FC2ブログ
Welcome to my blog

「プールの底に眠る」白河三兎

ななこ


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
13年前の夏休み最終日、僕は「裏山」でロープを首に巻いた美少女を見つける。自殺を思いとどまった少女は、私の命をあなたに預けると一方的に告げた。それから7日間、ばらばらに存在する人や思いや過去が繋がりはじめた。結末は何処に?切なさと驚きに満ちた鮮烈デビュー作。第42回メフィスト賞受賞作。


夏に読むにはもってこいの本だと思いますかお

透明感のある流麗な文体。
ふんわりとオブラートで包んだかのような優しい雰囲気。
死さえも美しく見せるこの作品は、どこか危うい中毒性を孕んでいるような気もします。

人生を半ば諦観しているような登場人物、この気怠い青春みたいな感じ(笑)
正直どこかで読んだような…というか、最近このパターン多いよなぁとふと思ったきもち
決して嫌いではないんだけどね~、、、
辻村深月さんと村上春樹さんを掛け合わせたみたいで。

10代の頃に読んでいたら、もっと感情移入できたかも。
30歳間近の私としては、若干冷めた目で読んでしまった部分がありますかお

"セミ"と"イルカ"とお互いを呼び合う、ある少年と少女の物語。
年齢の割に妙に大人びた二人、そのアンバランスさが良い感じですきもち

物語は三十路を迎えたイルカが、
13年前少女セミと過ごした一週間を振り返る形で始まります。

どうやら留置場にいるらしい主人公。
イルカの身に一体何が起こったのか?セミはどうなったのか?
回想の中で、過去の出来事が少しずつ明らかになっていきます。

もっと湿った結末を予想していたのですが、
案外救いのある爽やかな読後感でしたね~かお
【終章】は賛否が分かれそうですが、私は結構気に入っているかも。

ただなぁ、、、セミもイルカもあんまり人間としての魅力が感じられないんだよなぁ。
どうしてお互いに惹かれたのか、イマイチ分からぬ。まぁ恋愛ってそんなもんよね(笑)

結論。キャラは苦手だけど文章は好きー!


個人的評価:ほし

ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
☆☆ちこ  

nanaco☆さんコンバンワ~ (*^∇^)ノ

ほほぅ~~夏に読むにはもってこいですか♪

うん、なんか読書のモチベーションが上がってきました!

頑張って読んでみます♪♪

2014/07/05 (Sat) 22:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆☆ちこさんへ

ちこさん、こんばんは~♪

>ほほぅ~~夏に読むにはもってこいですか♪

暑い中でもサクッと読める本だと思います(笑)
それに何だか、登場人物達が色んな意味で冷めているので暑苦しくないです( ̄ー+ ̄)
この作家さんの作品、「私を知らないで」という本も面白そうなので、
近いうちに読んでみたいなぁと思っていますよ♪

とりあえず今は有川さんの「クジラの彼」読んでいます!
甘々すぎて顔が緩む~~(*^^*)
有川作品は通勤中に読むのには、ちょっとヤバイですね(笑)

2014/07/07 (Mon) 21:21 | EDIT | REPLY |   
miwa125  

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/
またちょっぴりご無沙汰しちゃいました。
でも、ようやく昨日からブログを復活させたので
改めてよろしくお願いしますね(^_-)-☆

この作品、読むまでは
ダークな作品とばかり思いこんでました><
だって、あらすじから受ける感じもそうだし、
何と言ってもメフィスト賞受賞作なんですもん。
それにすっかり騙されたかも(笑)

セミとイルカ…確かに二人ともやけに大人びていて、
そのうえ凄く冷めた感じでしたよね!
そういう意味では似た者同士なのかも…!?
似たような闇を背負ってるから
お互い惹かれあったのかな。。。
なーんて、勝手に納得したのを覚えてます^^

夏に読むにはもってこいの本…に一票!!(笑)
何て言ったって、主人公の名前が“セミ”と“イルカ”ですもんね^m^

*nanaco☆さん、トラバありがとです(*^^)v
こちらもお返しのトラバいただいていきますね~☆

2014/07/14 (Mon) 17:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、おはようございます~♪
お返事が遅れちゃってごめんなさい(>人<)

miwaさんも復活されたんですね!嬉しいです~(=^_^=)
私ものんびりとですがブログ更新していくので、またよろしくお願いしますね!

>この作品、読むまでは
>ダークな作品とばかり思いこんでました><

うんうん、私もです^^;
初っ端から自殺なんていう不穏な言葉が出てくるし、最初はどうなんだろう?っ思ってました。
しかも暗いイメージのあるメフィスト賞だし。。。(笑)
でも実際読み終えた後は、不思議と爽やかさが残って…なかなか良かったですね♪

>似たような闇を背負ってるから
>お互い惹かれあったのかな。。。

セミとイルカ、冷めた二人のやりとりが何だか面白かったですね!
もしや今の中高生ってこんな感じだったりして?(だとしたら切ない世の中ですが…笑)
キャラはともかく文章がとても綺麗だったし、ラストは驚きの仕掛けもあったし、
何だかんだで結構楽しめちゃったかもしれません♪
たまにはこういう作品も良いですねぇ(*´ー`)

>夏に読むにはもってこいの本…に一票!!(笑)
>何て言ったって、主人公の名前が“セミ”と“イルカ”ですもんね^m^

夏に読みたい本、、、他にもどんなのがあるか気になりますね~^^
今度ブログの記事にしてみましょうか♪「屍鬼」とかも読みたくなるなぁ(笑)

*miwaさん、お返しトラバありがと~~(*^_^*)

2014/07/21 (Mon) 07:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『プールの底に眠る』 白河三兎
  • 今回レビューを書くのは、 白河三兎(しらかわ・みと)さんの『プールの底に眠る』という作品です。 ◆あらすじ◆ 13年前の夏休みの最終日、僕は「裏山」でロープを首に巻いた美少女を見つける。自殺を思いとどまった少女は、私の命をあなたに預けると一方的に告げた。それから7日間、ばらばらに存在する人や想いや過去が繋がりはじめた。結末は何処に? 切なさと驚きに満ちた鮮烈デビュー作。〈第42回メ...
  • 2014.07.14 (Mon) 18:02 | 本を読みましょ