FC2ブログ
Welcome to my blog

「叫びと祈り」梓崎優

ななこ




Amazonのページはこちら→叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)


叫びと祈り
著者:梓崎優
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇…ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第五回ミステリーズ!新人賞受賞作「砂漠を走る船の道」を巻頭に据え、美しいラストまで一瀉千里に突き進む驚異の連作推理誕生。大型新人の鮮烈なデビュー作。



お久しぶりの永久保存版入り、きましたよ~~きもち

初めましての作家さんでしたが、もう文章から設定に至るまで全てが好みど真ん中でした。
そう、これがきもちデビュー作きもちなのです。梓崎優(しざきゆう)さん、1983年生まれ。

……なんと、私より1コ年上なだけでしたか…(驚)
そして受賞時はまだ20代前半?感服。


外の世界は真っ白だった。
舞う白に視界を遮られて、晴れた日には見渡せるはずのなだらかな稜線も、
ときおりその姿を不完全にした。

ひらひら、さらさら。
紙吹雪より静かに、雨粒よりゆっくりと。凍える空気を物ともしない踊り子のように。
そこには音がなく、ただ僕の吐く息だけが、白い色と一緒にその名残を留めていた。(P236)


雪の描写を、これほどまでに優美に表現したのを、私は初めて読みました!

まるでベテラン作家のようにこなれた美しい文章、そして素晴らしい表現力。
「日本語って本当に綺麗だなぁ」と、何度感嘆した事でしょうかお


ライン

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 異色のミステリ  上質な文章  これがデビュー作!


さて、肝心の内容ですが。
個人的には、これまたかな~りツボな作品だったんです。

ジャーナリストの青年・斉木が、世界各国で遭遇する様々な事件を描いた連作短編集。

ぼたん 「砂漠を走る船の道」
サハラ砂漠を渡るキャラバン隊が砂嵐に襲われ、その後次々と起こる連続殺人の謎。
初っ端からやられました!すっかりミスリードされてましたね~。

ぼたん 「白い巨人」
数百年前、スペインの風車の中で忽然と消えた兵士の伝説。
そして1年前にも、全く同じ状況である一人の女性が消えてしまったという謎。
これまた騙されてた。つくづく自分って良い読者だなぁと思う(笑)

ぼたん 「凍れるルーシー」
南ロシアの丘陵地帯に位置する女子修道院。そこに祀られている"腐敗しない"聖人の遺骸。
あ、、、実はねオチがよく分からないんです。誰か教えて下さい!!
ミステリとして読んでいいの?それともこれホラーですか?(だとしたらかなり怖い)

ぼたん 「叫び」
これすごく好みだった!アマゾンの奥地、少数民族を襲った恐ろしい疫病。
度胆を抜かれるようなお話でめちゃめちゃ面白いんだけど、かなり悲惨ですね~。
異文化への理解、コミュニケーションというものへの難しさを感じます。

ぼたん 「祈り」
ひぇ~~最後にこれですか!何とも言えないモヤッとした読後感……。
でも、このオチが嫌いかと聞かれると、そうとも言い切れない(笑)


とにもかくにも、普通のミステリとは一線を画していますね。
あちこちに散りばめられた叙述トリックに、もしかしたらあざとさを感じる読者もいるかも。
賛否両論ありそうですが、私は大満足のミステリでしたかお

ちょっと毛色の違うミステリをお好みの方は、是非是非ご一読下さいませ!!


≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

関連記事

Comments 12

There are no comments yet.
Cedie  

nanaco☆さん、こんばんは!

この方初めて知りました。
久々に5つ星の王冠つきですね。
若いのにすごい才能です。

ミステリなのでとても読むのが楽しみです。
ちょっと探してみます。

ほかにもすごく気になってる作品があるんです。
アニメなんですが主人公2人が死にかけで終わっててこれで年越え・・・v-12
原作買おうかな・・・(こういう人多そうだw)

2012/12/22 (Sat) 18:44 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさん、こんばんは~♪

辻村深月さんのデビュー作もビックリしましたけど、今回はそれ以上に衝撃でした。
20代前半でこんなミステリが書けるなんて…と。その才能を羨んじゃいます(笑)
ちょっと普通のミステリとはタイプが違うので、読む人を選びそうな気もしますが、
個人的にはすごく新鮮で、大満足の一冊でしたよ~~ヽ(*^^*)ノ
Cedieさんも、騙されたと思って是非読んでみて下さいね☆

>アニメなんですが主人公2人が死にかけで終わっててこれで年越え・・・

うわ、それかなり辛いかも~(笑)
何となく、年内にはキリの良い所で終わって欲しい気もしますよね(=v=)
アニメといえば、来年の春アニメ化される「進撃の巨人」が気になっています。
気持ち悪いとか聞いた気もしますが、面白そうで、、、大人買いしちゃおっかなぁ^^;

2012/12/22 (Sat) 19:58 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
やっぱ、面白そうですねっ(^_-)-☆

nanacoさん、メリークリスマス☆

でましたね~ 王冠付きの5つ星(*^^*)
まとめで絶賛されてたので、
もしかしたら…と思ってましたよ♪

雪の表現、ホントに優美ですね~(^^♪
「凍える空気を物ともしない踊り子のように」のところが
めちゃめちゃ良いわぁ~(*^^)v

世界各国で遭遇する謎…何だか冒険譚としても楽しめそうな感じですね♪
ますます読んでみたくなっちゃいました!(^^)!

そうそう、『ぺルディード~』読了したので、
近々トラバいただきにお邪魔しますね~(^O^)/
あまりの凄さに、ただただ圧倒されながら読んじゃいました!
恐るべき作品だわ(@_@;)

2012/12/24 (Mon) 16:36 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、Merry X'mas♪
ホントだ、王冠ついてる☆^^

ジャーナリストと世界っていうのが私にとってもポイント高い本です。(*^^*)
で、早速ブクログに登録しました!
あ、ブロック解除しましたので、宜しくです。^^
って、まだ使い方がよく分かってなくて。^^;

ミステリの面白さも分かってきたし、これは来年是非読みたいですね~。
nanaco☆ちゃん、ありがとう!!!^^

2012/12/25 (Tue) 06:42 | EDIT | REPLY |   
sherry  

nanacoさん、メリークリスマス☆

感想を読んで、むずむず読みたくなりました~!
これからすぐに図書館予約してきます、ネットでね♪

そちらはホワイトクリスマスですねぇ。
もっと寒く、雪もたくさん降るみたいだから
気をつけてくださいね~。

それではまた♪

2012/12/25 (Tue) 21:24 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、(゚∇^*)ノ⌒☆ -=★ -=☆*Merry X'mas*☆
今日の朝は-15℃近くまで下がり、極寒のクリスマスとなりました(笑)

王冠付きの本はいつぶりだろう~??
他サイトの評価を見ると、賛否両論あるらしいのですが、
個人的には、ものすご~くツボにハマっちゃった作品なんですよねぇ^^
何て言ったって、スケールがデカイ!世界各地の謎を解くなんて、贅沢すぎます。

>「凍える空気を物ともしない踊り子のように」のところが
>めちゃめちゃ良いわぁ~(*^^)v

でしょでしょ??こういう表現がサラリと出てくる所が凄いなぁ…と感心しましたよ☆
最近は、会話のみで成り立っているような、良くも悪くも軽めの本が多いけど、
これは久々に日本語の美しさを実感できた作品でもありました(*^^*)
miwaさんもきっとお好きだと思うので、是非読んでみてね~♪

>そうそう、『ぺルディード~』読了したので、
>近々トラバいただきにお邪魔しますね~(^O^)/

わぁ、とうとう読破されたんですね!おめでとうございます><
ホント、ただただ圧倒されちゃいますよね…悪夢のような世界で(笑)
なんていうか、中毒性のある作品でしたよね。続きがあるなら読んでみたい。。。
miwaさんの感想&TBお待ちしてますよ~~(^ー^* )

2012/12/25 (Tue) 22:36 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、☆*Merry*☆=- ★=- ヽ(^∇^*)ノ -=★ -=☆*X'mas*☆

自分でも、久々に王冠付き(永久保存版!)の本に出会えてすごく嬉しいです~♪
なかなか最近は「これはっ!」というのがなかったので……
実際に世界中を旅されているpicchukoさんには、もってこいの本だと思います。
きっとこの主人公以上に、様々な謎に遭遇されているのでは??(笑)

>で、早速ブクログに登録しました!
>あ、ブロック解除しましたので、宜しくです。^^

早速ブクログへの登録、ありがとうございますヽ(*^^*)ノ
そうそう、ブロック解除して頂けたので、私の方からもフォローできましたよ☆
ブログだけでなく、こちらでも是非ヨロシクお願いしま~す^^
実は、私も使い方イマイチ分かっていないんですけれども。。。
最近新しいものになかなかついていけません;既に老化現象が…??(笑)

2012/12/25 (Tue) 22:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
sherryさんへ

sherryさん、(*^-')ノ☆;:*:;☆“Merry*Christmas”☆;:*:;☆ヽ('-^*)
お久しぶりですね~♪遊びに来て頂けて、すごく嬉しいです!!

>感想を読んで、むずむず読みたくなりました~!
>これからすぐに図書館予約してきます、ネットでね♪

ふふふ~これすごくオススメですよ=*^-^*=
今までちょっと読んだ事のないタイプのミステリだったので、何だか新鮮でしたねぇ。
設定も面白いし、日本語も綺麗だし。久々に「本を読んだ!」と思いました(笑)
sherryさんも、読まれたら是非感想聞かせて下さ~い☆

>そちらはホワイトクリスマスですねぇ。
>もっと寒く、雪もたくさん降るみたいだから
>気をつけてくださいね~。

ここ最近すごいですよ~大雪のせいかバスが1時間遅れの日もあって…。
だいたい毎日往復4時間はバスに乗ってます^^;読書が捗る??(笑)
sherryさんのとこもかなり冷え込んでるみたいですね。
年の瀬だし忙しいと思いますが、体調崩さないように気を付けて下さいね><

2012/12/25 (Tue) 22:55 | EDIT | REPLY |   
Cozy  
合いませんでした。

nanaco☆さん、こんばんわ。

もともと気になっていた作品ですが、nanaco☆さんの感想を読んで、読もう!と決心しました。
でも、僕とは合わない作家さんのようです。

読まないと、好みも好みじゃないのも分からないので、これからもnanaco☆さんの感想を参考にさせていただきますね。

2013/01/14 (Mon) 17:42 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cozyさんへ

Cozyさん、こんばんは~♪

>もともと気になっていた作品ですが、nanaco☆さんの感想を読んで、読もう!と決心しました。
>でも、僕とは合わない作家さんのようです。

あら~~Cozyさんには合いませんでしたか^^;残念です。。。
某サイトでも、レビューは真っ二つに分かれていたようだったので、どうかなぁと思っていたんです。
個人的には好みど真ん中の作品だったんですが、やはり人それぞれみたいですね><

でも、はっきり仰って頂けて助かりました☆
これからも独断と偏見で(笑)本を紹介していくので、これに懲りずにまた遊びにいらして下さいね。

*TBありがとうございました=*^-^*=

2013/01/14 (Mon) 19:23 | EDIT | REPLY |   
月夜  
こんばんは♪

nanacoさん、早速借りれたので読みましたよ★

本当に表現がすごく綺麗で丁寧ですね!
私は霧の表現がお気に入りになっちゃいました^^
さらさらと流れていくような雰囲気が好きです♪
お若いとは思えない文章でしたよ!!

梓崎さんって理系なのかな!?
って勝手なイメージを持っちゃいました。
計算し尽くされている感じがしたので^^;

他の作品も気になりますけど、あまりないのですねー^^;
早速nanacoさんが読まれていた本も探してみます^^

お邪魔しました~★

2013/01/19 (Sat) 21:49 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
月夜さんへ

月夜さん、こんにちは~♪

おぉ~早速読まれたんですね!嬉しいです(*^0^*)

本当に、文章自体が美しくてウットリしちゃいますよね(笑)
最近は会話ばかりで成り立っていたり、擬音語や擬態語が気になる作品が多いので、
文章そのものが綺麗なこの作品は、結構貴重だなぁと思いました☆
何だかメモに残しておきたいフレーズが多くて。。。
私は絶対こんな文章考え付かないわ~と、ちょっとしょんぼりしました(*゚‐゚)

>梓崎さんって理系なのかな!?
>って勝手なイメージを持っちゃいました。
>計算し尽くされている感じがしたので^^;

あ~そう言われてみると、そんな感じもしますねぇ。
トリックについては、確かに隅から隅まで計算している感がありましたね☆
先日読んだアンソロジー「放課後探偵団」に載っていた短編も、
やっぱり若干あざとい!と感じさせる部分がなきにしもあらず、でした。
でもやっぱり好きなのです、、、多分文章に惚れちゃったんでしょうね(笑)

次の作品にも期待しましょう~♪
どうしても、期待度が高まってしまいますね^^;

2013/01/20 (Sun) 14:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『叫びと祈り』(梓崎優)
  • 「メチャボも?」 「ばか、メチャボが持ってるわけないだろう」 『祈りと叫び』(梓崎優) pp.20 砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推
  • 2013.01.14 (Mon) 17:22 | Karmaなミステリ読書ブログ
この記事へのトラックバック
  •  『叫びと祈り』 梓崎 優
  • 今回のブックレビューは、 梓崎優(しざき・ゆう)さんの『叫びと祈り』という作品です。 「砂漠を走る船の道」「白い巨人」「凍れるルーシー」 「叫び」「祈り」の5編が収録された連作短編集です。 ◆あらすじ◆ 雑誌社に勤めるひとりの青年、斉木が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第5回ミステリーズ!新人賞受賞作「砂漠を走る船の道」を巻頭に据え、美しいラストまで千里...
  • 2014.08.31 (Sun) 17:49 | 本を読みましょ