FC2ブログ
Welcome to my blog

「八百万の神に問う1 春」多崎礼

ななこ


八百万の神に問う1 春
著者:多崎礼
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
楽土の門をくぐらんとする者達よ、心して聞け。傷つき疲れた「人」のために、楽土はある。この地に争いはない。が―楽土の門は天路ノ国の北の果てに開かれた。かの地で人は、“音導師”に助けられ争うことなく穏やかに暮らす。楽土へ至る神の約定はただひとつ―多崎礼の新世界、ここに開幕。




心を綺麗にしてくれるファンタジーって、最高ですね~きもち

楽しい気持ちになれるだけじゃない、
切なさや悲しみを優しさで包み込んでくれるようなファンタジー。
そういう作品に出会えた時の感動は、何物にも代えがたいんですよね。。。かお

多崎さんは「煌夜祭」「本の姫は謳う」「夢の上」と、デビュー作から追いかけてきましたが、
どの作品にもチクリと胸を刺すような、小さな痛みがあって。
でもそれをふんわりとオブラートで包んだかような温かさが残ります。

今では大好きな作家さんの一人になりましたきもち


イラスト



前作「夢の上」が、とてもとても素晴らしかったので、
今シリーズは、いやがうえにも期待のハードルが上がってしまいます…!
しかも今回は和風ファンタジーとの事だったので、どうなることやらと心配していましたが、、、

結論。やっぱり多崎さんは間違いないっ!!

主人公は三十路の女性。正直、表紙絵見て少年とばかり思ってたよー。
多崎作品の中では、若干毛色が違うタイプかもしれませんきもち

イーオンというこの女性、やたらと酒好きで、いつも飲んでばかりいるこもの
それだけで個人的には妙に親近感が湧くのですが(笑)彼女の仕事はちょっと特殊なんです。
諍いは「音討議」と呼ばれるディベートによって収める。それが「音導師」のイーオンの仕事。

「夢の上」ほどの重苦しさはなく、どちらかというとライトな読み心地ですね~かお
でもいつもながら情景描写が美しく、これを映像で観られたらなぁ、と思っちゃいます。
(新海誠監督あたりが作ってくれたら、、、なんて妄想。笑)

物語は、まだ導入部といったところで、この世界観に馴染むための一巻目ですねきもち
このシリーズは全4巻になるそうで、春、夏、秋、冬と季節に合わせて刊行されるとの事。

イーオン自身の過去にも徐々に迫っていく事になるのでしょう。
8月に出る<夏>の巻が待ち遠しいです。これからの期待も込めて☆5つ!!!


◆こんな人にオススメ◆
ファンタジーが好きな人
季節を感じながら本を読みたい人




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     にほんブログ村
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
miwa125  
期待どおり面白かったですね!!

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

>やっぱり多崎さんは間違いないっ!!
「本の姫は謳う」はまだ読んでないですが、、
私も激しく首を縦に振るくらい同感です!!!(*^^*)
これからもず~っと期待しながら
追いかけたい作家さんですよね(*^^)v

イーオンの音討議、しびれるほどカッコ良かったし、
めっちゃ感動的でしたね~♪
音叉の音が雷鳴っていうのも、
何だかイーオンらしくて良かったかも…(*^m^*)

イーオンの過去も、いつかは明かされるんでしょうけど、
何だかめちゃめちゃ痛々しそうですよねぇ…><

どんな結末が待っているのかも楽しみだけど、
とりあえず、夏の巻を楽しみに待ちましょうねっ(^_-)-☆

*nanaco☆さん、TBありがとね~(^O^)/
こちらもお返しのTB頂いていきまーす☆

2013/06/27 (Thu) 18:11 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

>音叉の音が雷鳴っていうのも、
>何だかイーオンらしくて良かったかも…(*^m^*)

あっ、それ私も思いました~!!
雷鳴が鳴り響くと、訳もなく胸がいっぱいになったりして(ノ_・。)
全然泣き所じゃないのに、ちょっとウルウルしちゃいましたね(笑)

登場人物も、皆キャラが立っていましたよね~(*'ー'*)
オヤジキャラ(?)のイーオンは勿論、miwaさんの好きなカンナミも素敵だったし、、、
サヨも良かったけど、ちょっとイーオンの陰に隠れちゃってたかなぁ??^^;
個人的には結構タイガも好きだったりします。あの残念な所が…(笑)

最初は、多崎さんが和風ファンタジーってどうなんだろう?と少し不安だったんですが、
どうやらそんな心配も杞憂に終わったようですねぇ(*^-^)
どんな題材でも多崎さん風に美味しく調理してくれるんだ、と実感できた作品でした☆
まだ1/4なので序章という感じでしたけど、これからの面白さを十分に予感させるような…

>どんな結末が待っているのかも楽しみだけど、
>とりあえず、夏の巻を楽しみに待ちましょうねっ(^_-)-☆

夏の巻、今からすごく待ち遠しいですね~♪
いつもは全巻集めて一気読みする所ですけど(続きが気になるから…)、
今回は季節に合わせて出るというのが、すごく新鮮ですよね(*^_^*)
夏の暑~い時期に、爽やかな風を感じながら読みたいなぁ。。。
また8月になったら、たっぷり語り合いましょう!!!

*miwaさん、お返しTBありがと~(^_-)-☆

2013/06/29 (Sat) 19:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply