05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.27 *Sun*

「変身」フランツ・カフカ


変身
著者:フランツ・カフカ
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか……。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふれた日常がすぎていく。事実のみを冷静につたえる、まるでレポートのような文体が読者に与えた衝撃は、様ざまな解釈を呼び起こした。海外文学最高傑作のひとつ。



あまりにも有名なカフカの「変身」きもち

どんな内容なのか予備知識はあったものの、実は手に取るのは初めてです。
でも、解説を除けば100ページ弱の薄い本というハードルの低さもあって、
一度はちゃんと読んでみよう!という事で、この度購入してみる事にしました~かお

1時間程で読み終えましたが、サクサクと読み進められると思いきや、
重みのある文章で、読み終えた後にはどんよりと心に澱のようなものが残ります。

孤独、不条理、絶望。どんな言葉でも陳腐に聞こえてしまう。
だって、いっそ清々しさすら感じられるんだもの(笑)何とも言えぬこの奇妙な読後感。
薄い本ですが、一読しただけでは軽く語ることのできない何かがこの作品にはありました。


seiza08.gif


ある朝目を覚ますと、グレーゴル・ザムザ青年は巨大な虫になっていた。
何ともシュールな始まりです。

鎧のように固い背中、うねうねと動く沢山の足。
なんかね、描写がリアルすぎて嫌悪感をもよおすほどなのねきもち

でも、一家の稼ぎ手であるグレーゴルは、そんな自らの体を見ても最初に思うのは、
「働きにいかなくちゃ」という事。あんた、そんな場合じゃないでしょ!とツッコミたくなるけど、
それを奇妙だとは思っていない様子。否応なくこの不思議な世界に引き込まれます。

突然の怪事に仰天して、グレーゴルを部屋に軟禁する両親と妹。
グレーゴルは必死に自分の意思を伝えようとするけど、彼らは理解する事ができない。

もどかしい!酷い家族!でも正直キモチワルイー!!(笑)

もう色んな感情がない交ぜになっちゃって、、、

何故彼は、突然虫(ムカデのようなものらしい)になってしまったのか?
その事については一切触れられていません。だから色々と妄想したくなるんですよね~。
色々な解釈ができそうなので、是非読まれた方の意見もお聞きしたいですかお


◆こんな人にオススメ◆
う~ん、誰にオススメしたら良いのか?(笑)




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

COMMENT

不条理の作家 カフカですね
nanacoさん、こんばんは☆
カフカ、懐かしい!高校生、専門学校の学生時代、カフカと安部公房に嵌っていたのを思い出します。カフカはこの変身からはいって、ある流刑地の話、城、アメリカと読みすすめました。わけもわからない状況に追い込まれる主人公たち。そのなかで、日常を取り戻そうと奮闘しますが・・・かなり好みな作家です。
by 日向 永遠 #MTvX3K/M
2013/01/27(日) 21:47 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは~♪

日向さんは学生時代に読まれてきたんですねぇ(*^▽^*)
私の学生時代は、ほぼグイン・サーガ一色だったのでお恥ずかしいのですが(笑)
いつかきちんと読もうと思っていた作品だったので、さりげなく達成感があります…!

不条理の作家、、、納得です。
こんなオチって~と最初は思ったけれど、これが主人公の望みなのかも、と。
解説に、カフカが扉絵に昆虫の絵を描かれるのを拒んだとあったので、
なるほど見かけどおりの話だけではないんだなぁと、色々考えさせられますね><
面白いです。次は「城」を読んでみよう~^^

安部公房といえば、先日「砂の女」「他人の顔」を文庫で発見して購入しました(*^^*)
時間はいくらあっても本を読むには足りないのだから、どうでも良い本は読みたくない…
できるだけ名作を読んでいこうかな…なんて、ちょっぴり思っています。
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/01/27(日) 23:02 [Edit
不条理ですなぁ
ですよねー(^0_0^) 始まりから凄いですよね!

私が読んだのも、高校生の時です。
それほど読むのは大変ではないのに、ひっかかる。これ、何かの寓話だろうけど、何がいいたかったの? と。

大学でもう一度読み返し、社会人になり森山未來主演の舞台も見ました(テレビ放送で)。…やっぱりわかりません。そこに「意味」が欠落してしまってるんですものね(@_@;)

私なりの考えで恐縮ですが、虫になるのは例えだと思います(そりゃ、そうですよね)。
でも、仕事し続けると虫のようになってることってないですか? 人間性を見失っている仕事ってあると思います(社会は辛いッス)
文庫の解説に何と書かれてたか忘れちゃいましたが、『変身』は、「疎外」をテーマにした物語ではないでしょうか? なくしちゃいけない失われやすいココロ、「尊厳」ともいえるのかもしれません(゜レ゜)
偉そうにすいません(';')

実は、私、とても好きな本です(*_*)えへへ

追伸
安部公房「砂の女」「他人の顔」を買われたとか。これも私、大好きな本なんです!! 「砂の女」最高です。安部公房なら「人間そっくり」もオススメです!(^^)!機会がありましたら、是非(^-^)
by いりえ #-
2013/01/28(月) 14:14 [Edit
いりえさんへ
いりえさん、こんばんは~♪

おぉっいりえさんも高校生の頃に!
皆さん、素晴らしい読書ライフを過ごして来られたのですねぇ~w(゚o゚*)w
それに引き換え私なんて、学生時代は超偏った読書しかして来なかったので、
今になって沢山の名作を読み逃している…なんていう切ない事になっています(笑)
今更ですが、少しずつ読んでくぞ!…とちょっと張り切ってみたりして。

「変身」めっちゃ面白い☆という感じじゃないんですが、なんかすごく好きです。
どんな意味があるんだろうって、ふとした時に考えていますね~^^;
朝起きた時に、何となく自分の手足を見ちゃいました(笑)
ザムザが虫になって、しかもあの結末…人によって受け取り方が違うのかもしれませんね。

>でも、仕事し続けると虫のようになってることってないですか? 人間性を見失っている仕事ってあると思います(社会は辛いッス)

確かに~!!
主人公のザムザ君は、特に几帳面で仕事一筋なタイプでしたからね(・・;)
本当に大切な物は何なのか、きちんと考えてみようって感じでしょうか。
働きたくない、でも自分が働かないと家族が食べていけない…そんな八方塞がりの状況が、
彼を意思の疎通が図れない「虫」という形にしてしまったのかなぁ??

うぅむ…いりえさん、この本深いッ!深いですね!
とても今回一度読んだだけじゃ、思う存分語る事はできなさそうです ( ̄△ ̄)
とりあえず大切に保管して、また別な時に再読してみます。。。

>安部公房「砂の女」「他人の顔」を買われたとか。これも私、大好きな本なんです!!

ビックリ!そうなんですか~~d(⌒o⌒)b
「砂の女」は中学生の頃、父親に借りた事があります。
読書感想文の課題があって、一応「砂の女」が候補でした。
今思えばどうよって感じですね…感想文向きのお話ではないかも^^;
(結局ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」にしちゃったんですけど…笑)
細かい内容は覚えていませんが、ザラついた不気味さがあったのは記憶にありまして。
今回はじっくりと読んでみようと思います!!楽しみです。。。

いりえさんオススメの「人間そっくり」も気になるなぁ~(o^∇^o)ノ
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/01/28(月) 22:46 [Edit
こんばんは☆

この本、面白そう~っ。
朝起きたら虫だったって・・・
出だしからインパクトがすごいわぁw

こんな事あり得ないけど、
でももし自分が朝起きて
虫だったらどうしよう・・と
ふと考えてしまいましたw
すけちゃんにおもちゃにされて
食べられそうで怖いわ(>_<)笑
by Yuri #VwWRwSIk
2013/01/28(月) 23:51 [Edit
nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

有名なカフカの『変身』、朝目覚めたら虫に変身していた、
というところまでは知ってたんですけど、
とても不条理なお話だったんですね~(><)
それでも会社に行かなきゃと思う主人公が、
哀れなような気の毒のような、
それでいて、その呑気さに笑えるような。。。

それにしても、ムカデに変身だなんて・・・
一番嫌いな虫だけに、考えただけで鳥肌が立っちゃうわぁ~(>_<)

色んな解釈ができそうなだけに、何だか興味をそそられますね(*^^*)
by miwa125 #-
2013/01/29(火) 17:48 [Edit
Yuriちゃんへ
Yuriちゃん、こんばんは~♪

朝起きて虫だったら…って、考えた事もないよねぇ(笑)
そんなとんでもなく奇妙な話が、名作なんて言われてるんだから凄い事だね~^^;
でも、今の時代になってもこうやって世界中で読まれている作品って、
読んでみるとやっぱりそれなりに理由があるんだなぁって実感するよ(*^-^)
色んな人の意見を聞いてみたい本です。Yuriちゃんも機会があったら是非♪

>すけちゃんにおもちゃにされて
>食べられそうで怖いわ(>_<)笑

今ちょっと想像して笑っちゃった(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
すけちゃん、興味持ってどこまでも追いかけてきそうだね~(笑)
そういう時は、必殺☆死んだフリ!!(ていうか逆効果かな……)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/01/29(火) 22:30 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは~♪

この作品、お話自体は有名だけど実はちゃんと読んでないって人、結構多そうですよね?(笑)
薄っぺらい本だし(値段も安いし)、これはラクに読めるぞ!と軽い気持ちで読み始めたけど、
予想していた以上にズッシリと心に重いものが残る本でしたよ~^^;

>それでも会社に行かなきゃと思う主人公が、
>哀れなような気の毒のような、
>それでいて、その呑気さに笑えるような。。。

家計を支えているのはこのザムザ君なので、ちょっと気の毒になってしまうんですが、
無数の足がウネウネしてても、ベッドから起き上がれなくても、
ひたすら仕事の事ばかりを考えているのが、もう不思議で不思議で(笑)
そのあたりからもう非現実の世界に入りこんじゃってるんでしょうねぇ(=v=)

ムカデっぽい虫(直接は表現されていないんですが)の描写が、
もう本当にリアルすぎて……虫嫌いにはちょっと気持ち悪い作品かと。
でも、人によってきっと全然解釈が違うんだろうし、色んな楽しみ方ができそうです。
miwaさんの感想も是非聞いてみたいなぁ~(^ー^* )
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/01/29(火) 22:52 [Edit
nanaco☆ちゃん、こんばんは!
これ、昔からすごく気になってた本なんです。
でも、私には理解不能だと受け付けなかった作品。^^;
だって、朝目覚めたら虫ですよ!
絶対にあり得へんやろ~!!!って感じです。(笑)
それに、なにより気持ち悪いしね。。。

でも、その作品が5つ★とは!
これはますます気になってきました。
100ページくらいなんですか、、、、ちょっと頑張ってみようかな。^^
nanaco☆ちゃんのおかげで、そんな気分になってます。^^
by picchuko #-
2013/02/01(金) 21:42 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは~♪

>だって、朝目覚めたら虫ですよ!
>絶対にあり得へんやろ~!!!って感じです。(笑)

ですよね~!!
朝目覚めたら「犬」ならともかく…。「虫」ですからねぇ( ̄_ ̄ i)
虫嫌いには、軽く鳥肌を立たせるくらいのインパクトのある作品ですよね。
私も虫嫌いですが、不思議と虫が出てくる本ばかり読んでる気がします(笑)
人間って、嫌いなものに引き寄せられる気がしません??^^;何故。。。

>100ページくらいなんですか、、、、ちょっと頑張ってみようかな。^^

翻訳もすごく読み易いので、あっという間に読み終えてしまうかと思います☆
でも、読んだ後に色んな事がグルグルと頭の中を回っていますよ~><
確実に自分の中に何かを残していく本です。(それが良いものかどうかは謎ですが…)

picchukoさんも是非一度、お手に取ってみて下さいな(=^▽^=)ノ
どんな感想を持たれるのか、すごく気になります!!
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/02/02(土) 18:52 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。