上田早夕里

ななこ



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
陸地の大部分が水没した25世紀。人類は残された土地や海上都市で情報社会を維持する陸上民と、生物船<魚舟>と共に海洋域で暮らす海上民に分かれて文化を形成していた。だが地球規模の危機<大異変>が迫る中、資源争奪によって双方の対立は深刻化。海上民の一部は反社会的勢力<ラブカ>となって陸側の船舶を襲撃、国際的な非難を浴びていた。外務省を退職して支援団体の理事長となった青澄誠司、元医師にしてラブカのカリスマ的指導者ザフィール、困難な時代になお宇宙開発を志す少女・星川ユイ――絶望的な環境変化を前に全力で生きる者たちの人生を描ききり、日本SF大賞受賞の姉妹篇『華竜の宮』のさらなる先へ到達した日本SFの金字塔。


あらすじ長いなー(笑)
何だか小難しい事色々書いているように見えますけど、これめっちゃ面白いですよきもち

日本SF大賞を受賞した「華竜の宮」の続編ですきもち

前作も最高に面白かったのですが、今作はさらにその上をいきます!
あまりにもスケールが大きくて、その濃厚さに読了後はどっと疲れがくるんだけど(笑)
一度読むと、その後何年間も忘れられないような作品ですかお

これ単品で読めないことはないですが、世界観を頭に入れるためには、
先に「魚舟・獣舟」と「華竜の宮」を読んでおく事をオススメします。

陸地の大部分が水没した25世紀。

地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか?
ただただ終焉を待つ者、刹那的な生き方をする者、最後まであがこうとする者。
反社会的勢力<ラブカ>の頭領であるザフィールのように、医師でありながら他者の命を奪う者。

資源の枯渇により略奪が横行、
どんな状況でも争う事をやめない人間達の愚かさ、、、
これは現実の世界でも同じことですね きもち

前作で登場した青澄と、アシスタント知性体のマキが再び登場します。
マキが男性型ではなく女性型に作り替えられたのには、ちょっとビックリでしたが(笑)
若々しい青澄がどんどん年を取っていくのが、読んでいて辛かったなぁ……かお

実はこの作品、<大異変>の直前で終わっているんです。
<大異変>そのものよりも、政治、利害関係、駆け引き、そして人と人との繋がりを描いています。

ヒジョーに感想を書きづらいのですが、間違いなく傑作と呼べる作品ですきもち
ラストは号泣必至、でも希望の光の見える結末に胸がいっぱいになりました。


個人的評価:ほしほし

ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
miwa125  
私も読みた~い(*≧▽≦*)

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/
北海道も夏本番ですか~?
お互い、アイスを一杯食べて
頑張って暑~い夏を乗り切りましょうね!(^^)!

この作品、前作の『華竜の宮』が面白かったから
私も気になってました^^
でも、単行本の上下巻だから、
なかなか手が出なくって。。。
何だか前作以上に壮大なSF作品に仕上がっているみたいですね~。
読み終わった後どっと疲れがくるって…
なんか物凄そう><
アリナミンとか飲みながら読もうかしらん(笑)

う~ん、これは文庫化を待つか…
めちゃめちゃ悩ましいです(>_<)
号泣必至のラストも気になるし。。。
希望の光りが見える結末も早く知りた~い!!!

2014/07/27 (Sun) 17:13 | EDIT | REPLY |   
ねむりねこ  
今晩は~

このシリーズは『魚船・獣船』しか読んでいないので続けて読みたいですね
上下巻あると言うことは結構なボリュームなのでしょうか?
上田さんの作品はパティシエシリーズから読んでいないので
久しぶりに購入しようかな(^^)

2014/07/27 (Sun) 18:56 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

今日は25℃くらいまでしか上がらなくて、随分と清々しい空気だったけど、
明日の札幌は30℃!30℃ですよぉぉ~~(;´ρ`)
って、miwaさんの住んでる関西に比べたら、全然涼しい方なのかしら(笑)
アイスは冷凍庫に常にストックしてあります♪夏はかき氷系が食べたくなりますね^^

>この作品、前作の『華竜の宮』が面白かったから
>私も気になってました^^

miwaさん、これは文庫化を待たずにぜぇ~ったいに読むべき!!(キッパリ)
個人的には前作よりも壮大な物語になっていると思うし、とにかく手に汗握ります。
それになんといっても、また魚舟の世界観に浸る事ができて嬉しい限りです☆

人間が大規模な自然災害を前にどういう行動を取るのか?と考えさせられますよ~。
どこまでも私利私欲に走る人もいれば、自分の命を犠牲にしても人類に尽くそうとする人も…
なんかね、自分だったらどうするのかなって、色々考えちゃいました^^;
ただただ時代の流れに翻弄されるだけかも(笑)

>アリナミンとか飲みながら読もうかしらん(笑)

アリナミン必須だと思います(* ̄∇ ̄*)
どーっと疲れがくるんだけど、それ以上に静かな感動がくる感じですね。。。
前作でも登場した青澄とマキが再び活躍しますよ~♪
miwaさんの感想楽しみに待っていますね!

2014/07/28 (Mon) 21:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
ねむりねこさんへ

ねむりねこさん、こんばんは~♪

>このシリーズは『魚船・獣船』しか読んでいないので続けて読みたいですね
>上下巻あると言うことは結構なボリュームなのでしょうか?

前作の「華竜の宮」、そして今回の「深紅の碑文」。かなりのボリュームです~。
どちらも「魚舟・獣舟」と同じ舞台で、あっという間にのめりこんじゃいます!
陸地の大部分が水没した世界、、、そしてこの魚舟という設定。
毎回読む度にFF10と「シン」を思い出すのは私だけでしょうか…('ー')ニヤリ
(あーまたやりたくなってきた!)

ちょっと話が逸れちゃいましたが、とても面白く読み応えのある作品です♪
迫りくる大異変を前に、人間達の取る行動が興味深かったです。。。
おそらく、現実にこういう事が起こっても同じになるだろうなぁ…と。

ねむりねこさんも、是非読んでみて下さい\(^▽^)/
レビュー楽しみに待っています~☆

2014/07/28 (Mon) 21:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply