FC2ブログ
Welcome to my blog

「風神秘抄」荻原規子

ななこ


風神秘抄
著者:荻原規子
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
坂東武者の家に生まれた十六歳の草十郎は、腕は立つものの人とまじわることが苦手で、一人野山で笛を吹くことが多かった。源氏方として平治の乱に臨んだ草十朗は、敗走し、主と慕う源の義平を失ってしまう。絶望したそのとき、草十郎は京の六条河原で死者の霊を鎮める舞を舞っていた少女・糸世と出逢い、引き寄せられるように笛を吹く。すると、二人の笛と舞から、死者を送り、人の命と未来を変える不思議な力が生まれたのだった。さらに、草十郎は自分に「鳥の王」と言葉を交わす異能がそなわっていることに気づく。しかし、二人の持つ力に気づいた後白河上皇が二人を利用しようとして…。



本を読んで泣いたのは久しぶりです~かお
600ページ弱の厚みのある本なので、寝る前にちびちびと時間をかけて読みました。


舞台は平安時代末期。時代的には<勾玉三部作>の後という設定ですね。


物語の冒頭部分は平氏VS源氏の戦いが、約40ページにもわたって描かれているので、
この部分だけで読むのを躊躇してしまう方も、少なからずいるのではないかと。。。

でもここを過ぎれば、一気にファンタジー色たっぷりの荻原ワールドに突入ですきもち



不思議な力を持つ魂鎮めの舞を舞う糸世と、笛で人や獣の心を動かしてしまう力を持った草十郎
二人の舞と笛の調べが重なる時、人の寿命を操るだけの大きな力が発生してしまうのです。

その力ゆえに、心ならずも二人は引き裂かれることに。。。

草十郎は糸世を取り戻すためにカラスの王である鳥彦王と旅に出ることになります。
鳥彦王のおかげで、毎朝見るカラスたちに愛着が沸くようになってしまいました(爆)

カラスの中にも王がいて、上下関係があって…という世界が面白いです。



今回のヒロイン糸世は、荻原さんの他作品の例に洩れず、元気で気が強いキャラですが(笑)
草十郎は勾玉三部作の男性陣に比べると、かなり男らしい部類に入るかも。

特に「空色勾玉」の稚羽矢なんて、中性的な雰囲気を持った美形キャラだったので、
それに比べると草十郎は、典型的な朴念仁タイプで男男してる気がしますきもち


物語全体で見ると戦闘シーンはあちこちにあるのですが、血なまぐささは一切ありません。
今にも糸世の神秘的な舞や、異世界への入り口が見えてきそうな程でしたかお


<勾玉三部作>
空色勾玉
白鳥異伝
薄紅天女


風神秘抄風神秘抄
荻原 規子

徳間書店 2005-05-21
売り上げランキング : 112652

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 10

There are no comments yet.
☆Yuri☆  
Re:*風神秘抄* 素晴らしいです!(11/23)

nanacoちゃん、お久しぶりっ☆

元気にしてた〜?

あ、それより、nanacoちゃん誕生日だったんだね。

少し遅れましたが、Happy Birthday♪♪

ダーリンからのiPodいいねぇ〜。

私、iPodって使った事ないんだよねぇ。

そろそろ買ってみようかなぁ、と考え中・・。

2007/11/23 (Fri) 14:26 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:*風神秘抄* 素晴らしいです!(11/23)

こんばんは!

本当に荻原先生の作品は素敵ですよね。私も大好きです。何度も読み返したくて、徐々に古本で集めはじめ、残すところ、4冊となりました。

 発売当事にすぐ読んで、読み返ししてないのであやふやですみません。たしか鳥彦王は「空色勾玉」の鳥彦と関連がありましたよね。確かに、次も活躍して欲しいユーモラスでかつ老人の知恵を持ったようなキャラクターだったような記憶が…。

2007/11/23 (Fri) 17:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Re[1]:*風神秘抄* 素晴らしいです!(11/23)

☆Yuri☆ちゃん

お久しぶり〜♪お帰りなさいっ(*^o^*)

ありがとう^^iPodかなり重宝してるよ〜

通勤は片道1時間はかかるから、iPod聴きながら本読んで自分の世界に浸りきってる(笑)

他のポータブルオーディオより使い勝手良いからオススメです!

後からYuriちゃんのところにも遊びにいくね♪

2007/11/23 (Fri) 19:19 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Re[1]:*風神秘抄* 素晴らしいです!(11/23)

茨木 月季さん

こんばんは♪

荻原先生の作品は本当に時間をかけて丁寧に描かれているんだなぁ、と実感します。あとがきの参考文献の量を見ても分かりますよね(>_< )きっとあれでも一部なんでしょうが。。

私も荻原先生の本だけは一生手元に置いておきたいです。好きな時に好きなだけ読み返したい…



「空色勾玉」でも鳥彦王登場してましたね♪時代的には「空色勾玉」が一番最初なので、「風神秘抄」の鳥彦王の祖先が「空色勾玉」の鳥彦王になるんでしょうか。頭が良くて口が悪いのは鳥彦王の座についたものの宿命なのかもしれないですね(笑)

2007/11/23 (Fri) 19:25 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:*風神秘抄* 素晴らしいです!(11/23)

はい、は〜い!!冒頭の戦闘シーンで挫折した一人でぇっす☆^ ^;

はぁ。。。

はじめから糸世ちゃんが登場さえしてくれれば・・・って、言っちゃダメw?



とりあえず、勾玉三部作を読破してから再び読んでみようと思います♪

・・・読んだらきっと泣くんだろうなぁ^ ^;

2007/11/23 (Fri) 22:11 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
こんにちは☆

読んだことないですがかなり興味をそそられる本です。(≧∀≦)児童書になるんですか?

勾玉三部作もそうですが、かなり厚みがあるんですね。( ̄▼ ̄|||) 荻原さんの本は読んでみたいと思っているのですが、勾玉以外手を出せずいるんです・・・nanaco☆さんの感想をきいてぜひ読んでみたいです!!

2007/11/23 (Fri) 22:34 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Re[1]:*風神秘抄* 素晴らしいです!(11/23)

エンブレムTさん

ちびちび毎晩読んでいってやっと読み終わりました(笑)

初めの戦闘部分、何気にけっこう長いですからねぇ^^;まぁ本自体が長いので、全体的にみるとほんのちょっとなんですけどねw

確かに糸世ちゃんとか最初に出てきたら一気にハマっちゃうかも!



読みやすさ的には勾玉三部作のほうが断然読みやすいです。やっぱ戦いも神がかり的なものを感じるからかなw

2007/11/24 (Sat) 08:13 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Re:こんにちは☆(11/23)

Cedieさん

おはようございます☆

とっても良い本でしたよ〜♪一応児童書の括りになっていますが、明らかに大人向けじゃないかと…^^;

勾玉シリーズよりは後の時代なので神話という感じではないけれど、荻原先生の不思議ワールドは健在です♪

機会があったら是非是非読んでみてくださいねっ(*^o^*)

2007/11/24 (Sat) 08:19 | EDIT | REPLY |   
あしのは  
こんばんわ☆

荻原さんは私も大好きです。

「風神秘抄」、読み直してみたくなりました。

空色から読み直してみようかな、、、



しばらくミステリー漬けだったので、思い出させてくれてありがとうです〜(^^;

2007/11/24 (Sat) 21:33 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Re:こんばんわ☆(11/23)

あしのはさん

コメントありがとうございます♪

おぉ!荻原ファンだったんですね(*^o^*)嬉しいです!

勾玉シリーズも風神秘抄も本当に素晴らしい物語ですよねっ♪一生手元においておきたい本のひとつです(=^^=)

私は最近はファンタジー漬けなのでそろそろミステリかな…笑

2007/11/25 (Sun) 07:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply