FC2ブログ
Welcome to my blog

2012年マイベスト本<国内編>

ななこ

◆ 2012年 マイベスト本 国内編 ◆



1位 叫びと祈り(梓崎優) ほしきもち 

★ ミステリ ★




これはダントツの1位!!!ホント素晴らしかった~きもち
世界各国で遭遇した謎を解き明かすという、ちょっぴり新感覚のミステリ。
これがデビュー作とはビックリ。これからが楽しみな作家さんNO.1です。






2位 死の泉(皆川博子)

★ ミステリ・幻想 ★




2012年は皆川作品を何冊か読みましたが、これが一番好みでした!
古城、カストラート、人体実験、地底洞窟…全てが自分のツボでしたね(笑)
美しさとおぞましさと。そこはかとなく禁断の匂いがするミステリです。






3位 儚い羊たちの祝宴(米澤穂信)

★ ミステリ ★




<米澤さん=青春ミステリ>という、半ば固定化されたイメージが完全に払拭された作品。
ギョッとするほどオチがブラックな短編集です。えぇ、かなり黒いです。
米澤さんには、どんどんこういうタイプの作品を書いて頂きたい!





4位 ほたるの群れ(向山貴彦)

★ ファンタジー ★





1学期、ついに完結です!ファンタジーと呼ぶにはあまりにも血生臭いですかね(笑)
十代の殺し屋達の凄絶な死闘を描いた、ブラック(?)ファンタジー。
2学期が始まるのが待ち遠しくもあり、ちょっと怖くもあり……






5位 天使の歩廊―ある建築家をめぐる物語(中村弦)

★ ファンタジー・幻想 ★




第20回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。これも素晴らしかったですかお
人を幻惑させる館…といえば、真っ先に綾辻さんの館シリーズを思い浮かべるけれども。
この作品は、読後に温かさに包まれます。泣きたいほどに優しく静かな物語。






6位 楊令伝(北方謙三)

★ 歴史 ★




「水滸伝」の続編で、青面獣・楊志の息子である楊令が主人公です。
あの時の少年が…林冲にとことん打ち据えられたあのコが、こんなに立派な青年に…!と感無量。
志を胸に次々と命を落としていく漢達。前作同様、滂沱の涙でした。。。かお






7位 夢の上 サウガ城の六騎将(多崎礼)

★ ファンタジー ★




永久保存版のファンタジー「夢の上」の外伝!!
あの切なく美しい余韻を残した本編の世界観を、さらに深みのあるものにしてくれました。
未読の方は是非本編からどうぞ。涙なしには読めない素晴らしいファンタジーです。






8位 パラダイス・ロスト(柳広司)

★ ミステリ ★




「ジョーカー・ゲーム」「ダブル・ジョーカー」に続く、D機関シリーズ第3弾。
このシリーズは安定した面白さがありますね~どこまでもスタイリッシュで恰好良いミステリ。
超人的な能力を誇るD機関のスパイ達と、"魔王"結城中佐。手に汗握る頭脳戦です。






9位 幻想建築術(篠田真由美)

★ ファンタジー・サスペンス・幻想 ★




中世ヨーロッパらしき場所を舞台にした、オムニバス形式の連作短編集。
毒のある美しさ、とでも言うのでしょうか。ちょっと中毒性のある作品ですね~(笑)
通常のファンタジーに飽き飽きしている人は是非。大人のための物語です。






10位 金色の獣、彼方に向かう(恒川光太郎)

★ ファンタジー・ホラー ★




あっという間に引き込まれてしまう、不思議な恒川ワールド。
現実世界の中に、ふっと現れる異界への扉。怖さと切なさのバランスが絶妙です。
「恒川作品はジブリで映画化」を熱望する一読者です。。。(笑)


2012海外

2012コミック
関連記事
Posted byななこ

Comments 4

There are no comments yet.
miwa125  
お待ちしてました~☆

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/
マイベスト本のUP楽しみに待ってましたよ♪

国内編の1位は『叫びと祈り』でしたか~^^
なら、是非読まなきゃね(^^)v

9位に篠田さんの『幻想建築術』が~♪
何だか自分の事のように嬉しいかも(*^O^*)
不気味さと幻想さと美しさのある作品でしたよね!

『ほたるの群れ』、やっぱりnanaco☆さんのベスト本にもランクインしてましたね。
血なまぐさすぎるほど血なまぐさい作品だけど、
このドキドキさせられっぱなしの展開がたまりませんよね!(笑}

『夢の上』と『金色の獣~』は、私も大好きです☆
どっちもファンタジー好きにはたまらない作品ですよねっ(^_-)-☆

2012/12/31 (Mon) 17:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

「叫びと祈り」は、デビュー作という意味でも、ミステリとして新鮮という意味でも、
個人的にはビックリな作品だったので、迷わず1位にしちゃいました\(^▽^)/
きっとmiwaさんもお好きだと思うので、これは是非読んでみて下さいね!

>9位に篠田さんの『幻想建築術』が~♪
>何だか自分の事のように嬉しいかも(*^O^*)
>不気味さと幻想さと美しさのある作品でしたよね!

これもとっても自分好みの作品でした^^
どことなく雰囲気が、皆川さんの本に似ているような気がしますね??
今でも"猫くん"のお話が、すごく記憶に残っています。好き。。。
来年は龍の黙示録シリーズにも挑戦できたら良いなぁ~
改めて、素敵な作品を教えて頂いたmiwaさんに感謝、感謝です(*'-^)-☆

>『ほたるの群れ』、やっぱりnanaco☆さんのベスト本にもランクインしてましたね。

これは間違いなくランクインしますね~(笑)
「童話物語」も大好きでしたが、今後の展開次第ではそれ以上の面白さになりそう??
今後主人公がどうなっちゃうのか…あとヒロインも…予測できないですね^^;
是非一緒に読み進めていきましょう☆

来年は古典ミステリも少しずつ読めたら良いな、と思っています。
まずは積読を減らしていかなくちゃ~('ー') フフ

2012/12/31 (Mon) 22:53 | EDIT | REPLY |   
月夜  
おぉおお★

遅くなりましたが…
明けましておめでとうございます♪
今年も是非是非よろしくお願いしますね^^

nanacoさんのBESTは毎年楽しみにしてるんですよ♪
私は今年はあまり読んでないのでお休みです。笑
決してさぼりではありません!笑

「叫びと祈り」ものすごく気になっています!
デビュー作でこれほどの評価とは…ドキドキします^^
「ほたるの群れ」はコミックかと思いきや…小説だったのですね^^;
設定がもろ好みなのでこちらもチェックします★

何より何より嬉しかったのが…
海外部門で「キャリアーズ」がランクインしている!!!!
一人でめっちゃテンション上がってますよ!!!!
私も大好きな作品なので、自分のことのように嬉し過ぎます。笑

2013/01/06 (Sun) 11:55 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
月夜さんへ

月夜さん、こんばんは~♪
また遊びに来て頂けて嬉しいです!こちらこそ今年もよろしくお願いしますヾ(=^▽^=)ノ

>nanacoさんのBESTは毎年楽しみにしてるんですよ♪
>私は今年はあまり読んでないのでお休みです。笑
>決してさぼりではありません!笑

えぇぇ!月夜さん、今回のベスト本はサボリ…じゃなかった(爆)お休みですか??
残念です~どんな本がランクインしているのか楽しみにしてたのになぁp(・・,*) グスン
来年の発表を心待ちにしていますよ~♪

>「叫びと祈り」ものすごく気になっています!
>デビュー作でこれほどの評価とは…ドキドキします^^

Amazonなんかのレビューを見ると、どうやらかなり好き嫌いが分かれているようですが、
個人的には色んな意味で「ツボ」の作品だったんです☆
作者さんが1983年生まれで、歳が近い(月夜さんともですよね?)のも嬉しくて(^_^)
デビュー作でこの出来とは、とビックリした作品です。月夜さんも是非是非~!!

>「ほたるの群れ」はコミックかと思いきや…小説だったのですね^^;
>設定がもろ好みなのでこちらもチェックします★

これ、めっちゃ面白いですよぉ~><
コミック並みにスピード感があって読み易い小説です。
血生臭いのがOKであれば、こちらも是非読んで頂きたいシリーズです♪
可愛い表紙とは裏腹に、中身は結構激しいですよ(笑)

>何より何より嬉しかったのが…
>海外部門で「キャリアーズ」がランクインしている!!!!

これ月夜さんがお休みしている間に、こっそり読んで感動しまくってたんです!!
いやぁ、これは頑張って探した甲斐がありましたよ(* ̄ー ̄)vすごく面白かったです。
バイオ・サスペンス(?)のジャンル、ちょっと目覚めちゃいそうです(笑)
改めて、素敵な作品を紹介して頂いて、本当に本当にありがとうございました☆

2013/01/06 (Sun) 20:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  今年のマイベスト本の発表です♪
  • 今年も恒例のマイベスト本発表の時間がやってまいりました~(笑) って、FC2ブログさんでは初めてですが…。 これが終わらないと、スッキリした気分で年が越せないので、 とっとと発
  • 2012.12.31 (Mon) 18:16 | 本を読みましょ