FC2ブログ
Welcome to my blog

「黒いカクテル」ジョナサン・キャロル

ななこ


黒いカクテル
著者:ジョナサン・キャロル
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世の中には、どんな些細な出来事も、語り口ひとつで冒険や、心臓へのひと太刀に変えられる、すばらしい能力を持つ人がいる…。こう語り出される表題作をはじめ9編を収録。キャロルを読む者はいつも、ふと顔を上げると、何処とも知れぬ場所に置き去りにされた自分に気づく。読んでいたはずの物語さえ、唐突に別の何かに姿を変えているのだ―砂漠の車輪や、ぶらんこの月に。

【目次】
熊の口と/卒業生/くたびれた天使/あなたは死者に愛されている/フローリアン/我が罪の生/砂漠の車輪、ぶらんこの月/いっときの喝/黒いカクテル




しまった…!!
ブログさぼってるうちに、危うく前回の更新から1ヶ月経つ所だったよ~きもち
という訳で、(毎度の事ですが)お久しぶりのブックレビューですかお

積読本消化計画10冊目。残り49冊。

ジョナサン・キャロルのブラックさが、とても好きです。
どのお話も大抵毒があって、悪意に満ちています。
むしろ優しいだけの物語だったら、何か裏があるんじゃないかと疑っちゃう(笑)

今回も例に洩れず、なのですが。
以前読んだ「パニックの手」に比べると、文章が散漫で少し物足りなかったかなぁ。
それでもキャロル独特の厭らしさ(褒めてます!笑)は健在。なかなか面白かったですきもち


   イラスト

個人的なお気に入りは下記の通りです↓

ぼたん 「卒業生」(ブラック度★★★)
ある男は高校時代の夢を見ていた。それも32歳の記憶を持ったまま。
早く目覚めたいと願っているのに、相変わらず夢の中では32歳の精神のまま時が流れていく。
とうの昔に忘れてしまった勉強、既に鈍ってしまった運動神経(笑)ラストのオチが秀逸!!

ぼたん 「フローリアン」(ブラック度★★☆)
病気の息子のために、物語を書く父親。
しかし父親が物語を書き終える前に息子は死んでしまう。それでも書き続ける男。
最後にどんでん返しで用意されていて、良い意味でひっくりかえされる作品でした。

ぼたん 「いっときの喝」(ブラック度★☆☆)
男の家に、昔そこに住んでいたという美しい姉弟がやってくる。
ある古い家に心が宿ってしまうというお話で、どこか物悲しさのあるファンタジーです。
家の持つ記憶、、、素敵ですよね。


◆こんな人にオススメ◆
ブラックな結末が好きな人
奇妙なお話が好きな人




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
日向 永遠  
ジョナサン・キャロル、面白いですね~

nanacoさん、こんばんは!
お久しぶりです。(なんか最近、恒例になってる。そろそろホントの復活しなくては)
また宜しくお願いしますね!!!
ジョナサン・キャロル、大好きです。
これも良かったな~自分もジョナサン・キャロル、来年読みます。
氷と炎の歌の第五部買いましたか?自分はまだ買ってないです。こちらも来年、読もう!!

2013/12/09 (Mon) 23:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは~♪

ホント、お久しぶりですねぇ((o(^-^)o))
最近ブログも、読書自体もサボりがちになってしまって…(笑)
本が面白くてたまらない!というあの頃を思い出して、私もそろそろ復活したいです^^
また日向さんをはじめ皆さんと盛り上がれたら良いなぁ☆

>ジョナサン・キャロル、大好きです。
>これも良かったな~自分もジョナサン・キャロル、来年読みます。

この作家さんのピリッと効いた毒が良いですね。どのお話も一筋縄ではいかなくて…
まだ「天使の牙から」が積んであるので、これは来年挑戦しようと思います(*^v^*)
……と思ったけど、今調べてみたらこれシリーズものだったんだ!!(驚)
しかも刊行順に見てみると、多分一番最後の作品^^;
う~~これはどうしたものだろう。。。

>氷と炎の歌の第五部買いましたか?自分はまだ買ってないです。こちらも来年、読もう!!

実は私もまだ買っていません><
あ、でも今「剣嵐の大地」から再読していますよ♪
文庫で買い直して、変更後の固有名詞を頭に叩き込んでいます(笑)
第五部を読むのが待ち遠しいですねぇ(=v=)
日向さん、また色々お話しましょうね!

そうそう、上田早夕里さんの「深紅の碑文」がもうじき出ますね。
「華竜の宮」の続編ときたら、読まないわけにはいかないですよぉ~(;^_^A
それに皆川さんの「開かせていただき光栄です」の続編も出るし、、、
あぁ、もう嬉しい悲鳴状態です☆

2013/12/10 (Tue) 21:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「黒いカクテル」ジョナサン・キャロルを読みました! 「本日の1冊(13748)」
  • 【送料無料】黒いカクテル価格:756円(税込、送料別)著者 ジョナサン・キャロル創元推理文庫評価 ★★★★★少し前に読んだのですが、内容が思い出せません(泣)だけどキャロルそのままだったのは覚えています。熊の口と金持ちになることを夢見てその事ばかり考えている主人公、やがてくじにあたり本当の金持ちに・・・だけど本当の主人公はお金?びっくりな展開卒業生 卒業して何年にもなるのに過去の学生時代が繰...
  • 2013.12.09 (Mon) 23:03 | 知的生活へのあこがれ