FC2ブログ
Welcome to my blog

「残穢」小野不由美

ななこ




Amazonのページはこちら→残穢


残穢
著者:小野不由美
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
怨みを伴う死は「穢れ」となり、あらたな怪異の火種となるのか──。畳を擦る音が聞こえる、いるはずのない赤ん坊の泣き声がする、何かが床下を這い廻る気配がする。だからあの家には人が居着かない──何の変哲もないマンションで起きる怪奇現象を調べるうち、浮き上がってきたある「土地」を巡る意外な真実。著者九年ぶりの五〇〇枚書き下ろし、戦慄のドキュメンタリー・ホラー長編。



小野さん、なんと9年ぶりの新作きもち

でもそれが十二国記の新作ではない事に、少しだけガッカリしつつ、
それでも小野さんのホラーも大好きなので、ドキドキしながら手に取りました。

残穢。「ざんえ」と読むそうです。
穢れが残る。どういう事?読み進めていくうちに徐々にこのタイトルの意味が分かり始めます。
すると、途端に今自分のいる場所が気になり始める。ここは大丈夫なの…?と(笑)

小野さんご自身が実際に体験したという、ドキュメンタリータッチの設定。
作品の中に、同業のご主人綾辻さんや、平山夢明さん、福澤徹三さんも登場しています。
だからなのか、みょーに怖い!作り物じゃない怖さ。

特に描写がものすごく怖い、という訳ではないんです。それならもっと怖いホラーがある。
でも、「目に見えない何か」が「伝染する」というのは、理屈では割り切れない怖さがあってかお
日本人が無意識の内に恐れている、忌避しているもののような気がします。


ライン

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ホラー  不気味  賃貸マンション要注意(笑)


主人公が、あるライターから相談を受けるところから物語は始まります。
新居に越してきてから、何やら背後で「ササッ」と畳を擦るような小さな音がする、と。
注意を向けている時は音は止むのだけれど、しばらくするとまた「ササッ」と音がする。

なんだ、このリアルさ…いかにもありそうじゃないか!
大した事じゃないように思えるんだけど、これ夜中に読書灯だけで読むと相当怖い~。
そしてそれが賃貸マンションやアパートとなると、余計に神経質になりそうですね。

怪異について調べるうちに、
件のマンションでは短期間で退去する入居者が異様に多い事に気付く。
人の居着かない部屋。そこには一体何があるのか??

自分が今住んでいる「土地」には、昔何があったのかなんて考えた事ないですよねきもち
調べてみたら、嫌な事に気付くかも。ま~うちは100%畑か野原なんですけどね……(笑)

同時発売の「鬼談百景」が、どうやら「残穢」にリンクしているらしいので、
こちらも近々読んでみようと思います~かお

鬼談百景 (幽BOOKS)
鬼談百景 (幽BOOKS)


≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

関連記事

Comments 12

There are no comments yet.
Cedie  

nanaco☆さん、こんばんは!
この本コワそうですよね(>_<)
本屋でパラ見だけしている状態ですが、気になっているのできっとそのうち読みそうです。

賃貸ならまだいいかもしれませんよ。
ローン組んで買った家に怪異があったら辛すぎる!

しかし小野不由美さん9年ぶりの新作ですか!
まあ十二国記も10年以上出てないですよね。多分。
雑誌とかで短編はありますけど・・・
戴国すごく気になってるんです(>_<)

2012/12/06 (Thu) 21:54 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こんにちは~!
ホント、意外とこういう方がぞくぞうするかもしれないですね。
そして、ハッと後ろを振り返ってみたりして。。。

Cedieさんの仰る通り(↑)、それでも賃貸の方がまだましかもしれない。
ローン組んで!ってちょっと笑ってしまいました。^^
確かに☆

nanaco☆ちゃんちが昔、100%畑か野原っていうのも笑っちゃいました~。
でもでも、そう思ってても、、、、実はその昔のまた昔、、、アイヌの人たちの何かが見つかるかもですよ~、かもかもですが。(笑)

2012/12/07 (Fri) 07:36 | EDIT | REPLY |   
塩平  
おはようございまーす

nanacoさんお久しぶりです^^

ドキュメンタリー風ホラーですかー面白そうですね♪

今年「十二国記」全巻読んだんですよー♪
YOMYOMに載ってたのもちゃんと読みました!
「十二国記」凄いハマりますね^^

ゴーストハントも読んでみたいんですが、文庫ではないようですね;;


それから、最近Blogはじめました(笑)
一日一曲、Youtube貼ってるだけのBlogですが・・・
なので読むBlogとゆうより聞くBlogです;;

変な音楽聴きたくなったら聞いてみてください(笑)

2012/12/08 (Sat) 06:08 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
リアルで怖かったですね(><)

nanaco☆さん、こんにちは~(^^)/

この本、じわじわくる怖さと不気味さが面白かったですよね^^
ドキュメンタリータッチでリアリティーが半端じゃなかったせいか、
この本を読んでから、いつの間にか汚染されて伝染したらどうしよう、って
マジで心配になったりして…(笑)

賃貸でも、家賃がめちゃくちゃ安いところは特に要注意かも。
事件だけじゃなく、その土地の因縁もあったりするし。。。
気になりだしたらキリがなさそうですね~(><)

*nanaco☆さん、TBありがとねっ(^_-)-☆
こちらも遠慮なく頂いて帰りま~す(^o^)丿

2012/12/08 (Sat) 17:23 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさん、こんにちは~♪

この本を読み終わった今は、手に取るのさえちょっと怖いです。
なんかそこから何か恐ろしいモノが感染しそうな気がして……(・・;)
それくらい個人的には、久々に怖さの「ツボ」に入った作品でした!
でもこれを例えばアメリカの人が読んでもピンとこないんだろ~なぁなんて思ったり。

>賃貸ならまだいいかもしれませんよ。
>ローン組んで買った家に怪異があったら辛すぎる!

あはは、確かに~(笑)
何故この土地を選んじゃったのか、悔やんでも悔やみきれないですね、きっと…。
手放すか、住み続けるか、、、苦渋の決断!!!

十二国記の新作もいつ出るんでしょうねぇ…(* ̄o ̄)
今新潮から新装版が出始めているから、それが全て揃った頃かな??(と期待したい)
短編も良いけれど、そろそろがっつり長編が読みたいですね。泰麒~~><

2012/12/09 (Sun) 13:26 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんにちは~♪

他にもホラー作品なら、もっともっと怖いのは沢山あるはずなんですけど、
妙に怖く感じるのは、やっぱりリアリティーが半端じゃないせいなんでしょうねぇ…^^;
私、何かが「見える」よりも「聞こえる」の方が怖いんです~。
静かな環境で、真後ろから「ササッ」と畳を擦る音が聞こえたら飛び上がるかも(笑)

>Cedieさんの仰る通り(↑)、それでも賃貸の方がまだましかもしれない。
>ローン組んで!ってちょっと笑ってしまいました。^^

私も吹き出しちゃいました!(笑)
ローン組んで怪奇現象とか…もう誰に文句を言っていいのやらって感じですねΣ(・口・)
賃貸のようにすぐに手放す事はできそうもないし。。。

>実はその昔のまた昔、、、アイヌの人たちの何かが見つかるかもですよ~

えぇぇ~( ̄Д ̄;;
ちょっとpicchukoさん、怖い事言わないでくださいよぉ~!!
でも…言われてみればうちの近くにも色々古いものがあります。
アイヌの頃に使われてた土器とか石器とか、色々出土されているんですよねぇ。
地名もほとんどアイヌ語からきていますしね…詳しく調べない方がよさそうです!(爆)

2012/12/09 (Sun) 14:46 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
塩平さんへ

塩平さん、お久しぶりです~♪
遊びに来ていただいて、すっごく嬉しいです^^

>今年「十二国記」全巻読んだんですよー♪
>YOMYOMに載ってたのもちゃんと読みました!

おぉ~「十二国記」読破ですか!おめでとうございますw(^0^)w
ホント最高に面白いシリーズですよね。未だにこれを超えるファンタジーには出会えません☆
そういえば、昔は夕方にアニメもやってて、楽しみにしていたのを覚えています。
早く続きが出ないでしょうかねぇ…戴国がどうなっちゃってるのか…(汗)

>ゴーストハントも読んでみたいんですが、文庫ではないようですね;;

ゴーストハント、実は私も未読なんです~><
復刊されたのは嬉しいですけど、ソフトカバーでというのが切ないですよね。
どうせなら文庫で復刊して欲しかったわ、なんてちょっと思っちゃったり(=v=)
でもティーンズ向けにしてはかなり怖いらしいので、いつか絶対読んでみます♪

そうそう、塩平さん「屍鬼」は読まれましたか??
こっちも素晴らしいホラーなので、もし未読でしたら是非是非(゚∇^*)

>それから、最近Blogはじめました(笑)
>一日一曲、Youtube貼ってるだけのBlogですが・・・
>なので読むBlogとゆうより聞くBlogです;;

わぁ、ブログ始められたんですね!
後から早速遊びに伺いますね~♪

2012/12/09 (Sun) 19:50 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

小野さんのホラーは「屍鬼」以来でしたが、
やたらとありそうな設定が怖くて、本を持っている手から伝染しそうで(笑)
ホント怖くて面白かったです!夜一人で読むのはちょっと危険ですね…(;^_^A
「家」じゃなくて「土地」に憑いたものはどうすりゃいいの!?って感じでしたね。。。

>賃貸でも、家賃がめちゃくちゃ安いところは特に要注意かも。
>事件だけじゃなく、その土地の因縁もあったりするし。。。

あ~やたらと安いとこはちょっと警戒しちゃいますよね><
そういうのは、90%曰く付きと思っていた方が良いかも??
壁紙とかはあっという間に綺麗になるって言いますからねぇ…
その下に何があるかまでは、なかなか見極める事は難しいかも~( ̄ー ̄; ヒヤリ
知り合いから前にそういう話、聞いた事があって。ほんと賃貸は怖いですねぇ。

miwaさん、TBありがと~~♪
また近々恒川作品でTB頂くと思うので、その時はよろしくねっ(o^∇^o)ノ

2012/12/09 (Sun) 20:07 | EDIT | REPLY |   
塩平  

十二国記、世界観やらの奥行きが深いですよね(*゚▽゚)人間ドラマな部分にかなり考えさせられますしね!アニメも見てみたかったんですよー^^新潮版は挿絵が緻密になりましたよね♪新刊は新潮で華胥まで出してからになるんでしょうね(゚ο゚)早くて1年後ぐらいかな?

ゴーストハント、文庫なら迷わず買ってるんですけどねー;;なんかすごい怖い巻があるみたいですよね!

屍鬼は、漫画版は読みました♪夏野のとことか色々と原作とは違うみたいですけど漫画版も面白くて一気読みでしたよ^^

Blog長く続けれるようにがんがってみます♪

2012/12/09 (Sun) 22:13 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
塩平さんへ

塩平さん、コメントありがとうございます~♪

十二国記、私はホワイトハート版で読んでいたんですけど、
新潮版の表紙も本当に美麗で…こっちも近いうちにきっと集めちゃうかも(笑)
とりあえずは新作を楽しみに待ちましょう~☆
もう10年も待ったんだから1年くらい、どうって事ないですぜ('ー') フフ

>ゴーストハント、文庫なら迷わず買ってるんですけどねー;;なんかすごい怖い巻があるみたいですよね!

そ、そんなに怖い巻が!?
装丁の可愛らしさからは、なかなか想像ができないですねぇ(゚ー゚;A
余計に読みたくなってきました…。文庫で出してくれないかな~;

漫画版「屍鬼」私も読みました!こっちも面白いですよねぇ☆
夏野の設定は大分違いますが、それぞれ良さがあるなぁと思います^^
原作の方が、若干容赦ない感はありますけど(笑)

Blogも頑張って続けて下さいね。
また遊びに伺いますね~。o@(^-^)@o。

2012/12/09 (Sun) 22:30 | EDIT | REPLY |   
Yuri  
こんばんは☆

ぎゃーー、怖いっ(>_<)
本当にリアルな怖さだね・・・。汗
私、思いっきり賃貸マンションだから
きっと読めないな・・・。笑
これから引っ越しが増える時期だから
引っ越す予定ありの人は読まない方がいいかも?笑

2012/12/13 (Thu) 00:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Yuriちゃんへ

Yuriちゃん、こんにちは~♪

>私、思いっきり賃貸マンションだから
>きっと読めないな・・・。笑

あらすじ読んだだけでリアルな怖さでしょ??
マンションとかアパート借りる時は、何かと神経質になるよね。
前にどんな住人が住んでたのかとか、さりげに気になるし~><
その部屋で事件とか自殺があって、部屋が凄い事(笑)になってた時、
専門のお掃除屋さんがいるらしいというのは聞いた事があるよ。(ブルブル…)

でもこういうタイプの本を怖がるのは、もしかして日本人だけなのかな~とも思ったり。
ホラー映画を観てても、アメリカと日本では全然怖さのタイプが違うしね( ̄▽+ ̄*)
私、日本のホラーは怖くて観れないです。。。

2012/12/15 (Sat) 17:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『残穢』 小野不由美
  • 今回レビューを書くのは 小野不由美さんの9年ぶりの書き下ろし長編『残穢(ざんえ)』。 ドキュメンタリー・ホラー長編です。 ◆あらすじ◆ 怨みを伴う「死」は穢れとなる。 穢
  • 2012.12.08 (Sat) 17:27 | 本を読みましょ
この記事へのトラックバック
  •  『残穢』(小野不由美)
  • 穢れは伝染し、拡大する。 『残穢』(小野不由美)pp.229 怨みを伴う死は「穢れ」となり、あらたな怪異の火種となるのか──。畳を擦る音が聞こえる、いるはずのない赤ん坊の泣き声がする、何かが床下を這い廻る気配がする。だからあの家には人が居着かない──何の変哲もないマンションで起きる怪奇現象を調べるうち、浮き上がってきたある「土地」を巡る意外な真実。著者九年ぶりの五〇〇枚書き下...
  • 2014.01.05 (Sun) 10:33 | Karmaなミステリ読書ブログ