06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.13 *Sun*

「Another」綾辻行人


Another
著者:綾辻行人
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた!この“世界”ではいったい、何が起こっているのか?秘密を探るべく動きはじめた恒一を、さらなる謎と恐怖が待ち受ける…。



皆さま、お久しぶりです。しばらくブログ放置しちゃってました……
北海道はもうすっかり秋の風。ココアとホットワインが美味しい季節になりましたねきもち

しかし。なかなか読書が捗りません!
今年中に積読本を消化する事は早くも諦めてしまいましたが、量より質です!(笑)
秋の夜長にのんびりと読書を楽しんでいこうと思います。。。


という訳で、積読本消化計画5冊目。残り54冊。

読もう、読もうと思いつつも「表紙が怖い!」という、
ただそれだけの理由で封印していた「Another」。やっと読みました。
かなり分厚い本でしたが、スピード感のある筆致で一気に読ませてくれましたよ~かお

another=「もう一人の」って意味でしたよね。

恒一が転校してきた夜見山北中学校の3年3組には、ある不吉な怪談があった。
新学期に何故か一人だけ増えているクラスメイト。
机が一つだけ足りないので気付くんだけど、それが誰なのかは分からない。

その謎の人物(噂によると既に死んだ人らしい)が紛れ込んだ年は、
生徒、親族、関係者が次々と謎の死を遂げるという<災厄>が起こるのですきもち

"another"とは誰なのか?既に始まってしまった3年3組の呪いは止められないのか?
また、クラスでいないもののように扱われている眼帯の少女とは??


イラスト



とっても面白かったですきもち
辻村深月さんの「冷たい校舎の時は止まる」と萩尾望都さんの「11人いる!」を
微妙にミックスさせたような感じかな?(笑)

既に死んでいるはずのその人が誰なのか、何故か誰も思い出せない。
疑心暗鬼に陥った生徒達が<災厄>回避のために考えた、ある決まり事。
3年3組の呪い自体も勿論怖いのだけれど、自己保身を正当化する人間の醜さもまた怖い…かお

"another"の正体にはビックリ。予想外でしたー。
今思えばあちこちに伏線はあるんだけど、例のごとく全然気が付かなかったなぁ。
怖い、でもどこか切なさの残る読後感でした。(そしてほんのり青春風味)

続編の「Another エピソードS」も発売されているようなので、
こちらも近いうちに読んでみようと思いますきもち


◆こんな人にオススメ◆
ホラー風のミステリが好きな人
学校の怪談が好きな人



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
tag : Another  綾辻行人 

COMMENT

今晩は
この本は私も読みましたよ、なぜかアニメ化されてましたが(苦笑)
昨日本屋さんに寄ったら続編が新刊コーナーに出てました。
自分の中ではこの作品で完結させてあるのでこの続きなりは必要ない
と思い買いませんでした・・・
というより東野さんの加賀恭一郎シリーズの新刊『祈りの幕が下りる時』と雫井さんの『検察側の罪人』
カーの『黒死荘の殺人』『蝋人形館の殺人』
古典SFですけどジョン・ウインダムの『時間の種』を買っちゃって
予算がなかっただけですけど(^^;
実はスティーブン・キングの新刊も出てるのだけどこれは上下巻で
一冊2000円でした・・・長く悩んだけどまたの機会に(^^;
積み本大変ですね、私は何とか消化したので後は余裕です
無理せずゆっくり消化してください
by ねむりねこ #-
2013/10/14(月) 18:57 [Edit
面白かったですね!
nanacoさん、お久しぶりです^^
北海道はもうすっかり秋模様ですか?こちらも寒くなってきました。紅葉はまだちょっと先ですが。

これ、しばらく前に読んだので、すっかり忘れてます。人形の様な女生徒が謎だらけで魅力でしたね。主人公がホラーを読んでるのも記憶に残ってます。

続編も気になりますね!!
by 日向永遠 #MTvX3K/M
2013/10/14(月) 20:10 [Edit
nanaco☆さんコンバンワ~ (*^∇^)ノ☆☆

私もAnother読みました~~
凄く怖面白いですよねw

そして、最後の意外な・・・

ちなみに娘が今年3年3組になってしまったので、ふざけて「いないもの」扱いしました(笑)
by ☆☆ちこ #-
2013/10/14(月) 22:30 [Edit
ねむりねこさんへ
ねむりねこさん、こんばんは~♪

ねむりねこさんもこの本読まれたんですね(*^v^*)
アニメ化された時は「え~」と思いました!(色んな意味で)
貴志祐介さんの「新世界より」もアニメ化されていたくらいだし、もう簡単には驚きませんけど(笑)
自分の中ではアニメ=夢と希望があって…みたいな先入観があるので、
最近のアニメは荒んでるなぁと思います。いや、それでも観ちゃうんですけどね( ̄ー+ ̄)

>昨日本屋さんに寄ったら続編が新刊コーナーに出てました。
>自分の中ではこの作品で完結させてあるのでこの続きなりは必要ない
>と思い買いませんでした・・・

続編は某レビューサイトを見ると、あまり評判が良くないようですね(ρ_;)
それでもメイちゃん(どうしてもトトロのおばあちゃんのメイちゃ~んを思い出してしまう!爆)が
気に入っちゃったので、私は機会があったら読んでみたいなぁと思います♪

それにしてもねむりねこさん、沢山の本を購入されましたね!
カーの『黒死荘の殺人』『蝋人形館の殺人』 が特に気になります。
また感想楽しみにしていますね~(*'-'*)

>実はスティーブン・キングの新刊も出てるのだけどこれは上下巻で
>一冊2000円でした・・・長く悩んだけどまたの機会に(^^;

一冊2000円!高い!
スティーヴン・キングといえば、
今週の金曜日、BSのDlifeで「アンダー・ザ・ドーム」が放送されるとか。
原作は未読なんですけど、面白そうなので観てみようと思います。
映画も観たいのが沢山あって、なかなか読書が捗りません^^
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/10/15(火) 20:40 [Edit
日向永遠さんへ
日向さん、こんばんは~♪

日向さんの所も大分秋らしくなってきましたか??(o^-^o)
北海道はすっかり紅葉して、冷たい空気が清々しく感じられるようになりました!
でも明日の台風は心配ですね…せっかく紅葉した葉っぱが全部落ちてしまいそう;

>人形の様な女生徒が謎だらけで魅力でしたね。主人公がホラーを読んでるのも記憶に残ってます。

眼帯の美少女、個人的にすごくツボでした(笑)
どういうオチになるのか、私自身は安易な想像しかできませんでしたが、
さすが綾辻さんですね、ホラーでありながらきっちりとミステリ要素もあって^^
分厚い本でしたけど、サクサク読めちゃいました。

主人公、キングの「呪われた町」とか読んでましたよね~( ̄ー+ ̄)
な、なんて陰気な中学生!いや、でも自分も当時そんなの読んでたかも…?

続編も気になりますよね♪
またメイちゃん会いたさに買ってしまうような気がします(*^m^*)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/10/15(火) 21:37 [Edit
☆☆ちこさんへ
ちこさん、こんばんは~♪

>私もAnother読みました~~
>凄く怖面白いですよねw

怖面白い!そうそう、まさにその言葉がピッタリなんですよね~ヽ(*'0'*)ツ
なんかもう、ちょっと傘とか怖くなっちゃいましたよ(汗)
心理的にゾワゾワくるというよりも、死に方が恐ろしかったです^^;

>ちなみに娘が今年3年3組になってしまったので、ふざけて「いないもの」扱いしました(笑)

え~ちこさん、それイジメ!!(爆)
でも実際学校って、そういう類の怪談(?)の宝庫ですよねw(゚o゚*)w
私が通っていた小学校も明治時代からありますからねぇ、色々怖いものがありました。
ていうかそれより20年も前には土方さんが生きていたなんて…(結局そこか!笑)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/10/15(火) 21:46 [Edit
面白かったですね!(^^)!
nanaco☆さん、プチご無沙汰です(^_^;)
北海道は確か初雪が降ったんでしたよね!?
温か~いココアとホットワインで
読書の秋を思い切り楽しんでくださいね~(^O^)/

『Another』、だいぶ前に読んだので
細かいところは覚えてないですが、
夏のキャンプ(?)の場面が一番怖かったことは覚えてます!
アニメ版は原作以上だったかも…><

Anotherの正体も、ホント驚きでした!
ミサキ・メイの家の人形館も
不気味さ満点でしたよね~。
やっぱ、人形って独特の不気味さがあるわぁ~(@_@;)

そうそう、続編が出てるんですよね♪
私も是非読んでみようと思いまーす(^^)v

*nanaco☆さん、『少年検閲官』のトラバ感謝です(*^_^*)
こちらもお返しトラバいただいていきますね☆
それから、これから『ダブル・ジョーカー』のレビュをーUPするので
こちらのトラバもいただいていきますねっ(^_-)-☆
by miwa125 #-
2013/10/18(金) 17:48 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんにちは~♪

プチお久で~す(*^m^*)
なかなか遊びに行けなくてゴメンナサイ!
ぼちぼち復活していこうと思うので、またどうぞよろしくねっ^^

そうそう、こちらではもう初雪が降ったんですよねぇ…しかも突然のドカ雪(汗)
札幌の都心部ではまだですが、もうかなりの寒さです~;
最近、ココア&ホットワインの他に、ホット梅酒に目覚めました( ̄ー+ ̄)
寝る前に飲むと、ゆっくり眠れる気がするんです。(悪癖になりそうですね、、、笑)
関西の方も、あの悪夢のような暑さからは脱出したみたいですね!
miwaさん、くれぐれも体調を崩さないように気を付けて下さいね~><

>『Another』、だいぶ前に読んだので
>細かいところは覚えてないですが、
>夏のキャンプ(?)の場面が一番怖かったことは覚えてます!

キャンプの所、怖かったですね…(゚〇゚;)
ホラー作品って、いかにも何か起こりそうな所に登場人物達、全力で飛び込んでいきますよねぇ。
まぁそうじゃなきゃ何も起こらないから、仕方ないんだけど(笑)
それでも「何で今そこに行く!?」と、何度もツッコミたくなります。。。

アニメは結局未見だったんですけど、原作以上に怖いんですか(;^_^A
観たいような、観たくないような……でもやっぱり観たい。
綾辻作品はビジュアル的にグロそうなものが多いので、ちょっと躊躇しちゃいますね~。
メイちゃんが好きだったので、続編読むのが楽しみです♪

*「少年検閲官」&「ダブル・ジョーカー」のトラバありがとう!!
私も早速遊びにうかがいますね\(^▽^)/
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/10/19(土) 16:48 [Edit
Another
昨年、「アナザー」が映画化されました。私は観ましたが、面白かったです。ただし、文章でしか味わえないトリックは、映像では避けていました。見崎鳴を演じた橋本愛さんは綺麗でした。
映画の中で人形館が出てきますが、そこで使われていた人形の展示会が昨年、渋谷で開催されました。これも見ましたが、非常に妖艶で、心を奪われました。
by ミステリファン #2MKxsxMs
2013/12/15(日) 23:39 [Edit
ミステリファンさんへ
ミステリファンさん、こんばんは~♪
またまたご訪問頂いて、すっごく嬉しいです((o(*^^*)o))

>昨年、「アナザー」が映画化されました。私は観ましたが、面白かったです。

そうですか!アニメは知っていましたが、映画化もされていたんですね~^^
鳴役は橋本愛さんなんですね、何だかイメージがピッタリです♪
アニメにしろ映画にしろ、映像化するのは難しいだろうなぁと思っていたのですが、
そのあたりはきっとうまく出来ているのでしょうね(笑)

ところで、人形の展示会があったとか!
わぁ、良いなぁ…私も観に行きたかったです。でも北海道から東京……遠い(--,)
この作品の中で、実は一番印象に残っているのが人形館のシーンなんです。
美しさと不気味さが同居したようなお人形って、何故だか心惹かれますよね(*^^*)
余談ですが、蝋人形も好きです。あまりにも精巧な作りだと、今にも動き出しそうですよね。
あのうつろな瞳で追いかけられたら…と思うと、怖すぎません?(笑)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/12/17(火) 21:46 [Edit
名作
確かに、人形って魅力的ですよね。魂が宿っているのではないか、と思ってしまいます。蝋人形は一度だけ見に行ったことがありますが、私も怖かったです。

ミステリー小説やホラー小説で、人形を効果的に使っている作品が多いです。作者も、人形が小説に与える影響を知っているからでしょう。
by ミステリファン #2MKxsxMs
2013/12/30(月) 23:20 [Edit
ミステリファンさんへ
ミステリファンさん、あけましておめでとうございます♪

昨年は沢山コメントを頂いて、とても嬉しかったです((o(*^^*)o))
今年ものんびりとブログ更新していくので、これからもどうぞよろしくです☆★

>確かに、人形って魅力的ですよね。魂が宿っているのではないか、と思ってしまいます。

作り手の思いが、そのまま込められているような気がしますよね^^
中にはいわくつきのお人形もあるのでしょうか…(▼-▼*)フフ
小さい頃ある古い旅館に泊まった時に、部屋に置いてあった日本人形が怖くて怖くて。
それ以来、未だに日本人形にビビっているnanacoです(笑)

>ミステリー小説やホラー小説で、人形を効果的に使っている作品が多いです。

確かに思い返してみると、結構多いですね!
クリスティーの「そして誰もいなくなった」もインディアン人形が使われていましたね^^
今度人形をモチーフにした小説、ピックアップしてみましょうか(笑)
私もそういう作品があったら、是非読んでみたいなぁ(*^0^*)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2014/01/01(水) 14:42 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

今回は綾辻行人さんの『Another(アナザー)』を読んでみました。学園ミステリ&ホラー作品です。◆あらすじ◆その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた─。1998年、5月、気胸で入院したために1ヶ月遅れて夜見山北中学の三年三組に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。恒一は、教室の隅で影のように不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹...
2013/10/20(日) 16:57:48 | 本を読みましょ [Del


ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
24位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。