FC2ブログ
Welcome to my blog

「デミアン」ヘルマン・ヘッセ

ななこ


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ラテン語学校に通う10歳の私、シンクレールは、不良少年ににらまれまいとして言った心にもない嘘によって、不幸な事件を招いてしまう。私をその苦境から救ってくれた友人のデミアンは、明るく正しい父母の世界とは別の、私自身が漠然と憧れていた第二の暗い世界をより印象づけた。主人公シンクレールが、明暗二つの世界を揺れ動きながら、真の自己を求めていく過程を描く。


積読本消化計画22冊目。残り37冊。
今年の目標は「古典を読む」という事で、手に取った一冊です。

ヘッセは中学生の頃に「車輪の下」を読んで、読書感想文を書きました~かお
今となってはすっかり内容も忘れてしまいましたが、苦戦した記憶だけはあります(笑)

デミアン(=ダミアン)という響きから、何となく「オーメン」を連想させたのですが、
この作品に登場するデミアンは、何とも神秘的で大人びた魅力的な少年でしたきもち
主人公シンクレール同様、私もすっかりデミアンの虜になってしまいましたよ。。。

ラテン語学校に通う10歳のシンクレール少年は、あるひとつの小さな嘘によって、

不良少年であるフランツ・クローマーの手下にされてしまいます。
両親の庇護下にあった生活から、一気に地獄へと突き落とされるシンクレール。

そんな彼を救ってくれたのが、少し年上の少年デミアンでした。
デミアンには不思議な魅力があり、どこか老成した雰囲気が何とも謎めいていてかお

デミアンへの尊敬、憧れ、愛情、そして嫉妬、劣等感、、、
シンクレールの心に渦巻く様々な感情が、洪水のように押し寄せてくるきもち
これ思春期に読んでいたら、すっかり感化されて別の人間になってたかもね(笑)

訳者の力量による所も大きいのかもしれませんが、
一文一文がとても詩的で美しくて、ウットリとしてしまいます。
思わず何度も読み返しちゃう。

例えばこんな文章。
「その頃私は盲のようにかけまわっていた。あらしが私の中で騒いでいた。一歩一歩が危険だった。今までのすべての道が流れ込み没している深い暗黒よりほか、何も目の前に見えなかった。」

すっかり自分を見失っているシンクレールの心情を、的確に表現してくれる。
いつまでも素敵な文章に浸っていたい、そんな気持ちにさせてくれる一冊でしたきもち


個人的評価:ほし

ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

関連記事

Comments 7

There are no comments yet.
-  
お久です。nanaco師匠、お元気ですか~!?

nanaco☆さん、こんばんは~(^^♪
年度末も終わって、少しは忙しさも
落ち着きましたか~?

デミアン…私も「オーメン」を想像しちゃいました!
映画の内容はほとんど覚えてないですけど…(^_^;)
確か、666の数字が出てくるやつでしたよね???

二人の少年の物語ですか?
友情とは少し違うみたいだけど、
シンクレールの揺れ動く感情が面白そうかも。。。
まだ少年なのに、早くも老成した雰囲気のデミアン…
一体何があったんだろうって
逆に気になるわぁ~(笑)

2014/04/11 (Fri) 17:41 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwaさんへ

miwaさん、こんにちは~♪
…って、お名前が書かれていないけどmiwaさんですよね??
私を師匠と読んでくれる弟子は一人しかいないので!!(笑)

年度末の忙しさに加え、インフルエンザにかかってしまいまして…この時期に…(--,)
ブログも放置しっぱなしで、前回更新から1ヶ月も経ってしまいました。。。
ようやく復活できたので、またよろしくお願いしますね(^ー^* )

>デミアン…私も「オーメン」を想像しちゃいました!
>映画の内容はほとんど覚えてないですけど…(^_^;)
>確か、666の数字が出てくるやつでしたよね???

そうそう!あのデミアンですよ!
この本のタイトルを見てついついあの怖い子を想像してしまったんですけど、全然違いました(笑)
むしろ皆がデミアンに魅了されずにはいられない、不思議な魅力がありましたよ♪

デミアンとシンクレール、二人の少年の友情と言うには、少し違う気もするんですけど、
何だか超自然的な力が働いて、心で繋がっているかのような…深い深い関係でした。
すごく良かったですよ!物語云々よりも文章が素敵でした((o(*^^*)o))

ところで、あのオーメンの子役って……今どうしているんでしょうね?
妙に気になってきたわ~永遠に歳取らなかったりしてね……( ̄ー+ ̄)

2014/04/14 (Mon) 12:39 | EDIT | REPLY |   
エンジェルズアイ  
ご無沙汰しています

素敵な文章と聞いて是非読んでみたくなりました。
恥ずかしながら、ヘッセの作品はまだ読んだことがなくて・・・(^-^;
最近ある方の一言がきっかけで、自分らしい作品って何だろうと自問自答する日々を送っています。
子供の頃やたらにオカルトものを見たせいか、そういう傾向が自分に少しあるような気もするのですが・・。でもハッピーエンドも基本好きだし。nanaco☆さんは、私がどんな作品を書いたら面白そうと思われますか?参考までにお聞かせいただけたら嬉しいです(^^ゞ

2014/04/15 (Tue) 15:32 | EDIT | REPLY |   
esme  
>オーメンの子役

こんなになってました。
ttp://www.virginmedia.com/movies/features/where-are-they-now-7.php?page=7

2014/04/15 (Tue) 22:26 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンジェルズアイさんへ

エンジェルズアイさん、こんにちは~♪
ご無沙汰しております((o(*^^*)o))

>素敵な文章と聞いて是非読んでみたくなりました。
>恥ずかしながら、ヘッセの作品はまだ読んだことがなくて・・・(^-^;

機会がありましたら、是非読んでみて下さい☆
ヘッセなら、どちらかというと「車輪の下」の方が有名でしょうか?
私は読んだのが随分前なので、内容はほとんど忘れかけています^^;
今回読んだ「デミアン」は、読後時間が経ってからじわじわと心に浸透してくる本ですね…
度々この本の事を思い出してしまうので、きっと心に残る本の一冊になるんでしょう(笑)
表現がとても美しくて、何度も同じ文章を読み返したりしました(*^^*)

>nanaco☆さんは、私がどんな作品を書いたら面白そうと思われますか?

個人的な好みが多分に入った意見でも宜しいでしょうか??( ̄ー+ ̄)
上橋菜穂子さんの守り人シリーズのような作品を、是非書いて頂きたいです♪
日本、中華が合体したような…独自の世界観がある和風ファンタジー!
きっとエンジェルズアイさんの作風に合うような気がするのですが(*^m^*)

2014/04/19 (Sat) 16:30 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
esmeさんへ

esmeさん、こんにちは~♪

Oh My God!!!|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||
な、なんという事……!こんなオッサンになってしまったのですか(笑)
見たかったような、見たくなかったような……
そうですよね、デミアンだって所詮人の子。。。

2014/04/19 (Sat) 16:43 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/04/20 (Sun) 12:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply