FC2ブログ
Welcome to my blog

「解錠師」スティーヴ・ハミルトン

ななこ


解錠師
著者:スティーヴ・ハミルトン
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
八歳の時にある出来事から言葉を失ってしまったマイク。だが彼には才能があった。絵を描くこと、そしてどんな錠も開くことが出来る才能だ。孤独な彼は錠前を友に成長する。やがて高校生となったある日、ひょんなことからプロの金庫破りの弟子となり、芸術的腕前を持つ解錠師に…非情な犯罪の世界に生きる少年の光と影を描き、MWA賞最優秀長篇賞、CWA賞スティール・ダガー賞など世界のミステリ賞を獲得した話題作。このミステリーがすごい!2013年版海外編。2012年週刊文春ミステリーベスト10海外部門第1位。




あらすじからも分かるように、何だか数々の賞を獲ったらしい作品ほしきもち
どうしても読む前からハードルが高くなっちゃいますよね。。。

ミステリとしてはちょっとどうなんだろう??という気はしますが、
一人の少年の成長・青春物語として読むと、かなり良い出来だと思います。
なんて言ったって読後爽やかだし!!

新年の一冊目はこっちにすれば良かったかなぁ(笑)

kumakou2.gif


少年マイクルは、ある幼い頃の事件をきっかけに声を失ってしまう。
そんな彼には、芸術的な絵のセンスの他に、どんな鍵をも開く事ができる才能があった。
やがてプロの解錠師となり、金庫破りとして様々な仕事を請け負う事になる。

無口(というか全くしゃべらない)ゆえにクールに見え、美しい容姿を持つマイクル。
でも彼の心の中の声が、かなり面白い。相当頑固だな、コイツはかお

金庫破りに入った家の娘・アメリアへの恋心が甘酸っぱくてドキドキ。
彼女はかなりサバサバした少女なんだけど、何故だかこの声を失った少年に惹かれる。

二人が絵で会話をするシーンが、素敵だったなぁ~きもち

そして特筆すべきは、やはり緊迫感あふれる金庫破りの場面!!
いつ住人が戻ってくるのか分からない、今にも警告音が鳴り響くかもしれない。
そんな中、自分の手先だけに集中して、感覚と経験のみで解錠ナンバーを探り当てる。

「金庫を開けるのは、女を落とすのに似ている」とありましたが、
マイクルの慎重かつ鮮やかな解錠シーンは、まさにその通りだと思いましたね~(笑)


◆こんな人にオススメ◆
「声を失った美少年」にビビッときた人
開けられない金庫を持っている人




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
miwa125  

nanaco☆さん、こちらにもお邪魔してま~す♪

そうそう、この作品、たくさんの賞を受賞しているから
本屋さんでもついつい気になって手に取っちゃいましたよ(^^)v
少年の光と影を描く、という部分には惹かれたものの、
購入しようかどうか迷っていたところです(^^ゞ
おぉ、主人公の少年って、美少年だったのね(@_@)

2013/01/05 (Sat) 16:50 | EDIT | REPLY |   
Cozy  
喋れない設定が活きてますよね

『解錠師』の魅力はなんといっても爽やかなところですよね。

喋れないという主人公の設定を活かされていて、金庫破りとか、絵での会話とか、巧いなぁと感じました。
逆に、爽やかすぎたところが、個人的にもう一歩って感じてしまったところなのかもしれません。

2013/01/05 (Sat) 18:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こちらにもコメントありがとで~す♪

>そうそう、この作品、たくさんの賞を受賞しているから
>本屋さんでもついつい気になって手に取っちゃいましたよ(^^)v

この作品、発売当初からあちこちで高評価でしたよね!私も気になっていました☆
ポケミスは高いから迷っていたんですが、1年で文庫化されましたね。嬉しい!(^ー^* )

私的には予想していたミステリとは少し感じが違ったものの、これは「買い」だと思います!
ホントに読後感が良いんですよ~ミステリというよりも青春物です(笑)

マイクル少年が声を失ってしまった過去は、読み進めていくうちに明らかになるのですが、
何故だかあまり不幸な生い立ちを感じさせないキャラなんですね^^
そして実は美少年だった、というのは思わぬサプライズ…読者サービスかしら?(爆)
一人称で書かれているのですごく読み易いですし、面白かったです!

miwaさんも是非読んでみて下さいね~(゚∇^*)

2013/01/05 (Sat) 19:43 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cozyさんへ

Cozyさん、こちらにもコメントありがとうございます~♪

稀に見る(?)爽やかな作品でしたね\(^▽^)/
Cozyさんの仰る通り、「喋れない」という設定がよく活かされているなぁと思いました。
これがもし声を失っていない主人公だったら、ここまでの魅力はなかったかも??

アメリアとの絵を使っての会話が、ミョーにドキドキしましたね。
今思えば、彼女も随分辛抱強い女の子だなぁと思います(笑)それに男前!
夜中に自分の眠っている所を見られて平気だなんて、なかなか剛胆だなぁと( ̄ー+ ̄)

>逆に、爽やかすぎたところが、個人的にもう一歩って感じてしまったところなのかもしれません。

確かに、それはあるかもしれませんね~。
良くも悪くも、今後に繋がらない作品だなと感じたのも事実です^^;
読後に多少の後味の悪さ、やるせなさがあるほうが、記憶に残る作品になりますよね☆

*Cozyさん、TBありがとうございました!

2013/01/05 (Sat) 20:30 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
これ ポケミスの方を積んでます

nanacoさん、こんにちは。

解錠師 色々な人の感想をみると面白そうですね。
nanacoさん、ミステリとしてはもうひとつでしたか。
金庫破りの場面どうなのか、気になりますね。

2013/01/12 (Sat) 14:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんにちは~♪

日向さんはポケミス版積まれているんですね~(^○^)
ポケミス版の装丁、素敵ですよね。これでもう少しだけお値段が安ければ…><

>nanacoさん、ミステリとしてはもうひとつでしたか。

ミステリとしては、少し物足りない部分がありましたが、
一人の少年の成長物語としては、すごく丁寧に描けていたし良かったと思います!
また「声を失っている」という設定が良いんですよね、
そうなるきっかけになった過去の事件については、徐々に明らかになっていくのですが、
話の運び方も巧いなぁと思いました。手に汗握る金庫破りのシーンも素晴らしいです☆

日向さん、読まれたらまた感想聞かせて下さいね。楽しみにしてます~=*^-^*=

2013/01/12 (Sat) 16:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『解錠師』(スティーヴ・ハミルトン)
  • 「金庫にふれるときは、それを女だと思え。ぜったいにそれを忘れるな。わかったか」 僕はうなずいた。 「世界一の難問であり、男が直面する最大の難題は、女心の謎を解くことだ」 ...
  • 2013.01.05 (Sat) 18:01 | Karmaなミステリ読書ブログ