07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.01 *Thu*

「ほたるの群れ(4)  第四話・瞬(まじろぐ)」向山貴彦




Amazonのページはこちら→ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)


ほたるの群れ(4)  第四話・瞬(まじろぐ)
著者:向山貴彦
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
阿坂と千原が生死不明のまま、姿を消して半日以上。学校内に白昼堂々『駒』が侵入する騒乱の中、永児と喜多見は自分たちを狙うグループの長と対面する。そして遂に、五倉山山頂にある廃工場で、敵味方入り乱れての絶望的な死闘が始まる。生き残るのは果たして誰だ?謎に満ちた巨大な物語の全貌が遂に明かされる、人気シリーズ『一学期』完結。



「ほたるの群れ」シリーズ4巻目、ついに出ましたきもち

これで『一学期』完結という事なので、『二学期』『三学期』と続くのでしょうね。
こんなにも続きが待ち遠しくてたまらないというシリーズは、久しぶりのような気がします!

今回の表紙は会長。このヒトも裏と表の顔を使い分けていますからね、恐ろしい子です。
会長だけでなく、主人公の永児と喜多見でさえも「普通の中学生」とは言えなくなってきました。

特に永児は、スイッチのON、OFFを自分で意識できるようになり、若干暴走気味。
か弱い(はずの)ヒロイン喜多見も、躊躇なく弓を引いちゃったりともはやバトロワ並み(笑)
ここまでくると、読者も感覚がマヒしてきちゃいますね~かお

そんなこんなで、今回も色々とツッコみながらも楽しく読ませて頂きました!


ライン

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ダークファンタジー  暴走が止まらない  面白すぎ!


「塾」の内部も明らかになってきて、メンバーも出揃ってきましたねきもち
(ただそれが、最後まで生き残っているかどうかというのは別問題ですが…)

驚異的な破壊力を持つ白髪の美少年<白髪鬼>の存在も恐ろしい。。。
永児に対して「前にどこかで会った気がする」というのが引っ掛かる。永児、一体何者??
『二学期』からはそれも徐々に明かされるようになるんでしょうか。

誰が敵で、誰が味方か分からない。
昨日まで敵同士だったのが、次の日には手を組んでいたりするのが面白いところ。
そして、いつ裏切られるか分からないという緊張感もたまらない。

ラストでは、ついに永児のお姉ちゃんが!!早く続き~~かお


<ほたるの群れシリーズ>
ほたるの群れ(1)  第一話・集(すだく)
ほたるの群れ(2)  第二話・糾(あざわる)
ほたるの群れ(3)  第三話・阿(おもねる)


ほたるの群れ〈1〉第一話・集(すだく) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第三話 阿(おもねる) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)


≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

関連記事

COMMENT

こんにちは。

柊も購入済みですが、図書館本が先になってしまい、まだ読めていません。

続きが待ち遠しい感じで(また)終わるのですね…^^;

著者には待ち時間が少なくてすむよう、せっせと続きを書いて頂きたいです(笑)
by 柊 #-
2012/11/02(金) 14:42 [Edit
最高傑作ですよね(*^^)v
nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

このシリーズ、ホントに面白過ぎですよね~(*^_^*)
一学期でこれだったら、一体三学期はどうなっちゃうんでしょう(笑)
ちょっぴり恐ろしい感じもしますが、
その反面、めちゃくちゃ楽しみですね~(*≧▽≦*)

永児は喜多見の事になると、
怖ろしいくらい暴走しちゃいますよね(><)
そこが純真で可愛いところでもあるんだけど、
喜多見としては、嬉しい半面、気が気じゃないかも。。。

会長も、永児に裏の姿を見せてないし…
会長の裏の姿を知った時の永児の反応も気になるところですよね!
あと、良きライバル(?)的な阿坂と会長の“決着”も気になるなぁ~。
もう気になることが多すぎて、2学期が待ちきれませんね!!!
向山さん、早く続きを読ませてくださ~い(笑)

nanaco☆さん、TB感謝です(*^^*)
こちらも遠慮なく4冊分のTB頂きました♪
by miwa125 #-
2012/11/02(金) 18:23 [Edit
nanaco☆ちゃん、こんばんは!
これも面白そうですね~。
最近、また私も読書し出しました。
少し寒くなってきたからかな~。(笑)

そうそう、またアガサクリスティを一冊買ってしまいました。
今度は「メソポタミヤの殺人」
「オリエント~」の結末は途中からもしや?というものがあって、でも当時のミステリにしてはさぞや意外だったろうと、かなり楽しめました。
彼女の作品はとても読みやすいように思います。
nanaco☆ちゃんも是非読んで、感想聞かせてネ。
nanaco☆ちゃんがコメントくれたように、いつか作品を手に、その場所を旅してみたいですね。^^
by picchuko #-
2012/11/02(金) 18:43 [Edit
柊さんへ
柊さん、こんばんは~♪

柊さんもこのシリーズ購入済みですかヽ(*^^*)ノ
これからという事であれば、完結してから一気読みというのも手かもしれませんね☆
とにかく毎回続きが気になる終わり方なので…いつ次の巻が出るのかとやきもきさせられます><
でもこういう風に追っかけるシリーズがあるというのは、幸せな事ですねぇ…(しみじみ)

>著者には待ち時間が少なくてすむよう、せっせと続きを書いて頂きたいです(笑)

あはは、本当に!(=v=)
幸いあさのさんのように(笑)連載何本も持っている方ではないようなので、
1年も2年も待たされる事はない(と信じたい)ですが。。。
by nanaco☆ #-
2012/11/04(日) 17:56 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは~♪

いや~ホント面白いシリーズですね!
本を読むのも勿論面白いけど、こうやって語り合えるのがすごく嬉しいです☆

三学期…恐ろしい事になっていそう~(; ̄ー ̄A
喜多見は生きているんだろうか?とか、もうそういうレベルですよね(笑)
でもここまで何度も死にかけて生きてるんだから、今後も大丈夫なんだと信じたいですが…
ところで喜多見が永児の事を怖がらないのが、不思議でなりませんよ~;
うぅむ、、、これが恋の力なのかしら??(='m')ムププ

>会長の裏の姿を知った時の永児の反応も気になるところですよね!
>あと、良きライバル(?)的な阿坂と会長の“決着”も気になるなぁ~。

あ~永児どう反応するんだろう…?全然予想できないですね^^;
でも会長の立ち位置もまだ曖昧な所があるし、これからどうなるんでしょう??
阿坂と会長、どっちも魅力的すぎるから、ああいう戦いは心臓に悪いですね(笑)

ラストのお姉ちゃんのくだりもすごく気になるし、もう続きが待ちきれません!
2学期の発売を楽しみにしましょうね~~♪

お返しTBありがと~(v^-^v)
by nanaco☆ #-
2012/11/04(日) 19:59 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは~♪

寒くなると、不思議と本を読みたくなりますよね(笑)
暑い時は、文字を目で追う事すら苦痛だったのに…!何故なんでしょう( ・◇・)?(・◇・ )

>そうそう、またアガサクリスティを一冊買ってしまいました。
>今度は「メソポタミヤの殺人」

おぉ~お次もアガサ・クリスティーさんですね。これも面白そう~♪
読了されたら、是非感想を聞かせて下さいね(*^▽^*)

私も「そして誰もいなくなった」を読んだ時に思いましたけど、
今となってはもうトリックも目新しいものじゃなくなっている可能性って高いですよねぇ。
現代のミステリって、そういう古典を元に書かれているものが多いですし(^ー^* )
でも、現代にはない「品の良さ」のようなものが感じられる気もしますよね☆
by nanaco☆ #-
2012/11/04(日) 20:09 [Edit
こんばんはっ☆

ダークファンタジーっていうジャンルが
存在するの、初めて知ったよ~。
ちょっと気になるわ♪笑

読書の秋だねー。
私もちゃんと本読まないと(>_<)
そちらはもうだいぶ寒いのかな?
東京は徐々に寒くなってきていて
街の木々も色づいてきてます。
by Yuri #VwWRwSIk
2012/11/04(日) 21:45 [Edit
nanacoさん、こんばんは★
少し、お久しぶりです。色々、まいってしまうことがあって気分が沈みがちです。ですが本は読んでます。。

蛍の群れ!面白いですね。自分も途中で止まってるのでよまなくては・・・
by 日向 永遠 #MTvX3K/M
2012/11/07(水) 21:03 [Edit
Yuriちゃんへ
Yuriちゃん、こんばんは~♪
お返事が遅れちゃってごめんね(≧≦)

読書の秋…と言いたいところだけど、札幌では今日初雪が降ったよ~!
しかも初っ端から猛吹雪で、早くも積もってしまったよ。。。容赦なく(笑)
ちょうど車のタイヤ交換したばかりだったから、ギリギリで焦りました^^;

そうそう、先週東京に遊びに行ってきたんだよ=*^-^*=
横浜とか鎌倉方面にも足を延ばして、ちょっとした息抜きになりました☆
Yuriちゃんは風邪引いてない?季節の変わり目だから、気を付けてね~><

>ダークファンタジーっていうジャンルが
>存在するの、初めて知ったよ~。

一応ロード・オブ・ザ・リングあたりもダークファンタジーに分類されるのかな~?
夢と希望のファンタジーだけでは物足りなくなった人にオススメかも…(笑)
by nanaco☆ #-
2012/11/18(日) 18:12 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは~♪
お返事が遅れてしまってごめんなさいm(*- -*)m

日向さん、大丈夫ですか??
無理をしないで、ゆっくり心の休息を取って下さいね。
心が参ってしまうと、何もかもが上手くいかないような気がしてきますから…
面白い本を読んで、気分転換をして下さいね=*^-^*=

「ほたるの群れ」は相変わらず面白いですね~♪
毎回クライマックスのようなお話で、読んでいると手に汗にぎります^^;
早くも「二学期」が待ち遠しいです☆
by nanaco☆ #-
2012/11/18(日) 19:39 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

今回レビューを書くのは、 向山貴彦さんの『ほたるの群れ』シリーズの「1学期」 第一話:集(すだく)、第二話:糾(あざわる)、 第三話:阿(おもねる)、第四話:瞬(まじろぐ...
2012/11/02(金) 17:49:01 | 本を読みましょ [Del


ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。