10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.11 *Tue*

5月☆ブクログまとめ


まだレビューを書いていない本が何冊かありますが、、、
忘れないうちに5月に読んだ本をまとめておきます!

先月に引き続きハマっている「進撃の巨人」。
も~残酷だし、キモチワルイし、救いようがないし。
……それでも読まずにはいられないこの吸引力、恐るべしかお


読んだ本の数:14冊(小説5冊・漫画8冊・雑誌1冊)

nanaco☆の本棚 - 2013年05月 (14作品)

やっぱりびっけさんの世界観は最高です!!
そしていつもながら水彩画タッチの表紙、扉絵が美しい。。。

エリザベス女王の影武者ロバート、
エリザベスの腹心の部下ウィリアム・セシル、
表向きは宮廷の馬屋番ながら、実は影武者の監視役のフランシス。

エリザベスの凛とした美しさ、強さと、
彼女を取り囲む男性陣の麗しさに、クラッとしてしまいます(笑)

個人的に好きなのはフランシス。
ロバートが影武者だと(そして男の子だと)気付いた??鋭そう…
次巻が待ち遠しいです!!




ブラッドベリ、やっぱり良い!!

以前読んだ「10月はたそがれの国」ほどのインパクトはないものの、
どれも美しい情景描写の中に、ヒヤリとするような怖さがあり。
文章に酔いしれる事の楽しさを思い出させてくれます。

最初の「青い壜」から引き込まれました。
死に絶えた廃墟の町を進む二人の男。彼らは<青い壜>を探している。
その中には一体何が入っているのか??オチも秀逸です。
冷たい月に照らされた骨と砂塵だらけの都市の描写が素晴らしかった。

「十月のゲーム」の恐ろしさ!!思わず2度読み返してしまった(笑)
ハロウィーンに、地下室の闇の中で行われるゲーム…

過去から既に死んだ作家を連れてくる「永遠と地球の中を」も好き。
これは長編で読んでみたいなぁ。




ノンフィクションは苦手なのですが、
興味がある分野については、楽しく読めるんだと実感した本です(笑)

GWにドライブがてら函館五稜郭、江差方面まで行ってきました。
江差には大好きな開陽丸があり、しばし箱館戦争に思いを馳せます。
(ちなみに開陽丸は復元ですが、海底から引き揚げられた
砲弾やサーベル、食器等が展示されていて大興奮!)

話が逸れましたが、
この本は簡単に言うと新選組の副長・土方歳三の伝記です。
小説のような派手さ、華々しさはないものの、
とても読み易い文章で書かれていて、すごく面白い。

彼は薬売り→新選組副長→陸軍奉行並まで上り詰めたのだから、
今更ながら、すごい大出世だなぁと思う。

箱館政府で、陸軍奉行並の役職に就いた歳三が、
実際に新選組を直接指揮する事はなかった…等という点についても、
創作と史実の違いを知る事ができて、勉強になりました。

小説、ドラマでは多分に脚色・美化されている部分があるにせよ、
今回このノンフィクションを読む事で、ますます歳三の虜になりました!




イトナ君登場!暗殺者のレベルがグンと上がりましたね~!
今までは絶対に殺されないという安心感(?)があったけど、
殺せんせー少々ピンチです。

相変わらずE組以外の生徒の醜悪さといったらない、、、
自分より出来の悪い人間がいると、他人を見下す事で安心感を得る。
何だか醜さが顔に現れているのが分かりやすいです。

渚クンとカエデちゃん、いつもながら可愛くて癒される。




女型の巨人の正体、そして壁に隠された秘密…

次々と謎が明らかになるものの、また新たな謎が浮上してきます。
ここまで先の展開が読めない漫画は初めてかもしれない!

「仕方無いでしょ? 世界は残酷なんだから」
ミカサの言葉があまりにも核心を突いていて、重くのしかかってくる。
ミカサは強いな。彼女の目的はいつでもブレる事がない。
エレンに救われた命。エレンを守るためだけに生きているんだろうなぁ。




うぁ~キモチワルイ。けど読んじゃう!
巨人の捕食シーンばかりが強烈で、印象に残っちゃうけど、
ストーリー自体も予想外の展開になってきましたね。

人間の言葉を解する(どころか喋れる)猿型巨人。
そして巨人に襲われた村から消えた人間達の謎。

この先は知りたくない、だけど続きが気になって仕方ない。




多崎さんの新シリーズ!!
イラストレーターは「夢の上」と同じ天野英さんで、嬉しい限り。

「煌夜祭」から追っかけ続けてきましたが、
本当にこの作家さんの描く世界観は素晴らしいな、と思います。
誰もが抱える切なさ、痛みを、人間の温かさでふんわり包んでくれる。
自然と涙が出てきてしまうような優しさに溢れています。

今回は和風ファンタジーという事で、今までとは毛色が違います。
傷つき疲れた人のために存在する土地<楽土>。
そこでは悲しみも苦しみもなく、皆が穏やかに暮らす事ができる。
たまに起こる諍いも<音導師>が<音討議>によって収める。

…という、なかなか特殊な設定なのですが、そこはさすが多崎さん。
読み進めていくうちにスッとこの世界に馴染む事ができます。

表紙のイーオンは、最初少年かと思いましたが、
どうやら相当酒癖&口の悪い三十路の女性らしい(笑)
でも大きな猫さんとのコンビが微笑ましく、彼女が主人公で良かった!

このシリーズは、「春」「夏」「秋」「冬」と季節に合わせて出るようで。
いつもは全巻揃えて一気読みが基本ですが、
今回は過ぎ行く季節を感じながら、リアルタイムに読んでいきます♪




相変わらず熱い展開だ!!
赤司君ドーンの表紙に比べると、今回はかなり地味目なんだけど、
中身はまるまる1冊誠凛VS海常戦で、とにかく燃える。
誠凛も海常も良いチームなので、どちらも応援したくなりますね~。

火神クンの「これは俺たちのドラマだ」発言、クサイ!と思ったけど、
やっぱり皆さんツッコんでましたね(笑)

無敵の黄瀬君の勢いを止める事はできるのか??
次巻が待ち遠しいです♪




ポアロシリーズ5作目。

青列車の秘密、、、
ブルートレインの秘密の方がカッコイイと思うんだけど(笑)
タイトルはさておき、個人的にはとても楽しめました!

列車内で起こる殺人事件。
ある大富豪の娘が、寝台列車ブルートレインの中で殺害され、
高価な宝石<火の心臓>が盗まれる。

車中には、偶然乗り合わせた別居中の夫、
莫大な遺産を相続する事になった田舎娘、そして探偵ポアロ。

今回もやっぱり男性陣はヘタレです。イケメンなのにヘタレ!
これはもうクリスティー作品においてはデフォルトなんでしょうかね(笑)

ポアロとキャサリン・グレーの、
適度な距離感のある友情が、読んでいて心地良かったです。




最も続きを楽しみにしている漫画の一つです!

貧困、格差社会、搾取する側とされる側。
少年誌に連載するには、あまりにも重いテーマではありますが、
その分とてもリアルで、毎回引き込まれます。

ティトス君の正体が明らかになり(切ない…)、
さらにモガメット学長に抱いていた、小さな違和感にも納得。
可愛い絵柄でサラッと描かれているけれど、結構凄まじい話です(笑)

ついにレーム帝国との全面戦争に突入か!?
次巻はアリババ君も登場しそうで、ますます楽しみです♪




一体どうなるの、この漫画?
何気なく衝撃的な事実が明らかになって、二度読み返しました(笑)

クリスタ(天使!)やユミルの秘密。そして鎧の巨人。
このあたりで1巻から再読して、頭を整理しておいた方がいいかしら。
今までの巻で出てきたエピソードが重要な伏線になっていますね。

とはいえ、まだまだ謎ばかりです。
主人公エレン自身の謎(地下室にあるものは?)に加え、
巨人達がエレンを殺さず、あくまでも拉致しようとするのは何故?

作者の頭の中では、既に着地点が見えているのでしょうか。

怖さ、気持ち悪さ、不気味な世界観。
それでもどうしても続きを読まずにはいられない稀有な漫画です。




「極北の孤島に生きる」の写真に目を奪われました!
ロシアのウランゲリ島という場所に生きる野生動物達の特集です。

ハクガンの卵をこっそりくすねてくるホッキョクギツネ。
岩場で獲物を分け合う大量のホッキョクグマ。
真っ白な雪原でにらみ合う2頭のジャコウウシ。

野生の動物はたくましいな。
世界で最も立ち入り制限が厳しく、訪問者の少ない自然保護区の一つ。
真っ先に気候変動の被害を受けてしまう場所ですね、、、

「中国 大運河を行く」の記事も面白かったです。

杭州と北京を結ぶ大運河。
遥か昔、隋の時代から続いているというから凄い。

いつも揺れ動く船上で暮らすというのは、どういう生活なんだろう?
こういう風景も、いずれなくなってしまうのでしょうね。




やはり恒川ワールドは独特ですね!
ねっとりとまとわりつくような闇。背筋がスッと冷えるような怖さ。
現実と地続きでありながらも、あっという間に異世界に連れて行かれる。

沖縄は修学旅行で一度行ったきりですが、
その時はカラッと明るい、爽やかな印象しかありませんでした。

でもこの本を読むと、
それは沖縄のひとつの側面にすぎないという気がしてきます。
今思えば沖縄は、独自の文化を築き侵略という憂き目に遭った場所。
むしろ本質はこちらの方なのかもしれない、とふと思いました。

「夜のパーラー」のいやぁな後味がたまらない(笑)
表題作「私はフーイー」は、輪廻転生する娘のお話。これも良い。




え~、、、ここで終わってしまうのですね。
もっとフォンやジェイクのお話を読んでいたかったなぁ。
でもこのお話が、小説のイルゲネスに繋がるのだと思うと感慨深いです。

カレルが眼鏡を外したら、予想以上の美青年だった事に驚愕!
ギャビィとの関係は、もうちょっと突き詰めて欲しい気もしましたね。

軍服姿って素晴らしい!と再確認できた漫画です(笑)
扉絵のフォンも色気ありすぎですね。。。眼福(*^^)v
桑原先生、カチル先生、おつかれさまでした♪

powered by booklog


イラスト



ところで、ここ最近の北海道。
ついこの間まで震えながら通勤していた寒さが嘘のようです。

とにかく あ・つ・い!!!

6月に入ってから、雨は全くといって良いほど降らず、
25℃を超す日が続いて、暑さに弱いワタシには早くも地獄です。。。
(こんなんでバテてたら、本州の方達に笑われちゃうでしょうか…泣)

でも、その代わりすっきりと晴れる日が多いのでドライブには最適きもち
色々な場所にドライブに行ってます。

富士山じゃないよ…
富士山じゃないよ… posted by (C)nanaco☆

ニセコ方面へ行った時に撮った蝦夷富士です。
一瞬富士山に見えるでしょ?(笑)


風車が好きです。
風車が好きです。 posted by (C)nanaco☆

上湧別のチューリップ
上湧別のチューリップ posted by (C)nanaco☆

上湧別のチューリップ公園です。
札幌から、このオホーツク海側の上湧別まで片道約8時間…!
(あ、ちなみに高速は使わずあちこち寄り道してます。笑)


甘い香りが…
甘い香りが… posted by (C)nanaco☆

滝上の芝桜☆
滝上の芝桜☆ posted by (C)nanaco☆

こちらは滝上公園(上湧別からは車で1時間くらい)の芝桜。
公園から見える山々は、まだ雪が残っています。


帰りに「近道いくぜ!」と思って通った道が超悪路で、
一歩踏み外せば車ごと谷底へ落下しそうな道で、もう冷や汗ものでしたきもち
鹿もバンバン飛び出してくるし…とりあえず熊に遭遇しなかったのは幸運です(笑)

これからは、ちゃんと国道を通るようにします。。。

関連記事

COMMENT

nanaco☆ちゃん、こんにちは!
わあ、さすが北海道!って写真ですねv-238
ホント、富士山みたい!v-263
香川にも讃岐富士っていう山があるのですが、高さたったの422m、雪を被ったことなど一度もありません。(笑)
あ、この風車とチューリップの景色を見るのに命がけだったんですねー。v-19
芝桜もお見事すぎる!
確かに、はるばる8時間かけて観に行った甲斐があったものです。
それにしても、ホント大変でしたね。無事で良かったv-22

歳三のためにnanaco☆ちゃんがノンヒクションを読んだとは!
しかも、GWにははるばる函館まで行かれたとは、その惚れようにあっぱれですv-49
でも、それだけ夢中になれる人物が歴史上にいるっていうのも楽しいものですね!

そうそう、今日、うちの町に一つだけある本屋さんへ行って、「青列車の秘密」探したんです。
でも、売ってなかったーv-16
近々、隣町まで探しに行こうと思います。(笑)
by picchuko #-
2013/06/12(水) 16:46 [Edit
nanacoちゃん、こんばんは☆

すごーーいっ!どの写真も綺麗♪♪
蝦夷富士、私も数年前に見に行ったよー。
ホントに富士山にソックリだよねw
とても綺麗に撮れてるねー。

そして芝桜!淡~い紫が綺麗だね☆
関東にも芝桜で有名なところがあるんだけど
毎年混むから、未だに行けてないんだよね・・。
来年あたり、思い切って行ってみようかな♪

8時間のドライブ、お疲れ様でした~。
鹿がバンバン飛び出してくるなんて(>_<)
事故にならなくてよかった・・・。汗
by Yuri #VwWRwSIk
2013/06/12(水) 21:47 [Edit
こんにちわ~
今月も一杯読んでますね~~(*^^*)
気になるのはやっぱり「土方歳三 ― 新選組を組織した男」ですv-218
函館の開陽丸羨ましいです~~。私も見にいきたーい!!
そうそう注文していた「黒龍の柩」の下巻が今日届きました~~。早く読みたいです。
新選組の物語って、結末を知りながらも、ついつい読んでしまいますよね。特に土方さんのお話は。

イルゲネス!!
新章になってから積読のままだ・・・
三巻で終わるんだったら、がんばって読みます。

あと「沖縄怪談短編集」も気になる~~

北海道暑そうですね。。。
昨日とか30度越したとか越さないとか、ニュースで見てびっくりです。
こっちは台風の影響で蒸し暑いやら涼しいやらです。

by ☆ちこ #-
2013/06/13(木) 17:41 [Edit
こんばんは
風景写真どれも綺麗ですねぇ・・・
いっぺんに目が覚めました!(笑)
実は私、1度も北海道に行ったことがありません。
行ってみたいなぁ・・・とは思っているのですが、なかなか実現は難しそうです^^;

ところで、本当に本をたくさん読んでいらっしゃるのですねぇ・・・。私は読書は嫌いではないのですが、読むのが以上に遅くてww
そうそう、今「空色勾玉」を読み始めたところです。良いですね!今度書く新作(鬼の出てくる話)の参考になりそうな作品です。ちなみに新作は今週の日曜日(の夜かな・・・^^;)から掲載を開始しますので、よろしかったら是非遊びにいらして下さいね^^
by エンジェルズアイ #-
2013/06/14(金) 00:26 [Edit
nanaco☆さん、こんにちは~(^^♪

『八百万の神に問う』のレビュー、
先ほどUPしました~^^;
さすがは多崎さん、心にスッと染み込んでくるような
優しさと温かさを秘めた素敵な作品を描いてくれますね~(*^^*)
早くも、このシリーズ、永久保存版入りの
大好きなシリーズになりそうな予感がします(*^^)v

そうそう、私も最初はイーオンは
男性だとばかり思ってました^^;
酒好きのノンベエなところは、
完全に“おっさん”ですけどねっ(笑)
そんなイーオンだけど、
さすがにやるときはやりますね!
音討議をしているときにイーオンは、
さすがに貫禄があってカッコ良かったかも♪

nanaco☆さん、これからもこのシリーズ
一緒に読み進めていきましょうね~(^o^)丿
ブログでのレビューのUP、楽しみに待ってますね(^_-)-☆

『私はフーイー』も読了されたんですね☆
私も輪廻転生する少女の話
「私はフーイー」はすっごく好みでした~!!^^
レビューのUP、待ってますよん(^^♪

写真綺麗ですね~~~(*≧▽≦*)
蝦夷富士…修学旅行で見たから懐かしいです♪
by miwa125 #-
2013/06/15(土) 19:18 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは~♪

ここ最近は晴天続きで、ドライブには最適なんですよぉ~(*^0^*)
ちっちゃい風車だけど、可愛くないですか?本当は本場のオランダに行けたら良いんですが(笑)
それにしても、ちょっと危険な遠出になってしまいました><
山林を走るような悪路が結構多いので(まぁ北海道の面積の7割は森林ですから…)、
あらかじめ下調べは必要だなぁ、と今更ながら実感しました~(;^_^A

>香川にも讃岐富士っていう山があるのですが、高さたったの422m、
>雪を被ったことなど一度もありません。(笑)

讃岐富士ですか!早速調べてきましたが、ほんとこちらも富士山みたいですね~♪
422mだと、ちょっと運動感覚で気軽に登れる山なのかしら??(*^^)
山登りは10代の頃はちょくちょく行っていましたが、最近はめっきりです。。。
山頂で食べるおにぎり&お茶って、どうしてあんなに美味しいんでしょうねぇ(笑)

>歳三のためにnanaco☆ちゃんがノンヒクションを読んだとは!
>しかも、GWにははるばる函館まで行かれたとは、その惚れようにあっぱれです

えへへ、、、愛しの歳三さんのためならどこへでも!
できるなら、彼のいた幕末にタイムスリップしたい。そして芸妓になって近づくんだ♪
相手にしてもらえなくてバッサリ斬られそうですね(爆)
史実を知るにつれて、現代の小説やアニメなんかは脚色されてるなぁと分かりましたけど、
実際ますます歳三さんのとりこになっちゃいましたよ(=v=)

>そうそう、今日、うちの町に一つだけある本屋さんへ行って、「青列車の秘密」探したんです。
>でも、売ってなかったー

あら~ありませんでしたか、、、
クリスティーって、既に古典の部類に入っちゃうんですかねぇ。
そういえばうちの近所の本屋さんにも、クリスティーの作品は一冊ずつしかありません。
めげずに探してみて下さいねっ☆
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/06/15(土) 20:10 [Edit
nanaco☆さん、こんにちは。

黒バスは海常との試合すごいですよね!
黄瀬くんスキーですけど、やっぱり誠凛に勝ってほしいって思っちゃいます。
ていうかラスボスの赤司くんに勝てるのって黒子くんだけではと思っています。


写真とても美しいです(≧∇≦)
こんなところがあるんですね。
いまごろチューリップが咲いているのもすごい!
こちらは4月で終わっちゃってます(>_<)

いまは35℃くらいあるので外にでるのもやばいくらいです。
by Cedie #SFo5/nok
2013/06/16(日) 10:25 [Edit
お久しぶりです(^O^)/
nanaco☆さん、お久しぶりです(^O^)/

お元気ですか? 暑いですよねー(゜.゜) 体調など崩されてませんか。
おお~さすが北海道、綺麗な場所が沢山ありますね! そうそう、京都は本日、猛暑日です(*_*)

こちらは無事に子が産まれまして、ようやく日常を取り戻しつつあります。ブログも再開したので、これからも宜しくお願いします。

『土方歳三 - 新選組を組織した男』 (中公文庫) 面白そうっすね! 私も、新撰組では副長が好きで、沖田さんより副長派です(*_*) 司馬遼太郎『燃えよ剣』の影響かもしれません^m^

あの~nanaco☆さん、進撃の巨人って何ですか? 自分なりに、ちょっと調べてみたのですが、…グロ面白そう? よくわからないんですけど、どんな感じっすか?(^^)?

 そうそう、今、熱い男、いや、「漢」たちの話を読んでいます。「北方水滸伝」っす<`~´>イエイ♪ お薦め頂き、ありがとうございます!! これッスね。そうなんですよ。これなんですよ。いや~熱いですね。今、四巻の中ほど辺りです。夜な夜な読んでます(^o^)丿

by いりえ #-
2013/06/16(日) 16:25 [Edit
Yuriちゃんへ
Yuriちゃん、こんばんは~♪

>蝦夷富士、私も数年前に見に行ったよー。
>ホントに富士山にソックリだよねw

お~前に北海道に遊びに来た時かな??(*^^*)
遠目から見たら富士山だよね!こっちも世界遺産登録されないかなぁ(笑)
やっぱり山は、雪を被った姿がしっくりくるよね♪

>そして芝桜!淡~い紫が綺麗だね☆
>関東にも芝桜で有名なところがあるんだけど
>毎年混むから、未だに行けてないんだよね・・。

芝桜、実は私も大きい所は初めて見たの。
薄紫色のじゅうたんっていう感じで、すごくメルヘンチックだったよ~(*⌒∇⌒*)
ところで、お約束だけど「芝桜ソフトクリーム」なるものが売ってました。。。
色だけなの…?それとも芝桜エキス(笑)が入ってるの??
さりげなく気になりつつも、勇気が出せずスルーしちゃったわ~^^;
関東の芝桜はどんな感じかな??来年はレポ楽しみにしてます☆

>8時間のドライブ、お疲れ様でした~。
>鹿がバンバン飛び出してくるなんて(>_<)
>事故にならなくてよかった・・・。汗

さすがに山の中を通ると鹿の遭遇率が高くて、ちょっとビビりながら走ってるよ~。
鹿1頭出てくると、大抵2頭、3頭と群れで続くからね、、、
人間と鹿お互いのために、ゆっくり走ろう北海道☆です(爆)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/06/17(月) 21:44 [Edit
☆ちこさんへ
☆ちこさん、こんばんは~♪

>気になるのはやっぱり「土方歳三 ― 新選組を組織した男」です

珍しくノンフィクションを読んでみました♪
自分の理想の土方さん像が壊れたらイヤだなぁ…と思いつつ読み始めたのですが、
結果、土方さんが身近に感じられてますます副長の虜になりましたよ~(*^v^*)
もしかして本物の土方さんは「黒龍の柩」のキャラに近いのかしら?なんて思って読んでました。
そうそう、下巻も届いたとか!ちこさんの感想をうかがうのが待ち遠しいですっ☆

>函館の開陽丸羨ましいです~~。私も見にいきたーい!!

開陽丸はいつ行っても空いてますね…嬉しいのか、悲しいのかちょっと複雑ですが('ェ';)
でも歴史のロマン(笑)を感じられる場所で、私は大好きです!
ちこさんも函館まで来られた時は、是非江差まで足を延ばしてみて下さいね~^^

>イルゲネス!!
>新章になってから積読のままだ・・・
>三巻で終わるんだったら、がんばって読みます。

フォンは最初の頃の不安定な感じが一番好きでしたねぇ(*^m^*)
イルゲネス、もっと続いて欲しかったです。
設定自体は魅力的だし、カチル先生の絵もうっとりするほど美麗なので、、、
でも、これが小説版イルゲネスに繋がるのかと思うと、もう一度読み直したくなります♪

>北海道暑そうですね。。。
>昨日とか30度越したとか越さないとか、ニュースで見てびっくりです。
>こっちは台風の影響で蒸し暑いやら涼しいやらです。

先週までの暑さはどこへやら、今週は一転して低温の日が続いています^^;
そちらも天気が安定しないようですね~体調を崩さないように気を付けて下さいね!
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/06/17(月) 22:24 [Edit
エンジェルズアイさんへ
エンジェルズアイさん、こんばんは~♪

>実は私、1度も北海道に行ったことがありません。
>行ってみたいなぁ・・・とは思っているのですが、なかなか実現は難しそうです^^;

そうでしたか~^^是非一度ご家族でいらして下さいな!
冬はあまりオススメできませんが(笑)夏は気持ちの良い日が多いと思います♪
それでも最近は、昔に比べると気温も上がってきましたけどね、、、
来られる際は、私が責任を持って美味しいお店をご紹介いたしますので(*^u^*)

>そうそう、今「空色勾玉」を読み始めたところです。良いですね!
>今度書く新作(鬼の出てくる話)の参考になりそうな作品です。

おぉっ、早速「空色勾玉」読まれていますか~!
勾玉三部作、上橋菜穂子さんの守り人シリーズ、それに小野不由美さんの十二国記シリーズ。
この3つは自分の中では絶対に外せない、素晴らしいファンタジーです\(^▽^)/
もし他の作品も未読でしたら、エンジェルズアイさんも是非是非挑戦してみて下さい♪

ところで、新作の掲載を開始されたとか!
鬼が出てくるお話、実は大好物だったりします(笑)ドキドキ…
お昼休みに、スマホからちょくちょくチェックさせて頂いていますよ~^^
また時間のある時にゆっくり遊びに伺いますね☆
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/06/18(火) 21:27 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは~♪

またシークレット扱いになっちゃってたみたいですねぇ、、、どうしてなんでしょ><
このPCに何かがいるのかしら…ちょっとした怪奇現象ですね!(笑)
とりあえずこちらの方で直させて頂きましたよ~(*^_^*)

>『八百万の神に問う』のレビュー、
>先ほどUPしました~^^;

わぁ、早速レビューUPされましたか♪
多崎さんの新作、和風ファンタジーという事でどうなることやらと思っていましたけど、
設定もキャラもすごく面白くて、魅力たっぷりの作品でしたね~(o^∇^o)ノ
表紙絵が「夢の上」と同じ天野さんっていうのも嬉しかったなぁ。。。

>酒好きのノンベエなところは、
>完全に“おっさん”ですけどねっ(笑)

イーオンのおっさん臭さは、さすがの師匠でも適わないですぞ!(爆)
"常世ノ酒"がめちゃくちゃ美味しそうで…極上の美酒を是非とも味わってみたいものだわ☆
酒の事しか考えていないようで、最後にはきっちり音討議で締める所がカッコ良かったです。
早くも夏、秋、冬の巻が待ち遠しいですねぇ♪
私も近いうちに詳しいレビューUPしま~す(*'-'*)(気付けば既に1ヶ月…汗)

>『私はフーイー』も読了されたんですね☆
>私も輪廻転生する少女の話
>「私はフーイー」はすっごく好みでした~!!^^

「私はフーイー」私もすごく好みでした^^
恒川作品はいつもハズレがなくて、どこか懐かしい気持ちになれるから大好きです。
この季節になると「夜市」が読みたくなりますね…☆

>写真綺麗ですね~~~(*≧▽≦*)
>蝦夷富士…修学旅行で見たから懐かしいです♪

ありがとうございます~(^ー^* )
ドライブには良い季節になりました!30℃近い日が続いた…と思いきや、
あっという間に平年並みに戻ってしまいました。まだちょっと肌寒いくらいです;
関西の方はかなり暑そうですよね、、、バテてませんか??
暑さ、ダルさに負けず乗り切って下さいね!!
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/06/18(火) 21:52 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんばんは~♪

>いまは35℃くらいあるので外にでるのもやばいくらいです。

ひぇぇ~~35℃ですか!?やばいですよ、ホント∑(; ̄□ ̄A
そ、それは普通に生活できるレベルなんですか??(汗)
25℃超えて暑い暑い言ってるようじゃ、怒られちゃいますね^^;
Cedieさん、熱中症にはくれぐれも気を付けて下さいね。。。

>黒バスは海常との試合すごいですよね!
>黄瀬くんスキーですけど、やっぱり誠凛に勝ってほしいって思っちゃいます。
>ていうかラスボスの赤司くんに勝てるのって黒子くんだけではと思っています。

うんうん、分かります!ヽ(*^^*)ノ
黄瀬くんは天才肌だけど、やっぱり誠凛は努力型だし、それだけに報われて欲しい気もあります。
逆に赤司くんには負けて欲しくないような気がするのは、私だけでしょうか?
1試合負けただけで両の目をくり抜いて差し出そう、とか言いかねないですもん(爆)
でも最後に勝てるとしたら、(そして赤司くんの暴走を止められるとしたら)黒子っちだけかなぁ…

>いまごろチューリップが咲いているのもすごい!
>こちらは4月で終わっちゃってます(>_<)

そう言われてみれば、6月にチューリップって遅いですよね♪
特に今年は開花が遅れていたようで、開催期間も一週間延長していました。
短い夏なので、思う存分遊びたいと思います~(^○^)
あ~大阪や京都も行きたいけど…夏は暑いんだろうなぁ…溶けちゃいそうですね(笑)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/06/18(火) 22:09 [Edit
いりえさんへ
いりえさん、こんばんは~♪

お久しぶりです!いりえパパ、誕生ですねぇd(*⌒▽⌒*)b
暑い上に(猛暑日…恐ろしい言葉!)お忙しい日々が続いているかと思いますが、
モリモリごはんを食べて、しっかり体力を付けて、子育て頑張って下さい☆
ブログの方にもまた遊びに伺いますね~^^

>私も、新撰組では副長が好きで、沖田さんより副長派です(*_*)
>司馬遼太郎『燃えよ剣』の影響かもしれません^m^

おぉ~私も副長派ですよ!「燃えよ剣」の副長、かっちょいいですよね。
沖田さんの薄幸の美青年(笑)というイメージも気に入ってますけど、
土方さんは、鬼の副長と呼ばれながらも不器用な優しさがあったんじゃないかなぁ…と。
そんな人間くささがすごく親近感が湧くんですね(=v=)
「土方歳三 - 新選組を組織した男」はノンフィクションで、読み応えバッチリです!
新たな副長の姿が見えてくると思いますので、いりえさんも是非読んでみて下さいな♪

>あの~nanaco☆さん、進撃の巨人って何ですか?
>自分なりに、ちょっと調べてみたのですが、…グロ面白そう?

ふふふ、、、興味を持ってしまいましたか(▼-▼*)
「進撃の巨人」は、多分私が今まで読んできた中で一番衝撃的な漫画です。
(ちなみに二番目に衝撃的だった漫画は「蒼天航路」です。笑)
突如現れた巨人vs人間という構図なんですけど、この世界の設定がまだまだ謎だらけ。
巨人は偶然生まれたものなのか、それとも人為的に造られたものなのか……等々、
10巻目まできても謎が深まるばかりで、すごく面白いですよぉ~!!
ただ、かなりのグロです;巨人の捕食対象は人間ですから、そのシーンは容赦ないです(汗)
それでも先を読まずにはいられない吸引力があるんですよね。
あぁ…気軽にオススメできないけど、読んでもらいたい…!!悶々……('ー')

>そうそう、今、熱い男、いや、「漢」たちの話を読んでいます。「北方水滸伝」っす<`~´>イエイ♪

イエイ!!☆^∇゜)
北方水滸伝、めちゃめちゃカッコイイですよね!?(思い出すだけで胸が高鳴ります…)
死なせるにはあまりにも惜しい漢達が、次々と退場していくのが切ないですけど、
その散り際もまた「漢」なんですよねぇ~、、、
いりえさんはどの登場人物がお好きでしょうか?また読み進めたら感想聞かせて下さいね♪
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/06/18(火) 22:35 [Edit
多彩な本を読んでいますね(^_^)v
沖縄の本など、面白そうですね(^_^)v 私が最近読んだ本では、渡辺和子さんの「置かれた場所で咲きなさい」や宮部みゆきの「ステップファーザー・ステップ」や角野栄子さんの「魔女の宅急便」が、良かったです(^_^)v 特に、「置かれた場所で咲きなさい」は、人間関係などで悩んだ時の最良な相談相手になってくれるような本です(^_^)v
by daiyuuki #-
2013/06/21(金) 21:44 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、おはようございます~♪

>沖縄の本など、面白そうですね(^_^)v

沖縄の本、面白かったですよ=*^-^*=
恒川光太郎さんの作品は、自分の中では何を読んでもハズレがないです。
現実の中に、ふと異質なものが迷い込んでいるかのような。
それがあまりにも自然なので、スッと心の中に浸透してくるんですよね。
ずっと追いかけていきたい作家さんの一人です♪

>角野栄子さんの「魔女の宅急便」

あ!この本、私も文庫の表紙が可愛くて気になっていたんですよ~(o^∇^o)ノ
あのキキとジジの「魔女の宅急便」ですよね??
同じジブリの「ハウルの動く城」も面白そうですよね、、、
読みたい本は沢山あるものの、なかなか読書が捗りません(笑)

>「置かれた場所で咲きなさい」

すぐにマイナス思考になる私にはピッタリの本でしょうか?(笑)
ちょっとチェックしてみますね^^
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/06/22(土) 05:53 [Edit
そうです(^_^)v
そうです(^_^)v ジブリアニメの魔女の宅急便の、原作です(^_^)v アニメとは違う部分も、面白いので、ぜひ読んでみてくださいね(^_^)v 置かれた場所で咲きなさいは、思いのままにならない状況に対応するための心構えなどが分かりやすく書いているので、オススメです(^_^)v
by daiyuuki #-
2013/06/22(土) 09:33 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、こんにちは~♪

「魔女の宅急便」の原作、アニメと違う所もありますか!
それはすごく楽しみです。是非読んでみたいと思います~(*^-^)
昔のジブリは、原作が素晴らしいですよね、、、やっぱり日本のものがいいなぁ。
「ゲド戦記」あたりだと、原作が壮大すぎてきちんと消化できていない感がありますよね^^;
「耳をすませば」は原作漫画も映画も、どちらも素晴らしくて感動しました☆
あの頃の感動よ、もう一度…!という感じです(笑)

>置かれた場所で咲きなさいは、思いのままにならない状況に対応するための心構えなどが分かりやすく書いているので、オススメです(^_^)v

思いのままにならない状況…私、まさにそんな人生ですよ~( ̄ェ ̄;)
自己啓発系(に入るのかな?)は普段あまり読まないのですが、ちょっと興味アリです。
立ち読みかもしれませんが(笑)チェックしてきますね。いつもありがとうございます♪
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/06/23(日) 14:11 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。