FC2ブログ
Welcome to my blog

「黒龍の柩」北方謙三

ななこ


黒龍の柩(上)(下)
著者:北方謙三
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
時は、幕末。時勢は否応なく男たちを呑み込んで行く。土方歳三も、人を斬りながら新選組の活路を探し続けた。親友・山南敬助の捨て身の切腹、同志・近藤勇との別れの予感。やがて土方は、坂本龍馬が暗殺の直前に語った計画に、新選組の未来と己の夢を賭ける。命を燃やしながら奔った男たちの青春群像。見果てぬ夢を謳いあげた北方版「新選組」。





「三国志」「水滸伝」で、一気に北方さんのファンになった私(笑)

北方さんが新選組を題材にした小説を書いていると知って、読まずにはいられなくて。

だってこの作家さんの描く漢達は、「これぞ漢!」という人物ばかりだから。
そして息をのむほどに美しく儚く散ってゆく。それが新選組のイメージにぴったりだったんですきもち

結論から言いましょう、、、

北方さんの描く新選組は、やっぱり格好良かった!!


「替天行道」の旗を掲げる水滸伝の英雄達と、「誠」の旗を掲げる新選組の隊士達。

片や古い体制を壊す者と、片や古い体制を守ろうとする者。
彼らは一見相反するように見えるけれど、実はとても似ているなぁと思います。
それは、愚直なまでに自らの信念を貫く事なのかもしれない。

決して他人に迎合しない。時流に流されない。それがどれだけ難しい事か、、、
だからこそ、「人斬り集団」と言われようと、後世の人々に悪者扱いされようと(泣)
新選組の刹那的とも見える生き方に、こうも惹かれてしまうのでしょうね~かお


flower04.gif




この作品は、主に新選組の副長・土方歳三の視点から描かれていますかお

土方さんといえば、どこまでも直情的で、敵にがむしゃらに斬り込んでいく姿。
ま~司馬さんの「燃えよ剣」の影響かもしれませんが(笑)私の中ではそんなイメージ。

でも、北方版土方さん (どうでも良いが北方謙三と土方歳三って似てるな・・・) は、
"鬼の副長"という異名もどこへやら、一歩下がった所から冷静に時勢を読み、
仲間に対しても思いやり深い人物として描かれています。これは新しい土方像!!

新政府軍に追い込まれて、徐々に蝦夷地へと北上する姿は痛々しいですね。
ただ、ラストは驚きの展開です。正直、これってアリなの!?と思いました。
でもある意味、これも夢があるのかもしれないなぁ。。。


個人的に一番嬉しかったのは、何といっても山南さんですね~きもち
山南敬助といえば、隊を脱走して切腹させられてしまった人物ですが、
彼が土方さんと同じ思いを持った、理知的な人物として描かれています。素敵すぎる…。

山南が言葉の優しさなら、土方は無言の思いやり。完全に惚れるね、この二人。

*余談ですが、西郷隆盛の描き方があまりにも酷くて笑っちゃいました。
榎本や大鳥も、剛胆でオトコマエな土方さんに比べるとかなりの小者感が…!(笑)


◆こんな人にオススメ◆
新選組が好きな人
坂本龍馬ブームに嫌気がさしていた人
土方歳三の最期に納得がいかない人





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     にほんブログ村
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
picchuko  

nanaco☆ちゃん、おはようございます!
あは、nanaco☆ちゃんの北方熱、再び☆ですね。^^
彼が描く男性達はどれもカッコいいんだろうなあ。
読みたいけど、私には難しそうだし、、、。
でも、nanaco☆ちゃんの感想読んでたら、本屋でもつい目がいってしまってます。^^

あ、そういえば、今月のアガサクリスティ作品は既読なのかしら?
(急に思い出す私。笑)
そちらも楽しみで、アガサ×北方作品は私の中でnanaco☆ちゃん!となっています。^^

2013/02/21 (Thu) 07:21 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは~♪

北方さんは、今まで中国物しか読んだ事なかったんです。
でも、大好きな新選組の事を題材にした作品を書かれていると知っては、読まずにはいられない!!
「志」を持って生きる人間は、日本も中国も変わらずカッコイイですね(=^▽^=)
(残念ながら今の時代はそんな人達は見る事ができないけど……笑)

あ、北方さんは全然難しくないですよ~♪
きっと歴史に詳しいpicchukoさんなら、楽しく読めるはずです^^
それに「カティンの森」を読まれたなら、怖いモノなしですよ~~(笑)

>あ、そういえば、今月のアガサクリスティ作品は既読なのかしら?

おぉ、偶然にも今日クリスティー読み終わったところなんですよ!
(月1クリスティーの目標も、密かに頑張るつもりです。。。)
ポアロシリーズ2作目の「ゴルフ場殺人事件」。やっぱりまんまと騙されました><
読み進めていくうちに、いつか犯人を当てる事はできるんでしょうか('ー') フフ
近いうちにブログの方でもレビュー書きますね~☆

>そちらも楽しみで、アガサ×北方作品は私の中でnanaco☆ちゃん!となっています。^^

うふふふ~~嬉しいお言葉をありがとうございます♪
でも実はクリスティーも北方さんも初心者…いつかコンプできるように頑張ります(o^-^o)

2013/02/21 (Thu) 20:41 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
私も北方版新撰組に、胸キュンしたーい!!

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

北方さん版新撰組…めっちゃ面白そうですね~(*≧▽≦*)
「格好良かった!!」に、深~~く納得です!!!

山南さん、土方さんの親友だったというのにもビックリでしたけど、
隊を脱走して切腹してたんですね~。衝撃の事実だわ(@_@;)

あ~、恩田さんの本といい、この北方版新撰組といい、
またまた読みたい本が増えて、嬉しい悲鳴状態です~(*^^)v

*ところで、『ミヤマ物語』、第3部が出て完結しましたね(^^♪
1冊ずつ大事に読もうかとも思ったんですが、
読みだすと続きが気になっちゃって、3冊一気に読んじゃいました!
すべてに命が宿るウンヌ…怖ろしくもあるけど、
とても魅力的な世界でした(*^^)v
明日か明後日にはレビューをUPする予定なので、
またTBいただきにお邪魔しますねっ(^_-)-☆

2013/02/22 (Fri) 17:53 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんにちは~♪

北方さんの新選組は、やっぱり格好良すぎました!ハードボイルド新選組って感じ(笑)
余計な感情を削ぎ落とした描写が、隊士達の生き様にピッタリはまっていました。
何だかね、北方三国志と通じる部分があった気がしますよ~^^
「潔く死ぬ事」…と言ったら悲しいんだけど、どの隊士にもそういう儚げな雰囲気がありました。

>山南さん、土方さんの親友だったというのにもビックリでしたけど、
>隊を脱走して切腹してたんですね~。衝撃の事実だわ(@_@;)

そうなんですよ~、、、だから今まで私山南さんにはあまり良いイメージがなかったんです。
でもこの作品の土方さんと山南さんの関係がすごく素敵で、泣きそうになりました(/ヘ ̄、)

土方さんが詠んだ句に「水の北 山の南や 春の月」というのがあるらしいのですが、
その中に「山の南や」=山南という言葉が入っている事から、仲の良さが分かりますよね(*^-^)
それでも隊士に規律を守らせるために、脱走した山南さんを切腹させた……
もうその時の土方さんの気持ちを思うと、やりきれなくなりますよぅ;

驚きのラストと、男前な土方さん、それに透明感のある沖田さん!(笑)
これだけで読む価値あるかと思います。miwaさんも是非挑戦してみてね~ヾ(=^▽^=)ノ

>*ところで、『ミヤマ物語』、第3部が出て完結しましたね(^^♪
>1冊ずつ大事に読もうかとも思ったんですが、
>読みだすと続きが気になっちゃって、3冊一気に読んじゃいました!

おぉー!私もあとちょっとで、第3部読み終わるところなんですよ~(^○^)
ウンヌの世界、すごく魅力ですよね。現実世界と繋がっているところが素敵です☆
今、トオル達がジュゲ様救出したところです。どんなラストが待っているんでしょう?
miwaさんの感想&トラバ楽しみにしていますね~♪

2013/02/23 (Sat) 14:26 | EDIT | REPLY |   
いりえ  
コメントに、グチで、ごめんなさい

nanaco☆さん、こんにちは(^u^)

聞いてくださいよ~
あのーですね。先日、北方水滸伝を見つけまして「あらま、古本なのに綺麗で、105円だこと。でもこれは量があるから」とカゴを持って戻ると、ごっそり無いんですよ、北方さんが。で、数メートル離れたバーコード親父の手にあるんですよ、北方さんが。あちゃー、と。バーコードについてしばらく歩きましたよ。重くて置くんじゃないか、その隙を狙ってやろうかと。バーコード親父、私に気付いたのか、レジに行きましたよ。くううううう。悔しくて悔しくて。…愚痴グチすいません(@_@;)

「黒龍の柩」いいですね~。「燃えよ剣」好きでした。私、山南敬助さん素敵ですよね\(~o~)/ 新しい土方像ですか。うふふ。こりゃ~読みたいですね^m^

・映画「50/50」ご覧になったとか!? CMみて、これはと注目していたんです! 面白かったっすか。なるほど、やはりゴードン君はやりますなー(゜レ゜)

・『キャリアーズ下』登場人物が多いのに、会話で(?)解るものですね。怖面白くて、毎晩少し読んではキャーキャー言ってます。読破まではもう少しかかりそうです(^◇^)

2013/02/25 (Mon) 13:32 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
いりえさんへ

いりえさん、こんばんは~♪

あらまぁ~~!!!そのお話を聞いて、私まで悔しくなっちゃいましたよ(`ε´)
バーコード親父も密かに狙っていたんでしょうかねぇ。
いりえさんがその本棚の前を離れるスキを狙っていたのかも…くそぅ、惜しかったですね…
しかも北方水滸伝って何故か巻数揃ってる事が少なくないですか?^^;(うちの周りだけ?)
どこに行っても「1巻」がなくて、中途半端に6巻あたりからあるんですよね~(  ̄_ ̄)ナゼ…
いりえさん、次古本屋で見つけた時は、意地でも腕に抱えなきゃダメですよ!!(笑)

>「黒龍の柩」いいですね~。「燃えよ剣」好きでした。

「燃えよ剣」の、がむしゃらな土方像とはまたちょっと違って、
常に冷静沈着でスキのないカッコイイ(そして女っ気がない!)土方さんでした(*^^*)
ま~私はもうちょっと人間くささがあった方が好みなんですけどね、
でも土方さんと山南さんの友情がとても素敵な描かれ方だったので、嬉しくなっちゃいました☆
私、この本読んだ後、また壬生寺に行きたくなりました。
すぐに行ける距離にお住まいのいりえさんが羨ましいですぜ。。。

>映画「50/50」ご覧になったとか!? CMみて、これはと注目していたんです!

闘病モノはもともと少し苦手だったのですが、これはすごく良かったです♪
ガン患者の話なのに決して暗くないし、笑っちゃうくらい下ネタだらけだし、
でも最後にはホロリと感動させてくれる作品です。これ本当オススメですよ\(^▽^)/

>『キャリアーズ下』登場人物が多いのに、会話で(?)解るものですね。怖面白くて、毎晩少し読んではキャーキャー言ってます。

キャーキャー言っちゃいますよね~(笑)
寝る前に読むにはあまり夢見の良い本ではなさそうですね( ̄ー ̄)ニヤリ
タイトル「キャリアーズ」の意味が分かった時にはドキッとしますよぉ。
楽しんで頂けると良いのですが(o^-^o)

2013/02/25 (Mon) 20:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply