FC2ブログ
Welcome to my blog

「無貌伝~夢境ホテルの午睡~」望月守宮

ななこ


無貌伝~夢境ホテルの午睡~
著者:望月守宮
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
怪盗・無貌…それは世界が畏怖する生ける怪異。探偵・秋津とその助手・望は、宿敵無貌逮捕の報を受け、夏原ホテル―別名「夢境ホテル」へと向かった。そこには、殺人鬼探偵をはじめ、一癖も二癖もありそうな宿泊客ばかりが…。やがて、ホテルの一室で刺殺死体が発見される!探偵たちを嘲笑うかのように繰り返される殺人。「夢境」の彼方に隠された事件の真実を、望は追う。




積読本消化計画11冊目。残り48冊。

無貌伝シリーズ2作目。
前作「無貌伝~双児の子ら~」のレビューを読み返してみると、
主人公である少年探偵・望のキャラが定まっていない、とエラソーな事を書いていました(笑)

…が、今回は同年代の子達(純や健太)との絡みが多かったので、
やっと年相応に見えてきたし、望の素のキャラクターが分かってきたような気がしますかお
(とはいえ、名探偵・秋津の出番がほとんどなかったのは残念……)

前にも少し書きましたが、このシリーズの世界観はちょっと特殊。
「ヒトデナシ」という怪異と人間が共存する世界。人間のヒトデナシは「無貌」と呼ばれる。
「無貌」は他者の顔を奪い、人体の一部を収集するのが趣味というかなり危険な存在きもち

何だか文字にしてみると、若干キモチワルイのですが(笑)
終始幻想的で、どちらかというと伝奇小説のような雰囲気なので、抵抗なく読めますきもち


ライン


今回面白かったのは、舞台となった「夢境ホテル」。
夢の中のホテルという事もあり、現実世界ではありえないルールがふんだんに使われています。

例えば、現実世界とは時間の流れが異なっていたり、
ホテル全体が日毎にテーマパークのような仕様に変わったり。
全てが水の底に沈んでしまう「夢の水曜日」が、個人的には好きだったな~かお

そんな中、ホテルの一室で一体の死体が見つかります。
過去に起こったある殺人事件も絡んできて、なかなか面白い設定でしたねぇ。

異世界設定なだけに、本格ミステリが読みたい人には向かないと思いますが、
ファンタジー×ミステリの何でもアリな世界観OKな人は、きっと楽しめると思いますきもち

次作「人形姫の産声」も楽しみです!!


◆こんな人にオススメ◆
本格ミステリはちょっとハードルが高いかも?という人
ファンタジー設定が好きな人



<無貌伝シリーズ>
無貌伝~双児の子ら~



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
miwa125  
面白かったですね^^

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

そうそう、このホテルには現実離れした
ルールがあったんでしたね~!
nanaco☆さんのレビューうかがって
何となく思い出してきました^^
日ごとにテーマパークのような仕様になるに変化するところが
結構好みだったのを思い出したりして。。。

ヒトデナシの無貌の本当の姿を想像すると
不気味さを通り越して、気持ち悪ささえ覚えたのも
思い出しちゃいました><
それに、名前は忘れたんだけど…
殺人鬼探偵が、何故か印象に残ってます(^_^;)

古めかしさと新しさがごちゃまぜになったような作品ですけど、
その特殊な世界観が面白かったですね!(^^)v

*nanaco☆さん、TBどうもありがと~(^o^)丿
こちらも遠慮なくお返しTBいただきました!!

2013/12/12 (Thu) 18:22 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

この作品、前作以上に自分好みの設定でした(*^v^*)
残された日記から過去の事件に迫っていく所が良かったです~。
一週間、毎日ホテルの仕様(?)が変わるのも面白かったですね♪
日付が変わると同時に、どっと水が流れ込んで来るっていうのはちょっと怖いけど…(笑)

>ヒトデナシの無貌の本当の姿を想像すると
>不気味さを通り越して、気持ち悪ささえ覚えたのも
>思い出しちゃいました><

ヒトデナシの存在自体、謎だらけですよね~;
この先シリーズが進むにつれて、徐々に明かされてくる部分もあるのかなぁ??
無貌はかなりブキミだけど、絵画と猫のヒトデナシ露草は可愛いですよね♪
「煮干しを下さい」とかいうやつ(笑)あれ、さりげなく癒されてます(=v=)

>それに、名前は忘れたんだけど…
>殺人鬼探偵が、何故か印象に残ってます(^_^;)

あ、近松さんですよね!
正直、主人公の望クンよりも存在感ありましたよね^^
近松さんが登場した時から、何故だか悪い人には思えなくて、、、
それに意外と紳士的な所にキュンときちゃったりして(笑)

>古めかしさと新しさがごちゃまぜになったような作品ですけど、
>その特殊な世界観が面白かったですね!(^^)v

昭和×SFって感じかなぁ??( ̄ー+ ̄)
この世界観私も大好きです!次の作品を読むのがすごく楽しみ♪

*miwaさん、お返しトラバありがと~(o^∇^o)ノ

2013/12/14 (Sat) 19:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『無貌伝~夢境ホテルの午睡~』 望月守宮
  • 今回は、望月守宮さんの無貌シリーズ第二弾の『無貌伝~夢境ホテルの午睡~』という作品を読んでみました。◆あらすじ◆怪盗・無貌……それは世界が畏怖する生ける怪異。探偵・秋津とその助手・望は、宿敵無貌逮捕の報を受け、夏原ホテル──別名「夢境ホテル」へと向かった。そこには、殺人鬼探偵をはじめ、一癖も二癖もありそうな宿泊客ばかりが……。やがて、ホテルの一室で刺殺死体が発見される!探偵たちを嘲笑うかのよ...
  • 2013.12.12 (Thu) 17:51 | 本を読みましょ