FC2ブログ
Welcome to my blog

「ヴィヴァーチェ 紅色のエイ」あさのあつこ

ななこ


ヴィヴァーチェ 紅色のエイ
著者:あさのあつこ
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
灰汁色の霧に覆われた街。最下層居住区に暮らす聡明な少年ヤンと豪気な親友ゴドの憧れは、紅色の宇宙船ヴィヴァーチェ号と、伝説の船長ライだ。宇宙へ飛び立つ夢を支えにする2人だが、ヤンの妹が「城」に召し上げられ、消息を絶ってしまう。妹を追うヤンは、突如勃発した軍事クーデターに巻き込まれ、大混乱の中、ヴィヴァーチェ号に瓜二つの船で地球を脱出することに―!?少年たちのブレイブ・ファンタジー、開幕。




「NO.6」が完結してしまったので、
また似た雰囲気の作品が読みたいなぁ~と思っていました。

やっぱりあさのさんのお話は良いですよ!いつも期待を裏切りませんねかお
児童向けではありますが、むしろ大人の心に響くものがある作品だと思います。

「NO.6」のネズミ、「ミヤマ物語」のハギもそうでしたが、
社会の最下層で虐げられている少年達が、必死にあがいて自分の進む道を見つける。
そういう人間の姿を描くのが、とてもお上手な作家さんだなと感じますきもち

文庫化されて嬉しかったのは、表紙絵がtoi8さんだった事きもち
大きな声では言えませんが、単行本の絵だとちょっと食指が動かなかったもので…(笑)


flower04.gif


舞台は近未来の地球です。
少年ヤンとゴドの暮らす街は、いつも灰汁色の霧に覆われている。
国王を頂点とした階層制が敷かれた社会。最下層の住人達の生活環境は劣悪。

よくある設定ではあるのですが、それでも食傷気味にならないのは、
やっぱり貧富や身分の差に抗いたいという欲求が、普遍的なものだからなんでしょうか。
どんな形であれ、いつの時代もどこの国でも存在する問題なんですよねきもち

そしておそらくそれが解決された事は、今までもこれからもないでしょう。
だからこそ、少年達が絶対的な権力に立ち向かう姿には心惹かれるものがあるのかな。

この世界から自由になりたい。夢物語では終わらせない。
ヤンとゴドは、十年後に宇宙へ飛び立つ事を約束するのですが、、、

良くも悪くも、「これはまた壮大なストーリーにしちゃったなぁ」という印象ですかお
キャラも立ってるし、長く続けばとんでもなく面白いシリーズになりそう!!
でもそれは期待できないだろうな……作品色々と抱え過ぎだし(笑)

とりあえず好みのお話だし、続きもGETしているので近いうちに読んでみますきもち


◆こんな人にオススメ◆
近未来SFが好きな人
あさのさんの描く「2人の少年」が好きな人




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     にほんブログ村
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
miwa125  

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

このシリーズ、壮大なお話になりそうなんですね^^
俄然、興味が湧いてきたかも~!!
主人公の少年たちのキャラが立っているなんて…
大事なことだけに、嬉しいですよね(*^^)v
第2巻のレビューも心待ちにしてますね~(^O^)/

「NO.6」は、やっと第7巻まで文庫化されました。
あと2巻…あぁ、待つ身は辛いわぁ~(>_<)
早く一気読みした~い!!!!!

2013/04/24 (Wed) 17:57 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こんにちは。
少しご無沙汰しておりましたが、お元気ですか?
私も帰国して10日あまり、すっかり四国人に戻ってますので、これからも宜しくね。^^

この本、続きがあるんですね。
それに、あさのさんって、こういう本を書かれるだ~。
なんか、私の中のあさのさんのイメージが随分と変わってきました。
私だけだと、あの岡山のおばちゃんのイメージから変化しなかったと思うけど、nanaco☆ちゃんのおかげで、やるな、おばちゃん!(笑)って感じです。^^

2013/04/26 (Fri) 12:32 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

>このシリーズ、壮大なお話になりそうなんですね^^
>俄然、興味が湧いてきたかも~!!

やっぱりあさのさんのお話はいいですねぇ(*^^)v
大人になってから忘れていた何かを、ふと思い出させてくれるような…
いつも読んでいるうちに、そんな懐かしい気持ちになるんですよね。。。

今回は異世界というよりも宇宙が舞台なので、どうなることかと思っていましたが、
違和感なくしっくりきたように思います。なかなか面白かったですよ☆
ただ規模が大きいだけに、長く続けて欲しいタイプのシリーズかなぁとも思います^^
でもあさのさんのシリーズ物の刊行ペースは、亀レベルなので……(笑)
色々と不安な部分もなきにしもあらず、という感じですね~(;^_^A

>「NO.6」は、やっと第7巻まで文庫化されました。
>あと2巻…あぁ、待つ身は辛いわぁ~(>_<)
>早く一気読みした~い!!!!!

おぉ、やっと7巻まで文庫化されたんですか!
こちらは既に完結しているだけに、悪魔のささやきがありますね、、、
単行本で読む手もあるよ…と(笑)私は案の定誘惑に負けてしまいましたが(=v=)
あと残り2巻、早く文庫落ちされると良いですねっ☆

2013/04/27 (Sat) 23:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、お帰りなさ~い!!^^

>少しご無沙汰しておりましたが、お元気ですか?
>私も帰国して10日あまり、すっかり四国人に戻ってますので、これからも宜しくね。^^

無事に帰って来られたようで安心しました♪
いつもpicchukoさんの旅先からのレポ、楽しみにしていましたよぉ(*^^*)
ビックリするくらい色々な場所に行かれたんですね!
ブログに遊びに行く度にビックリさせられました。今日はこの国にいるの!?って(笑)
もう旅の疲れはとれましたか??またゆっくり遊びに伺いますね☆

>なんか、私の中のあさのさんのイメージが随分と変わってきました。

岡山のおばちゃんから、やるなおばちゃん!になりましたか!(爆)
ほんと、写真だけ見ると全然こういう物語を考えそうなイメージないですよね(失礼ですが…)
どんな作品を書かれても、あさのさんの芯の部分はブレる事がなくて感心しちゃいます。
このシリーズは壮大なお話になりそうな予感がするので、できれば長く書いて欲しいですが、
何しろ沢山のシリーズを抱えていらっしゃるので…どうなることやら( ̄Д ̄;;

2013/04/27 (Sat) 23:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply