FC2ブログ
Welcome to my blog

「毒吐姫と星の石」紅玉いづき

ななこ


毒吐姫と星の石
著者:紅玉いづき
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
全知の天に運命を委ねる占の国ヴィオン。生まれながらにして毒と呪いの言葉を吐き、下町に生きる姫がいた。星と神の巡りにおいて少女は城に呼び戻され、隣国に嫁げと強いられる。『薄汚い占者どもめ。地獄に堕ちろ!』姫君は唯一の武器である声を奪われた。星の石ひとつ抱き、絶望とともに少女は向かう。魔物のはびこる夜の森、そのほど近くの聖剣の国レッドアークに。少女を迎えたのは、夜の王に祝福を受けた、異形の手足を持つ王子だった。第13回電撃小説大賞大賞受賞作『ミミズクと夜の王』の続編、登場。





「ミミズクと夜の王」の続編ですきもち

前作同様、おとぎ話のような優しい雰囲気の物語でした。
そして今回のカバーイラストも同じ磯野宏夫さん。素敵な表紙ですよね~かお

占の国ヴィオンに生まれ、凶兆が出たという理由で下町に捨てられたエルザ姫。
貧しく、その日食べていくのもやっとという暮らし。彼女に残された唯一の武器は、その声。
毒と呪いの言葉を吐く事でしか、その日を生きられなかった一人の少女のお話です。

エルザはある日突然、再び王宮に迎えられる事になります。
他国の異形の王子に嫁ぐという、国の道具にされるために。。。


flower01.gif




正直「ミミズク~」ほどのインパクトはありません。

「ミミズク~」は、人間の少女×美しき魔物の王の恋(?)でしたが、
今回の「毒吐姫~」は、人間の姫×人間の王子というごく真っ当なストーリーだからです!

ただ、エルザの悪態(毒吐)はハンパない!!!そしてその振舞いたるや、筆舌に尽くし難く。
日々誰かの物を盗むような生活をしてきたから、仕方ないのかもしれないけど…
あなた、曲りなりにもお姫様なのですよー??(笑)

しかし!さらに驚きなのは、エルザと結婚する事になる王子クローディアス。
最初の晩餐で、犬のようにがっつくエルザを見ても微笑む王子……器が大きすぎます。
彼の優しさが、真摯な態度が、凛とした強さが本当に素敵でしたきもち

クローディアスの他にも、懐かしいメンバーが再登場。
姿を見せないフクロウが、何故か一番存在感があったりしてね。不思議なもんです。

読了後にすぐに「ミミズク~」を再読しましたが、
ミミズクの素直さや健気さ、夜の王フクロウの不器用な優しさに、また泣かされましたかお
うん、エルザも好きなんだけどね~。やっぱり異種間の恋愛にときめくnanacoでした(笑)


◆こんな人にオススメ◆
優しいおとぎ話が好きな人
女の子は強くなくちゃ!という人
「ミミズク~」で感動した人




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     にほんブログ村
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
picchuko  

nanaco☆ちゃん、おはようございます!
毒吐姫~という段階で、私にはどうしても「おとぎ話のような優しい雰囲気の物語」には思えない。(笑)

でも、nanaco☆ちゃんのレビューを読んでたら、なんかじんわり心に残るような作品ですね!^^

しかし、異種間の恋愛にときめく~とは、ちょっとnanaco☆ちゃんが心配です。。。^^
なぜなら、私もそうだからです。(爆)

2013/02/15 (Fri) 05:42 | EDIT | REPLY |   
miwa125  

nanaco☆さん、こんにちは~(^^)/

おぉ、『ミミズク~』の続編の『毒吐姫~』ですね^^
毒を吐く姫って、どんな恐ろしい姫かと思ったら、
その悪態や言葉が“毒”だったのね~(><)
何だか“おてんば”という枠を軽く超えてそうな姫ですね(^_^;)
相当インパクトがありそう。。。
異形だけど、優しくて器の大きな王子も素敵♪
きっと、『ミミズク~』同様、不器用な恋が展開されるんでしょうね~?
懐かしいメンバーも登場するということは、
やっぱり『ミミズク~』を再読してから読んだ方が
よさそうですね(*^^*)

*さっき『剣嵐の大地』のレビューをUPしました♪
相変わらず、最高に面白い物語ですよね~(*≧▽≦*)
トラバいただいていきますね~(^O^)/

2013/02/16 (Sat) 16:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは~♪

「毒吐姫~」ってよく考えると凄いタイトルですよね!(笑)
紅玉さんの書くファンタジーは、どれもおとぎ話のような雰囲気で大好きなんですが、
実は私もこのタイトルにちょっと怖気づいて、しばらく積んだままだったんですよ~(゚×゚*)

でもね、読んでみたら随分と可愛い姫じゃない!って思いましたよ♪
「お転婆」という言葉では生ぬるいほどに活発なお姫様なんですが、
彼女と、優しい(でも芯の強い)王子との組み合わせは、とてもお似合いでした(=^▽^=)

>しかし、異種間の恋愛にときめく~とは、ちょっとnanaco☆ちゃんが心配です。。。^^
>なぜなら、私もそうだからです。(爆)

な、なんとっ……picchukoさんもでしたか!(爆)
でも人間同士の恋愛より断然異種間の方がときめくんですよね。ある意味禁断の恋?(。-_-。)ポッ
人間×ヴァンパイアなんて、今となっては当たり前になってしまいましたが、
昔はそういう設定の本や映画は、それだけでドキドキしていましたよ~(笑)

2013/02/16 (Sat) 18:53 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

今回この作品を読んで、やっぱり紅玉さん好きだー!!と実感しましたよぉ(*^.^*)
こんなに優しいファンタジーを書けるなんて、本当に心の綺麗な作家さんなんだなぁと、
変なところで羨ましく思っちゃったりして…(笑)

>何だか“おてんば”という枠を軽く超えてそうな姫ですね(^_^;)

そうなんです!お転婆だけでは済まされないですよ、このお姫様は……^^;
姫と王子の関係は、何となく幼い頃のリンダとレムスを思い出しました。
リンダをもっともっと野性的にした感じですかね~(=v=)
でも、王子と接していくうちに徐々に人間らしく(決して女らしくではない。笑)なっていくのが、
読んでいてニマニマしちゃいました。王子の力ってスゴイ…!二人の恋愛にも注目です。

>懐かしいメンバーも登場するということは、
>やっぱり『ミミズク~』を再読してから読んだ方が
>よさそうですね(*^^*)

「ミミズク~」を再読してからの方が、きっと楽しめると思います~(^○^)
私も「毒吐姫~」を読んだ後に、我慢できなくてすぐ再読しちゃいましたもん。
読後、何となく心が清らかになった気がするのは、やっぱり気のせいですかね…?(笑)
miwaさんの感想、楽しみに待っていますよ~♪

*そうそう、「剣嵐の大地」のレビューをUPされたとか!
TBありがとうございます☆早速後で遊びに伺いますね~(o^∇^o)ノ

2013/02/16 (Sat) 19:07 | EDIT | REPLY |   
藍色  

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

2013/02/22 (Fri) 17:06 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
藍色さんへ

藍色さん、こんにちは~♪
コメント&トラックバックありがとうございます(o^∇^o)ノ

紅玉さんらしい素敵なファンタジーでしたよね!
ラノベ読者に限定してしまうのは勿体ないと思えるような作品でした^^
またこういうお話が読みたいなぁ。。。

2013/02/23 (Sat) 14:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply