FC2ブログ
Welcome to my blog

「放課後探偵団」アンソロジー

ななこ


放課後探偵団
著者:アンソロジー
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『理由あって冬に出る』の似鳥鶏、『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞した相沢沙呼、『叫びと祈り』が絶賛された第5回ミステリーズ!新人賞受賞の梓崎優、同賞佳作入選の「聴き屋」シリーズの市井豊、そして2011年の本格的デビューを前に本書で初めて作品を発表する鵜林伸也。ミステリ界の新たな潮流を予感させる新世代の気鋭五人が描く、学園探偵たちの活躍譚。




昨年読んだ梓崎優さんの「叫びと祈り」に惚れこんだ私。

他にも梓崎作品がないかと探しましたが、いかんせん、2010年にデビュー作を出したばかり。
でも、この「放課後探偵団」に書き下ろし短編が載せられていると知り、即購入ですきもち

学園を舞台にした、恋と青春のミステリ・アンソロジー。
1980年代生まれの、5人の若手作家の作品が収録されていますかお


ぼたん 「お届け先には不思議を添えて」似鳥鶏 ★★★

映像研究会が発送した箱の中身が、先方に到着した段階ですり替わっていた。
すり替える機会はないはず。犯人はいつ、どうやって中身を入れ替えることができたのか?

米澤穂信さんの古典部シリーズみたいな雰囲気。
なかなか納得のいくトリックだったし、動機も面白かった。うぅむ、若い!(笑)
キャラも立っていて気に入りました。「理由あって冬に出る」も読んでみたいなぁ。


ぼたん 「ボールがない」鵜林伸也 ★★

100球あるはずのボールが、なぜかいくら捜しても99球しか見つからない。
高校球児たちは、求めるボールの行方を推理で突きとめようとするが…。

文章があまりにもラノベっぽすぎて、苦手。
しかも単語単語でブツブツと切れるもんだから、読みづらいことこの上ない(笑)
推理云々よりも、そちらの方が気になってしまって。。。


ぼたん 「恋のおまじないのチンク・ア・チンク」相沢沙呼 ★★★

バレンタインの日、教室に戻った生徒たちが見たのは、教卓に積み上げられたチョコレートの山。
みんなの荷物の中からチョコレートを抜き出して積み上げた犯人は誰か?そしてその目的は?

相沢沙呼さん、一度読んでみたかった作家さん。
甘酸っぱくて、キュンとくる可愛いお話でしたね~(学生時代に読みたかったなぁ)


ぼたん 「横槍ワイン」市井豊 ★★★★

映画制作同好会の新作鑑賞会の最中、メンバーのひとりがワインを浴びるという事件が起こる。
一体誰が、何の目的で彼女にワインを浴びせかけたのか?

面白かったです!ワインをかけた犯人が意外(!)で、そして妙に納得(笑)
この作家さん、男性ですよね?何故こんなに乙女心が分かる??素敵です。


ぼたん 「スプリング・ハズ・カム」梓崎優 ★★★★★

タイムカプセルに入っていたのは、15年前の卒業式で勃発した放送室ジャック事件の犯行声明。
密室状況下から忽然と姿を消した犯人は、いったい誰だったのか?

やはり梓崎さんは別格!!ミステリとしては禁じ手かもしれませんが、とにかく素晴らしい。
真相が分かってから再度読み直しましたが、まぁ~あちこちに伏線があること(笑)
胸が痛くなるほど切なく美しいラスト。涙腺が緩みました。。。


usakotan2.gif


…と、ちょっと長くなってしまいましたが、こんな感じのアンソロジーですきもち

「スプリング・ハズ・カム」のように、ずば抜けて面白い作品もあれば、
そもそも文体自体が受け付けない…という、個人的にはかなり残念な作品もあり(笑)
玉石混交のアンソロジーでしたね~。

新しい作家さんも開拓できたことだし、実りある読書となりましたかお


◆こんな人にオススメ◆
学園物・人が死なないミステリが好きな人
新しい作家を開拓したい人




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こんばんは
3連休は読書三昧の休日でしたか?
今日は日本中で大雪だったとか、なのにこちらは じぇんじぇん雪が降りません~。
nanaco☆ちゃんのところの雪、全国的に平均すればいいのにね。

やはり梓崎さんは好みだったんですね。^^
2作品連続であたりということは、nanaco☆ちゃんに合う作家さんなんでしょうね。
これからも楽しみですね。
そうそう、ブクログの方にアップされてた恩田さんの新作のレビューもこちらでもアップしてくださいね~。^^

2013/01/14 (Mon) 18:05 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは~♪

この3連休、のんびり読書やら映画やらで、室内でぬくぬくと過ごしました(笑)
札幌では幸い雪はほとんど降らなかったのですが、やっぱり寒いですからねぇ…。
香川はやっぱりこの時期も、雪は降らないですか??
道産子の私には、冬に雪が降らないという事が、逆にビックリなんです~^^;

今回のこのアンソロジーを読んで、やっぱり梓崎さん好きだぁ、と思いました♪
ほぼ同じ年代の作家さんの作品ばかりでしたが、ずば抜けて上手かったと思います。
ただこれも……好み、なんでしょうねぇ(゚ー゚;A
ミステリとしては、こういうオチはアリなの?という気もしますし。。。
私は好きだったけれど、人によっては疑問に思う部分があるのかもしれません。

>そうそう、ブクログの方にアップされてた恩田さんの新作のレビューもこちらでもアップしてくださいね~。^^

久々の恩田作品は、最高に面白かったです!!!
実は、恩田さんの新作が一昨日に、またもや発売されたんですよ。2ヶ月連続☆
今日購入してきましたが、あまりにも楽しみで、若干手が震えます…(笑)
先日読んだ「私と踊って」も、近々レビューUPしますね~ヽ(*^^*)ノ

2013/01/14 (Mon) 19:37 | EDIT | REPLY |   
miwa125  

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

学園ミステリのアンソロジーですか~^^
こんな本が出てたなんて…全然知らなかったわぁ~。

若手作家さんの作品ばかりなんですね。
似鳥鶏さんは、やっぱり学園ミステリ物の作品を
何気に手に取った事がありますよ~^^
確かシリーズものだったような。。。

相沢沙呼さんは、私も気になってました!
というより、『午前零時の~』が気になってた
という方がしっくりくるかな(*^_^*)
文庫化されて手に取りやすくなったから
いつかチャレンジしてみようかなぁ~♪

この中では…やっぱり梓崎さんの作品が一番気になります!!
密室トリックものなんですね。すっごく面白そう~~(*^O^*)
切なく美しいラスト…めちゃめちゃ私好みかも!!(^^)v

2013/01/16 (Wed) 18:05 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

普段なら、あまりアンソロジーって手に取らないんだけど、
これは梓崎さんの作品が載っていると聞いて、いてもたってもいられなくて!(笑)
期待していた通り(以上?)、ずば抜けて面白かったし、やっぱり上手いなぁと思いました(^○^)
他の作品もそれぞれに魅力があって、なかなか良いアンソロジーでしたよ♪

>似鳥鶏さんは、やっぱり学園ミステリ物の作品を
>何気に手に取った事がありますよ~^^

もしかしてこの短編と同じシリーズかなぁ??
雰囲気が米澤さんの古典部っぽくて、サラッと読む事ができるミステリでした☆
学生時代の雰囲気が一番よく出ているのが、この作品だったと思います~(*^^*)

>相沢沙呼さんは、私も気になってました!
>というより、『午前零時の~』が気になってた
>という方がしっくりくるかな(*^_^*)

あっ、私も!「午前零時の~」がちょっと気になっていたんですよねぇ。
どうやらこの短編も、そのシリーズ物みたいです♪
思っていた以上に甘いというか、甘酸っぱいというか、読んでいて照れましたけど。。。
ま~内容がバレンタインのチョコの話だったから、かもしれないんだけど(笑)

でもやっぱりイチオシは梓崎さんです!!
どうしよう、こんなにオススメして、もしmiwaさんに気に入ってもらえなかったら…(;^_^A
miwaさんとは好みが似ているので、きっと、きっと、楽しめると思います♪
「叫びと祈り」とあわせて、是非こちらも読んでみて下さいね~~(o^-^o)

2013/01/17 (Thu) 21:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply