10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.12 *Sat*

「スタイルズ荘の怪事件」アガサ・クリスティー


スタイルズ荘の怪事件
著者:アガサ・クリスティー
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
旧友の招きでスタイルズ荘を訪れたヘイスティングズは、到着早早事件に巻き込まれた。屋敷の女主人が毒殺されたのだ。難事件調査に乗り出したのは、ヘイスティングズの親友で、ベルギーから亡命して間もない、エルキュール・ポアロだった。不朽の名探偵の出発点となった著者の記念すべきデビュー作が新訳で登場。




突然ですが、私、古典ミステリに疎いです。

曲がりなりにもミステリがメインのブログ、という事でやっているのだから、
現代ミステリの基盤となった古い作品を読まないと、ミステリは語れない!!
…と一念発起して、今年は古典ミステリを読んでいくことにしましたかお

アガサ・クリスティーの<名探偵ポアロシリーズ>一作目「スタイルズ荘の怪事件」です。

昨今のミステリは、良くも悪くも過激なものが多いですよね~。
ミステリなのかホラーなのか、その境目が曖昧なほど凄惨な事件にギョッとする事もあったり。
その点、この作品はとても上品で優美。安心して読む事ができましたきもち


いきもの


設定自体は、資産家の女主人の毒殺という特に目新しいものではないのですが。


私は見事に引っかかりました…


勿論疑わしい人は何人かいる訳で、その中でも最初の時点で「この人は犯人候補から外す!」と、
自信を持って圏外に移動させてた人が、結局犯人だったという。。。

共犯者の意外性もあって、読み直すと思わず膝を打ちたくなるような箇所があったりして。
う~ん、つくづく自分が良い読者だなぁと思う(笑)

探偵役のエルキュール・ポアロのキャラも素敵でしたかお
口ひげが特徴のダンディーな小男。明るくて、ひょうきんで、潔癖。
友人のヘイスティングズの事を、すぐに「わが友!」と呼びかけるのが印象的でした。

当のヘイスティングズ(まだ30歳と若い!)は、
ポアロの奇妙な言動を「頭がおかしくなったのだろうか」と、本気で心配している所が笑えます。
勿論それらの言動は、全て真相へと繋がっていたのですが。

デビュー作だからか、幾分冗長に感じられる部分もなきにしもあらずですが、
このシリーズ、続けて読んでいこうと思いますきもち


◆こんな人にオススメ◆
本格ミステリが好きな人
年の離れた友人関係に憧れる人




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

COMMENT

nanaco☆ちゃん、おはようございます!
アガサ・クリスティ、いいですよね!
ミステリはここから!って感じがします。(笑)
ホント、nanaco☆ちゃんが仰るように、上品な作品を書いた方だと思います。
こうやって彼女の小説を読んで行くと、彼女の足跡を辿りたくなって、旅にでたくなりますよ。^^

それにしても、「つくづく自分が良い読者だなぁと思う」には笑ってしまいました^^
ホント、そうですね。^^
そして、私もそんな良い読者のひとりです。(笑)
そうそう、以前「オリエント~」の作品の感想を旅日記に絡めて書いた時、ミステリのレビューを書くのって難しいなってつくづく思いました。
つい犯人をバラしそうになるよね。
そういうところ、nanaco☆ちゃんはうまく書いて、その上 その作品を読みたくさせる「良い読者」さんだなって思いました。^^
ポアロ・シリーズ、私も楽しみにしています。
nanaco☆ちゃんのレビューを参考に、私も読んでいきたいな!^^
by picchuko #-
2013/01/13(日) 09:25 [Edit
nanacoさんこんにちは
『スタイルズ荘の怪事件』読了お疲れ様でした~

この作品はポアロの初登場作品ですね、クリスティー作品は
皆さん有名どころから入りがちですけど、やはり一番最初を
読んでおかないとね(^^)
クリスティー作品は伏線やミスリードが秀逸で知らずに
ミスリードされてるんですよね、また随所にギミックも
ちりばめられている作品も多いのでどんどん読み進めて
しまいますとあっさり騙されちゃいます。
またpicchukoさんのおっしゃるようにギミックが巧妙なので
感想を記事にするさいとても気を遣わないと作品自体の良さが台無
しになっちゃうんですよね(^^;
『ブルートレイン殺人事件』『そして誰もいなくなった』
『アクロイド殺し』は事件そのもだけではなく犯人像や作品自体の描き方
一つとっても記事におこすのは難しいです
もうネタバレですよと開き直るしかないんですよね(^^;
ちなみにポアロものクリスティー作品最後の作品は『カーテン』
ですよ、この作品だけは手元にありますが未だに読んで
おりません、私の中で『名探偵ポアロ』を終わりにしたくないんです
クリスティー作品では有名ではないけれど名作といえると思う
作品もあるので楽しんでくださいね、ノンシリーズの中にも
すばらしい作品が眠ってますよ・・・

そうそうカーの『魔女の隠れ家』にコメントありがとう
カーはオカルトテイストで不可能犯罪を探偵が理論的に解明し
事件を解決する作風ですよ、古典ミステリー作家さんでは
クリスティーの次に好きな作家さんです。
ちょっと名義分けしすぎで探すのが大変でしたけど

それとハンドルネームをひらがな表記にしました。(^^)
by ねむりねこ #-
2013/01/13(日) 11:16 [Edit
nanaco☆さん、こんばんは!
アガサ・クリスティ、いいですよね。
ミステリの女王v-20です。

でもまだまだ読んでない作品のほうが多いうえに読んだ作品の内容をほとんど忘れている悪い読者です(>_<)
ABCとか読んだような気がするんですが内容があやふや・・・

わたしも読みたい作品一段落したら手を出してみたいと思います。
by Cedie #SFo5/nok
2013/01/13(日) 17:37 [Edit
nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

わわっ!『スタイルズ荘~』もう読了されたんですか~(@_@)
さすがnanaco師匠、早いですね~♪

上品で優美なミステリで、安心して読める、と聞いて
何だかホッとしたような。。。
それなら、謎解きだけに集中して楽しめそうですもんね(^^)v
ギョッとする描写のある過激なものだと、
どうしてもそちらのほうが印象に残っちゃうし…(^_^;)

名探偵ポアロ…素敵でしたか~?
明るくて、ひょうきん。。。
何だかそれだけで楽しく読めそうな気がしてかも~(笑)
年の離れた友人ヘイスティングズは、
ホームズのワトソンみたいな存在なのかしらん???
私も近々nanaco☆さん以上に
見事に引っ掛かってみたいと思いまーす(爆)(*^^*)
by miwa125 #-
2013/01/13(日) 18:10 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、おはようございます~♪

読んでいて安心して推理に没頭できる作品って、改めて素敵だなぁと思いました!
最近のミステリはホント過激なんですよ~(良い意味でも、悪い意味でも^^;)
あまりにも凄惨な描写とか、もうそれだけが頭の中でリフレインされちゃったり(笑)
まぁそんなのに慣れちゃって、人の死なないミステリは物足りなく感じるのも確かですが( ̄ー ̄)

私はかの有名な「そして誰もいなくなった」から入っちゃったので、
このデビュー作は、まだこなれていないかなぁ…なんていう印象を受けたのですが、
シリーズ読み続けていくうちに、さらに面白くなっていくんでしょうね(o^-^o)
月1冊を目標に、のんびりと読んでいこうと思います☆

先日picchukoさんが読まれていた「オリエント急行~」は、ポアロシリーズの8作目…
順調に行けば、読むのは夏頃になるかな~??^^

>ミステリのレビューを書くのって難しいなってつくづく思いました。

めっちゃ同感です!
ここまでは書いていいんだろうか、とか悩みますよね~(笑)
難しい作品は、もう最初から「ネタバレしてるよ」宣言しておくしかないですね><
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/01/14(月) 09:32 [Edit
ねむりねこさんへ
ねむりねこさん、おはようございます~♪
ハンドルネーム変えられたんですね!ひらがな表記可愛いです(*^-^*)

アガサ・クリスティー、有名どころから読んでいこうかなとも思ったのですが、
調べてみるとどうやら最初の「スタイルズ荘~」と、最後の「カーテン」だけは、
順番を守った方が良いという事だったので、きっちり一作目から読んでみました♪
いずれコンプを目指す予定なので、のんびりと順番に読んでいこうかなぁ…と(⌒-⌒)

>クリスティー作品は伏線やミスリードが秀逸で知らずに
>ミスリードされてるんですよね

はい……まんまとミスリードされていました~><
真っ先に犯人候補から外した人が、結局犯人でしたから^^;共犯者も意外でしたし。
犯人が当たった時も嬉しいですけど、気持ち良く騙された時もやられた!ってなりますね。
まぁ、私基本的に良い読者なんで、騙される確率9割ですが!(爆)

ねむりねこさんに教えてもらいつつ、ノンシリーズの作品にも挑戦していきたいと思います!
月一冊はクリスティー読んでいけたらいいな~=^-^=

>カーはオカルトテイストで不可能犯罪を探偵が理論的に解明し
>事件を解決する作風ですよ、古典ミステリー作家さんでは
>クリスティーの次に好きな作家さんです。

オカルトテイストと聞いて、手を出さずにはいられません(笑)
こういう古典を読んでいけば、綾辻さんの「十角館の殺人」がもっと面白く読めそうですね^^
(登場人物がみんなそういう名前でしたよね、確か…)
またオススメ作品、教えて頂けると嬉しいです☆
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/01/14(月) 10:07 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、おはようございます~♪

クリスティー、さすがミステリの女王の名は伊達じゃないですねぇ(^▽^)/
前に「そして誰もいなくなった」を読んだ時は、
この作家さんが現代のミステリの基盤を作ったのかぁなんて感心しましたが、
キャラ作りという点では「スタイルズ荘~」の方が上でした^^シリーズ物だからでしょうかね~??

>ABCとか読んだような気がするんですが内容があやふや・・・

「ABC~」もポアロシリーズでしたよね。
一応順番通り読んでいく予定なので、そのうち出てくるかな~楽しみです(*'-'*)
あまりにも有名な作品は、映像で観たりあらすじを聞いたりして何となく知っていたりしますが、
やっぱり原作を読むと、面白さが全然違いますもんね♪

Cedieさんも、是非一緒に読んでいきましょ~^^
私ホント古典ミステリに疎いので、教えてくれるお友達がいると心強いです!
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/01/14(月) 10:25 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、おはようございます~♪

へへ、早速読みましたよ~(* ̄∇ ̄*)
今年は、月1ペースでクリスティー作品を読んでいけたら良いなぁと思っています。
ポアロシリーズだけでもかなりの冊数があるから、明らかに1年では読み終わらないなぁ(笑)

>上品で優美なミステリで、安心して読める、と聞いて
>何だかホッとしたような。。。

最近のミステリは、事件の描写があまりにも…な作品が多いので、
殺人事件の描写がサラッと描かれているこの作品は、逆に新鮮な気がしました(o^-^o)
その分謎解きは複雑怪奇で(笑)思う存分推理を楽しむ事ができましたよ!
ポアロの友人のヘイスティングズは、やっぱりポアロと比べると凡人で。(失礼^^;)
だからこそヘイスティングズと同じ視点から読めるので、どうにか理解できるんだなぁ~と。

>年の離れた友人ヘイスティングズは、
>ホームズのワトソンみたいな存在なのかしらん???

あ~確かにワトソンぽい感じがしますね^^
でもいちいちポアロに(心の中で)ツッコミを入れるところが、反抗期の子供みたいで面白いです!
「ポアロは頭が変になってしまったのでは…?」「大丈夫なんだろうか?」とか。
凡人(笑)から見れば、天才は変人に見えちゃうんですよね、きっと(=v=)
ポアロとヘイスティングズの掛け合いが面白くて、飽きずに読める事請け合いです~☆

miwaさんの感想をうかがうのが楽しみです!
やっぱりmiwaさんも引っかかっちゃうかな~??ふふふ…
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/01/14(月) 10:40 [Edit
クリスティ 結構読みました
nanacoさん、こんにちは。

クリスティはどれ読んでも安定してますね。
懐かしいです。自分は男の所為かクリスティよりクイーンやカーが好きでした。でもクリスティも結構読みましたよ。「カーテン」なんて読んだときはショックを受けたものです(ショックの理由は書きませんよ)

ちょっと前に出版されてまだ売っていると思いますが週刊文春臨時増刊号の「東西ミステリーベスト100」の中で海外編の1位が「そして誰もいなくなった」5位が「アクロイド殺し」なんです。強いです。
by 日向 永遠 #0ebXsYiw
2013/01/14(月) 12:40 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは~♪

>「カーテン」なんて読んだときはショックを受けたものです(ショックの理由は書きませんよ)

日向さんも、クリスティー作品読まれてきたんですねぇ(*^^)v
「カーテン」って、ポアロシリーズの最後の作品でしたよね??
このシリーズは、最初と最後だけは順番を守った方が良いと聞いたので、
とりあえず評判の良い、悪いを無視して最初から読み始める事にしました^^
う~ん、ショックを受けるのかぁ……何だかめちゃめちゃ気になってきたんですけど(笑)

「そして誰もいなくなった」は名作ですよね!
今となっては、展開やトリックは目新しいものではないですけど、
これが現代のクローズドサークルの土台となっているのかなと思うと、ドキドキします(*'-'*)
「アクロイド殺し」は、ポアロシリーズの3作目にあたるみたいですね♪
クリスティーは月1ペースで読む予定なので、近々購入予定です。楽しみ~~!!
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2013/01/14(月) 19:11 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

戦傷を癒そうと旧友カヴエンディッシュの母エミリイの邸スタイルズ荘 を訪れたヘイスティングズは到着早々事件に巻き込まれた。20も年下の 男と再婚したばかりのエミリイが毒殺され...
2013/01/13(日) 11:01:58 | 眠り猫の憂鬱 [Del


ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。