06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.06.28 *Sat*

4月☆ブクログまとめ


しばらくブログ更新していなかったので、
4月と5月に読んだ本や鑑賞したDVDを、ブクログでまとめていませんでしたきもち
ちょい遅くなってしまいましたが、まずは4月分のまとめでーすかお

読んだ本の数:12冊(小説1冊・漫画10冊・雑誌1冊)
観たDVDの数:4本


ひぃぃ……ごめんなさい!

漫画ばかり読んでごめんなさい!(笑)
小説はなんとまさかの1冊。皆川博子さんの「アルモニカ・ディアボリカ」のみです。
まぁとっても濃ゆ~い1冊ではあったけどねかお

漫画は、アニメ化もされた「ハイキュー!!」が異常な面白さです。
黒バスみたいな必殺技(笑)みたいなのは出てこない、正統派のスポーツ漫画ですきもち
バレーボールってこんなに熱いスポーツだったんだぁ、と初めて知りましたよ。。。

nanaco☆の本棚 - 2014年04月 (16作品)

もう、もう素晴らしいです!!!
皆川さん、何でこんな色気のある文章が書けるのでしょう…
美しさ、妖艶さ、猥雑、混沌、、、
色んなものが混ざって洪水のように押し寄せてくる。
そしてそれがまた18世紀の英国にとてもしっくりくるのです。

前置きが長くなりましたが、「開かせていただき光栄です」の続編。
前作のラストから5年が経過していますが、
また同じメンバーに再会できて嬉しい限りです。

ある死体の胸に書かれた<ベツレヘムの子よ、よみがえれ!>という文字。
そして謎の言葉<アルモニカ・ディアボリカ>とは?

前作よりもミステリ要素が強くなっていますね。
入れ替わっていた死体、悪魔の楽器、過去のある事件。
魔性の美しさを持つ青年として、読者の胸に刻まれていたナイジェル。
彼の手記により、その悲惨な生い立ちが徐々に明らかになります。
ナイジェルの思いを考えると何ともやるせないですね…
そしてエド!!自分に厳し過ぎだよ……!!

読んだ後にしばらく呆然としてしまいましたが、
それぐらいグイグイと読者を引きつける、そして破壊力のある物語。
悲しいですがこれまた大好きな本になりました。




退屈、長いという意見をあちこちで目にしていたので心配でしたが、
それがなんの!最後まで手に汗握る展開であっという間でした。

アメリカのコンテナ船が、ソマリア海賊に乗っ取られ、
船長が人質にされてしまうという実話ベースの作品。

これがフィクションなら、船長一人で次々とやっつけていくんだろう。
なにしろ海賊はたった4人しかいないんだもの。
でも、、、実際に武装した海賊を目の前にしたら。
ろくな戦闘訓練も受けていない乗組員が、どう立ち向かえるのだろう?
そういう意味で、とてもリアリティーのある作品で面白かったです。

海賊側にしても、実際はただの漁師に過ぎない。
ソマリアの貧しさゆえに、海賊行為をはたらかなければいけない現実。
強奪に成功したとして、それは誰の懐に入るのだろう…
とても、とても考えさせられる映画です。




とにかくとってもキュートで、幸せになれる映画です♪
フランスの映画、久々に観ましたが良いですね(^ー^* )
王道の展開ではあるのですが、それが小気味良いです。

今は軽いキーボードに慣れてしまっているけれど、
タイプライターって……かなり打つの大変そうですね。
(実は大きな声では言えないけれど…タイプライターの存在、
キューブリック監督の「シャイニング」を観るまで知らなかった!笑)

それにしてもタイプの早打ち大会って、もはやスポーツですね!
皆が同じタイプを使わないというのも面白いです。

主人公ローズを演じたデボラ・フランソワが可愛い!
秘書としては抜けていて、ズボラで失敗ばかりでも、
タイプだけは超高速(笑)一本指、笑いました。

服装も素敵だし、音楽も陽気で、
とても元気をもらえる作品でした。女の子にオススメ。




漫画版もついに完結!
「再会を必ず」原作でも大好きだったあのシーン。
2ページをまるまる使ったネズミの表情がとても良かったです!
アップルパイに喜ぶチビシオン君とイヌカシも可愛い。

木乃ひのきさんのNO.6愛がひしひしと伝わってくるような、
素敵なコミカライズでしたね。ありがとうございました。




巻を追う毎に、新たな疑問が生まれるこのシリーズ。
それでも徐々にではありますが、この世界の秘密が明かされているようで。
「巨人はどこから生まれたのか?」という最大の疑問。
例え真実が全て明らかになったとしても、その解決策は未だ不透明。
うーん、、、気になる、気になる。

クリスタの出生の秘密は、また面白くなりそうですね!
次巻にも期待しています^^




田中さんの原作もまだ読んでいる途中ですが、
まさか荒川さんが漫画化されるとは思ってもみませんでした!
最初は何となく画風が合わないような感じがしていましたが、
やっぱりこの方はグイグイ引き込んでくれますね。
面白かったです。

パルス王子アルスラーンの頼りなさと、
その反面周りの人間達が慕わずにはいられない穏やかな性格。
それにダリューンの格好良さ!
次巻はナルサスが登場するようで、楽しみです♪




派手ではないですが、良い映画でした。

実話ベースの物語。
事故で全身麻痺になった大富豪フィリップと、
介護役として雇われた貧しい黒人青年ドリスのお話。

普通なら絶対に交わる事のない二人の人生。
フィリップの障害を、平気でネタにして笑うドリス。
周りから腫れ物に触るような扱いを受けていたフィリップには、
ドリスの遠慮のない物言いに、逆に救われたのでしょうね…

暗くなりそうなお話ですが、
観た後には、ただただ爽やかな余韻が残りました。
絶対アースウィンド&ファイヤーが聴きたくなります(笑)




アリババ君、不憫すぎる…!!
そういう残念な所も含めて、大好きですよ(笑)
あのオルバに先を越されちゃいましたね。
でも、やっぱり最後はカッコイイ所見せてくれました。

そして後半。紅炎さんの迫力も凄まじいけど、
一番空恐ろしいのは紅明さん……何を考えているのか…




世界観が好きなので、新作が出て即借りてしまった(笑)
相変わらずツッコミ所満載ではあるんだけど…
主人公カットニスの弓を射る姿がとても美しくて、
それだけでもう何でも許してしまいそうです^^;

前作はプレイヤー同士の戦いがメインだったけど、
今回は主催者側との戦いに重きを置いている印象ですね。
どことなくバトル・ロワイヤルに似ているお話ですが、
バトロワに比べると綺麗に見えてしまうのは何故でしょう…

先日亡くなったフィリップ・シーモア・ホフマンが出演していましたが、
次回作ではもう見る事ができないのですよね。。。
すごく存在感のある役を演じてくれていたのに、残念です。



















アニメが始まったので、未読巻を一気読み。
ホント面白いわ~この漫画!!
黒バス同様、読んでいるだけで手に汗握るスポーツ漫画。

キャラクター人気投票、トビオ君が1位に納得(笑)
天才セッターだけど、超無愛想で、言葉が足りなくて、
その才能に胡坐をかくことなくストイックに上を目指す。
冷めているようで、どうでも良い事で負けず嫌い。
なんだか応援したくなっちゃうんですよね~!!
日向との連携プレーも凄まじくて、毎回読むのが楽しみです。

さて、ツッキーの才能は開花するのか…??
次巻を読むのが待ち遠しいです♪




石炭はどこまで「クリーン」になれる?の記事が興味深かった。

全世界で発電される電力の40%は、石炭でまかなわれている。
そして全世界で排出される二酸化炭素の39%は石炭に起因する。
それでも世界中で急増する石炭の需要、、、
(特に中国は10年間で22億トンも増えている!)
きっと各国の政府が排出の規制をしない限り増え続けるんだろうな…

フランスの伝統レースの記事も面白かった!
一言でレースといっても、色々なデザインがあるんだなぁ。
村ごとに特徴があって、一目で身分や出身地が分かるというのが凄い。
こういう素敵な伝統はいつまでも受け継がれていって欲しいな。

powered by booklog
関連記事

COMMENT

今晩は
『キャプテン・フィリップス』と『最強の二人』は見ましたよ
キャプテンの方は中盤までおもしろかったけど船からボートに移ってからは
そっちになっちゃうのかと・・・
船の方でキャプテンや船員たちの機転で海賊を退治する的な
内容が良かったかなって思いました。
『最強の二人』は実はが元でエンドロールで本人たちのその後が
流されていて良かったですね
by ねむりねこ #-
2014/06/28(土) 22:50 [Edit
ねむりねこさんへ
ねむりねこさん、おはようございます~♪

ねむりねこさんも「キャプテン・フィリップス」「最強の二人」ご覧になったんですねぇ^^
トム・ハンクスもますます味のある俳優さんになりましたよね☆

>船の方でキャプテンや船員たちの機転で海賊を退治する的な
>内容が良かったかなって思いました。

あ、確かに…(笑)
なんだなんだ、尻すぼみじゃ~ん、キャプテンしっかり!って私も思いました( ̄ー+ ̄)
でも実際に戦闘訓練を受けていない船員たちだったら、もし自分が彼らの立場だとしたら、
キャプテン以上に怖くて動けないかもしれません^^;
実話ベースの作品という事で妙に納得してしまいましたよ~。。。

>『最強の二人』は実はが元でエンドロールで本人たちのその後が
>流されていて良かったですね

この二人だったのかぁ、とちょっと感動しましたね(*^m^*)
心がほんのりと温かくなる、素敵な映画でしたね。ドリスの明るさに救われました。
人間まだまだ捨てたもんじゃないですね!(笑)
by nanaco☆ #-
2014/06/29(日) 07:22 [Edit
ハイキューわたしも観ています(≧∇≦)
黒バスみたくトンデモ技や圧倒的な天才ばかりの集まりじゃないんですけど
なんだか読んでいて楽しいですよね。

暗殺教室もアニメ化するそうですが、
暗殺なのにテレビ放送大丈夫なのか?!って心配してしまいますw

nanaco☆さん観ていると私って日本の作品ばかりだなとw
どんだけ日本好きなんだと思ってしまいます。

もっと幅を広げたいです。
by Cedie #SFo5/nok
2014/06/29(日) 11:28 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんにちは~♪

>ハイキューわたしも観ています(≧∇≦)
>黒バスみたくトンデモ技や圧倒的な天才ばかりの集まりじゃないんですけど
>なんだか読んでいて楽しいですよね。

おぉっ、Cedieさんもハイキューご覧になっていますか☆
そうそう、トビオ君も天才セッターとはいえ一人じゃ力は発揮できない訳だし…
つくづくバレーって連携プレーなんだなぁと実感させられますよねぇ^^;
日向&影山コンビ、熱いですよね♪先輩達もめっちゃカッコイイ~~(*^v^*)

>暗殺教室もアニメ化するそうですが、
>暗殺なのにテレビ放送大丈夫なのか?!って心配してしまいますw

暗殺教室もアニメ化ですかぁ…内容が内容だけに、心配しちゃいますね(笑)
私も途中まで読んでいたんですけど、最近パターンが同じように思えてきちゃって、
しばらく離れているんですよね(*'-'*)進展があったらまた読もうかなって☆

最近面白いのは「七つの大罪」ですかね~^^
王道ファンタジーで、「ダイの大冒険」と似た匂いがあります!!
これもアニメ化するみたいで、声優陣が気になるところです。。。

>もっと幅を広げたいです。

なんのっ!(゚〇゚;)Cedieさん、私なんかよりずっと幅広いですよぉ~!!
私ももっとCedieさんを見習って、色んなタイプの本を読みたいなぁと思っています♪
by nanaco☆ #-
2014/06/30(月) 14:23 [Edit
いつも参考になります
最強のふたり、ご覧になったんですね(^_^)v 遠慮なしな黒人青年の態度や言葉でどんどん心を通わせる2人の友情が、爽やかでした(^_^)v 最近見たのでは、阿部サダヲの「謝罪の王様」が面白かったです(^_^)v 阿部サダヲ演じる謝罪師が、面白い謝罪テクニックで様々なトラブルを解決するのが面白かったです(^_^)v 「陽だまりの彼女」の原作も、面白かったです(^_^)v
by daiyuuki #-
2014/06/30(月) 18:02 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、こんばんは~♪

「最強のふたり」すごく良い映画でしたね!(*^0^*)
題材自体は重い内容なのに、不思議と笑みがこぼれてしまうような作品でした^^
お互いが、それぞれ欠けているものを補っていて…二人の関係が大好きです。

>最近見たのでは、阿部サダヲの「謝罪の王様」が面白かったです(^_^)v

「謝罪の王様」ですか♪"φ(・ェ・o)~メモメモ
daiyuukiさんのチョイスは間違いないので、是非観たいと思いますヽ(*'0'*)ツ
最近少しずつ邦画観るようにしていますよぉ☆字幕なしでも大分慣れてきました(笑)
ブクログには登録していませんが、今月から大河の新選組観ています( ̄ー+ ̄)
新選組ファンなのに、見逃していた事に気付きまして…^^;

>「陽だまりの彼女」の原作も、面白かったです(^_^)v

さすがdaiyuukiさん!幅広いですね~(*^m^*)
恋愛小説でしょうか??恋愛物苦手な私にはなかなかハードルが高いのですが(笑)
いつか原作か映画か、どちらかでも手に取れると良いなぁ。。。
by nanaco☆ #-
2014/06/30(月) 20:46 [Edit
上野樹里の映画の原作です
女性が彼氏に読んで欲しい恋愛小説1位ということで読んだら、映画と同じくほんわかする恋愛小説でした(^_^)v 今日は、Amazonから届いた「キックアス・ジャスティスフォーエバー」を見ました。前作よりパワーアップしたアクション満載で、人生の曲がり角に来たキックアスとヒットガールの青春映画の要素もあって、スカッとしました(^_^)v
by daiyuuki #-
2014/07/02(水) 00:02 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、こんばんは~♪
またまたコメント頂き嬉しいですヾ(=^▽^=)ノ

>女性が彼氏に読んで欲しい恋愛小説1位

そうなのですか!ヽ(*'0'*)ツそれにしてもまたすごいアンケート取りましたね(笑)
きっと男女問わず楽しめる恋愛小説なんですね~♪
私もちょっと心が疲れてしまった時に、是非読んでみたいなぁ^^

>今日は、Amazonから届いた「キックアス・ジャスティスフォーエバー」を見ました。

ハッ…そういえば、私未だに前作のキックアス観ていないぞ…(* ̄□ ̄*;
これも早く観なくちゃ☆観たい映画が沢山あって焦ります(笑)
録画してあるアニメも沢山あるし、読みたい本だらけだし、、、
もっと時間の使い方が上手くなりたいです~~(--,)
by nanaco☆ #-
2014/07/02(水) 20:11 [Edit
アメリカン・ハッスル見ました
アカデミー賞を「ゼログラビティ」と争っただけあって、実際にあった囮捜査を元にクリスチャン・ベイル演じる詐欺師やエイミー・アダムス演じる詐欺師の愛人たちの人生やり直しを賭けた人間ドラマが、欠点だらけだけど愛すべき人たちの関係が面白かったです(^_^)v エマワトソンが出演している「ウォール・フラワー」も、友達ゼロの主人公がはみ出し者の上級生と親友になって、いろんなことを経験して成長していく青春模様をリリカルに描いていて、キュンとする青春映画でした(^_^)v
by daiyuuki #-
2014/07/07(月) 22:21 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、こんばんは~♪
お返事が遅れてしまってごめんなさい!><

「アメリカンハッスル」に「ウォールフラワー」ですか!
恥ずかしながらどちらもノーマークでしたよぉ~(^○^)
調べてみたらどちらもレンタルされているみたいですね。是非借りてみたいです^^

特に興味津々なのが「ウォールフラワー」でしょうか、、、何気に青春物が好きでして。
エマ・ワトソンちゃんも色々な映画に出るようになりましたよね~☆
ハーマイオニーの時代から、良い方向に成長していってますよね!
子役で活躍した子って、大人になってから良いイメージがないですけど…
(ホームアローンのあの坊やとか…シックス・センスのあの坊やも…笑)
あ、でも女の子は成功している子が多いでしょうか。。。
エマ・ワトソンちゃんには、是非このまま活躍して欲しいですね(o^-^o)

ところで、夏がくると毎年「スタンド・バイ・ミー」が観たくなります=*^-^*=
あの音楽も大好きで、、、あぁ今年もまた観たくなってきました(笑)
daiyuukiさん、いつも面白い映画の紹介ありがとうございます♪
なかなかオススメ頂いたものすぐには観れませんが、ちゃんとメモしてますよ~(o^∇^o)ノ
by nanaco☆ #-
2014/07/20(日) 23:39 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
31位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。