06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.31 *Wed*

6月☆ブクログまとめ


映画に続き、6月に読んだ本をブクログでまとめ。
今日は7月最後の日なので、かなり切羽詰まってます(笑)

読んだ本の数:9冊(小説6冊・漫画2冊・雑誌1冊)


nanaco☆の本棚 - 2013年06月 (9作品)

ふと読みたくなって、久しぶりに再読。
やっぱり素晴らしいですよ~大好きです!!!

死人を土葬にする、深い森に囲まれた村。
ある日を境に、次々と人が死んでいく。自覚症状なし。
夜中に引っ越してきた住人。隠れるように転居する村人達。
この小さな村では一体何が起こっているのか?

この後の展開が分かっているにも関わらず、ドキドキしてしまう。
閉鎖的な村の感じが何とも言えず好きだ。




次々と死んでいく村人達。
人々に共通するのは、何かに憑かれたようにボーッとしている。
一見夏風邪のような症状。でも熱はなく、ひんやりとしている。

疫病か?それとも……

夏野君と徹ちゃんのやりとりが好きでした。
よく考えたら二人って、年齢差があるはずなのに不思議と同級生みたい。

以前この作品を読んだ後に、藤崎竜さんの漫画版を読んだせいで、
キャラがあの絵で定着されちゃって、頭から離れません。
特に正雄君…(笑)




夏野と田中姉弟は、「起き上がり」の正体を知る。
それは、既に死んだはずの村人達。
死んだ人間を再び眠らせるには?

郁美さんの言動は、何だかオオカミ少年を思わせます。
普段から信用されていない人は、
いざという時本当の事を言っても、誰にも聞いてもらえない。
それを上手く利用した桐敷家、恐るべし…!

常識、理性という壁に阻まれて身動きが取れない夏野の父親、
何と愚かな、、、と思うけど、多分自分でも同じようにしかできない。




ここまで人が死に過ぎると、だんだん麻痺してくる(笑)
それでも登場人物の書き分けができているのが、小野さんの凄い所。

屍鬼になってからも、生前の性格が失われる訳ではない。
勿論記憶や、愛する人達への感情もそのまま。
だけどどうしようもなく飢える。襲わなければならない。
屍鬼の苦悩、葛藤が悲し過ぎる。

「どうせ殺されるんなら、どうせ殺すしかないなら、
自分が殺したほうがましだと思った気がするんです。」

永遠の眠りにつくまで、ずっと罪の意識に苛まれるのだろうか、、、




村人達の屍鬼狩りが始まる。

屍鬼を狩る人間はむごいと思うか?
相手は既に死んでいる人間なのだから、葬るのは当然と言える。
では、屍鬼は悪か?と問われると、必ずしも首肯できない。
そのあたりの線引きができない人間が、静信なんですよね。

静信派か、敏夫派か、はっきり分かれそうな所ですが、
以前読んだ時よりも静信の気持ちが分かるような気がします。

文庫で5冊という超大作ですが、
これから先も何度も読み返すであろう作品です。
やっぱり好き!!!




毎回この漫画には泣かされます~。

今回はザジの過去編。
あぁ、もう涙腺が……(ラグはさらに泣いてますが。笑)
ご両親の言った通り、まっすぐな子に育っていますね!
ヴァシュカの小さい頃も可愛かった。

エミルはなんだかんだで不憫な子。。。




ポアロシリーズ6作目。

ここまできたら、クリスティーの思考回路が分かってきそうなものだけど、
やっぱり最後のどんでん返しで気持ち良く騙されてしまう(笑)

「邪悪な家」というタイトルに相応しく、
悪意、嫉妬…ドロドロとした感情が渦巻いている作品でしたね。
表向きは優雅だけど、その仮面の下は、、、

岬の先に建つエンド・ハウスの、若く美しい女主人ニック。
彼女は3度も命を狙われるが、運良く命拾いをする。
ポアロに助力を仰いだニックは、ポアロの目の前で狙撃され…

むぅ、これまた予想外の犯人でした!
確かに犯人に行きつくための要素は完全に提示されるのですが、
巧みに意識を逸らされてしまうのが、さすがクリスティーです。

愛しのヘイスティングズ君も登場してくれて、嬉しかった(笑)




まさか原田先生が表紙になるなんて…!
オヤジパワー全開の熱い巻でした。

千早と太一、完全になりきってる二人に笑いました。。。
太一の照れ具合が何とも言えず(笑)




特に印象に残っているのが「満員のエベレスト」。

最近、とかくエベレストの話題が出ているけれど、
ここまで超満員だとは思わなかった!!
なんと岩壁で2時間も登頂の順番待ちをする事もあるとか。

そして経験不足から自分の体力を過信して、
引き返すタイミングを判断できず命を落とす人もいる。
さらには山頂にはごみや汚物が山積みされているらしい…

どうにかならないものなのか?
ネパール政府にとってエベレストが金のなる木だとすると、
政府側の入山者規制も望み薄なんだろうなぁ。

powered by booklog


ライン


先月は小野不由美さんの「屍鬼」を再読しましたかお
怖いし、おぞましいし、痛々しいほどに哀しい物語なんだけど。大好きな作品です!
夏が来ると読みたくなります。


*おまけ*

奥芝商店 駅前 創成寺
奥芝商店 駅前 創成寺 posted by (C)nanaco☆



先日ランチで行った「奥芝商店 駅前 創成寺」。
新しく札幌駅前のビルにできたスープカレー店ですきもち

チキンレッグカリー980円。おくおくスープ(エビスープ)で+100円。
大好きなオクラをトッピングしてもらいました!

むむ…美味しいが、やはり本店には敵わないぞ。
辛さ3番ですが、エビスープのせいかむしろ甘さを感じます(笑)
スパイシーさはなく、初心者でも挑戦しやすいスープカレーだと思いますきもち

北海道札幌市中央区北4条西1丁目 ホクレンビル B1F

関連記事

COMMENT

こちらにもお邪魔してま~す(^^)v

『屍鬼』の再読、お疲れさまでーす!
っていうか、大好きな作品を読んで
疲れるわけないですね(^_^;)
怖いけど、それ以上に哀しいお話…
いつまでも心に残る作品ですよねっ(^_-)-☆
何だか夏野に会いたくなってきました~♪
私もいつか再読しよっと!!

スープカレー、具だくさんで、
めちゃめちゃ美味しそう(><)
チキンレッグでボリューム満点ですね!
あ~食べたーい!!
暑くても全然食欲がダウンしないのは何故?(笑)
by miwa125 #-
2013/08/02(金) 18:09 [Edit
nanaco☆さん、こんばんは。
この時期は屍鬼って感じですよね。
はやく十二国記でてほしいです。

ちはやふる2もアニメが終わってしまって
(しかも終わり方が続編が出るような終わり方)
先が気になってしょうがないんですよね。

今は今月出た黒バス読んでます。
秋くらいからアニメ2期が始まるみたいなので今から楽しみです。

スープカレーおいしそうですね。
ひとつ前の記事の写真がとてもキレイです。
by Cedie #SFo5/nok
2013/08/02(金) 21:25 [Edit
こんばんは☆
お久しぶりです!

もういつの間にか8月だねぇ。
月日の流れの早さに改めてビックリ・・・。
夏バテなどは大丈夫??

いつも密かにナショジオの
レポートを楽しみにしてる私です。笑
エベレストを登るのに、岩壁で2時間待ちとは!?
ディズニーランドを思い出しちゃったよw

スープカレー、美味しそうっ♪♪
夏に食べるスープカレーもいいかもね~。
オクラとナス、夏野菜たっぷりでいいね☆
by Yuri #VwWRwSIk
2013/08/03(土) 00:33 [Edit
おはようございます♪

ちはやふる懐かしいです(*´ェ`*)
私もアニメでは見ていましたよ~*^^*
でも何故か最近は放送してくれません><

色んな本を沢山読んでますね。b
私も一昨日の朝刊に出ていた、犬の実話の本を買いました☆
読み終えた感想は、ん~切ないし可哀想!!!

奥芝商店 駅前 創成寺のスープカレーとっても美味しそうですね。b
私もオクラ大好きなので、いつもメカブと舞茸とオクラを混ぜてあわせるのが大好物です^^
by Yuki #-
2013/08/07(水) 06:52 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こちらにもコメントありがと~♪(*^_^*)

>『屍鬼』の再読、お疲れさまでーす!

夏になると、何故か「屍鬼」が読みたくなりますね^^
読み進めていくうちに、だんだん背筋が寒くなってくるからでしょうか(笑)
勧善懲悪が存在しない本だから、読む度に感情移入するキャラが変わりそうですよね><
でも夏野の好感度は安定してます^^;あと徹ちゃんも好き。。。
miwaさんも再読するなら、やっぱり夏がオススメですよ~♪

>スープカレー、具だくさんで、
>めちゃめちゃ美味しそう(><)
>チキンレッグでボリューム満点ですね!

スープカレー、美味しかったです☆
でも正直スープカレーの味よりも、隣にいた小学生の男の子二人が、
ものすごい勢いで食べていた事の方が記憶に残っています(笑)
最近あまりスープカレー巡りしていなかったので、
暑さが落ち着いてきたら、またぼちぼち始めようと思います~(*^-^)

>暑くても全然食欲がダウンしないのは何故?(笑)

それは……miwaさんが食いしんぼうだからです!(キッパリ)
でも夏こそいっぱい食べて、暑さ・ダルさに打ち勝たなくちゃですよぉ('ー')
まだまだ暑い日が続きそうですが、もりもり食べて乗り切って下さいね!
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/08/11(日) 17:09 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんにちは~♪
お返事が遅れちゃってゴメンナサイ(ノ_・。)

>この時期は屍鬼って感じですよね。

ですよねぇ~^^
今回「屍鬼」再読して、やっぱり永久保存版だ!と再確認しました(笑)
怖いんだけど哀しい、こういうホラーって自分の中ではかなり評価高いです。
また来年の夏に再読しちゃうかも(*^^*)

>ちはやふる2もアニメが終わってしまって
>(しかも終わり方が続編が出るような終わり方)
>先が気になってしょうがないんですよね。

「ちはやふる」結局アニメ2期も見逃しちゃいました~;
漫画しか読んでいないですが、バトル物みたいに勢いのある作品ですよね((o(^-^)o))
今度一気にDVD借りて観てみようかしら♪

>今は今月出た黒バス読んでます。
>秋くらいからアニメ2期が始まるみたいなので今から楽しみです。

今回の黒バスも面白かったですね!!
誠凛も海常も両方良いチームだから、どちらが負けても辛いです;
アニメ2期も待ち遠しいですね♪またEDとか凝ってるのかな~><
アニメといえば最近「Free!」を観てますが、これもなかなか面白いです☆
凛ちゃんの小さい頃が可愛すぎてツボです。。。
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/08/11(日) 17:20 [Edit
Yuriちゃんへ
Yuriちゃん、こんばんは~♪
お返事が遅れちゃってごめんね(T-T*)

>もういつの間にか8月だねぇ。
>月日の流れの早さに改めてビックリ・・・。
>夏バテなどは大丈夫??

むしろYuriちゃんの方が心配だよ~(笑)
夏バテ、大丈夫??こちらは暑いといっても30℃を超える日はほとんどないから…
毎日ニュースを見る度に本州の人達は大丈夫だろうか、、、と心配してます(--,)
オフィスの冷房と外の殺人的な暑さ…ホント体調を崩さないように気を付けてね!

>エベレストを登るのに、岩壁で2時間待ちとは!?
>ディズニーランドを思い出しちゃったよw

そうそう、私もこの記事を読んで初めて知った事です。
世界遺産登録された富士山も、こんな状況になりつつあるのかなぁ…
それにしても岩壁で2時間って、考えるだけでも辛そうだよね(笑)

>スープカレー、美味しそうっ♪♪
>夏に食べるスープカレーもいいかもね~。
>オクラとナス、夏野菜たっぷりでいいね☆

暑い夏こそスープカレーだね~('ー')
ちょっとした夏バテも、スパイスの効いたスープで吹き飛んじゃうかも(笑)
オクラ、ナスの他にもキャベツ、ピーマン、玉ねぎにカボチャ、、、
スープカレーは野菜をいっぱい摂れるので嬉しいです☆
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/08/11(日) 20:19 [Edit
Yukiちゃんへ
Yukiちゃん、こんばんは~♪

>ちはやふる懐かしいです(*´ェ`*)
>私もアニメでは見ていましたよ~*^^*

おぉっ、Yukiちゃん「ちはやふる」ご覧になってましたか♪
私はアニメは未見で原作漫画だけなんですけど、これ面白いですよねぇ(*^-^)
なんかそこらへんの少年漫画よりもアツイというか、燃えるというか(笑)
バトル漫画じゃないのにバトル展開なのが、個人的なツボだったりします。。。

>色んな本を沢山読んでますね。b
>私も一昨日の朝刊に出ていた、犬の実話の本を買いました☆
>読み終えた感想は、ん~切ないし可哀想!!!

動物系のお話は私も大好きなんですけど、ツライですよね…><
何度か実話の本を買いましたが、胸が痛くていつも最後まで読めません;
前に観ていた海外ドラマ「リベンジ」でも、犬の最期のシーンが悲しくて悲しくて、
結局それ以降のお話が頭に入ってきませんでした(ノ_・。)

>奥芝商店 駅前 創成寺のスープカレーとっても美味しそうですね。b
>私もオクラ大好きなので、いつもメカブと舞茸とオクラを混ぜてあわせるのが大好物です^^

メカブと舞茸とオクラですか??それめっちゃ美味しそう~~♪
めんつゆとか梅ドレッシングで和えても美味しそうですね^^
ネバネバ系大好きなので、私も今度試してみま~す(*^_^*)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/08/11(日) 20:40 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
31位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。