FC2ブログ
Welcome to my blog

「壜の中の手記」ジェラルド・カーシュ

ななこ




Amazonのページはこちら→壜の中の手記 (角川文庫)


壜の中の手記
著者:ジェラルド・カーシュ
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ビアスの失踪という米文学史上最大のミステリを題材に不気味なファンタジーを創造、エドガー賞に輝いた「壜の中の手記」、無人島で発見された奇怪な白骨に秘められた哀しくも恐ろしい愛の物語「豚の島の女王」など途方もない奇想とねじれたユーモアに満ちた語り/騙りの天才カーシュの異色短篇集。「凍れる美女」「壁のない部屋で」の新訳2篇、「狂える花」ロング・ヴァージョンを収録した新編集版。

【目次】(「BOOK」データベースより)
豚の島の女王/黄金の河/ねじくれた骨/凍れる美女/骨のない人間/壜の中の手記/ブライトンの怪物/破滅の種子/壁のない部屋で/時計収集家の王/狂える花/死こそわが同志



実は10年ほど前、単行本で読んだ時にあっさり撃沈していた本書かお
久しぶりに文庫で出ているのを発見して、「今度こそは!」と再挑戦してみました。

おぉ、、、なんだこれ。面白いじゃない!!

以前は、読んだ時期がたまたま悪かったのか、
はたまた多少なりとも自分の読解力に成長が見られたのか……

まぁ何だかよく分かりませんが、とにかくすごく面白かったのですきもち

奇想天外で、うっすらと不気味で、ブラックユーモアに溢れる短編集。
どのお話も「悪趣味」と言っても良いほど濃ゆ~いのですが、不思議と品があるのですよ。
ちょっと夢に出てきそうなのが多かったですね(笑)


ライン

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ブラックファンタジー  奇想天外  不思議  悪夢…


12の短編が収められていますが、どれもインパクトが強かったです。
中でもお気に入りはやじるし

ぼたん 壜の中の手記
実在した作家アンブローズ・ビアスの失踪事件をもとに書かれた作品。
メキシコ中南部で見つかったオショショコの壜の中には、ビアス直筆の古文書が入っていた。
その手記に書かれていた内容とは……

これ、じわじわ~っと怖さがくるんですよね。
宮沢賢治の「注文の多い料理店」を思い出しました。もうこれは読んでくれ!としか言えない。

ぼたん 豚の島の女王
これもインパクトありましたね。単なる無人島漂流モノじゃありません。
何しろ登場人物は、手も足もない奇形の美女、醜いが優しい巨人、二人の小人。
4人だけの閉ざされた歪な世界と、その崩壊。

これも「壜の中の手記」同様、手記によって明らかになっていくという手法です。
異様な雰囲気ながらも、どこか哀しさも感じられるお話でした。

ぼたん ねじくれた骨
脱走するくらいなら、ここで一生を終えた方がいいわ~(笑)
人喰いワニの住む河、人の皮を剥ぐインディオの住む密林に囲まれている刑務所。
設定もですが、これはとにかくオチが秀逸でした。


上記の他にも、主君そっくりの蝋人形を作った王専属の時計師の話「時計収集家の王」や、
持ち主に破滅をもたらすという呪いの(?)指輪を巡る話「破滅の種子」も良い。
ラストの「死こそわが同志」は鳥肌が立ちましたね。怖……きもち

奇妙な物語が好きな方、ホラー好きの方にも是非読んで頂きたい一冊です!


≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
miwa125  
これも面白そう~♪

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

ブラックファンタジー…何だかそれだけで読みたくなっちゃいますね^^
やっぱり「豚の島の王女」が気になるかも♪
呪いの指輪のお話も面白そうだし。。。
nanaco師匠が一度撃沈した本なんですね~。
私に読めるなぁ~???
すっごく不安はあるけど、
とりあえす読みたい本リストに加えておきま~す(*^^)v

*『ぺルディード~』、今からレビューをUPしようと思うので、
予告どおり、トラバ頂いていきますねっ(^_-)-☆

2012/12/26 (Wed) 18:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

一度撃沈した本ではあるんですが、、、
今改めて読んでみると、なんであの時読めなかったんだろ?と思います( ̄∀ ̄*)
そんなに難しい本ではないです!(確かに奇想天外ではあるけれど……)
きっとあの頃は、そういうものに対する耐性ができてなかったのかなぁ(笑)

>やっぱり「豚の島の王女」が気になるかも♪

miwaさんの気になっている「豚の島の女王」面白いですよ~♪
毒のあるファンタジーという感じで、かなりインパクトのあるオチでした。
呪いの指輪を巡る「破滅の種子」は、短いけど記憶に残るお話だったし、
表題作の「壜の中の手記」はとにかく面白い!是非miwaさんに読んで頂きたいです(*゚▽゚)ノ
今は文庫で出ていて、手に取りやすいと思うので、今度挑戦してみて下さ~い☆

*そうそう、「ペルディード~」ついに感想UPされたんですね!
TBありがと~♪さっそく遊びに行きますね(*^▽^*)

2012/12/26 (Wed) 20:21 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こんばんは!
面白そう!!!
こういうの、私も段々好きになってきました。
って、それはnanaco☆ちゃんの影響ですね。^^

でも、nanaco☆ちゃんが一度撃沈してるということは、私には難しい作品かも~とか思っちゃいます。
でもでも、「ねじくれた骨」っていうのが特に気になりますぅ。(笑)
短編の題名からだけでも、なんとなく独特の不気味さが表れてますね~。

2012/12/29 (Sat) 18:17 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは~♪

>こういうの、私も段々好きになってきました。
>って、それはnanaco☆ちゃんの影響ですね。^^

わぁ、picchukoさんに興味を持って頂けて嬉しいです(o^∇^o)ノ
この作品ホント奇想天外という言葉がピッタリで、不思議な世界観なんですよ~。
どちらかというと悪夢に近いような感じかも。。。

「ねじくれた骨」は、かなり衝撃的でブラックなオチでした^^;
こんな刑務所に入るくらいなら、まだアルカトラズの方がマシかな、、、なんて(笑)
決して読み易いとは言えない作品ですが、すごく面白いです!!
picchukoさんも、是非挑戦してみて下さいな~(*'ー'*)☆

2012/12/29 (Sat) 20:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply