06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.17 *Fri*

「リカーシブル」米澤穂信


リカーシブル
著者:米澤穂信
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
父が失踪し、母の故郷に引越してきた姉ハルカと弟サトル。弟は急に予知能力を発揮し始め、姉は「タマナヒメ」なる伝説上の女が、この町に実在することを知る―。血の繋がらない姉と弟が、ほろ苦い家族の過去を乗り越えて地方都市のミステリーに迫る。




うーむ、米澤作品は当たりハズレの差が大きいなぁ…きもち

初めに読んだのが古典部シリーズだったからか、青春物の印象が強かったのですが。
最近になって、ようやく米澤さんは「気が滅入る」作品が多いなと気づきました(笑)

勿論悪い意味ばかりではなく、そういうのが面白いと感じる時もあります。
ただ今回は読んだ時期が悪かったのか、あまり盛り上がれずに終わっちゃいました。
あちこち好きな要素はあるんですけどね、いかんせん、気が滅入るかお

前にアンソロジー「Story Seller 2」で、
「リカーシブル リブート」という短編を読みましたが、あれが書き出しだったんですね~。
確かに中途半端な所で終わっていたという記憶があります。続きが読めて良かった!


  イラスト



寂れた閉鎖的な町。常に誰かから見張られているような、不快な感覚。
確かにこういう場所って存在するよね。ただ毎日生活しているだけで息が詰まりそうな町。
そして何かを隠している住人達。「タマナヒメ」の伝承とは何なのかきもち

主人公ハルカは、母と弟サトルと一緒にこの町に引っ越してきます。
この家族、最初はどこにでもいるような普通の幸せな家族に見えるんだけど、、、
お話が進むにつれて、徐々に歪な関係が明らかになってきます。

血の繋がらない姉弟の関係って、難しいものだなぁと思いました。
そして継母との関係なら尚更ですよね~きもち

ミステリと伝奇を絡めたような展開は面白かったですが、読後はドンヨリします(笑)
それでも「ボトルネック」よりは僅かに希望のあるラストかもしれませんねきもち


◆こんな人にオススメ◆
都市伝説の類が好きな人
閉鎖的な町の雰囲気が好きな人




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     にほんブログ村
関連記事

COMMENT

たしかに!
僕もこれ、読みましたが・・・

あんまり良い印象は残ってませんね;;

なんていうか、暗い!(笑)


古典部、小市民などは僕も大好きなんですけどねー^^
by 塩平 #-
2013/05/18(土) 12:07 [Edit
nanaco☆さん、こんにちは~(^^)/

「姉弟」「予知能力」「伝説」…
ビビッとくる魅力的な素材ばかりなのに、
nanaco☆さん的にはハズレでしたか~!?
読後がドンヨリする作品って、
確かに、読む時期が悪いと気が滅入るし、
テンションも下がっちゃいますね(-_-;)
でも、弟の予知能力と閉鎖的な町には
ちょっぴり興味を引かれるかも(*^^*)

『ボトルネック』、積読になってるんだけど…
読む時期を間違えないようにしまっす!(笑)
by miwa125 #-
2013/05/19(日) 16:13 [Edit
nanaco☆ちゃん、こんにちは!
気が滅入る作品ですか、、、それは読む時期が悪ければ辛いものがありますね。
表紙の絵からはそんな雰囲気しないのに。

そちらは今頃がお花見ですか?
週末にはどこかおでかけしたのかしら?
春風のなか、爽やかなブラウスに身を包むnanaco☆ちゃん、可愛いだろうな~。^^
by picchuko #-
2013/05/20(月) 10:30 [Edit
はじめまして
書評いつも大変参考にさせていただいています。
私もファンタジーを少し書いているのですが、一度自分の作品の感想もお願いしてみたいなあ・・・(ちょっぴり怖い気もするのですが^^;)などと勝手に思ったりしています。nanacoさんの作品への着眼点はとても鋭く的を射ているので、物書きの身としては勉強のためにも、ちょくちょく訪問させていただきたいと思っています^^
これからも記事の更新を楽しみにしています!
by エンジェエルズアイ #-
2013/05/20(月) 13:15 [Edit
塩平さんへ
塩平さん、こんばんは~♪

>なんていうか、暗い!(笑)

ですよねぇ…('ー')
ホントどうしちゃったの?ってくらい暗くて、気が滅入りました^^;
「儚い羊たち~」みたいな、後味の悪いブラックさは好きなんですけど、
この作品はどんでん返しもなくて、どこまでも淡々とした暗さで。
実は米澤さんってネクラなんじゃなかろうか…と失礼な事を考えてしまいました(笑)

>古典部、小市民などは僕も大好きなんですけどねー^^

私も、初期の古典部みたいなノリが好きですね~♪
青春の甘酸っぱさあり、笑いあり、キュンあり、、、みたいな(*^_^*)
また次の米澤作品に期待したいと思います!
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/05/20(月) 20:33 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは~♪

>「姉弟」「予知能力」「伝説」…
>ビビッとくる魅力的な素材ばかりなのに、
>nanaco☆さん的にはハズレでしたか~!?

そうなのそうなの!miwaさんの仰るとおり、魅力的な素材ばかりなのにね~。。。
とにかくどんよりと暗いお話なので、読んでいるだけで鬱々としてきちゃいました。
これで姉弟の仲が良ければ問題ないんですけど、これまたちょっと酷い二人で^^;
これといって盛り上がる部分もなく、低いテンションのまま一気に読み切りましたよ(  ̄_ ̄)

>でも、弟の予知能力と閉鎖的な町には
>ちょっぴり興味を引かれるかも(*^^*)

閉鎖的な町の雰囲気、イイですよね♪
実は今「屍鬼」を再読してるんですが(無性に読みたくなったんです。笑)
こういう誰かの視線を感じるような、小さな共同体という設定にゾクゾクします><
実際に自分がそういう状況に置かれたら、多分尻尾を巻いて逃げますけど!

>『ボトルネック』、積読になってるんだけど…
>読む時期を間違えないようにしまっす!(笑)

「ボトルネック」も軽く凹む作品でしたねぇ~(-m-)
でも個人的には結構好きだったりします。やっぱり読む時期が大事ですよね、、、
落ち込んでいる時に読むと、かなり打ちのめされますのでご注意を!(笑)
miwaさんの感想、楽しみにしています~☆
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/05/21(火) 20:02 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは~♪

>気が滅入る作品ですか、、、それは読む時期が悪ければ辛いものがありますね。
>表紙の絵からはそんな雰囲気しないのに。

表紙だけ見れば、むしろ希望が感じられそうな…そんな雰囲気ですよねぇ><
確かに、ラストは微かな希望の光くらいはあるのかもしれませんが、
私はこの物語の終始鬱々とした展開に、すっかりやられてしまいまして(苦笑)
それに妙にリアルなので、読後はどうにもこうにも気が滅入ってしまいました~^^;
本を読む時期って、改めて大事なんだなぁ…と実感しましたよ☆

>そちらは今頃がお花見ですか?
>週末にはどこかおでかけしたのかしら?
>春風のなか、爽やかなブラウスに身を包むnanaco☆ちゃん、可愛いだろうな~。^^

きゃっ可愛いだなんてっ!(/ー\*) イヤン♪
picchukoさん、褒めたって何もでないですよぉ~~(爆)
こちらはようやく先週桜が咲きまして☆(既に満開は過ぎましたが…)
でも今は梅が5分咲きというところなので、これからしばらくはお花見できそうです。
気温もグングン上がってきて、ストーブなしでも過ごせるようになりました(*^0^*)

picchukoさんのところは、暖かいというよりも暑いんでしょうね、、、
海を背景にしたウルスちゃんを見ていると、とっても爽やかそうに見えるけれど(笑)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/05/21(火) 20:16 [Edit
エンジェエルズアイさんへ
エンジェエルズアイさん、はじめまして~♪
ご訪問&コメント頂き、すっごく嬉しいです!ありがとうございます(*^▽^*)

>私もファンタジーを少し書いているのですが

わぁ、ファンタジーですか!ミステリと同じくらい大好物のジャンルです♪
それは是非読んでみたいなぁ、、、なんて(o^-^o)
ちなみに、エンジェルズアイさんはどういうタイプの作品を書かれているんでしょう~??
ファンタジーは幅が広くて、想像するだけで楽しいですよね^^

>nanacoさんの作品への着眼点はとても鋭く的を射ているので

そ、そんな…!恐縮です(。-_-。)ポッ
言いたい放題、独断と偏見、でも好みの分野にはとことん甘い(笑)
…という、しょうもないレビューですが、そう仰って頂けると幸せです♪
これからも細々とブログ更新していきますので、また遊びに来て頂けると嬉しいです。
エンジェエルズアイさんも執筆頑張って下さいね~応援してます!!
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/05/21(火) 21:57 [Edit
読みにくかったのですが最後まで読めました。
主人公が辛い境遇のなかで、健気に生きていることには胸が詰まる思いでした。
読後感は良かったです。

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
by 藍色 #-
2015/07/03(金) 14:04 [Edit
藍色さんへ
藍色さん、コメントありがとうございます!
そしてお返事が遅くなってしまってごめんなさい><

>読みにくかったのですが最後まで読めました。
>主人公が辛い境遇のなかで、健気に生きていることには胸が詰まる思いでした。
>読後感は良かったです。

読んだのがちょっと前なので、
若干うろ覚えな部分はあるのですが、私も読みにくかった記憶があります(笑)
同著者の『ボトルネック』に比べたら、読後感は雲泥の差でした!
何となく、今再読してみたらもっと楽しめるような気がします…*^^*

トラックバック、ありがとうございました♪
こちらからもお伺いさせて頂きますね!
by nanaco☆ #-
2015/08/01(土) 21:33 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

青春の痛ましさを描いた名作の感動ふたたび!この町はどこかおかしい。父が失踪し、母の故郷に引越してきた姉ハルカと弟サトル。弟は急に予知能力を発揮し始め、姉は「タマナヒメ」なる伝説上の女が、この町に実在することを知る――。血の繋がらない姉と弟が、ほろ苦い家族の過去を乗り越えて田舎町のミステリーに迫る。著者2年ぶりとなる待望の長編登場。 語り手は女子中学生のハルカ。学校で普通に振舞い、家庭でも気...
2015/07/03(金) 13:48:01 | 粋な提案 [Del


ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
885位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
22位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。