FC2ブログ
Welcome to my blog

「青列車の秘密」アガサ・クリスティー

ななこ


青列車の秘密
著者:アガサ・クリスティー
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
走行中の豪華列車“ブルー・トレイン”内で起きた陰惨な強盗殺人。警察は被害者の別居中の夫を逮捕した。必死に弁明する夫だが、妻の客室に入るところを目撃されているのだ。だが、偶然同じ列車に乗り合わせたことから、事件の調査を依頼されたポアロが示した犯人は意外な人物だった!新訳でおくる初期の意欲作。




☆月に1冊、クリスティー☆
5月のクリスティーは、<名探偵ポアロシリーズ>5作目「青列車の秘密」ですきもち

列車の中で起こる殺人事件って、なんでこうワクワクするんでしょう?(笑)
それも超豪華な寝台列車ブルー・トレイン。(「青列車」というと、あんまりピンとこないけど・・・)

大富豪の娘ルースがブルートレイン内で殺害され、高価な宝石<火の心臓>が盗まれる。

車中に偶然乗り合わせていたのが、ルースの別居中の夫デリク、
莫大な遺産を相続する事になった田舎娘キャサリン、そして探偵ポアロ。
他にもルースの愛人の伯爵やら、デリクの愛人のダンサーやら、怪しい人物が次々と登場。

今回も例に洩れず疑わしい登場人物ばかりで、すっかり騙されちゃいましたかお


  イラスト


列車内の殺人事件とはいえ、
舞台はすぐに移ってしまうのでそこは少し残念でしたね~きもち

走行を続ける列車内。逃げ場がない!犯人はこの中にいる!
……なんていう設定だったら、個人的にはさらに楽しめたのかなぁと思います。
(「オリエント急行の殺人」はそんな感じなのかしら??)

ちなみに今作も男性陣はヘタレです。イケメンなのにヘタレ(笑)
クリスティーは、美男に何か思うところがあるのかしらと、ちょっと笑っちゃいました。

ポアロの謎解きはいつもながら鮮やかでしたし、
魅力的なキャサリンとの適度な距離感のある友情が、読んでいて心地良かったですきもち

*予告*6月のクリスティーは「邪悪の家」です。


◆こんな人にオススメ◆
ブルー・トレインが好きな人
ドロドロした人間模様が好きな人



<名探偵ポアロシリーズ>
スタイルズ荘の怪事件
ゴルフ場殺人事件
アクロイド殺し
ビッグ4



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     にほんブログ村
関連記事

Comments 8

There are no comments yet.
Cedie  

nanaco☆さん、こんばんは。

クリスティーで列車といえばオリエント急行思い出します。(しかし内容はよく覚えていない)
男性陣イケメンですか!しかしヘタレですか!
なんかそれだけで笑える設定のような気がします。

こちらの記事に関係ないことで申し訳ないですが、nanaco☆さんのブログの写真からフォト蔵というサイトに行きました。
みなさんとてもキレイで素敵な写真ばかりですね。

わたしもちょっと始めたくなりました。
しかしまわりのレベル高すぎて無理かしら(>_<)
みんなすごすぎです。

2013/05/27 (Mon) 22:02 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こんばんは~!
風邪の具合はどうですか?
この時期、体調管理が難しいですから、くれぐれもゆっくり休んでくださいね。

待ってましたよ、待ってましたよ、クリスティ。(笑)
列車での殺人事件に偶然居合わせたのはオリエント急行だけではなかったのね。^^

プルートレインということは、南アフリカが舞台なのかしら?
すごく豪華な列車ですよね!
私もいつかは乗ってみたいと憧れている列車でもあります。^^
でも舞台はすぐにどこかへ移るとは、、、。
オリエントと比較しても面白そうですね。

ドロドロした人間関係は好きじゃないけど、これは読みたいな~。
読めるかな?^^

2013/05/27 (Mon) 22:40 | EDIT | REPLY |   
miwa125  

nanacoさん、こんばんは~(^^)/

あらら、舞台がすぐに移っちゃうの??
最初から最後まで列車の中、という方が
より緊迫感があって面白そうなのに…
確かに残念な展開でしたね~><

イケメンなのにヘタレ…かえってリアリティーがあるかも(笑)

ドロドロした男女関係は苦手だけど、
ドロドロした人間関係なら読めるかなぁ…???
ポアロと魅力的なキャサリンの友情も気になるし、
ポアロの鮮やかな謎解きにも惹かれるし・・・
うぅ、私も早く読みたーい(^^♪

2013/05/29 (Wed) 17:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさん、こんばんは~♪

>男性陣イケメンですか!しかしヘタレですか!
>なんかそれだけで笑える設定のような気がします。

そうなんですよ~^^;かなり笑える設定ですよね?(笑)
クリスティー作品何冊か読んできましたが、結構残念な男性キャラが多いんですよ…
不細工でヘタレなら許せる!でもイケメンでヘタレって、、、もう残念でならないです。
その反面、女性キャラは全体的にゴージャスで強気な美女が多い気がします(*^m^*)

今回の作品は恋愛色が強くて、これはこれで新鮮な感じがしました♪
「オリエント急行の殺人」はポアロシリーズの8作目なので、8月に読む予定です。
あれだけ有名な作品ではありますが、実は私、未読なんです。。。
予備知識なしに読もうと思います。今から楽しみ~~(^▽^)/

>nanaco☆さんのブログの写真からフォト蔵というサイトに行きました。
>みなさんとてもキレイで素敵な写真ばかりですね。

お、フォト蔵行ってみました??
ホント皆さんの写真すごく綺麗で、眺めているだけで癒されますよ~(*^^)v
Cedieさんも写真を撮るのお上手ですから、是非登録されてみては??
また新たな交流が生まれるかもしれません♪

2013/05/29 (Wed) 19:42 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは~♪

>風邪の具合はどうですか?
>この時期、体調管理が難しいですから、くれぐれもゆっくり休んでくださいね。

相変わらずシラカバ花粉の飛散量が多くて、フガフガいってます( ̄(∞) ̄)
気温が25℃近くまで上がる日もあれば、ストーブをつけずにはいられない日もあり…
ここ数日気温の差が大きくて、なかなか身体がついていかないです~(w_-;
picchukoさんは大丈夫ですか??そちらは暑い日が続いているようですが、
体調を崩さないように気を付けて下さいね><

>プルートレインということは、南アフリカが舞台なのかしら?
>すごく豪華な列車ですよね!
>私もいつかは乗ってみたいと憧れている列車でもあります。^^

そうか、本物のブルートレインは南アフリカを走っているのですね☆
今回この作品はフランスが舞台でしたけど、既に私も乗りたくてたまりません!
はぁ~きっと優雅なんだろうなぁ、それに景色も最高なんだろうなぁ…(*^_^*)
picchukoさんは、気付いたら乗っちゃってそうですね(笑)

>ドロドロした人間関係は好きじゃないけど、これは読みたいな~。

なかなか複雑な人間関係でしたが、個人的には結構楽しんで読めましたよ♪
ドロドロした部分はあるけど、ポアロのひょうきんさで緩和されている感じ^^
一読の価値アリなので、picchukoさんも是非一度お手に取ってみて下さいね。
私はこの夏、オリエント急行に挑戦する予定で~す☆(あ、勿論本ですよ!笑)

2013/05/29 (Wed) 20:25 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

>最初から最後まで列車の中、という方が
>より緊迫感があって面白そうなのに…

やっぱりmiwaさんもそう思うよね??
ちょっと古いかもだけど、列車の中で皆を集めて「犯人はお前だ!」的な展開の方が、
個人的には好きだなぁ…と思ったりもしました(笑)
それでもやっぱり列車内の殺人事件っていうのは、何故だかワクワクさせられますね(=v=)

>イケメンなのにヘタレ…かえってリアリティーがあるかも(笑)

おぉ…miwaさんサラッと核心を突いてきますね!
現実でもこういうイケメンヘタレタイプって意外と多いんですよね、、、
クリスティーの作品を読んでいると、やたらとこういう男性キャラが多くて笑っちゃいます☆
そして何故女性はこういうのに騙されてしまうのか…^^;謎です。

>ドロドロした男女関係は苦手だけど、
>ドロドロした人間関係なら読めるかなぁ…???

なかなか複雑な人間模様でしたが、私は結構楽しく読めました♪
ドロドロした展開でも、やっぱりポアロがいてくれるから場が和むんでしょうね~(*^^)v
今回相棒のヘイスティングズ君不在なのは残念ですが。。。

2013/05/29 (Wed) 21:43 | EDIT | REPLY |   
ねむりねこ  
名作ですね

この作品はトレインミステリーになっていて凄く楽しめました
列車の中という舞台そのものが密室というわけで犯人にとっても
殺人を犯すにはリスクが高い状況ですから、それをクリスティーさんが
同僚料理するのか楽しみでした~
今月は『邪悪の家』ですね、まさに邪悪な家な内容です
感想が楽しみです。
でも早川書房さんには感謝ですね、クリスティー文庫を新たに
作られて全作品リマスターしてくれましたから、私も当時新刊が出るたびに
まとめ買いしていきました(^^;
このシリーズがなかった昔の文庫はとても集めにくくて全作品集めるのは
無理だったかもしれません。
いまはポアロシリーズですけどもう一つの看板シリーズミス・マープル
シリーズも凄くよい作品ですよ、順番的にはだいぶん先だと思うけれど

2013/06/02 (Sun) 18:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
ねむりねこさんへ

ねむりねこさん、こちらにもコメントありがとうございます~♪

この作品も賛否両論あるようで、ちょっと警戒していましたけど、
個人的にはすごく好みの作品でしたね~面白かったです(*^▽^*)
ヘイスティングズ君不在なのがちょっと寂しかったですけど、
今回はポアロに女性の友人(!)ができて、二人の適度な距離感のある関係が良かったです♪

>今月は『邪悪の家』ですね、まさに邪悪な家な内容です
>感想が楽しみです。

おぉ~~w( ̄o ̄)w
まさに邪悪な家ですか、興味津々です(笑)
最初タイトルを見た時、ポアロシリーズだとは信じられませんでしたよ^^;
何となくホラーにありそうなタイトルだったもので、、、
どんな作品なんでしょう?読むのが楽しみです~!!

>でも早川書房さんには感謝ですね、クリスティー文庫を新たに
>作られて全作品リマスターしてくれましたから、私も当時新刊が出るたびに
>まとめ買いしていきました(^^;

本当にそう思います!
古い作品が読みたい時にすぐに手に入るというのは、幸せな事ですね。o@(^-^)@o。
それにクリスティー文庫の赤い背表紙が、少しずつ増えていくのが嬉しくて(笑)
これが全巻揃ったら、本棚がパッと華やかになるだろうなぁ☆

>いまはポアロシリーズですけどもう一つの看板シリーズミス・マープル
>シリーズも凄くよい作品ですよ、順番的にはだいぶん先だと思うけれど

ふふふ~(^ー^* )
ミス・マープルシリーズ、ウワサには聞いております(笑)
とりあえず今はポアロシリーズですけど、これを読み終えたらミス・マープルですよ!
まだまだ先は長いですねぇ。それともポアロと交互に読んでいきましょうか。。。

2013/06/03 (Mon) 20:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply