FC2ブログ
Welcome to my blog

「芙蓉千里」須賀しのぶ

ななこ


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「大陸一の売れっ子女郎になる」夢を抱いて哈爾濱にやってきた少女フミ。妓楼・酔芙蓉の下働きとなった彼女は、天性の愛嬌と舞の才能を買われ、芸妓の道を歩むことになった。夢を共有する美少女タエ、妖艶な千代や薄幸の蘭花ら各々の業を抱えた姉女郎達、そして運命の男・大陸浪人の山村と華族出身の実業家黒谷…煌めく星々のような出会いは、彼女を何処へ導くのか!?…女が惚れ、男は眩む、大河女子道小説ここに開幕。


積読本消化計画21冊目。残り38冊。

実は長らく積みっぱなしだった、この本。
自分で好き好んで買ったくせに、「女郎屋が舞台ってどーなのよ」と思っていて(笑)

……でも!!実際読んでみると、積んでいた事を後悔するほど面白かったきもち

作者の須賀しのぶさん、コバルト文庫出身という事だけあってとにかく読み易い。
でもそのへんのラノベのような軽さがなく、良い意味でどっしりとした重さがあります。
少女小説と呼ぶにはあまりにも硬派で、なかなか容赦のない作品でしたね~かお

1910年頃、日露戦争後の満州ハルビンが舞台。

二人の少女フミとタエは、
日本から「酔芙蓉(チヨイフーロン)」という女郎宿に売られてきます。

同じ境遇の二人の少女はすぐに親友になるのですが、
フミとタエは決定的に違うものがあります。

タエは、女郎を忌み嫌いながらも、貧しさから嫌々売られてしまうのですが、
フミは、「大陸一の売れっ子女郎になる!」と、自ら人買いにアピール(笑)

何故フミは女郎になりたがるのか?
彼女の過去が徐々に明かされていくにつれ、
フミを応援したい気持ちがふつふつと……かお

フミとタエの固い友情、どんな逆境にもめげない芯の強さ。
そして「酔芙蓉」の姉女郎である千代や蘭花の、妖艶さ、美しさ、一途な想い。
女性とはこんなにも強くなれるものなのかと、悲しくなってしまうほどでしたきもち

そして特筆すべきは恋愛面でしょ~~きもち
私、正直恋愛系のお話は苦手なんだけど、
フミの出会う男達は魅力的すぎてドキドキしっぱなしかお

華族出身の青年実業家・黒谷、
そしてフミがまだ幼い頃に出会った危険な香りのする男・山村。
(どーでも良い話ですが、「グイン・サーガ」のナリス様とイシュトを思い出しました。笑)

安穏とした生活を選ぶか、それとも情熱と破滅の道を選ぶか。
フミの恋の行方に目が離せません!

全四巻、既に文庫で完結しているようなので、楽しみに読み進めたいと思います。
女性は勿論、男性にもオススメできる作品ですよきもち


個人的評価:ほし

ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
miwa125  
面白そう(*≧▽≦*)

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

表紙の二人が、フミとタエなのかな!?
見るからに対照的なふたりですね~!
大人しそうな和服美人とチャイナドレスの活発そうな美女。。。
二人の友情物語も気になるけど、
やっぱり、フミの出会う魅力的な男たちに興味をそそられます(*^^*)

女が惚れ、男が眩む…凄い謳い文句ですね(^_^;)
私的には、男に眩みたいけど…(笑)

2014/03/09 (Sun) 18:18 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

>表紙の二人が、フミとタエなのかな!?
>見るからに対照的なふたりですね~!

ねっ、本当に対照的な二人でしょ~(▼-▼*)
おっとりとしたタエは、女郎屋での生活を経て別人のように艶やかになっていくのが面白いです!
フミは…なんか最初から最後まで同じように、元気いっぱいで口の悪い印象ですね(笑)

>やっぱり、フミの出会う魅力的な男たちに興味をそそられます(*^^*)

黒谷と山村、これまた正反対な性格の二人だけに甲乙つけがたいです('ー')ニヤリ
読んでて、まるでナリス様とイシュトみたい!と思っちゃったよ~><
イシュト好きの私は、やっぱりどこか危険な香りのする山村に惹かれちゃうけど…
青年実業家の黒谷の方にはちょっとした秘密があるんだけど、これは読んでからのお楽しみです♪

>女が惚れ、男が眩む…凄い謳い文句ですね(^_^;)
>私的には、男に眩みたいけど…(笑)

miwaさんゴメン!思いっきり吹き出しちゃった!!(爆)
確かに確かに(゚×゚*)プッ 私もできることなら男に眩みたいわぁ~……
でもこの本、女も男もとても魅力的な人物が揃っているので、
きっとどんな人が読んでも楽しめる作品かと思います☆
文庫で完結している事だし、miwaさんも是非ご一緒しませんか~((o(*^^*)o))

2014/03/09 (Sun) 20:42 | EDIT | REPLY |   
☆☆ちこ  

nanaco☆さんこんばんわ~

おおー!読まれましたか!!
nanaco☆さんのレビュー読んで興奮してしまいました。
そうなんですよ~~
コレに登場する男性がとても素敵なのです。
nanaco☆さんのナリスとイシュトにうなづいてしまいました♪
そしてね、もう一人良い男が登場するので、今後に乞うご期待ですよ~~

2014/03/12 (Wed) 22:40 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆☆ちこさんへ

ちこさん、こんばんは~♪

ちこさ~ん!!この本、めっちゃ面白かったです(*^0^*)
最初から最後まで、とにかく面白くてテンション高く読めましたよ(笑)
もっと早く読んでいればよかったわぁと、ちょっぴり後悔してます^^;

>コレに登場する男性がとても素敵なのです。
>nanaco☆さんのナリスとイシュトにうなづいてしまいました♪

特に山村さんって、イシュトっぽいですよね……(笑)
眼光の鋭さとか、優しくみせかけて実は結構荒っぽい所とか( ̄ー+ ̄)ニヤリ
黒谷さんとのプラトニックな関係は、ナリス様とリンダみたい!とか…色々妄想してました♪
いやぁ、ホント格好良い男性ばかりだわ(^ー^* )

>そしてね、もう一人良い男が登場するので、今後に乞うご期待ですよ~~

なぬっ!!!それはもう読むしかないですね('ー')
2巻目を手に取るのがますます楽しみになってきました~☆

2014/03/13 (Thu) 22:22 | EDIT | REPLY |   
日向永遠  
面白そう!

nanacoさん、こんばんは!

これ面白そうですね!
二人の少女の話って、実は大好きです。

性格が違っているとこも良いですね。どんなからみかたするんだろう。これもチェックしてみます!!

2014/03/16 (Sun) 20:20 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向永遠さんへ

日向さん、こんにちは♪
大変ご無沙汰しております!!(T-T*)

ようやくインフルも良くなって、またぼちぼちと更新していこうと思うので、
どうぞよろしくお願いいたします^^

この作品、すごくすごくオススメですよぉ~☆
今までちょっと気になりつつもスルーしてきたのですが、もっと早く読めば良かったです。
二人の少女、フミとタエの友情にも胸が熱くなりますし、
何よりもフミの揺るぎない信念!(大陸一の女郎になる事なんですけど…笑)
読んでいるうちに、知らず知らずのうちに力が入ってしまう小説ですヽ(*'0'*)ツ

男性が読んでもきっと面白いと思うので、日向さんも是非チェックしてみて下さいね♪
私も続きを読むのが楽しみです(^ー^* )

2014/04/14 (Mon) 12:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply