10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.16 *Sat*

「ふたりジャネット」テリー・ビッスン


ふたりジャネット
著者:テリー・ビッスン
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本邦初のテリー・ビッスン短篇集。サリンジャー、ピンチョンら有名作家たちが続々と田舎町に引っ越してきた?英国が船みたいに動きはじめた?万能中国人がヘンテコなす牛木で事件を解決?そんなばかな話ってある?屈指の技巧派にして短篇の名手ビッスンが描く物語は、まさに現代の“ほら話”。ヒューゴー賞ほかアメリカ棋界の賞を総なめにして、一躍その名をとどろかせた名作ファンタジー「熊が火を発見する」をはじめ、ショートショート「アンを押してください」、ロマンティック・コメディ「未来からきたふたり組」、盲目の画家が死後の世界で見たものは…「冥界飛行士」、“万能中国人ウィルスン・ウー”3部作「穴のなかの穴」「宇宙のはずれ」「時間どおりに教会へ」など、全9篇を収録。ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞、デイヴィス読者賞、スタージョン記念賞受賞。




お友達の日向永遠さんからオススメ頂いた本です~かお
日向さん、遅れましたが読了しました!いつも面白い本をありがとうございますきもち

なんていうかね、さすが奇想コレクション☆って思いましたよ(笑)
とにかく変な話がてんこもり。(勿論褒めてるんですよ~~^^)
どれもこれもあり得ないような話なんだけど、それが当たり前のように受け入れられてるの。

ユーモアたっぷり、でも時に温かく、時に物悲しく。
表題作「ふたりジャネット」のようにオチがない作品もあるんだけど、それが心地良くて。
テリー・ビッスンの不思議ワールドを、思う存分堪能することができましたきもち


  bird19.gif


「熊が火を発見する」「アンを押してください」「未来からきたふたり組」「英国航行中」
「ふたりジャネット」「冥界飛行士」「穴の中の穴」「宇宙のはずれ」「時間どおりに教会へ」

以上、9つの短編が収録されています。

中でも特に自分の好みだったものやじるし


ぼたん 「熊が火を発見する」
比喩でもなんでもないのですよ!タイトルの通り、熊が火を発見しちゃうお話。
で、熊たちがたき火をして、時々枝をくべ足したりしている。人間くさいよね(笑)
どことなく物悲しさが漂うラストも好きです。


ぼたん 「アンを押してください」
男がATMからお金を引き出そうとすると、画面に見慣れない選択肢が。
「お預け入れ」「お引き出し」「残高照会」「お天気」…お天気ってなんだ?
それがだんだんエスカレートしていき、、、笑えるんだけどよく考えたら怖いわー。


ぼたん 「穴の中の穴」「宇宙のはずれ」「時間どおりに教会へ」きもち
<万能中国人ウィルスン・ウー>三部作。これめっちゃ面白かった!!!
万能中国人という肩書きの通り、とにかく何でもできちゃう凄い中国人ウー。
彼の経歴も笑っちゃうくらい凄いんだけど、全てを数式で解決しようとするのがまた笑える。

ウーの親友のアーヴィンは、
どこにいたって送られてくるその謎の数式(時々漢字が混ざっていたりする。笑)の事はさっぱり。
だけど何となく相槌を打っているだけで、何故かウーと会話が成り立っているんだよね。

どこまで万能なんだよ!とツッコミつつ、プッと笑わずにはいられない三部作でした。


この本の中で、唯一「冥界飛行士」だけは、毛色の違うダークな作品でしたが、
ユーモアに溢れた摩訶不思議な短編集でした。SF好きな方にはオススメです~かお


◆こんな人にオススメ◆
SFが好きな人
奇想天外な話が好きな人




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     にほんブログ村
関連記事

COMMENT

nanaco☆ちゃん、おはようございます!
あは、これ面白そう!!!
ATMの画面の「お天気」には吹き出してしまいました!!!!(笑)
なのに、怖いんだ☆
これが一番気になる~。
でも、火を起こしてる熊の姿を想像するだけでも面白いね。^^

そうそう、私はSFが大好きです!
子供の頃、みんながルパンシリーズにハマってる時、一人SFシリーズを読破しようと頑張ってる変な子供でした。^^
一昨日と昨日、ロシアでは小惑星が落ちてきたし、インド洋上空を地球に最接近した小惑星があったでしょ?
この2つのニュースに、昔読んだ、月が地球とぶつかる話を思い出しました。
本当なら二つとも爆発してもおかしくない衝撃だと思うのに、その話では衝撃はあったけど、月が地球の中に埋もれちゃったの。(笑)
確か、それもロシアあたりだったな~。
プーチン、頑張れ~~~♪(笑)
by picchuko #-
2013/02/17(日) 07:03 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは~♪

ATMのお話、面白かったですよぉ(^○^)
「お天気」なんて選択肢があったら、私絶対押しちゃうと思う(笑)
で、この話の凄い所は押したら本当にその通りになってしまうところなんです!
小雨とか小雪とかあって、それを押してみると、、、^^
ショートショートなので、とても短いお話なのですが、インパクト大でしたよ☆

火を起こしてる熊さんのお話も、すごく良かったです~♪
想像するだけで笑えるのに、意外にも(?)最後はホロリとくるんですよ。
あり得ない設定なのに、何故かそれを当たり前のように受け入れられちゃうんです。
まだまだこの作家さんの他の作品を読んでみたいなぁと思いました(*´∇`*)

そうそう、picchukoさんはSFは好きなんでしたね!
私はSFを読み始めたのは、このブログを始めてお友達の影響を受けてからなので、
ここ数年の事ですねぇ、、、まだSF初心者です(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

>昔読んだ、月が地球とぶつかる話を思い出しました。

それめっちゃ面白そう~!!しかも月が地球の中に埋もれちゃうんですか?(笑)
なんかそのお話、興味津々なんですけど♪タイトルとか覚えてますか??
読んでみたいわぁ(*'ー'*)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/02/17(日) 20:09 [Edit
ふたりジャネット・・・大好き!
nanacoさん、こんばんは★

気に入っていただいた様で嬉しい!です^^
奇想コレクションは大好きなシリーズですが、新刊の案内が止まっているので寂しいです。終わりなのかな?
未読の何冊かを大事に読みますね。

アンを押してください・・・・さっさとアンを押してください^^

熊が火を発見する・・・しみじみしてきますね。
万能中国人のシリーズも楽しかった。月面まで行ってしまいましたね~
by 日向 永遠 #MTvX3K/M
2013/02/17(日) 20:10 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは~♪

改めてお礼を申し上げます。素敵な本をありがとうございましたヽ(*^^*)ノ
もうプッと吹き出す所満載で、すごく面白かったです!!

「アンを押してください」タイトルから全然想像できませんでした(笑)
こんなATMがあったら怖い、、、けど絶対自分だったら変な選択肢押しちゃう。
この機械はどこまで知ってるんだ?って思っちゃいますよね~^^;

万能中国人の三部作、漢字の入った数式とか訳分かんないんだけど、
ウーの親友のアーヴィンが、すぐ分かったフリする所とかツボでした(笑)
「この数式の示す通りだよ」という言葉に、何度ツッコミを入れた事か('ー')

盲目の画家が死後の世界に行くお話も、ブラックですごく面白かったし、
タイムトラベル・ラブストーリー(?)みたいな「未来からきたふたり組」も良かった、、、
この作家さんの世界観、はまっちゃいました♪

>奇想コレクションは大好きなシリーズですが、新刊の案内が止まっているので寂しいです。

あら~最近は刊行されていないんですか><
私もタニス・リーとか、マーティンさんとか読んでみたいのがあるので、
少しずつ集めていきたいなぁと思います☆

*TBありがとうございました!
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/02/17(日) 20:41 [Edit
…月までいった??
こんちは~。いや~、二月は「にげる」といいますが、もう三月が見えそうですね~(おじさんの挨拶でごめんなさいませ) 

おお~、これもまた面白そうですね(゜レ゜) 色んな賞を獲っている奇想コレクションなんですね(^-^) 

「アンを押してください」気になるなぁー。「お天気」お天気ってなんっすか??? 星新一さんみたいですね。

なんだか、表紙の絵がイメージと少し違った印象でしたけれど、読み終わると解るんですかね(@_@;)

「グスコーブドリの伝記」の映画、ご覧になったとか。気にしてたんです、私、この本、大好きで。子どものころは「オリザって何?」なんて思って調べたりした記憶があります(*_*) ブドリの声ってまさか小栗さんですか。うむむむ。
…あれはなぜ「猫」なんですか?
by いりえ #-
2013/02/18(月) 13:57 [Edit
nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

わわっ!これも面白そうな本ですね!!(*^^*)

熊がたき火をしてるって…なんか可愛い~♪
焼き芋とかしてたりして…(笑)
物悲しいラストが気になります!!

「アンを押してください」も読んでみた~い♪
ATMの“お天気”って、ホントなに???
そして、アンってなに???
笑えるけど怖いんだ~。ますます気になる!!(><)
私なら預金が全部なくなっちゃうのが一番怖いかも(^_^;)

あと、唯一のダークな作品「冥界飛行士」も気になります(*^^)v
by miwa125 #-
2013/02/18(月) 18:03 [Edit
いりえさんへ
いりえさん、こんばんは~♪

いやぁ、本当にあっという間ですね!
つい先日お正月が来たばかりだと思ったのに、早いもんです(笑)
この調子じゃ3月もすぐに去ってしまいますね~(* ̄∇ ̄*)
まだ今年の目標、何一つとして始めていません!(エッヘン)
あ、、、本のレビューをためないようにしてるっていうのだけ頑張ってるかも…。

>おお~、これもまた面白そうですね(゜レ゜) 色んな賞を獲っている奇想コレクションなんですね(^-^) 

この本、めっちゃ面白いですよぉ~♪
どれもユーモア溢れる"ほら話"って感じで、プッと吹き出しちゃいます。
「アンを押してください」のATMは、現実にあったらきっと行列ができるかと…(笑)
ただ画面に選択肢が一つ多いだけなのに、何で人間って好奇心を抑えられないんでしょうねぇ(=v=)

ちなみに表紙の絵ですが、奇想コレクションは全て松尾たいこさんが描かれてるんです☆
このイラストレーターさんの絵って特徴があるので、すぐ分かりますね~('-'*)
可愛くて大好きだけど、、、確かに少しイメージが違う??(笑)

>「グスコーブドリの伝記」の映画、ご覧になったとか。気にしてたんです、私、この本、大好きで。

おぉーさすがいりえさんw(゚o゚)w
私は原作未読なんですけど、この映画の世界観すごく好きでした!
ブドリの声が小栗さんっていうのは、「んー」って感じなんですが^^;
何で最近のアニメって、ちゃんと声優さん使わないんでしょう??勿体ない。。。

ますむらひろしさんの漫画は、何故か全部猫ですよねぇ。
「銀河鉄道の夜」もそうだけど、猫が主人公ってなんかイイです(=^・^=)
いりえさん、「アタゴオル」って漫画読んだ事あります?めっちゃ面白いですよぉ~(^▽^)/
登場人(?)物は、8割方猫ですが…。未読でしたら、是非読んでみてくださいな♪
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/02/18(月) 20:19 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは~♪

>熊がたき火をしてるって…なんか可愛い~♪
>焼き芋とかしてたりして…(笑)

プフーッ!!!(*≧m≦)=3
miwaさ~ん、焼き芋してる熊の姿、思わず想像しちゃったじゃない!(笑)
で、ちょっと物憂げに枝をくべ足したりしてるんですね、きっと。
「オイ、そっちの枝もうちょっとよこせ、火が消えそうだぞ…」「あぁ…」「イモ、焼けたか?」
なんかしょうもない事を妄想して楽しんでしまいました(爆)

>「アンを押してください」も読んでみた~い♪
>ATMの“お天気”って、ホントなに???
>そして、アンってなに???

これショートショートだから、あっという間に読み終わっちゃうんだけど、インパクト大ですよ☆
こんなATMあったら面白い!と思う反面、どこまで自分の事を知ってるんだと怖くなりそう…。
だって、金額を入力したら、「そんなに使うの?」みたいな事聞かれるんですよ~><
機械が知能を持ったら、こんな感じなのかなぁと思いました( ̄w ̄)
これだけ悪意ある(?)機械だったら、預金も全部隠しちゃったりするかもね(笑)

>あと、唯一のダークな作品「冥界飛行士」も気になります(*^^)v

これも個人的にはすごく好みのお話でした。
盲目の画家が、死後の世界の絵を描くというお話なんですけど、かなりブラックです!
オチもドキリとします。他の作品が笑えるだけに、これだけが異彩を放っていました^^;
とっても面白い短編集なので、miwaさんも是非読んでみて下さいな~♪
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/02/18(月) 20:32 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

ふたりジャネット著者 テリー・ビッスン 中村融編訳河出書房新社 奇想コレクション評価 ★★★★★++この本を読み時は周りに人がいないか注意してください。ましてや図書館見...
2013/02/17(日) 20:13:11 | 知的生活へのあこがれ [Del


ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
28位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。