FC2ブログ
Welcome to my blog

「ミヤマ物語 第三部 偽りの支配者」あさのあつこ

ななこ


ミヤマ物語 第三部 偽りの支配者
著者:あさのあつこ
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
散りばめられた謎の数々が、いよいよ明らかに!固い友情で結ばれたハギと透流の運命は?ウンヌの支配者“ミドさま”の正体とは?全三部作、ついに完結。




ミヤマ物語三部作、いよいよ完結ですよ~きもち
はぁ、ここまで長かった…。とんでもなく長かった……。

第一部が出たのが2008年。第二部が2011年。そして第三部が2013年。
完結するのに軽く4年以上経っちゃってるんですよ。すっかり待ちくたびれましたー(笑)
まぁそんな事言ったら、十二国記なんて10年以上待ってますからねぇ。(現在進行形)

気になっていた続き物からようやく解放されて、正直ホッとしていますかお


tree44.gif  tree42.gif


「雲濡」という山奥の小さな村と、「ウンヌ」という闇の世界が繋がり、
それぞれの世界に住む二人の少年、透流ハギが出会うというダーク・ファンタジーですきもち

「NO.6」の紫苑とネズミもそうでしたが、
あさのさんは、理不尽な差別社会で生きる少年達を描くのがすごく上手いなぁと思う。
今自分達のいる世界で、必死になって生きていく。這い上がっていく。

あさのさんの物語を通して、自然と彼らに勇気を分けて貰えます。
言葉にしてみると陳腐に聞こえるんだけど、間違いなく純粋に心に残るものがある。
毒にも薬にもならないような物語が溢れている中、こういった作品はとても貴重ですかお

さて、この完結編では謎になっていた色々な事が明らかになります!
お屋敷に侵入する透流達を助ける、女官ホウランの正体にもビックリだったけど、
ウンヌの支配者「ミド様」はさらにビックリ。。。

ラストは若干駆け足感はあったものの、綺麗にまとまっていましたねきもち

「NO.6」よりは児童向けという感じでしょうか?
…が、大人だからこそハッと気づかされるものがあるのかもしれませんね~。
成長した透流とハギが再会したところが見てみたいなぁ。違う作品になっちゃうかな(笑)


◆こんな人にオススメ◆
異世界ファンタジーが好きな人
二人の少年のお話に弱い人



<ミヤマ物語シリーズ>
ミヤマ物語 第一部
ミヤマ物語 第二部 結界の森へ



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     にほんブログ村
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
miwa125  
素晴らしいファンタジーでしたね♪

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

NO.6のネズミや紫苑を見ていてもそうでしたけど、
理不尽な差別世界で必至に頑張っている彼らを見てると、
大人がすっかり忘れてしまっていたことを思い出させてくれたり、
諦めていたことにまた立ち向かう勇気を貰えたり…
このミヤマ物語シリーズも、そんな感想が強かったです(*^^*)
これからもず~っと読みづかれてほしい作品ですよね♪

>ラストは若干駆け足感はあったものの、
そこがちょっと残念でしたよね!
できれば、もう少し余韻を楽しみたかったかなぁ~(-_-)

*nanaco☆さん、TB感謝です☆
こちらもTBいただきました(^^)v

2013/03/03 (Sun) 19:30 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

>大人がすっかり忘れてしまっていたことを思い出させてくれたり、
>諦めていたことにまた立ち向かう勇気を貰えたり…

本当にそうですよね!
なんだか子供の頃の純粋な気持ちを思い出しましたよ…(=^▽^=)
だって、透流もハギもあまりにも真っ直ぐなんだもの。羨ましいくらいに、、、
自分には、ここまで必死になれる事はあったかな?と少し寂しくなったけれど^^;

ところで話が脱線するんですけど、透流って漢字、素敵じゃないですか?
自分の子供が生まれたら「浅葱」(辻村さんのあの作品から)って名付けたかったけど、
透流もいいなぁ…なんてふと思ったりして~。透き通るような流れ……美しい……
ハッ、、、( ̄△ ̄;)妄想も大概にしなくては(爆)

「ミヤマ物語」が完結して、ホッとした反面ちょっぴり悲しいですね。
でも次は「ヴィヴァーチェ」がありますよ~(*^-^)
(よく考えればこれも主人公は「二人の少年」ですね。笑)
まだしばらくあさのファンタジーワールドに浸れそうです☆

*miwaさん、お返しTBありがとう!!

2013/03/03 (Sun) 19:55 | EDIT | REPLY |   
Cedie  

nanaco☆さん、こんばんは。

結構待ちましたね。完結したようでよかったです。

わたしなんて1989年にでた上巻だけで下巻がずっと出なくて、
2008年に作者が亡くなり未完で終わってしまったという作品があります。
氷室冴子さんという方の碧(あお)の迷宮なんですが(>_<)
犯人誰だよ?!って今でも思います。

あさのあつこさんはNO.6どまりです。
ほかの作品もいいみたいですね。

話は変わりますが、るるぶ薄桜鬼は
持ち歩き用と保存用(?)の2冊買うべきだったのかなと悩んでいますw

アニメしか観てなかったのですが、ゲームもしたくなりました。

2013/03/03 (Sun) 20:48 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさん、こんばんは~♪

あさのさんはシリーズ物沢山抱えているので、仕方ないというのもあるんですが、、、
だからこそ3年も4年も待たされると、ちょっと不安になっちゃいますよねぇ^^;
とりあえず「ミヤマ物語」は完結して安心しました☆

>氷室冴子さんという方の碧(あお)の迷宮なんですが(>_<)
>犯人誰だよ?!って今でも思います。

うわぁ、犯人が分からないまま未完になってしまいましたか……それはやりきれない!><
シリーズ物にはそういう怖さがありますよね、、、グインもそうでしたし(泣)

>話は変わりますが、るるぶ薄桜鬼は
>持ち歩き用と保存用(?)の2冊買うべきだったのかなと悩んでいますw

えへへ~私も今日本屋さんで見つけたので、早速買っちゃいました(o^∇^o)ノ
何とか在庫残ってて良かった…。確かにこれは2冊欲しくなる内容ですね(笑)
Cedieさんゲームは未プレイですか??すごく面白い(&ときめく)ですよぉ~♪
そういえば今年の5月に、またPSPで新作が出るみたいですね^^

2013/03/05 (Tue) 20:53 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こちらにもこんばんは!
あさのあつこさんといえば、岡山に住むおばちゃん作家さんですよね。(笑)
一度、地元のテレビに出演されてて、その時の印象がず~っと残って、消えません。^^;
へえ、あのおばちゃんが、そんな純粋な作品を書くのかあ。。。
なかなか良さそうですね。
う~ん、でもあのおばちゃんかあ。(しつこい?笑)

2013/03/06 (Wed) 18:27 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こちらにもコメントありがとうございます~♪

>あさのあつこさんといえば、岡山に住むおばちゃん作家さんですよね。(笑)
>一度、地元のテレビに出演されてて、その時の印象がず~っと残って、消えません。^^;

ふふふ、そうなんです。あのおばちゃんなんですよ~(笑)
本を読んでいると、時々チラリとあのお顔が頭をよぎったりします(* ̄▽ ̄*)
でも児童文学書かれている作家さんって、結構おばちゃん作家が多い気がしません??

こんな純粋な物語を書けるなんて、きっと心が綺麗な方なんだなぁ…と本気で尊敬します!
大人が子供の目線から書く物語って、大抵嘘くさくなっちゃうんですよね~^^;
皆誰もが子供時代を経験したはずなのに、どうしても真実味がなくなっちゃうんです。
でも、あさのさんの作品はその嘘くささがないんですよ!だからすごく説得力があります(o^-^o)
あんなおばちゃんなのに、すごいです…(笑)

2013/03/06 (Wed) 22:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply