08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.04 *Sat*

「空耳の森」七河迦南


空耳の森
著者:七河迦南
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
まだ早い春の日、思い出の山を登るひと組の男女。だが女は途中で足を挫き、つかの間別行動をとった男を突然の吹雪が襲う。そして、山小屋でひとり動けない女に忍び寄る黒い影―山岳を舞台にした緊迫のサスペンス「冷たいホットライン」。孤島に置き去りにされた幼い姉弟の運命を描く「アイランド」。ある不良少女にかけられた強盗の冤罪をはらすため、幼なじみの少年探偵が奔走する「さよならシンデレラ」。居酒屋で男が安楽椅子探偵に遭遇する「晴れたらいいな、あるいは九時だと遅すぎる(かもしれない)」…『アルバトロスは羽ばたかない』で一躍注目を浴びた鮎川哲也賞受賞作家の本領発揮。一編一編に凝らされた職人的技巧に感嘆すること間違いなしの、バラエティに富んだ九編を収める。




はじめまして!の作家さんですきもち

いや~なんていうかビックリでしたわ。色んな意味で…
読まれた方なら分かるかもですけど、米澤穂信さんの「儚い羊たちの祝宴」風。
最後の最後でブラックなどんでん返しが待っています。

柔らかな語り口に、途中まで安心して読み進めていくんですが、
ある一文を境に、オセロのように一気にひっくり返されちゃうんですよね。。。かお

好き嫌いが分かれそうですが、騙され慣れているワタシには、
「またやられたー!!!」という清々しさの方が大きかったですね~(笑)


イラスト


あらすじに「一編一編に凝らされた職人的技巧」とあるけれど、まさにその通り。
あちこちに伏線張りまくりで、それぞれの短編とのリンクに気付いた時は鳥肌モノですかお

ちなみに、個人的に好みだったのは「アイランド」
まだ幼い姉弟。どうやら二人は孤島に置き去りにされているらしい。
姉は腹をすかせた弟のために、恐ろしい獣がいる洞窟へ狩りに行く。。。

まさかこんな結末が待っているとは…と、度胆を抜かれた作品です~きもち
暗闇の中を手探りの状態で進んでいくうちに、突然光を照らされて…うわぁ~という感覚(笑)

あとは、「冷たいホットライン」もかなり衝撃の結末でしたね。
今読み返してみると気付く部分もあるのですが、これまた巧みに隠蔽されていました。

それと私は未読なんだけど、
前2作「七つの海を照らす星」「アルバトロスは羽ばたかない」と繋がっているようで。
是非この2冊を読んでから、再読してみなくちゃ!という気になりましたきもち


◆こんな人にオススメ◆
どんでん返しのあるミステリが好きな人
ブラックな結末OK!な人




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     にほんブログ村
関連記事

COMMENT

nanaco☆ちゃん、こんばんは!
またまた面白い作家さんを見つけられたようですね。^^
七河迦南さん、私も初めて知る名前です。
あらすじやnanaco☆ちゃんのレビューを読むかぎり、これはnanaco☆ちゃん好みかなって気もしました。
「ある一文を境に、オセロのように一気にひっくり返されちゃうんですよね」というnanaco☆ちゃんの一文こそ、すごい吸引力ありますね。
なんか、そのせいですごく私もこの本が気になり始めました。^^
気になる前作を読んだら、また詳しく教えてくださいね。楽しみにしています。

あ、そうそう、最近、Ursがやんちゃでやんちゃで困ってます。^^;
クリスが必死に目を合わせないように、逃げてるのが可哀想で愛おしくて。。。
でも、Ursもめちゃくちゃ可愛くて、だから余計に困っちゃう。(笑)
人間Ursも子供の頃はやんちゃだったのかな~?と色々想像してます。^^
by picchuko #-
2013/05/05(日) 20:49 [Edit
こんばんは♪
GWいかがお過ごしですか??
私は漫画三昧の日々を送っておりますよ。笑

七河さん作品、お初だったのですね^^★
結構リンクしていくのが好きな作家さんなので、
前作2つを読みなおしてから読むんだったと…
ちょっと後悔しちゃった作品でした^^;

なので、「冷たいホットライン」「アイランド」は
独立していて安心して読めて好きでした♪
全然構えてなかったもんだから、
思いっきりしてやられましたよー!!!!
こうくるの!?と衝撃度も高かったです^^;

児童施設での2作品の感想楽しみにしていますね♪
by 月夜 #-
2013/05/05(日) 21:42 [Edit
こんばんは。

『空耳の森』、柊も読んだばかりです!

七河さんの『七つの海~』は既読でしたが、『アルバトロス~』は未読で、これはてっきりシリーズ外の作品だと思っていたのでショックでした^^;

遅ればせながら『アルバトロス~』の方を現在読んでます。
単独でも読めるとはいえ、やはり繋がってる感じが強いので…読み終えたら『空耳~』をもう一度読み返してみようと思っています~☆
by 柊 #-
2013/05/05(日) 21:53 [Edit
nanaco☆さん、こんにちは~(^^)/

「儚い羊たちの饗宴」風ですか~!
何だか面白そう♪
それに、ブラックなどんでん返し、っていうのが
めっちゃ気になります(><)

私も、幼い姉弟が孤島に置き去りにされた
「アイランド」が一番興味をそそられるかも☆
それと、少年探偵が奔走する「さよならシンデレラ」も気になるかなぁ~♪

『7つの海を照らす星』といえば、
文庫版が今月発売されますね(^^♪
HPであらすじチェックしたら凄く面白そうだったので、
マイ購入予定本に入れてありま~す(*^^)v
by miwa125 #-
2013/05/06(月) 16:48 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは~♪

>これはnanaco☆ちゃん好みかなって気もしました。

お、分かりました??(笑)
こういうちょっと一癖あるミステリって大好きなんです!(*^^*)
後味はあまり良くないんですけど、それよりも騙された清々しさの方が大きくて^^;
本当に、オセロ状態なんですよ。最後の最後で一気に逆転されちゃうというか…
良くも悪くも、とにかく度胆を抜かれてしまった作品でした~☆
この本とリンクされているという前作も、是非読んでみようと思います(^○^)

>あ、そうそう、最近、Ursがやんちゃでやんちゃで困ってます。^^;
>クリスが必死に目を合わせないように、逃げてるのが可哀想で愛おしくて。。。

うふふふ~~(* ̄∇ ̄*)
ウルスちゃんの成長日記、さりげに毎日遊びに行くのを楽しみにしてます。
プリクラが可愛すぎて笑っちゃいました!欲しい……!!(笑)
クリスちゃんとは仲良くやっているんでしょうか~??
そのうちクリスちゃんも、お兄ちゃんらしさを発揮してくれるかもですね♪
二匹のツーショットを見られる日が待ち遠しいです><
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/05/07(火) 19:06 [Edit
月夜さんへ
月夜さん、こんばんは~♪

GW、あっという間に終わっちゃいましたね……(*¨)
私は今日まで休みだったんですけど、なんか今年は超寒いし、雪降るし!
日照時間もほとんどなく、パッとしない天気が続いて、何だか残念なGWでした。。。

月夜さんは漫画三昧でしたか☆休みがある時くらいしか漫画に浸れないですもんね~^^
漫画といえば、私は今「進撃の巨人」にハマっております。
怖いし、気持ち悪いし、読みたくないんだけど、何故か読まずにはいられない、、、
もはや泥沼状態ですね(笑)こういう漫画があるのって、良い事なんだか悪い事なんだか…;

>七河さん作品、お初だったのですね^^★

初七河さん作品でしたが、この後味の悪さはすごく好みでした(* ̄ー ̄)v
やっぱり独立している「冷たいホットライン」「アイランド」が良かったですね~。
他の作品は、前2作を読んでからにすれば良かったかなと、少し後悔です><

>児童施設での2作品の感想楽しみにしていますね♪

普段なら、きっと手に取らないであろうジャンルの作品だったりします☆
今回この短編集のおかげで七河さんに興味が湧いてきましたよ!
近いうちに読んでみようと思います~\(^▽^)/
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/05/07(火) 19:26 [Edit
柊さんへ
柊さん、こんばんは~♪

>『空耳の森』、柊も読んだばかりです!

おぉ、柊さんも「空耳の森」読まれたんですね!
私は何の予備知識もなく、あらすじと表紙の雰囲気だけで手に取ってしまったので(笑)
まさか作品同士がリンクしているとは思わず、ビックリしました~^^;

でも、これで前2作を読んでから再読するという新たな楽しみができました☆
柊さんは今「アルバトロス~」の方を読まれているんですね(*^^)v
感想楽しみにしています♪

この作品の「アイランド」の雰囲気がすごく好きです。
最後の最後でどーんと打ちのめされる感じがたまらないですね(笑)
このお話も、よく読めば何かと繋がっていたりするのかしら?と色々考えています。。。
最近は後味の悪い作品に何故か惹かれてしまいます~(=v=)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/05/07(火) 21:05 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは~♪

この本、綺麗な表紙とあらすじに惹かれて手に取ったのですが、
予想以上に自分好みの作品で、すごく面白かったです~(o^∇^o)ノ
毎回最後に、ビックリするようなどんでん返しが待っているんですよねぇ。
読み進めていくうちに「この人の話は一筋縄ではいかないぞ」と頭では分かっているのに、
いつも結局騙されてしまうんです(笑)なーぜー…

>私も、幼い姉弟が孤島に置き去りにされた
>「アイランド」が一番興味をそそられるかも☆
>それと、少年探偵が奔走する「さよならシンデレラ」も気になるかなぁ~♪

「アイランド」の結末は驚きですよ!
中盤あたりから、何かがおかしいと思うんですけどね…その"何か"が分からない^^;
「さよならシンデレラ」もやりきれないながら、とても巧くできたトリックでした。
あ~これは是非miwaさんにも読んで頂きたいなぁ(*'-'*)

おぉ、「七つの海を照らす星」今月文庫で発売されるんですか♪
なんて良いタイミング!(笑)私もこの機会に読んでみようと思います。
miwaさんの感想も楽しみに待っていますね~^^
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/05/07(火) 21:19 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1061位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。