FC2ブログ
Welcome to my blog

「ころころろ」畠中恵

ななこ




Amazonのページはこちら→ころころろ (新潮文庫)


ころころろ
著者:畠中恵
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ある朝突然、若だんなの目が見えなくなってしまったからさあ大変。お武家から困ったお願いごとを持ち込まれていた長崎屋は、さらなる受難にてんやわんやの大騒ぎ。目を治すための手がかりを求め奔走する仁吉は、思わぬ面倒に巻き込まれる。一方で佐助は、こんな時に可愛い女房をもらっただって!?幼き日の一太郎が経験する淡い初恋物語も収録された、「しゃばけ」シリーズ第八弾。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめての/ほねぬすびと/ころころろ/けじあり/物語のつづき



しゃばけシリーズ、第8弾です~きもち

長らく積んだままになっていたんですが、ちょっと落ち込む事がありまして。
ふとこの本の存在を思い出して、手に取る事にしました。

柴田ゆうさんのイラストを見ただけで、ホッと落ち着きます(笑)
そして本を開いて、若だんなや妖達の変わらぬやり取りに心があったかくなる。

決してインパクトのある作品ではないのだけれど、
「変わらない」ものがあるんだってだけで、こんなにも安心できるものなんですねぇ。
モヤモヤしたものを抱えている時、落ち込んだ時、なくてはならないお薬のような本ですかお


ライン

key_01.gif ≪オススメPoint≫ しゃばけシリーズ  ミステリ  ほっこり  鳴家の可愛さ


今回は珍しく、あるひとつのテーマで繋がっている連作短編。

ある日、目覚めると若だんなの目が見えなくなっていた!
若だんなを大好きな兄や達、妖達が、光を取り戻すために奔走するというお話です。

兄やの仁吉なんか、いつも以上に(!)必死な様子で一人旅にまで出ちゃうんですが、
当の若だんなは「あらまぁ」という感じで(笑)他の人の心配をしてしまうという。
あまりの緊急感のなさに笑っちゃいました。やっぱり若だんなですね…かお

お菓子を奪い合う鳴家達も相変わらず可愛くて、ホント癒されました!
このシリーズはずっと続いて欲しいなぁ。。。

畠中さん×萩尾望都さんのスペシャル対談も、なんとも贅沢でした~きもち


<しゃばけシリーズ>
しゃばけ
ぬしさまへ
ねこのばば
おまけのこ
うそうそ
ちんぷんかん
いっちばん


≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
Cedie  

nanaco☆さん、こんばんは!

わかります、このシリーズはなんだかなごんで安心するというか落ち着きますよね(#^.^#)

若だんなはなにがあってもおっとりしてるというか落ち着いているというか・・・
妖怪たちはかわいいし、そういう点は夏目友人帳と似てるかな??

2012/12/29 (Sat) 21:55 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさん、こんばんは~♪

しゃばけシリーズは、読んでいるだけで心がふわっと温かくなりますね(*^^)v
毎日せかせかしていたり、小さな事で悩むのがバカらしくなってくるというか(笑)
若だんなが相変わらず病弱な割には、あまりにものんびりしているからでしょうか…
(本人は、いたって大真面目に体調を崩しているんでしょうけど^^;)

>妖怪たちはかわいいし、そういう点は夏目友人帳と似てるかな??

そうですね~夏目ともちょっと雰囲気が似てるかも?
最近の妖怪は、すっかり可愛くなっちゃいましたねぇ(笑)
夏目といえば、来月新刊が出ますね!読むのが楽しみ~~。o@(^-^)@o。

2012/12/29 (Sat) 23:40 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
文庫の表紙も可愛いですね~♪

nanaco☆さん、こんにちは~(^^)/

そういえば、突然目が見えなくなったっていうのに
若だんなはそんなに焦るでもなく、
人の心配ばかりしてましたよね~。
こっちは、病弱な若だんなが、
このうえ目も見えなくなっちゃうの~?
って、ちょっぴりハラハラしてたっていうのに…(笑)

鳴家達と屏風のぞきのお菓子を巡る争い…
いつも身体の小さな鳴家達に負かされる屏風のぞきが
個人的に、笑えるツボだったりします(*^m^*)

ホント、このシリーズはいつまでも続いてほしいし、
いつまでも変わらない若だんな・兄や・鳴家達・妖達でいて欲しいですね~(*^^*)

次の『ゆんでめて』のレビューも楽しみにしていますね~(^o^)丿

*TBありがと~☆ こちらもお返しトラバいただいていきますね(*^^)v

2012/12/30 (Sun) 16:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、おはようございます~♪

若だんなののんびりさ加減には、もう笑うしかないって感じですよねぇ( ̄∇ ̄)
人の心配するより、まず自分の心配をしてよ!と思っちゃいます(笑)
今回は兄やたちの慌てっぷりも可笑しかったです…ストレスで胃、痛くなりそうですね^^;

>鳴家達と屏風のぞきのお菓子を巡る争い…
>いつも身体の小さな鳴家達に負かされる屏風のぞきが
>個人的に、笑えるツボだったりします(*^m^*)

あ~分かります~!!
鳴家達は勢いがあるし、数も多いし、何よりお菓子に対する執念が違いますもんね(笑)
金平糖用意して待ってるから、うちにも来てくれないかなぁ。。。

いつもながら柴田ゆうさんのイラストがとっても可愛くて、
本棚に置いているだけでも、ほんのりと癒されるシリーズです♪
急展開はいらないから、本当にずっと続いて欲しいですね=^-^=

*お返しTBありがとです~^^
また「ゆんでめて」のレビューUPした時に、TB頂くと思うのでヨロシクね☆

2012/12/31 (Mon) 08:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『ころころろ』 畠中 恵
  • 今回は、畠中恵さんの最新刊『ころころろ』という作品を読んでみました。首をながーくして待っていたしゃばけシリーズ第八弾!「はじめての」、「ほねぬすびと」、「ころころろ」、...
  • 2012.12.30 (Sun) 16:07 | 本を読みましょ