06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.18 *Sun*

7月☆ブクログまとめ☆ひまわり畑


またしてもお久しぶり~な更新になってしまいましたきもち

連夜続いていたカエルの鳴き声が、最近パタリと止みました~。(カエル達はいずこへ…?)
うるさくて眠れない程だったけど、無音になるとそれはそれでちょっと寂しかったりして。

さてさて。7月のブクログまとめですかお
先日鑑賞メーターを退会する事にして、DVDもブクログでまとめる事にしました!
なので、これからは本とDVDのまとめがごっちゃになります(笑)


読んだ本の数:11冊(小説5冊・漫画5冊・雑誌1冊)
観たDVDの数:3本



nanaco☆の本棚 - 2013年07月 (14作品)

ずらりと並んだカラフルな表紙がずっと気になっていて、
でもなかなか手を出せなかった「R/EVOLUTION」シリーズ。
とうとう完結したとのことで、読み始める事にしました。

面白かった!!
日本における密航者問題、それをビジネスとする人間達、
いかがわしい場所で働かされる中国人の女性達…
あまりにも生々しく描かれています。

偽造パスポートを作るために、田舎の高齢者を騙していた亮司は、
サーシャと名乗るある美しい男に出会う。
彼と出会った事で、亮司の運命は激変する。

読み終わってから知ったのですが、女性作家さんなんですね。
あまりにも骨太でどっしりとした読み応えのある作品なので、
男性作家さんだと信じて疑いませんでした~(笑)

続けて読んでいこうと思います♪



煌夜祭 (中公文庫)
多崎礼
読了日:07月04日
{book['rank']


今までに読んだファンタジー作品の中で、
個人的には5本の指に入るくらい大好きな作品です(*^_^*)

文庫化にあたって書き下ろし短編が収録されているとのことで、
今回も迷わず購入しちゃいました!!

は~本当に素敵な本だ。改めて感じました。
これがデビュー作とは信じられない完成度です。

冬至の夜に<語り部>によって披露される人と魔物の物語。
それぞれのお話は独立しているのですが、
読み進めていくうちに、徐々に関連が見え始めます。
そしてラスト、仮面で顔を隠した<語り部>の正体…驚きです。

多崎さんはあとがきで、すっきり爽やかな勧善懲悪も、
登場人物のだれもが幸せになれるような大団円も書けませんと
仰っていましたが、私はそんな多崎さんの物語が大好きです。

愚かで、必死にあがいて、時には取り返しのつかない失敗をして。
悲しく痛々しい中にも、必ず一筋の光が見えてくる。
胸が締め付けられるほどに切なく美しい物語です。

ファンタジー=剣と魔法の勧善懲悪と思っている方にこそ、
一度読んでもらいたい作品です。
ファンタジーの概念を覆されます!




「図書館戦争」漫画版でファンになった、
弓きいろさんのオリジナル作品。今回も甘々で良かった~(笑)

主人公のお嬢様ミヤビが、とにかく可愛すぎる。
箱入り娘でおっとりしているんだけど、意外にもタフなんですね。
人間×翼を持つ異形の鳥人(?)という異種間の恋愛もツボです。

ライヤの格好良さは勿論のこと、妹のカリンも良いキャラしてます。
登場人物皆が大好きです。続きがあるなら是非読みたいな!




そろそろグダグダになってきたなぁ…。
少女漫画って、くっついてからだと面白さダウンですよね^^;
とはいえ、あやねちゃんの幸せな姿はちょっと嬉しいです(笑)

高校3年間、全てのイベントを描く必要はないと思うので、
なるべく早めに、うまい具合に完結する事を切に願います。




どんどん面白くなるなぁ!

マイオアシス的な存在、渚くんのまさかの才能。
ますます好きになりましたよ~彼の将来はどうなるんだろう?

ビッチ先生のアートは笑えるし、烏間先生の教育にはホロリとくるし。
シリアスとギャグの絶妙なバランスが素晴らしいです。

作者さんの表紙に対する力の入れように感服しました(笑)




不思議な映画です。

6つの世界が同時進行で描かれていき、
お話が進むにつれて少しずつ繋がりが見えてくる。

正直一度観ただけでは理解できない部分があるのですが、
約3時間という超大作にも関わらず
何故か見入ってしまうという吸引力があります。

根底にあるのは輪廻転生なんでしょうか?
近未来ソウルと、音楽家のエピソードがすごく好きでした。




12年ぶりの十二国記新刊!!
とはいえ本編の続きではないので、
嬉しいながらももどかしい、でも胸が高鳴る。そんな複雑な心境(笑)

「丕緒の鳥」「落照の獄」「青条の蘭」「風信」の4つの短編を収録。
どれも決して幸せな物語ではなく、
理不尽な世界で必死に生きていく人間達の姿を描いています。
戦争、貧困、疫病…傾きかけた国で、どうやって命を繋いでいくのか?

yomyomで読んだので表題作「丕緒の鳥」は再読だったけれど、
やはり十二国記の世界観は素晴らしいと、改めて実感しました。
そして文章自体がとても美しいのですよね、、、

泰麒のその後が刊行される前に(いつになるだろう…?汗)
新潮の完全版で既刊本を再読しておこうと思います!




この本を読んでいる時だけ、ふと暑さを忘れました(笑)

自分好みのダークな作品が揃っている短編集。
何度背筋がひやりとした事か。

「黒い観覧車」
乗る者を若返らせる観覧車。
ある日その仕組みに気付いた2人の少年は、
観覧車から降りてきた少年の後を付けるが…このオチ、素晴らしいね。

「刺青の男」
男は、老婆から未来に起こる出来事が描かれた刺青を彫ってもらう。
布と絆創膏で覆われた胸と背中に描かれていたものとは…
その絵を見た人々は、さぞやショックだっただろう。。。

「乙女」
たった2ページなのにこのインパクト!コワイ~。

「棺」
ある年をとった兄弟がいた。優秀な兄と、落ちこぼれの弟。
自分の死期を悟った兄は、持ち前の器用さを活かして自らの棺を作る。
兄の死後、その立派な棺に興味を持った弟は…
兄さんの悪意を感じるよ。

「戦争ごっこ」「バーン!おまえは死んだ!」
この2つ、連作になっているんですね。一番好きでした♪
幼い頃から戦争ごっこに夢中になっていた少年。
成長した彼は軍に入隊するが、彼の精神は少年の頃のままだった…
意外にも後味が良くて、ホロリときました。親友クンも素敵だね!




優しくて、温かくて。
もう何度夏目には泣かされた事でしょう。
今回は可愛い妖達が多くて、微笑ましかったです!
タキに恋をした妖のお話が、切なくて好きでした。

もう10周年なんですね、おめでとうございます♪
これからも素敵なお話を楽しみにしています。



スノーホワイト [DVD]
読了日:07月28日
{book['rank']


色々とツッコミ所満載で笑える映画です(笑)

白雪姫の新解釈というからどういう映画になるかと思ったけど、
ツッコミ前提で案外楽しめました。

いくら白雪姫が成長しても、
やはり女王(シャーリーズ・セロン)の美しさには敵わないと思うのですが…
そして王子様のキスで目覚めるはずが……っていうのも笑えました。



テッド [DVD]
読了日:07月28日
{book['rank']


も~これは久々に爆笑モノ!!

クマのぬいぐるみの下品度・下ネタ度に、
どこまでついていけるかが楽しめるかどうかの分かれ道ですね(笑)

主人公がマーク・ウォールバーグっていうのがまた良い。
これがアダム・サンドラーやベン・スティラーだったら、
狙った感がありすぎるんだけど、猿の惑星のマーク・ウォールバーグ。

ダメ男っぷりも妙にリアルで、
テッドとの男の友情(?)が不覚にもウルッときてしまった。

「くまモンの方が良かった!」でテッドの逆鱗に触れたのですね(笑)
あぁ、笑った……。

間違っても家族で見ちゃいけませんヨ。




相変わらず笑わせてくれるけど、深い漫画。
農家の借金とか、TPPの問題があるだけにかなり現実的。
これからどうなっていくのか、八軒君の覚悟は?

それより銀の匙の公式アプリ「ポケット酪農」が面白すぎて、
時間があるとついつい遊んでしまう(笑)




とうとう20巻まで来たんですね!

そしてようやくジェフリーが出獄。
ここ最近は辛い描写が多かったので、
ジェフリーと海斗の幸せな様子が見られてホッとしました。

スペインチームにも思い入れがあるので、
あまり酷い展開にならない事を切に願います。。。

それにしてもホタテとチーズの焼き物(アスパラガス添え)が
やたらと美味しそうに見えました(笑)





「キルギス 誘拐婚の現実」が衝撃的でした。

女性を誘拐し、強引に結婚させるという恐ろしい慣習。
何故逃げないの?何故抵抗しないの?と思ったけれど、
一旦女性が男性の家に入ると、純潔が失われたとみなされて、
そこから出るのは恥とされるとのこと。

中には婚約者のいた女性もいる。
もっと大きな国で働く予定だった女性もいる。
夫から暴力を受けたり、自殺に追い込まれる女性もいるらしい。
なんて悲惨な…こんな事がまかり通って良いのだろうか…

「トランシルバニア 草香る丘陵」の記事にはとても癒されました。
草を刈って牧草を乾かし、羊の世話をする。秋にはスモモのジャム作り。
こんな昔ながらの生活がいつまでも続いて欲しい。

powered by booklog



本は何と言っても「煌夜祭」の文庫化!
文庫のみに収録された書き下ろし短編もすごく良かったです…

そして十二国記の新作短編「丕緒の鳥」。
本編の続きでないのが残念ですが、またこの世界観に触れる事ができて幸せですきもち
小野さん!この調子でどんどん続きを書いて頂きたいです。。。

DVDで面白かったのは「テッド」(笑)もう笑うしかない(笑)
あるいじめられっ子の少年が、クリスマスプレゼントにクマのぬいぐるみを貰うの。
彼は「このコと話がしたい、親友になりたい」と願うと、なんとぬいぐるみに命が宿る。

…と、ファンタジーな展開はここまで。
少年はやがて大人になり、綺麗な彼女もできる。
だけどクマのテッドも共に成長する。(みかけは可愛いままなんだけど)

下品度満載で、人によっては完璧に引いちゃうかもしれません。
でも、、、大きな声では言えないけど、私にはかなりツボで大爆笑でした!
テッドのぬいぐるみ付きブルーレイ、欲しすぎる……





ライン


*おまけ*

先日ドライブに行った北竜町のひまわり畑です。

ひまわり畑
ひまわり畑 posted by (C)nanaco☆

夏空☆
夏空☆ posted by (C)nanaco☆

ダチョウもいました(笑)

ダチョウ
ダチョウ posted by (C)nanaco☆

関連記事

COMMENT

復活しました・・・・・
nanacoさん、こんばんは^^
長らく放置していましたが、復活することにしました!
これからも変わらず、宜しくお願い致します。

「煌夜祭」文庫になっているんですね!
探してみますね。
それとクラウド・アトラス は単行本を積んでます。なのでそのうち(今年中?)読んでみようと思ってます。
「黒いカーニバル」も積んでますよ~

向日葵すごい!
フォト蔵の方も覗いてみます!
by 日向永遠 #MTvX3K/M
2013/08/18(日) 19:06 [Edit
こんばんは~☆

私が、nanacoさんが紹介されてる中で読んだのは君に届けだけでした。w
あれ、切ないですよね><
映画もやってましたよね。b

あとは、スノーホワイトは見ました。b
でも、次から次へとでますねΣ(゚Д゚; )
私が好きだったスノーホワイトの白雪姫さんは今のスノーホワイトにはもうでてませんが、本当に肌が白くて大好き過ぎて待ち受けを作っちゃったくらいです。w

ひまわり畑いいですねぇ♪
夏!って感じがします☆
ダチョウさん、なんでひまわり畑にいたんでしょうね?!
でも、可愛い*^^*
生き物って、見てるだけで癒されますね^^b
by Yuki #-
2013/08/18(日) 19:25 [Edit
nanaco☆さん、お久しぶりです。

やっぱり十二国記が大きいですよね。
本当に小野さん、新刊だしてほしいです。
そして夏目友人帳、あれは泣けます(>_<)

ひまわり畑すごいキレイです!
写真の撮りがいありますね。
北海道の広さはとてもすごいです。
銀の匙をアニメで観ていてもびっくりです。
by Cedie #SFo5/nok
2013/08/18(日) 19:34 [Edit
日向永遠さんへ
日向さん、こんばんは~♪

ご無沙汰しております☆日向さんとおしゃべりできなくて寂しかったですよ、、、
復活されるとの事、とても嬉しいです!これからもヨロシクお願いします(*^^*)

>「煌夜祭」文庫になっているんですね!
>探してみますね。

文庫は落ち着いた装丁になって、こちらも素敵ですよね。(ノベルスも好きでしたが…)
「夢の上」同様素晴らしいファンタジーなので、是非読んでみて下さい♪((o(^-^)o))
これがデビュー作とは…とビックリしちゃいます!

>それとクラウド・アトラス は単行本を積んでます。

おぉ、そうなんですか~^^
私は映画のみですけど、とてつもなく壮大なお話でした。
この作品の原作を書いた人の頭は、どうなっているんだろうって不思議でなりません(笑)
読まれたら感想教えて下さいね♪

>「黒いカーニバル」も積んでますよ~

やっぱりブラッドベリは良いですね、、、
文章自体がすごく綺麗で、読んでいるだけでうっとりしてしまいます。
この「黒いカーニバル」はダークなお話が多くて、とても自分好みの作品でした!
日向さん、ブラッドベリの本是非ご一緒しましょう(⌒~⌒)

>向日葵すごい!
>フォト蔵の方も覗いてみます!

最近フォト蔵もちょくちょくUPするようにしてます☆
北海道の夏はあっという間に過ぎてしまうので、今のうちだけかも……
冬はスープカレー写真一色になりそうです~(笑)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/08/18(日) 20:35 [Edit
Yukiちゃんへ
ユキちゃん、こんばんは~♪

>私が、nanacoさんが紹介されてる中で読んだのは君に届けだけでした。w
>あれ、切ないですよね><

「君に届け」は、ものすご~く久々に読んだ少女漫画なんです(笑)
実は「NANA」のドロドロさ加減にすっかり嫌気がさして以来、全然読んでなくて^^;
「君に届け」はピュアな恋愛が心地良いですよねっ♪
…とはいえ、やっぱり二人がくっつくまでが一番楽しいんだなぁ(=v=)

>あとは、スノーホワイトは見ました。b
>でも、次から次へとでますねΣ(゚Д゚; )

何でだか白雪姫人気ですよね(笑)
今回観た映画の白雪姫役の子は、どうしても「トワイライト」のイメージが強かったです☆
でもツッコミ所満載ながらも、なかなか楽しめました~(* ̄∇ ̄*)

そういえば前は赤ずきんちゃんも映画化されていたし(ホラーだったけど)、
ヘンゼルとグレーテルも新作DVDで出てたし(こっちもホラーっぽいけど…笑)、
今この時代だからこそ、グリム童話とか人気なんでしょうかね。。。

>ひまわり畑いいですねぇ♪
>夏!って感じがします☆
>ダチョウさん、なんでひまわり畑にいたんでしょうね?!

ひまわり畑、綺麗でしょ!?(*^_^*)
このダチョウさん、エサのバケツ近づけると凄い勢いで突進してくるんですよ~(笑)
ちょっと背中に乗れそうなくらい大きかったです♪(多分振り落とされるけど…)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/08/18(日) 20:55 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんばんは~♪

>やっぱり十二国記が大きいですよね。
>本当に小野さん、新刊だしてほしいです。

何ていうかもう、十二国記の新刊が出たというだけで感無量ですよねぇ(^ー^* )
本編の続きが出る事になったら、また最初から読み直そうかなぁと。
それが今密かな楽しみになっています♪(でもいつ出るんだろう??)
今「魔性の子」とか再読したら、やきもきしちゃいそうですよね~(笑)

>そして夏目友人帳、あれは泣けます(>_<)

ホント夏目、泣けますねぇ、、、
緑川さんって凄いですよね。毎回こんなに涙腺にくるお話を描けるなんて(T-T*)
今回のお話は妖達が可愛くて、微笑ましいシーンも多かったですね♪

>ひまわり畑すごいキレイです!
>写真の撮りがいありますね。

わ~ありがとうございます((o(^-^)o))
ここの北竜町のひまわり畑、敷地が広くて歩くのも結構大変です;
陽射しを遮るものもないので、流石に日傘は必須でしたね~><
でも太陽に向かって大きく咲いている向日葵は、見ているだけで気分が良いです♪

>北海道の広さはとてもすごいです。
>銀の匙をアニメで観ていてもびっくりです。

北海道、土地だけはありますからね…
ドライブであちこち行っていても、ほぼ畑、森、山ばかりです。
とてつもなくトイレに行きたくて、やっとコンビニの看板出てきた!と思ったら、
「セブンイレブン20km先」とか。ぐわぁ~~となります(--,)
トイレのある場所を見つけたら、行きたくなくてもとりあえず入っとけ、みたいな感じです(汗)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/08/18(日) 21:12 [Edit
こんばんは (*´−`*)ノ

『テッド』は続編製作が決定したみたいですね。

>「くまモンの方が良かった!」でテッドの逆鱗に触れたのですね(笑)

↓その件に関して、字幕監修の町山さんが解説されてます。
ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
「2013-01-20 『TEDテッド』の字幕に「くまモン」が出てくるわけ」
ttp://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20130120
ひょっとして、DVDの特典かなにかで触れられていたでしょうか?
検索すると、「これは無いわ」と批判されている方もいらっしゃいますが・・・

日本版『黒いカーニバル』の性質は訳者の伊藤典夫氏があとがきに書かれている通りで、(『10月はたそがれの国』ほど粒揃いでなく作品集としての統一感も弱い、初期作品の落ち穂拾い的性格が強い、と言えるかも?)「以前の私のコメントがnanaco☆さんに過剰な期待を抱かせてしまったのではないか?」と、ずっと気にしていたのですが、如何でしたか・・・?
by esme #zxJvsWF.
2013/08/18(日) 21:24 [Edit
esmeさんへ
esmeさん、こんばんは~♪

>『テッド』は続編製作が決定したみたいですね。

おぉ~~それは嬉しい!!!(=v=)
…と、個人的には大歓迎なのですが、実は意外と周りとの温度差が激しくて;
「下品だわ」「笑えない」という意見ばかりで、ちょっと肩身の狭い思いをしています…
これじゃあ、何だか私が下品なものを観て喜んでいる小学生みたいじゃないですか(笑)
でも仕方ないんです、面白かったんだから♪

>「2013-01-20 『TEDテッド』の字幕に「くまモン」が出てくるわけ」

早速拝見しました☆
って、えぇ?原語では「くまモン」じゃなかったんですねw(゚o゚*)w
いや~ちょっとだけ変だとは思ったんですよね。
「星一徹」とか、やたら日本ネタ(しかも微妙に古い。笑)が出てくるなぁと。
くっ…まんまと騙されてしまった。でも一番笑ったのが「くまモン」だったりして…。

>『黒いカーニバル』

教えて頂いたesmeさんに、本当に感謝です~((o(*^^*)o))
確かに「10月はたそがれの国」ほどのインパクトはありませんでしたけど、
自分好みのダークな雰囲気の作品が揃っていて、すごく面白かったです♪

作品集としての統一感は、特に気にしていないですし、
むしろ色んなタイプの短編を楽しめる方が、個人的には嬉しいです。
またオススメのブラッドベリ作品がありましたら、是非教えて下さいね^^
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/08/18(日) 21:41 [Edit
nanaco☆さん、こんにちは~(^^)/
ちょっぴりご無沙汰してました^^;

『煌夜祭』は、短編が加えられたことで
完成度が高くなったのは勿論、
益々素晴らしい作品になりましたよね~(*^_^*)
ラストの、仮面の下の正体にはホントに驚かされたけど、
そのぶん、初めて読んだときよりも
感動が大きかったような気がします!
心が震えるほどの感動作って、
こういう作品の事を言うんでしょうね!(^^)!

『丕緒の鳥』は、まだ読んでません。。。
何だか読むタイミングに迷っちゃって(^_^;)
というか、本編とは関係なく、いつ読んでも大丈夫なのかしら?
それとも、ちゃんと本編を読んからの方がいいのかしら?
この短編集って、表紙を観るかぎりだと、
大人が主人公なのかなぁ~!?
by miwa125 #-
2013/08/24(土) 16:09 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは~♪
ちょっぴりお久しぶりですね(^ー^* )夏バテはされていませんか!?

>『煌夜祭』は、短編が加えられたことで
>完成度が高くなったのは勿論、
>益々素晴らしい作品になりましたよね~(*^_^*)

やっぱりこれは素晴らしいファンタジーですよね!!
「夢の上」も大好きだけど、やっぱりこのデビュー作が一番のお気に入り^^
私も最初に読んだ時よりもさらに心が震えましたよ~☆
多崎さんのお話は決して皆が幸せになれるようなラストではないから、
切ないし、悲しいんだけど、その分ずっと心に残るんですよねぇ。。。(ρ_;)
(まぁある意味引きずっていると言っても良いかも。笑)

>『丕緒の鳥』は、まだ読んでません。。。
>何だか読むタイミングに迷っちゃって(^_^;)
>というか、本編とは関係なく、いつ読んでも大丈夫なのかしら?

この短編集は、本編に出ている人物が主人公ではないですし、
本編には直接関係のないストーリーなので、いつ読んでも大丈夫だと思います((o(*^^*)o))
ただ、「月の影 影の海」は読んでいたほうが、表題作は楽しめるかもしれません♪
miwaさんはもう読まれていましたよね??
これを読んだら、ますます本編の続きが読みたくなりました。。。
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/08/24(土) 20:35 [Edit
お久しぶりです
テッド、私も見ましたが、ツボに入って笑いっぱなしでしたね(≧∇≦) 男の友情という感じで、泣けました(^_^)v 最近見たので良かったのは、世界にひとつのプレイブック、でした(≧∇≦) 精神的に問題を抱えた男女がダンスコンテストに挑む中で惹かれ合っていくというラブコメディで、久しぶりに登場人物を応援したくなるラブコメディでした(≧∇≦) ジェニファー・ローレンスが、ハンガーゲームより魅力的でした(≧∇≦)
by daiyuuki #-
2013/08/26(月) 07:18 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、こんばんは~♪
お返事が遅れちゃってごめんなさい(--,)

>テッド、私も見ましたが、ツボに入って笑いっぱなしでしたね(≧∇≦)

いや~テッド、めちゃめちゃ面白いですよね!
もう何もかもがツボでしたよ…微妙にターゲットの年齢層が限られている所がまた(笑)
ネタが結構アレなだけに、なかなか同年代の女の子達には勧められませんが、
久々にこれはDVDで欲しい…と思いました( ̄ー+ ̄)

>最近見たので良かったのは、世界にひとつのプレイブック、でした(≧∇≦)

daiyuukiさんのこのコメントを拝見してから、
何度か近所のレンタルショップに足を運んだのですが、毎回借りられていまして(ノ_・。)
予告も面白そうだったので、これは絶対近いうちに観てみます♪

>ジェニファー・ローレンス

すごく魅力的な女優さんですよね~(*^m^*)
「ウィンターズ・ボーン」を観た時に、同性ながらドキッとしてしまいました。
何だか気だるそうな感じが、妙に色気ありません??(笑)
「ハンガー・ゲーム」もツッコミ所満載ながら、何だかんだで楽しめました♪
これから大注目の若手女優さんですね!^^
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/09/01(日) 21:12 [Edit
すーちゃん、まいちゃん、さわこさん、見ました
益田ミリさんの原作の魅力であるアラサー女性の本音をゆるいユーモアたっぷりに描いていて、主人公の悩みや葛藤に共感して、応援したくなる映画でした(^_^)v ジョゼフ・ゴードン・レビット主演のLOOPERルーパーと生田斗真主演の脳男も、面白かったです(^_^)v
by daiyuuki #-
2013/09/05(木) 20:39 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、おはようございます♪

>すーちゃん、まいちゃん、さわこさん、見ました

あっ、前に教えて頂いた映画ですね^^
もうレンタル開始されたみたいですね、私も探してきます☆
アラサー女性……まさに私の事ですね(=v=)認めたくないけど!(笑)

>ジョゼフ・ゴードン・レビット主演のLOOPERルーパー

これは設定がすごく興味アリなので、近々観てみたいと思います♪
ジョゼフ・ゴードン・レビット君の、あのふわふわした笑顔は今回は封印でしょうか(笑)
どんな役でもしっくりくる俳優さんって貴重ですよね~(*^-^)

>生田斗真主演の脳男も、面白かったです(^_^)v

脳男ですか~普段観ないタイプの映画ですが、
daiyuukiさんオススメならちょっと気になるなぁ。。。
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/09/07(土) 07:44 [Edit
鍵泥棒のメソッド見ました
堺雅人、香川照之が主演している「鍵泥棒のメソッド」見ました。堺雅人演じる売れない役者と香川照之演じる殺し屋の人生が入れ替わったことで起きる大騒動を描いています。堺雅人、香川照之の二役の演じ分けも面白かったし、香川照之と広末涼子のラブコメディもキュンとしました(≧∇≦)
by daiyuuki #-
2013/09/08(日) 08:58 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、こんにちは~♪
またまたお返事が遅れちゃってごめんなさい><

>堺雅人、香川照之が主演している「鍵泥棒のメソッド」

おぉ、これも面白そうですねぇ(*^-^)
堺雅人さんって何気に結構好きです。あの微妙な薄ら笑いが…(失礼!爆)
早速観たいDVDのリストに入れておきますよ♪いつもありがとうございます^^

映画も沢山観たいのがあるのですが、
実は録画してある海外ドラマがたっぷり残っていまして…
「リベンジ」とか「ホームランド」とか、20時間分くらい溜まってます(笑)
「ゲーム・オブ・スローンズ」だけは毎週欠かさずスターチャンネルで観ているのですが、
他のはなかなか鑑賞する時間がなくて、HDDに溜まる一方です~('ー')
まずはこちらをさっさと片付けてしまわないと。。。
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/09/16(月) 15:05 [Edit
アメリカのドラマ良いですね
アメリカのドラマ良いですね(≧∇≦) 私は、「glee」にハマっています。アメリカの高校を舞台にはみ出し者が歌い踊る合唱部で、自分の個性や可能性を育てて成長していくというストーリーで、毎回ハイレベルのパフォーマンスを楽しめます。ゆっくり楽しんでくださいね(^_^)v 感想楽しみに、しています。
by daiyuuki #-
2013/09/20(金) 07:26 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、こんにちは~♪
いつもコメント嬉しいです((o(*^^*)o))

>私は、「glee」にハマっています。

おっ、「glee」ですか!
私も以前ちょこっと観た事がありますが、面白かったですね~☆
皆さん歌のレベルがかなり高いですよね。プロか!?と思いました('ー')

「アメリカン・アイドル」とか「Xファクター」も毎年観ていますけど、
日本と海外の歌のレベルは桁違いだな、と思います(大きな声では言えませんが…笑)
アメリカやイギリスは、何故あんなに歌の上手い人が多いんでしょうね??^^

とりあえずこの秋は海外ドラマの消化、頑張りま~す♪
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/09/21(土) 17:34 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
31位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。