FC2ブログ
Welcome to my blog

「薔薇密室」皆川博子

ななこ




Amazonのページはこちら→薔薇密室 (ハヤカワ文庫 JA ミ)


薔薇密室
著者:皆川博子
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
第一次大戦下のドイツ・ポーランド国境近く。脱走兵コンラートは古い僧院に身を寄せる。そこでは所有者のホフマン博士が、人間と薔薇を融合させる常軌を逸した実験を行なっていた。コンラートはある思惑のもと、博士に協力を申し出る……。そして十数年後、ナチス・ドイツの弾圧から逃れたポーランド人の少女ミルカが見た、僧院の恐るべき真実とは? 戦争と美への欲求という人間の深い業を流麗な筆致で描く歴史ミステリ。



結論から言おう。
スゴイ作品だった!!!! 色んな意味で…

皆川さんお得意の、美しく退廃的で、とてつもなく耽美な世界きもち
何しろ、設定がすごいのです。

薔薇と美青年を融合させるという、禁断の実験。
「美青年」というのがミソです。ブサイクと薔薇を融合させたって何の面白みもない(笑)
美しいものを永遠に留めておきたい、というのは人間ならではの欲求ですね。。。

「死の泉」でも、少年の美声に異常なまでに執着した医師がいましたが、
この作品に出てくるホフマン博士も、常軌を逸していますネ。
ですが、読んでいると感覚が麻痺してきてしまう。どっぷりとこの世界にのめり込んじゃいました。


ライン

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 耽美  ミステリ  美青年  幻想的


ミステリとして読むと、かなり複雑だと思いますかお

幻想、現実、夢、妄想。これらの要素が混ざり合って、何が真実か見極められないのきもち
そして第一次、第二次世界大戦、時代もあっちこっち変わるもんだから、正直混乱状態!
さらに度々挿入される手記。語り手が分からず、読者は否応なく翻弄させられることになります。

オーディンと呼ばれる瀕死の美青年、美しいSS少尉、そして男娼の美少年ヨリンゲル。
畸形(とは言いつつ美しい)の子ども達ばかりを集めた僧院。

なんていうかもう。これは夢?(笑)

* * * * * * * * *

僧院でのエピソードと並行して、ポーランドに住むある医師一家のお話も語られていきます。
少女ミルカが、突然の空襲の最中出会ったのは、黒褐色の髪と眼をした少年ユーリク。
彼はミルカより年下のはずなのに、不思議と包容力がある。

「心配しないでも大丈夫だよ、僕がついている」

実はこの美しい少年にはある秘密があり。。。
姉の恋人であるSS少尉と、ユーリクとの間で揺れるミルカの淡い恋心。う~~甘酸っぱい!!

読み進めていくうちに、
この不思議な少年と、禁断の僧院との関係も明らかになってくるのですが。

それでも一読しただけでは、とてもこの世界の全てを理解したとは言えないかも~。
雰囲気で読む作品かな、と思います。おそらく好きな人にはたまらない作品でしょうねぇ(笑)
個人的には、設定だけで十二分に満足できた一冊でしたきもち


≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
柊♪  

こんにちは。

「?」と思う部分もあるけど、雰囲気で読めちゃう作品ですね、確かに。

柊もこの作品好きです。設定とか、エピソードの一つ一つがツボでした(笑)

いつかまた読み返したいです(*^^*)

2012/12/03 (Mon) 08:32 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
めちゃめちゃ凄そう♪

nanaco☆さん、こちらにもお邪魔してまーす(^^)v

そうそう、まとめをうかがったときに、
“美少年と薔薇の融合”に
ビビッと反応してしまった作品でしたよね(笑)
それも3人の美少年だなんて。。。
それはもう、間違いなく夢の世界ですね!!!!!(爆)

幻想的で耽美な世界…いいなぁ~♪
かなり複雑そうなストーリーと展開も
めちゃめちゃ面白そうですね~(*≧▽≦*)
まずは積読中の『死の泉』と『倒立する塔の殺人』を読んでから
こちらにも挑戦したいと思いま~す(^o^)丿

2012/12/03 (Mon) 18:09 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さん、こんばんは~♪

この作品は、正直ちょっぴり難しい部分もありましたね(;^_^A
私は勢いで読んじゃったのですが、整理しながら読むと混乱せずに済んだのかなぁ…
それでも「雰囲気」だけでグイグイ読ませてくれたので、さすが皆川さんだなぁと思います。

>柊もこの作品好きです。設定とか、エピソードの一つ一つがツボでした(笑)

ミルカとユーリクのエピソードとか、かなり胸キュン(死語?笑)でした(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
そして美青年を薔薇と結合させるという、何とも不思議な設定…ドキドキです。

次は「双頭のバビロン」に挑戦しようかなぁ♪

2012/12/03 (Mon) 21:33 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こちらにもコメントありがとう~♪

おっ、やっぱりmiwaさんの"美少年アンテナ"が反応しましたね!(笑)
こんなに美しいもののオンパレードで良いのかと、不安になるくらいなんです><
でも、その美しさの中にも黒いものが潜んでいて。なかなか中毒性のある本です^^;

ストーリー自体は結構複雑な感じなので、雰囲気で読む作品かな?と思います(*^-^)
どこか以前に読んだ「死の泉」の世界観と通じるものがあったりして、
ますます他の皆川作品も読んでみたくなりますね~☆

>まずは積読中の『死の泉』と『倒立する塔の殺人』を読んでから
>こちらにも挑戦したいと思いま~す(^o^)丿

3冊ともmiwaさんの感想を伺える日を楽しみにしてます♪
美しく妖しい皆川ワールドに、どっぷりと浸っちゃってくださいね^^
私は、次はいよいよ「双頭のバビロン」に挑戦するぞ~(* ̄ー ̄)v

2012/12/03 (Mon) 22:05 | EDIT | REPLY |   
いりえ  
きゃー

きゃー、皆川博子の「薔薇密室」! 注目していました\(~o~)/ (「倒立する塔の殺人」「花酔」も捜してます^m^)

それにしても、設定が飛びぬけてますね。薔薇と美青年の融合ですか、…えっと、…はい?? 「死の泉」大好きですけど、複雑な耽美ものって感じですか。

>なんていうかもう。これは夢?(笑)

なるほど。わたし、ついていけますかね? 雰囲気で読ませる感じの作品ですか。ほほー(@_@;)
次は「双頭のバビロン」ですか。感想が楽しみです。


そうそう、「天使の囀り」読み始めました(^O^)/ ありがとうございます。禿げたサルを食べたみたいです,怖面白いです(^0_0^)

2012/12/05 (Wed) 13:32 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
いりえさんへ

いりえさん、こんにちは~♪

「薔薇密室」すっごいですよぉ~( ̄▽+ ̄*)
万人受けはしませんが、一部の人達が飛びつきそうな本ではあります(笑)
私も男女問わず美しいものは大好きなので、読みながら軽くテンション上がりました↑

>「死の泉」大好きですけど、複雑な耽美ものって感じですか。

「死の泉」もミステリとしては結構難解でしたよね~^^;この作品も同じタイプです。
ただ、半分妄想の世界にいるような本なので、それでも問題ないのではないかと(笑)
むしろ全てを理解できる人がいたら、是非教えて欲しいくらいです。。。
雰囲気だけで素晴らしいので、すっかりのめりこんでしまいましたよ♪

>そうそう、「天使の囀り」読み始めました(^O^)/

おぉっ…!とうとう読み始められましたか!!
サル食べたとこ何気にショッキングですよね。そして読み進めるとますます………。
本当に怖面白くて、(そして気持ち悪くて)最高の作品です~~(*´∇`*)
読み終わったら感想聞かせて下さいねっ☆

2012/12/06 (Thu) 14:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply